『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第三話(20/1/20放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレ、考察、視聴率情報はこちら!!

絶対零度_03

今週は本田翼さん演じるクールビューティーな刑事が大活躍!!月9「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」は、最先端のAIを駆使して犯罪を未然に防ぐという新感覚の刑事ドラマです。前回の第3シーズンから、上戸彩さんに代わって沢村一樹さんが主演を務めています。シリーズ物ではありますが、今回から見ても十分楽しめるストーリーです。

これまでのストーリーでは、沢村一樹さん演じる主人公・井沢が「ミハンチーム」を率いて奔走。最新のAIの解析結果をもとに、これから起きる凶悪犯罪を食い止めてきました。リーダーの井沢を中心に、山内・小田切・加賀美・吉岡のチームワークもバッチリで、いい雰囲気です。しかし一方で、井沢は新しく着任した責任者・香坂と微妙な対立関係に。井沢の妻子が殺された事件に関して、香坂は何か重大な真相を隠していたるようでした。

第三話では、新進気鋭のバレリーナ・八尋舞が殺人を計画!?井沢たちは密かに舞の言動をマークしますが、何とその途中で舞が記憶喪失に。舞は失った記憶ごと殺意を失ったのかどうか…より難しい捜査に、井沢たちはどう立ち向かうのでしょうか?今回はそんな「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」第三話のあらすじをネタバレありでご紹介します!!

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』は『FOD』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【絶対零度~未然犯罪潜入捜査~】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2020年1月20日(放送終了後)~2020年1月27日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
FOD 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 放送後1週間限定の配信がほとんどなのでまとめて視聴ができない。
  • 動画の途中に30秒~1分程度のコマーシャルが何度か入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【絶対零~未然犯罪潜入捜査~】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用:20年5月10日まで!)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】前回のあらすじ

絶対零度_02
沢村一樹さんが重い過去を抱える刑事役を熱演!!月9「絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~」は、最先端のAIを駆使して犯罪を未然に防ぐという新感...
ミハンのAIが解析した新たな危険人物は、女子高生・時田明日香のストーカーをしている馬場という男。しかしこの人物はただの目くらましで、誘拐を実行したのは浦上という別の男でした。井沢たちは潜入捜査とデータ解析で情報を集め、浦上の背後にいる首謀者を突き止めることに成功します。その首謀者は何と…明日香の実の父親・河田でした。

河田は、明日香を数年前に今の両親に100万円で売りつけておきながら、自分が難病を患ったとたん明日香の臓器を奪おうとしていたのです。明日香は河田が手配した闇医者に麻酔をかけられ、臓器を摘出されそうになって大ピンチに。しかし間一髪、真相をつかんだ井沢たちが駆けつけて無事に明日香を救出します。明日香は自分の出自に深く傷つきますが、今の両親の愛に包まれて家に戻ることができました。

こうして、今回の事件は無事に解決。しかし、井沢はプライベートに戻ると、殺された妻子を思い出して深い苦しみに囚われたままでした。山内はそんな井沢を気づかいますが、井沢は「もしも僕がまた一線を越えたら…撃ってくれ、君が殺してくれ」と頼みます。あまりにも危うい井沢の言動に、山内も不安が抑えきれないようでした。

そして、場面は64日後の未来へ。井沢はとある建物の中で香坂を殺害し、何とも言えない無表情で佇んでいました。そこに駆けつけたSATの隊員たちは井沢を取り押さえようとしますが、井沢は難なく彼らを撃退し、一人で悠々とどこかへ。山内はそんな井沢を制止しようとしますが、井沢は立ち止まってくれません。その直後、山内の「うわああーーっ!!」という悲痛な叫びと、鈍い銃声が空しく響き渡りました…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】第三話「バレエ界の新星が殺人!?失った記憶と殺意の行方!?」(1月20日放送分)ネタバレ・あらすじ

60日後の未来…。霊安室には、ミハンの責任者・香坂の遺体が横たわっていました。小田切は香坂を見つめ、ただただ呆然。吉岡が「小田切さん、監察が話を聞きたいそうです」と声をかけると、小田切は怯えた表情で「私のせい…香坂さんが死んだのは私のせい…」とつぶやいていました…。

…そして時はさかのぼり、60日前の現在。井沢は八王子刑務所に行き、宇佐美と面会していました。井沢は新証拠の凶器を見せて、宇佐美に「やっと面会に応じてくれたね、宇佐美。真犯人は別にいる。そしてお前はそれが誰かを知ってる…」と迫ります。しかし宇佐美は肝心なことは何も語らず、ただ「井沢 範人、お前はいずれ…一線を越える…」と言うだけでした。

その後、井沢は上司の香坂にも「何で宇佐美と会ってたんですか?」と詰問。しかし香坂はクールな態度で「言うつもりはない!」とキッパリ。すると井沢はニッコリほほ笑みながら「だったらまず、あなたの過去をえぐる。僕ね、そういうの得意なんですよ。元公安なんで…」と宣言しました。

一方、小田切はグループセラピーへ。元々は潜入捜査で入っただけでしたが、その捜査が終わってもまだ通い続けています。小田切はとても勇敢な女性刑事ですが、高校生のころ男に襲われたトラウマがあり、今もまだ苦しみ続けていたからです。

小田切はグループセラピーでは「望月」と名乗り、職業は「公務員」ということにしています。今はまだ自らの体験を語るほどの勇気が無く、他の人たちの体験談を聞くだけです。その中の一人、篠田という男性はスポーツカメラマンで、父と無理心中させられた過去を語ります。篠田はその辛い過去を乗り越え、「いつか温かい家庭を作りたい」と願っていました。

小田切はそんな篠田の話に感動。しかし思わず自分と比べてしまって、「強いですよね 、篠田さんは。私は…」とうつむきます。すると篠田は優しく「時間かけていいと思います」と応援。小田切も少し気持ちが軽くなりました。

しかし次の瞬間、いきなり自転車が猛スピードで突っ込んできて、篠田は「危ない!!」と叫んで小田切をかばいます。小田切は思わずその篠田の手を振り払い、かがみ込んでしまいます。とつぜん篠田に抱き止められ、過去のトラウマがよみがえってしまったようです。小田切は軽いパニック状態で「はっ…ハァ…ハァ…」と乱れた呼吸。篠田が「大丈夫ですか!?」と声をかけると、小田切は何とか声を振り絞り、「…ハッ…大丈夫です…すみません…」と答えました。

そんな中、ミハンのAIが新たな危険人物を特定。今回の危険人物は、名門高城バレエ団に所属するバレリーナ八尋 舞20歳、バレエ界のアイドル的存在です。舞はネットで致死量のヒ素を購入。毒物で人を殺す方法が書かれたサイトを閲覧していました。

ー週間後、舞は世界が注目するバレエコンクールに出場する予定です。ライバルは、元バレリーナである母親からの英才教育を受けた天才・瀬川 綾乃20歳。舞と綾乃、どちらが世界への切符を手にするか、世間からも大きな注目が集まっています。また、一カ月前には舞の元に飛ばしの携帯から謎のメールが送られた形跡もありました。

井沢は「よし!じゃあバレエ界に潜入!!」と宣言し、さっそく捜査開始。今回は井沢と小田切がバレエ雑誌の記者、吉岡がバレエスクールの生徒に変装して情報を探ります。山内と加賀美は舞の部屋に潜入し、監視カメラを設置しました。

潜入直後、なんと舞が昨日から記憶喪失になっていることが判明。たまたま工事現場で大きな事故を目撃してしまい、そのショックで断片的に記憶を失ってしまったようです。舞は大切な親友・安達智花のことも忘れてしまっていて、「何で、私…」と涙ぐみます。智花はかつて舞と同じバレエ団で活躍していましたが、今は難病で入院中。苦しむ智花に「思い出さなくていいから。いいの、このままで。とにかく大会のことだけに集中して…」と優しく声をかけてくれました。

智花は記憶とともに殺意も忘れてしまったようで、自宅に置いてあったヒ素をあっさり破棄。これ以上捜査を続けても、あまり意味が無いかもしれません。しかし井沢は「誰かを殺したくなるほどのつらい記憶なんて、確かに忘れてしまった方がいい。でも同時に大切な人を忘れてしまうことにもなる。それは大切な人を殺すことになる…」と語り、慎重な態度。

さらに小田切も「捜査、続行しませんか?どんな過去であっても、そこから逃げることはできない…」と提案。香坂は相変わらずクールな態度で、「問題さえ起こさなければ構いません。ただし捜査に私情を挟むのは止めてください」と指示しました。

その後の捜査で、三年前に起きた二つの事件が判明。一つ目の事件は、バレエ団のトレーナー・堀脇 涼の自殺。捜査一課の早川によると、この自殺には不審な点があり、どうやら誰かが別の場所で殺害した後、わざわざ屋上から落下させていたようです。そして二つ目の事件は、安達 智花への誹謗中傷の記事が出回っていたことでした。

この件を捜査している最中、小田切はバレエ団の建物内で篠田に再会。篠田はスポーツカメラマンの取材で来ていて、「望月さん?どうしてここに?…確か公務員だっておっしゃってましたよね?」とビックリ。小田切が気まずそうにしていると、篠田は「あなたのホントの名前は?どう呼んでいいか分からないから…」と尋ねます。

小田切は何故か不思議と心を開いてしまい、「…小田切です。小田切 唯。」と本名を明かします。篠田はそれ以上は何も詮索せず、いつものように優しい表情で「僕で何か役に立てることがあったら言ってください」と言ってくれました。

そこで小田切は「じゃあ…3年前ここで飛び降りて自殺をしたトレーナーの堀脇涼さんについて調べてるんですけど」と相談。篠田は知り合いの記者に話を聞き、堀脇 涼と 瀬川 綾乃が付き合っていたという情報を提供してくれました。

さらに、加賀美と山内は芸能記者に変装して、同業者から情報収集。すると、堀脇涼が恋人のライバルを蹴落とすため、安達智花を誹謗中傷するガセネタを持ち込んでいたことが判明します。しかも、当時、舞は雑誌社に何度も通い、親友を貶めたガセネタの出所を調べていたというのです。

恐らく、舞は堀脇涼の自殺に関わっている…そう直感した井沢は、まず入院中の智花のところへ。案の定、堀脇の名前を出したとたん、智花はいきなり「…私です!私が殺しました。堀脇に誹謗中傷されてバレエ団の屋上に呼び出し彼に抗議しました。そしたら逆上した彼が襲ってきて突き飛ばしたら頭を打って…怖くなって…。自殺に見せかけるために屋上から落としました…」と白状します。

井沢が「なるほど。全ての罪を私がかぶる。そう覚悟を決めたんだね…」と答えると、智花は「何言ってるんですか!私が殺したんです。舞は何も知りません。自首します。全ては私が…!」と激しく動揺。それでも井沢は「八尋舞さんは誰かを殺そうとしてるんだよ。彼女は今記憶を失って同時に殺意もなくしてる。でも記憶が蘇ったらきっとまた悲劇が起こる…。いま彼女を救ってあげられるのは…智花さん、君しかいないんだ!」と説得し、重大な真相を聞き出しました。

重大な真相…それは3年前、智花の難病が発覚したころのこと。舞は堀川がガセネタを流して智花を追い詰めたことを知り、口論の最中に強く突き飛ばしてしまいました。堀川は打ちどころが悪く即死。舞はすぐに自首しようとしますが、智花が「駄目!舞が踊れなくなる。舞には私の分まで踊ってほしい」と言って止めたのです。そして二人は、堀川を自殺に見せかけるため、協力して遺体を屋上から突き落としたのです。

そんな中、舞の元にまた謎のメールが届きます。そのメールには(バレエ界の恥 消えろ 人殺し。3年前、堀脇涼を殺したのはお前と安達智花だって知ってるんだぞ)と書かれていました。これを見た舞はすべてを思い出し、バレエの練習中にとつぜん姿を消してしまいます。

ミハンでは、舞が綾乃を殺しに行ったのではという疑惑が浮上。しかし小田切は「違う…。彼女が殺意を抱いていたのは瀬川綾乃じゃない…!」と叫んで、バレエ団の屋上へ。なんと、舞はこの事件を自分の存在ごと闇に葬るため、自殺しようとしていたのです。小田切は屋上の扉の前で舞を見つけ、「舞ちゃん!?」と叫びます。しかし舞はあわてて扉を閉め、屋上のフェンスを乗り越えてしまいます。小田切は「舞ちゃん!舞ちゃん、開けて!」と必死に叫び続けますが…!?

↓ 第三話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】舞の悲痛な叫びに、小田切が懸命の説得!!助太刀に来てくれたのは、意外なあの人物!そして56日後…小田切がまさかの処分へ!?

自殺を決意した舞は、小田切に「あなたに何が分かるっていうんですか!」と叫び、今にも飛び降りそうな状態。それでも小田切は諦めず、必死に語りかけます。「あなたがしてしまったことはもう変えられない。でも自分の過去から逃げないで!!私も自分の過去から逃げようとしたことがある。私は高校生のころ…。男性に襲われた。死にたいと思った。私を襲った男は常習犯だったの。刑務所には入ったけど…たった6年の刑だった。許せなかった。強くなりたい。強くなって、もうこれ以上私みたいな被害者を増やしたくない。そう思って警察官になったの。…ごめん。私、記者じゃない。警察官なの。死にたいって思った過去があるから今の自分がいる。絶望してはい上がった人間は強くなれる!」

小田切は「あなたを…あなたを死なせない!!」と叫び、何度もドアに体当たり。するとぐうぜん来ていた篠田も助けに入ってくれて、鍵のかかったドアをこじ開けることができました。舞は小田切の説得で踏みとどまり、しっかり両手でフェンスにつかまっています。小田切は舞を優しく抱きしめ、声を震わせながら「…ごめんね。私、舞ちゃんを逮捕しなくちゃいけない…」と告げました…。

その後、舞は逮捕前に智花の病室へ。晴れ晴れとした笑顔で「智花!思い出したよ全部。よかった、智花のこと思い出せて!」と語りかけると、智花も「舞…」と言って友情に感謝しました。

捜査一課の早川たちは、舞に飛ばしの携帯から不審なメールを送った人物を特定。その意外な犯人は、瀬川 綾乃の母親でした。3年前、堀脇に頼んで安達智花を誹謗中傷させたのも彼女です。母として、元バレリーナとして、娘への愛と期待を暴走させてしまったゆえの結末。署へと連行されていく母を見て、綾乃はなぜかせいせいしたような笑顔を浮かべていました。

こうして事件は収束。小田切が一人で居酒屋に行くと、何と香坂も一人で飲みに来ていました。小田切は思わずテンションが上がって「いつもここで飲んでるんですか?」と声をかけます。香坂は少し照れくさそうに「いつもは飲みません。事件を防げたときだけです…」と答えました。

ふだんはクールな香坂ですが、焼きあがった美味しそうな貝を見て思わずニッコリ。小田切も思わず笑みがこぼれて、「フフッ…香坂さんも笑うんだなと思って…いつも鉄仮面だから…」とからかってしまいます。そして軽く乾杯したあと、小田切はふと真面目な表情で「舞ちゃん…前向きになれるといいな…」としみじみ。香坂は「過去を背負い、前を向いて彼女は生きていけるのか。一生受け止められない過去もある…」と慎重に語りました。

帰り道、一人になった香坂は待ち構えていた井沢を見て、思わずため息。それでも井沢は構わず、香坂を厳しく問い詰めます。「あなたの母親は、法務省の官僚 香坂博之と再婚した。そっから後のことは分かるんですけどね、それ以前のあなたの過去はたどれない。法務省にいたあなたの父親が戸籍をたどれないよう細工した。あなたには決して公にできない過去がある。知られたら困る過去が。…ミハンに何しに来た?」それでも香坂は何も答えず、スタスタと立ち去って行きました…。

後日、小田切は篠田と二人でカフェへ。篠田は先日のバレエコンクールで撮影した瀬川綾乃の写真を見せ、「凄かったですよ、瀬川綾乃。母親の束縛から解放されて、変わったって話です。感情豊かな踊りになったって…」と教えてくれました。小田切も「凄い…!」と感心して、まじまじと写真に見入ります。

さらに篠田は穏やかな表情で「過去が未来にどう影響を及ぼすかは、誰にも分からないもんですよね。そして人は強くなれる。…この前、八尋舞を救おうとした小田切さん、覚悟のようなものを感じました…」としみじみ。小田切は少し照れながらも、嬉しそうにほほ笑みました。

そして56日後の未来では…。小田切は全く笑っていませんでした。それどころか、監察官に呼び出され、「小田切巡査部長、君の行為は職務上の義務違反であり、警察官としての自覚に欠ける。そして多くの市民を危険にさらした。懲戒処分の検討を…」と厳しく叱責されていたのです。小田切は「その必要はありません」と言って、IDカードと警察手帳を返却。監察官が「依願退職でいいんだな?」と確認すると、小田切は「…はい…」と答えました。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

第三話ゲスト出演

八尋 舞役…山口 まゆ
瀬川 綾乃役…我如古 りな
安達 智花役…古川 琴音

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】第三話まとめ

今回はミハンの華・小田切の鮮やかな活躍がメイン。しかし、56日後の未来では小田切が懲戒処分の前に警察を退職し、60日後には香坂の遺体の前で「香坂さんが死んだのは自分のせい…」と嘆く姿が描かれました。

ミハンのAIが感知した新たな危険人物は、バレエ界のホープ・八尋舞。舞は危険な毒物を購入し、殺害方法まで調べていました。井沢たちはさっそくお得意の潜入捜査に当たりますが、なんと舞が記憶喪失になり、同時に殺意まで失っていたことが判明します。しかし舞の記憶喪失は断片的なもので、何かの拍子に記憶も殺意もよみがえってしまう可能性もある様子。井沢たちは引き続き舞を見守り、捜査を継続します。

その結果、なんと舞が殺そうとしていたのは、舞自身だったことが判明。舞は3年前に友人を苦しめた男と口論になり、突き飛ばして殺してしまったのです。舞のライバル・瀬川綾乃の母は、その事実で舞を脅迫。舞はこの事件を完全に闇に葬る為、自殺を計画していました。舞は新たな脅迫メールを見て記憶が戻り、今度こそ自殺しようと屋上へ。しかし小田切の懸命の説得で踏みとどまり、過去の罪を償うことになりました。

捜査中、小田切はグループセラピーで出会った篠田と再会。過去のトラウマで男性が苦手な小田切でしたが、何故か篠田とは自然に話ができて、心も軽くなっていきます。さらに小田切は、冷酷な上司だと思っていた香坂とも居酒屋で乾杯し、和やかな雰囲気に包まれました。それなのに56日後…小田切は懲戒処分を前に辞職を決意。60日後には、香坂の遺体の前で自分を責めることになります。何がどうつながっていくのか、まだまだ未来への伏線は複雑に広がって行きそうです…。

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】次回の展開予想

次回の新たな危険人物は…見た目は穏やかな高齢女性・杉原佳代。佳代は「大森山無差別殺傷事件」の被害者家族で、現在はNPO法人で「いのちの相談員」を務めています。小田切と吉岡は、まさかのラブラブカップルに変装し、佳代のシェアハウスで潜入捜査をすることに。

すると、最近シェアハウスを出て行った、保育士の佐藤奈々という女性の存在が浮上。なんと、奈々は「大森山無差別殺傷事件」の加害者の妹だったのです。被害者家族の佳代と、加害者家族の奈々。佳代は、奈々を殺して復讐をしようとしているのでしょうか?しかし、それだとあまりにも短絡的。何か別の真相や、目的があるのかもしれません。

一方、井沢と香坂のピリピリムードもさらに深刻化。井沢は古ぼけた映画館の前に香坂を呼び出し、「26年前、この映画館で……。…あなたはその犯人の娘だ…」と語りかけています。次回は香坂の過去が明らかになる、重要なエピソードになりそうです。

【絶対零度 ~未然犯罪潜入捜査~】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 10.6%
第二話 10.7%
第三話 8.6%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

ゆるキャン_05

ドラマ『ゆるキャン△』第五話(20/2/6放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...

ねんとな_02

『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第二話(20/1/24放送)の無料...

ゆるキャン_08

ドラマ『ゆるキャン△』第八話(20/2/27放送)の無料見逃し配信サイト、あらす...

ゆるキャン_06

ドラマ『ゆるキャン△』第六話(20/2/13放送)の無料見逃し配信サイト、あらす...

ねんとな_01

『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第一話(20/1/17放送)の無料...

ねんとな_03

『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第三話(20/1/31放送)の無料...