『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第五話(20/2/3放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレ、考察、視聴率情報はこちら!!

絶対零度_05

本田翼さんのクールなナースコスプレが必見!塚本明さん演じる加賀美の秘密も明らかに…!?月9「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」は、最先端のAIを駆使して犯罪を未然に防ぐという新感覚の刑事ドラマです。前回の第3シーズンから、上戸彩さんに代わって沢村一樹さんが主演を務めています。シリーズ物ではありますが、今回から見ても十分楽しめるストーリーです。

これまでのストーリーでは、沢村一樹さん演じる主人公・井沢が「ミハンチーム」を率いて奔走。最新のAIが分析した危険人物の周囲で潜入捜査を行い、これから起きる凶悪犯罪を食い止めてきました。リーダーの井沢を中心に、山内・小田切・加賀美・吉岡のチームワークもバッチリで、いい雰囲気です。井沢は新たに着任した責任者・香坂と対立していましたが、今はお互いを認め合い、支え合っています。

第五話では、ミハンの潜入捜査中に別の重大事件が発生!!マークしていた危険人物が捜査一課に連行されてしまい、井沢たちミハンはその責任を追及されることに。もちろん井沢はどんな圧力にも臆することなく、真実を暴こうとしますが…!?今回はそんな「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」第五話のあらすじをネタバレありでご紹介します!!

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は『FOD』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2020年2月3日月(放送終了後)~2020年2月10日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
FOD 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 放送後1週間限定の配信がほとんどなのでまとめて視聴ができない。
  • 動画の途中に30秒~1分程度のコマーシャルが何度か入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【絶対零~未然犯罪潜入捜査~】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】前回のあらすじ

絶対零度_04
今回は水野美紀さん演じる美人上司が現場で奮闘!月9「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」は、最先端のAIを駆使して犯罪を未然に防ぐという新感...
ミハンが検知した新たな危険人物は、杉原佳代という優しそうな高齢者。佳代は無差別殺傷事件で夫を失った被害者家族ですが、NPO法人で「命の相談員」として人々を助け、自宅をシェアハウスにして様々な問題を抱える人々を受け入れています。そんな優しい佳代が、一体誰を殺そうとしているのか…井沢たちは早速お得意の潜入捜査で佳代の事情を探ることにします。

最初の捜査では、佳代が佐藤奈々という女性を守ろうとしていたことが判明。奈々は無差別殺傷事件の犯人の妹で、加害者家族として世間から責められ、過酷な人生を強いられてきました。それでも心優しい佳代は、そんな奈々をシェアハウスに受け入れ、共に支え合って生きてきたのです。しかし、奈々は三ヶ月前に被害者支援をしている梶智明と婚約し、シェアハウスから出ていってしまいました。

香坂は奈々が加害者家族であることを知ったとたん、急に態度が豹変。いつもは冷静に井沢たちの捜査を見ているだけだったのに、なぜか今回は自らも張り切って潜入捜査に乗り出します。その甲斐あって捜査は一気に進展。佳代が殺そうとしていたのは、なんと奈々の婚約者・梶でした。梶は世間からの称賛や注目を浴びる為なら何でもするような異常者で、影では奈々に嫌がらせをしつつ、彼女を守る人格者のフリをしていたのです。

佳代はそんな梶の歪んだ企みに気づき、梶にナイフを突きつけて奈々と別れるよう迫ります。すると梶は急に本性を現し、奈々にひどい言葉をぶつけ、香坂を攻撃。香坂は加害者家族を食い物にする梶に激怒して、自ら梶を締め上げて成敗。佳代は深く傷ついた奈々に駆け寄り、再び共に支え合って生きて行くことになりました。

こうして、佳代と奈々の事件は無事に解決。事件解決後、香坂は閉鎖された映画館の前に行き、花束を供えて祈りを捧げます。そこは1994年、香坂の実の父親が錯乱して毒ガスによる無差別殺人を起こした場所でした。実は香坂自身も加害者家族の一人として、ずっと苦しんで生きてきたのです。伊沢は今回の事件を通して、香坂の境遇や彼女なりの正義を強く痛感。これまでの警戒心を解き、香坂を信頼することにします。おかげで香坂もミハンの責任者として、ようやくチームに馴染むことができたようです…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】第五話「天才医師を殺害!?狙われた総理と犯人にされた男!!」(2月3日放送分)ネタバレ・あらすじ

場面はおよそ一か月先の未来…。加賀美は小さな部屋の中でパソコンを見つめていましたが、とつぜん背後に銃を持った男が現れます。しかし加賀美はたいして驚く様子も無く、「話してくれないか?君がミハンに関わった本当の理由を。…僕の方から話した方がいいかな?なぜミハンに志願したのか…」と語り出しました…。

そして時はさかのぼって…32日前の現在。加賀美は患者に成りすまして、病院で潜入捜査中。小田切と山内も看護師として潜入中です。加賀美はカロリーの低い病院食を嫌って、うなぎの出前を取ったり、密かに焼き芋を買ってきたり…と自由気まま。山内に「遊んでる場合じゃないでしょ、仕事してください…!」と怒られてしまいますが、「冬はやっぱりコレだね~♪」と言って焼き芋をホクホク食べていました。

今回、ミハンがマークしている危険人物は、この彗北大学附属病院に勤務する真田医師。ミハンシステムによって、真田医師がネットでナイフを購入、医療関係者の匿名掲示板に良からぬ書き込みをしていたことも確認されています。

真田医師が狙っているのは、上司の天才医師・益子。益子は独自の術式を編み出し、「脳外のスーパードクター」と称賛されている人物です。しかし益子医師は、真田医師に日ごろからかなり厳しい言葉を浴びせ、来月からは離島での過疎医療に従事するよう指示。そのせいで真田医師は婚約者に愛想をつかされ、不幸のどん底で益子医師への恨みを募らせていました。

そんな中、香坂はミハンの法制化を促進する為、ミハン賛成派の議員たちや官僚を招いて視察会を開催。議員たちはミハンの高度な技術を見て感心し、実際に小田切や山内たちが潜入捜査しているところを興味津々で見守ります。

しかし、公安の曽根崎はここぞとばかりに自分をアピールし、井沢をクビに追い込もうと画策。議員たちの前に進み出て、「法制化した暁には、公安部が直轄でミハンを仕切ります。現状、捜査員は寄せ集め状態です。特に現場リーダーの井沢はかつてミハンが探知した危険人物。ただ色々不都合な真実を知り過ぎて不用意に首を切れない。それをいいことに居座り続けてるんですよ!」と語ります。

井沢は吉岡と一緒に別の部屋で待機していましたが、カメラ越しにこの曽根崎の言葉を聞いて「…思いっ切りディスられてるね~」と苦笑。しかし香坂は曽根崎を制止して「未然に犯罪を防ぐというのは簡単なことではありません。井沢警部補に代わる人材がいればいいのですが、彼の力が必要なのが現状です!」とキッパリ。吉岡が思わず驚いて「え~!?まさかの擁護ですよ…!」と囁くと、井沢はちょっと嬉しそうにお茶目な笑顔を覗かせていました。

こうして視察会はなかなか好評ムードで進みますが、よりにもよってこんな時に大きなトラブルが発生。とつぜん病院に侵入者が現れ、益子医師を刺して逃亡したのです。勘のいい山内がいち早く気づいて駆けつけましたが、敵はどうやらプロだった様子。あと一歩のところで取り逃がしてしまいました。

益子医師は膵臓損傷で、すぐに緊急手術を受けることになります。捜査一課もすぐに乗り出し、最も疑わしい真田医師を容疑者として任意同行へ。真田医師は「僕はやってません!益子先生はすでに刺されていたんです!」と主張しますが、凶器のナイフは真田のパソコンから購入されたものでした。早川は冷静に真田の自白を引き出そうとしますが、なぜか部下の門田は「お前がやったんだろ!」と叫んでかなり強引な取調べを始めます。

ミハンは未然に犯罪を防げず、しかも犯人を取り逃がしてしまったということで大ピンチに。視察中の議員たちは「大問題だ」と騒ぎ、曽根崎はここぞとばかりに井沢の責任を追及してクビに追い込もうとします。しかし、真田医師のパソコンには何者かが侵入して乗っ取られた形跡があり、山内が見た真犯人もいます。井沢は「真田は…誰かにハメられたんだ。真田を救い出す…!」と宣言し、さっそく加賀美とともに捜査を開始しました。

井沢たちはまず、真田医師のパソコンに侵入した犯人をたどるため、医療関係の個人情報・機密情報を扱う研究所へ。ここで出迎えてくれたのは、何と懐かしいミハンの前責任者・東堂でした。もともと加賀美と東堂はミハンシステム開発の初期メンバーです。東堂も過去には色々ありましたが、今は井沢のおかげで社会を支えていく業務にやりがいを感じているようでした。

加賀美は東堂に「僕、今ねえ、潜入捜査官なんだよ!」と得意げに自慢。東堂が「加賀美さんが?どうしてミハンの現場に?」と驚くと、加賀美は「僕は独身だし子供いないからね。ミハンは子供みたいなもの。親なら子供の成長を見届けたいもんだ…」としみじみ語りました。さらに東堂は「井沢さんがいるかぎり、ミハンの未来は大丈夫だと信じています!」と井沢を大絶賛。井沢は思わず照れてしまい、「…それはどうでしょう?」とトボけてごまかしました。

その直後、藤堂は本題に入って真田の個人情報を提供。確かに何者かが真田医師のパソコンやデータにアクセスした痕跡が発見されます。しかし、そのデータを管理している部屋の入室記録を調べてみても、誰も入室していませんでした。

そんな中、益子医師が手術を乗り切り、意識を回復。益子医師は力を振り絞り、小田切たちに「彼に伝えて欲しいことがある…」と伝言を託します。井沢は香坂とともにその伝言を受け取り、真田医師の元へ。真田は門田の高圧的な取調べで責められ続け、やってもいない罪を自白するのではというところまで追い詰められていました。

疲れ切った様子の真田医師に、香坂は益子医師の本心を伝えます。「あなたの無実を誰よりも信じている人がいます…益子医師です。益子医師は『早く戻ってきなさい。患者が待ってる』…と。彼はもともとあなたのことを買っていたようです。だからあえて厳しく接していたんです。過疎医療に異動させようとしたのも彼が目指す遠隔医療のため。あなたにはその懸け橋になってもらいたいと思っていたようです…」

思ってもみなかった事実に、真田は「そんな…でも、私がやった証拠は揃ってると…」とオドオド。香坂は胸を張って「あなたが無実であるという証拠をつかみます。…私のチームは優秀ですから!」と宣言し、井沢たちの捜査状況を見守ります。

井沢は東堂から新たなデータ提供を受け、益子医師が南雲元総理の手術を担当する予定だったことをキャッチ。南雲元総理はかなり難しい症例で、スーパードクターである益子医師にしか手術ができません。どうやら、真犯人のターゲットは益子医師本人ではなく、南雲元総理の命だったようです。

香坂はさっそくミハンのデータベースを起動し、南雲元総理の周辺を調査。そこで浮かび上がってきたのは…なんと、代議士の児島。児島は先日の視察会にも参加していた人物で、普段から南雲元総理に冷遇されて恨みを募らせていました。

そこで井沢たちは高級レストランでさりげなく児島代議士に近づき、「どうやら南雲元総理が狙われていて、議員が犯人らしい」というウワサ話を暴露。案の定、焦った児島代議士が共犯者のクラッカーに指示を出し、クラッカーが医療システムに侵入を仕掛けてきます。

加賀美は侵入者の正体を暴こうとしますが、敵のクラッカーもなかなかの凄腕。もう少しというところで負けて、逃げられてしまいました。しかもこのクラッカーは攻撃の手を緩めず、医療システムを遠隔操作して益子医師を抹殺しようとしますが…!?

↓ 第五話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】加賀美とクラッカーの対決!迫りくる危機にミハンチームは結束!!しかし、アノ人とアノ人に重大なつながりが…!?

クラッカーが狙いをつけたのは、益子医師の血糖値を管理している医療システム。このシステムをクラッキングして、わざと南雲元総理の身体にインスリンが大量投与されるよう仕向けます。インスリンを過剰投与されれば、人間の身体は耐え切れません。何らかの障害や植物状態、最悪の場合は死に至ります。

加賀美はこのクラッカーの狙いにいち早く気づき、益子医師の身体につながっているデータ端末を物理的にすり替えます。医療システムを乗っ取られても、それを受信する端末がつながっていなければ攻撃はできません。この作戦は見事に成功し、益子医師はもちろん無事に通常の治療を継続。さらに加賀美は、侵入してきたシステムから犯人をたどり、井沢とともに逮捕に向かいます。

クラッカーの犯人…それはなんと、警備員の清野でした。清野は警備員としてセンターで働き、業務の合間に情報を盗んだり、入室記録の改ざんを行っていたのです。清野は「残念。すでに作業は完了した!」と勝ち誇りますが、そちらはもうとっくに加賀美が対応済み。井沢は「益子医師はピンピンしてるよ」と言い放ち、清野の身柄を押さえました。

さらに児島議員とプロの殺し屋は、山内と小田切が逮捕。山内は例の殺し屋と因縁のリベンジです。殺し屋はナイフで襲いかかってきますが、山内は「…来いよ!」と挑発。やはり相手も凄腕でしたが、山内は今度こそ逃さずに殺し屋を叩きのめしました。そして小田切の方は、みっともなく逃げ回る児島代議士をアッサリ確保。これで三名の真犯人を逮捕し、真田医師の無実を晴らすことができました。

井沢と加賀美はさっそく逮捕したクラッカー・清野を尋問。しかし、井沢も加賀美も、この清野のバックに、さらにまた別の人間がいると直感。清野は不気味な笑みを浮かべるだけで、何も答えません。今回の南雲元総理の暗殺事件、主犯は児島代議士でしたが、悪意と技術を持った犯人を取り逃がしてしまったようです。しかし、加賀美はどうやらその人物に心当たりがあるようでした…。

事件解決後、井沢は公園で東堂とひと休み。東堂は「何かが起きている…?ミハンに関わる不可解な出来事が起こっているんじゃないですか?元警察庁次長町田博隆の殺害。それに今回のケースも…」と心配そうに語りかけます。

井沢は大きなため息をつき、「何でこんなキツいんですかねえ、ミハンに関わり続けるのは!…でも、離れるわけにはいかない…!!」と答えて深刻な表情。その胸中には、やはり殺された妻子への愛と犯人への憎悪が激しく渦巻いているようです。東堂はそんな井沢の心情を察し、「井沢さん、大丈夫ですか…?」と気づかいます。井沢は少しだけ微笑み、「…香坂さんは似てるんですよね。僕に似て、何か危なっかしいんです…」と答えました。

その香坂は、北見と電話で会話中。北見は香坂に「心配されてましたよ、曽根崎警視長が。いったい香坂さんはどっちの味方だと…」と、ちょっと責めるような口調。それでも香坂は穏やかにほほ笑み、「私はミハンの味方です」と自信を持って答えます。しかし北見は今回の件に不服なのか、「南雲元総理は益子医師が救う。…ミハンの法制化を阻んできた人間は生き続けます…」と語りました。

そして北見が見つめるその目線の先には……小田切と篠田の姿が。篠田は仕事でサッカー少年たちの写真を撮影し、小田切は楽しそうにサッカーを観戦中です。はしゃぐ小田切を見て、篠田は思わず小田切の笑顔の瞬間をパシャリ。その笑顔はとても自然で、小田切も篠田もとてもいい雰囲気です。しかし北見は無表情のまま、何か心に鬱屈した感情を抱え込んでいるようでした…。

…そして時は29日後の未来へ。加賀美は背後から銃を突きつけられ、全てを察した様子で過去を語ります。「僕の方から話した方がいいかな?なぜミハンに志願したのか。…地獄だった。今から26年前、1人の男が映画館で神経ガスをまいた事件があっただろ?僕はそこにいたんだよ。目の前で人々が次々に倒れていった。…そこで僕は罪を犯した。僕が犯した罪を…君は知ってるね…」

…そう言って、振り返った加賀美の前には…なんと、北見が立っていました。北見は銃を構えて敵意むき出し。それでも加賀美は、何らか覚悟を決めていたのか、穏やかそのものです。26年前、例の事件現場で加賀美は一人の少年を救出しています。その少年は焼き芋が好物で、加賀美の好物も焼き芋。加賀美は焼き芋を食べるたびに感傷に浸り、今もその少年の写真を大事そうに持っていました…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

第五話ゲスト出演

真田 雄大役…猪 征大
益子 博文役…近江 谷太朗
児島 祐三役…信太 昌之
清野 蓮役…岡田 地平

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】第五話まとめ

今回は、伊沢たちが見事なチームワークで魅せる一方、加賀美の深刻な一面が明かされました。ミハンが解析した新たな危険人物は、大学病院に勤める医師・真田。真田は天才医師・益子の部下でしたが、いつも益子に厳しい言葉をぶつけられ、僻地への転勤まで言い渡されて恨みを募らせていました。さっそく小田切と山内が看護師として病人に潜入し、真田の動向を探ります。

そんな中、香坂はミハン法令化に賛成する議員や官僚たちの視察を受け入れ、潜入捜査の現場を見てもらうことに。議員たちはミハンの高度な捜査に感心しますが、とつぜん目の前でトラブルが発生。益子医師が侵入者に刺され、真田医師が容疑者として連行されてしまったのです。議員たちは大問題だとザワザワ。公安の曽根崎は伊沢を目の敵にしているので、これ幸いと伊沢を猛批判します。しかし香坂も山内も伊沢をかばい、捜査を続行。何者かに陥れられた真田を救うため、奔走します。

今回の捜査には、ミハンの前責任者・東堂も協力。東堂が医療関係の個人情報・機密情報を提供してくれたおかげで、三名の真犯人が判明します。その主犯は…何と、ミハン賛成派の代議士・児島でした。児島代議士は凄腕の殺し屋やクラッカーを雇い、個人的に恨みを抱く南雲元総理を殺そうと画策。益子は重病を患っている南雲元総理の手術を担当する予定だったので、児島たちに命を狙われてしまったのです。

伊沢たちは見事な連携プレイで真犯人たちを逮捕。無実の真田は救われ、益子医師も一命を取りとめて順調に回復中です。加賀美は今回クラッカーとの対決で大活躍しましたが…なぜか浮かない表情。加賀美がミハンにやってきたのも、やはり何らかの重い事情があるようです。そして29日後の未来では…加賀美が北見に銃を突きつけられ、「26年前、僕は罪を犯した。僕が犯した罪を…君は知っているね…」と語っていました…。

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】次回の展開予想


次回は井沢たちが犯罪を阻止…ではなく、既に犯人が逮捕された事件を捜査!!ミハンが探知できなかったその犯人は…なんと男子高校生の猟奇犯・浅井 航。美術館で出会った若い主婦・松永由貴を殺害し、遺体をバラバラにして葬った罪で既に逮捕されています。

井沢は精神科医に変装して、浅井 航に接見。航は進学校に通っていて、模試でも全国一位を取るほどの天才です。井沢の問いかけには「そんな鑑定で、僕の心が見えるんですか?人を殺してみたかった…」とかなり挑戦的な答えばかり。しかし、頭が良い割に、航の犯行にはどこか行き当たりばったりな所も。果たして、航は本当に猟奇殺人犯なのでしょうか?もしかすると別の真相があり、それがミハンが今回探知できなかった理由につながっているのかもしれません。

一方、ミハンを取り巻く人間関係にも変化が。なぜか吉岡が「最後の捜査」となるようで、加賀美が「本当に辞めちゃうの?」と残念そうに語りかけています。さらに、井沢は小田切に急接近する篠田と初対面。篠田は小田切の笑顔を思い浮かべながら、「…素敵な人だと思ってます。この世界から犯罪が無くなれば、どれだけいいか…」とポツリ。すると井沢は「犯罪が無くなることは無いよ。でも、無くなることを願ってる…」と答えています。次回は吉岡か篠田か…またもや意外な過去や衝撃の関係が明らかになりそうです!!

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 10.6%
第二話 10.7%
第三話 8.6%
第四話 9.4%
第五話 10.6%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

絶対零度_03

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第三話(20/1/20放送)の無料見逃し配信はF...

絶対零度_02

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第二話(20/1/13放送)の無料見逃し配信はF...

ゆるキャン_04

ドラマ『ゆるキャン△』第四話(20/1/30放送)の無料見逃し配信サイト、あらす...

ゆるキャン_03

ドラマ『ゆるキャン△』第三話(20/1/23放送)の無料見逃し配信サイト、あらす...

ねんとな_05

『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第五話(20/2/14放送)の無料...

絶対零度_04

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第四話(20/1/27放送)の無料見逃し配信はF...