【見逃し配信】『下町ロケット(ヤタガラス)』第七話(18/11/25放送)のあらすじ、無料動画、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

下町ロケット_アイキャッチ7話
みなぎる正義と裏切る悪意が激突!!TBS日曜劇場「下町ロケット」の勢いが止まりません!!これまでのストーリーでは、佃たちが盟友のギアゴースト社に裏切られたものの、新たに帝国重工からの依頼でトランスミッション開発に取り組むことになりました。しかし第七話ではいきなり帝国重工が佃たちとの取引を打ち切ったあげく、とんでもない「お願い」を要求。さすがの佃もその図々しい要求にキレてしまうようですが…!?今回はそんな「下町ロケット」第七話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。

アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!番組によってはダイジェストや特集などもありますので、ぜひ、お見逃しなく!

【Paravi】公式サイト⇒

【下町ロケット】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で『下町ロケット』や他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【下町ロケット】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年11月25日(放送終了後)~2018年12月2日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

Paravi
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「下町ロケット」過去シリーズから最新話までParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「陸王」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【下町ロケット】前回のあらすじ

佃たちは共に戦ってきた盟友・ギアゴーストの伊丹に裏切られて、大きなショックを受けます。しかしそこに帝国重工の財前が登場し、無人農業ロボットという一大プロジェクトの発足を宣言。佃たちは新たにこの無人農業ロボット用のエンジンとトランスミッション開発に取り組むことになります。

まず最初の問題は、製品開発そのものではなく協力者のこと。財前は無人農業ロボット研究の第一人者・野木に協力を求めますが、苦い過去を持つ野木は企業とは二度と組みたくないと拒絶。しかし、実は佃と野木は大学時代の同級生で親友。佃は財前からの野木を説得してほしいと頼まれ、持ち前の人間力を発揮。何とか野木を説得し、みごとにプロジェクト発進への糸口をつかみました。

しかし帝国重工の次期社長候補・的場は、とつぜん財前に代わって無人農業ロボットの責任者に就任。佃や財前を厳しく批判し、一方的都合で佃製作所との取引を打ち切ると通告します。そんな中、佃たちを裏切ったギアゴーストの伊丹は、ダイダロスの重田とともに壮大な復讐計画を着々と進行中。狙うは帝国重工・的場。キーシン・ヤマタニ・大森バルブなど複数の企業とも協力関係を結び、来るべき日に向けて備えていました…。

https://vod-trend.com/ghost-ep6/

【下町ロケット】第七話「親友が敵に!?娘もライバルに!?佃製作所打つ手なし!?」(11月25日放送分)ネタバレ・あらすじ

次期社長の座を狙う帝国重工の的場は、財前に代わって無人農業ロボット開発の責任者に就任。月末の取締役会で自分をアピールするため、財前が企画したプロジェクトを丸ごと横取りしたのです。さらに的場は財前を呼びつけ、「無人農業ロボットのエンジンとトランスミッションは、我が帝国重工が製造する。佃製作所は…切れ」と冷酷に命令。財前は「これまで築いた信頼関係が一挙に失われることになります」と食い下がりますが、的場は「信頼関係?あんな町工場どうだっていいじゃないか」と突き放しました。

財前は佃製作所を訪問し、「私の力不足です、お詫びのしようもありません」と謝罪。とうぜん佃製作所の社員たちは「さすがにそれはないでしょう」「損害賠償ものですよ」と猛抗議します。それでも佃は「財前さんのせいじゃない、うちと的場さんの間に挟まれてきっと苦しい立場だったはずだ。それでも財前さんはうちのために精いっぱい頑張ってくれたとそう信じてますから」と社員をなだめて、理解を示しました。

しかし財前はますます心苦しそうな表情。「本当に申し訳ない…ただこんな時に一つ、厚かましいお願いをしなければなりません。佃さん、野木さんを説得していただけないでしょうか」と切り出します。野木は佃たちが外されると知ったとたん「では私も手を引きます。私は御社にではなく佃に協力しようと決めたんです」と協力をキッパリ拒否。野木の協力が無ければ、このプロジェクトは成り立ちません。

しかし、佃たちを外しておきながら、野木の説得だけはやってほしいというのはあまりにも図々しい話。財前は「佃さんに説得をお願いする筋合いではないことは重々承知しております。ですが、日本の農業を救うためにも、何とかお願いできないでしょうか」と懇願しますが、さすがの佃もこれには我慢の限界。何とか怒りを抑えながら「ふざけないでください。うちにだってプライドってものがあるんだ。財前さん、今日のところは帰っていただけますか…」と静かに言い放ちました。

帝国重工で勤務している佃の娘・莉菜は、水原本部長に「秘密保持契約書」へのサインを求められます。帝国重工では宇宙ロケットのバルブシステム開発を佃製作所に依頼していますが、独自に社内でもバルブシステム開発に取り組んでいるからです。水原は「設計などの詳しい情報は極秘扱いとなる。当然、君のお父さん…佃社長にもだ。立場上複雑だとは思うがその上で承諾してくれるか?」と理解を求めます。家に戻った莉菜は父に詳しいことは説明せず、「パパの愚痴とか聞きたくないの。私これからは仕事の話、家では一切しないから!」とだけ伝えました。

佃は野木と帝国重工のことをどうするか、しばらく思い悩むことに。そんな時に新潟の殿村から連絡があり、ただひたすらお客さんのために努力する殿村たちの努力に心をうたれます。さらに財前から殿村に送られてきたという手紙には農業にかける熱い思いがつづられていました。佃は考えを改め、「形はどうであれ、まずは世に出すことが一番じゃないのかな。俺は今自分にできることをやろうと思う。俺がここで今意地を張ってたら、日本の農業の発展を止めることになっちまう。それこそ本末転倒だからな」と宣言します。

そんな中、佃製作所ではキジマ工業から耕運機のエンジンの大口注文を受けて大盛り上がり。しかしそれも束の間、何とその契約をダイダロスとギアゴーストに奪われてしまいます。決め手はギアゴーストのトランスミッションで、純粋にスペックで負けてしまったのです。社内では「このまま開発続けてギアゴーストに勝てますか?」とトランスミッション開発に対する不安の声が広がり始めます。

そこで佃は新たな秘策を提案。「うちの負けだ。これが今のうちの実力だって言うなら、やっぱり何かを変えなきゃいけないよな?そこでだ。俺に一つ考えがある。トランスミッションの開発はこのまま続けることにする。うちが見据えるのはもっと先の先なんだ。野木の研究と、うちのトランスミッションの開発を一緒に進めていくんだ。目指すのはギアゴーストのレベルをはるかに超えた全く別次元のトランスミッションだ。負けたままじゃ悔しいだろ。無人農業ロボットに俺達もかけてみないか?」

佃の秘策とは、なんと野木が実験用に使っているトラクターのエンジンとトランスミッションを手掛けると言う者でした。いまのトラクターは既製品なので、故障することもしばしば。実験をより高度に進めるためには、無人農業ロボット専用に開発したトラクターが必要だったのです。

佃はさっそく野木に会いに行き、「俺がこのまま終わるとでも思ってんのか?実はな、お前に頼みがあるんだ。うちのトランスミッションの最初の顧客になってくれないか?」と提案します。これまで佃がいないなら、帝国重工には協力しないと怒っていた野木。しかし佃の希望あふれる提案を聞いて「ホントは今すぐにでも本格的な実験用トラクターが欲しいと思ってたんだ…佃、お前の力借りるよ!帝国重工にも協力する」と承諾します。佃は「ありがとう野木!」と答え、二人はガッチリ手を組んで「ハハハ…!!」と朗らかに笑いました。

こうして佃のおかげで帝国重工は野木の協力を得られることになりました。しかし的場はいきなり手のひら返し。「野木先生の協力を得た時点で、お前の仕事は終わったんだ。これ以上口出しする必要はない!」と言って財前を外し、代わりに腹心の奥沢部長を担当者に任命します。

この奥沢という男も、的場と同じように冷酷で強引な性格です。表面上は野木にペコペコしているのに、いきなり野木に重要機密である開発コードを渡してほしいと要求。野木はさっそく「先が思いやられる…」とウンザリしていました。

佃たちは熱心にエンジンとトランスミッション開発に取り組み、野木のもとへ実験用トラクター1号機を届けます。野木は「いや~大したもんだわ。やっぱ市販のトラクターと比べると通信との連動性がいいな。さすがだな佃は!やっぱりものづくりはこうじゃないとな」と大絶賛しました。

するとちょうどそこに奥沢が登場。いま、奥沢は野木の特許を得るため新会社の設立を提案しているところ。もちろん野木は拒否しますが、奥沢がしつこく食い下がってくるので困っていました。佃と奥沢は今まで面識がなかったので、これが初対面。しかし奥沢は最初から敵意むき出し。「あなたが佃さんでしたか。一体どういうつもりなんです?もうこれ以上御社の力は必要ない。分かったらお引き取り願えますか?」と上から目線で佃たちを侮辱します。

これにはさすがの野木も激怒し、その場で奥沢に怒りをぶつけます。「あんた達の考えはよーく分かった。あの開発コードをくれてやるよ。ただし…あんたにだけじゃないあの開発コードを世界中に公開してやる。そうなれば国内外の企業達が軒並み開発を始める。あっという間に無秩序な過当競争だ。帝国重工の優位性もたちまち失われるだろうな。そこまであんた達がすごいと言うのなら、お得意の完全内製化ってやつで自分達の力だけでやればいいだろ!よそよりも優れたものを下請け抜きで作れるもんなら作ってみろ!それから今後、私と話をするときは必ず財前さんを通してください。私は言葉の通じる人間としか話をしない!それは…あなたじゃない!お引き取り願えますか?」

奥沢は野木の剣幕に圧倒されてしまい、なんとか取引の継続だけはと懇願。その後ふたたび財前がプロジェクトの担当者に復帰し、納得した野木と協力して開発に取り組むことになります。そして後日、帝国重工は無人農業ロボットの記者発表を大々的に開催。的場が華々しく壇上に立ち、「このたび帝国重工では新事業を立ち上げることとなりました。無人農業ロボットアルファ1です…」と発表を行いました。

その頃、佃も「もう始まってる頃だな…」と帝国重工の記者発表のことを考えていました。するとそこにいきなり重田がやってきて、「これはこれは、佃社長~」と妙に白々しく挨拶。重田は何とも言えない怪しい笑顔で佃にささやきます。「残念ですねえ、佃さん。野木先生まで説得して引き入れられたというのに、ハシゴ外されて悔しい思いされてるんじゃないですか?これでよーく分かったでしょう?帝国重工がどんな会社か、的場俊一という男がどんな男なのか。でもご安心くださいね、私が佃さんの分まで敵討ちをしてあげますからね…」

そう言って重田は満足そうに去っていきますが、佃は何が何やら分からずポカーン。「敵討ち…?」とつぶやいて首をかしげます。そして翌朝、朝刊を見た佃はビックリ。なぜか帝国重工の無人農業ロボット開発の記事が、トップ一面でもなく、ごく小さな記事扱いだったからです。しかしニュース番組の生中継では「無人トラクター」の特集が放送されています。佃は「そうか、テレビか!」と言って画面を見つめますが、そこに映ってたトラクターは何と…!?
↓ 第七話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】まさかの無人トラクター登場!?ついに重田と伊丹のリベンジが幕を開ける!!

ニュース番組の生中継で紹介されていたのは、重田たちが開発した「無人トラクター・ダーウィン」でした。佃はテレビの前で思わず「どうなってんだコレ…!?」と驚愕。ダーウィンは自由自在に畑を動き回り、誰が見てもいかに革新的な技術かが一目で分かります。

さらに重田がインタビューに登場し、「一社一社、たとえ力は小さくても力を合わせて知恵を出し合って、大企業には負けないトラクターを心を込めて作って参ります。ダーウィン・プロジェクト、応援よろしくお願いします」とニッコリ。リポーターは「素晴らしい取り組みですね!」と感動し、ダーウィンを「下町ロケット」と呼んで大絶賛。

これこそが重田と伊丹たちが進めてきた復讐のはじまり。重田はテレビ放送で強烈なインパクトを残し、いきなり帝国重工のプライドを砕いてみせたのです。伊丹は「これからだ、帝国重工を徹底的にたたき潰す!!」と気合十分。とつぜん虚を突かれた的場は「ダーウィンプロジェクトだと…!?」と大慌てです。

ようやく重田たちの狙いに気づいた佃も、「帝国重工に強力なライバルが現れたってことだ…情報も漏れてたんだろう。帝国重工の動きを知った上で先手を打ったとしか思えない。中小企業が総力を挙げて、帝国重工を倒しにきたんだ…」と驚きを隠せませんでした。

【Paravi】公式サイト⇒

【下町ロケット】第七話まとめ

第七話では佃たちが待ったなしで追い詰められる中、新たな一手を繰り出す展開が見事でした。まずは帝国重工やキジマ工業に取引を切られ、大ピンチに陥った佃たち。それでも農業の未来のために立ち上がり、独自に野木の研究に協力する形でトランスミッション開発を進めることに。野木は佃と共同研究を進めながら、帝国重工との開発にも協力すると承諾します。

しかし帝国重工の的場は野木の協力を取り付けた途端、またもや態度がガラリと一変。功労者である財前を外し、代わりに的場の腹心・奥沢を送り込んできました。奥沢は野木に極秘情報や特許などを共有しろと厚かましく要求。さすがに野木も我慢の限界に達し、奥沢のやり方に抗議して交渉役に財前を指名しました。

こうしてようやくまとまった帝国重工の無人農業ロボット。マスコミを呼んで大々的に記者発表を開き、的場が華々しく発表の場に立ちます。しかし翌朝、マスコミが注目した無人農業トラクターは、帝国重工のものではなく、重田や伊丹たちが共同開発した「下町トラクター・ダーウィン」でした。これこそが重田たちの狙いで、無人農業ロボットで恨み重なる帝国重工に勝つために計画を進めていたのです。ここからは大企業VS中小企業の戦いがスタート。今のところ中立的な佃たちが、これからどう行動するのかが大きな見どころになりそうです。

【下町ロケット】第八話の展開予想、考察


第八話のサブタイトルは「容赦無き復讐!!仕掛けられた陰謀!?」です。重田と伊丹の復讐が次の段階に入り、的場が下請け会社を潰してのし上がってきたという暴露記事が世間を騒がせます。的場は激怒して「しょせん下請けの寄せ集めだろう、ダーウィンなど潰してしまえ!!」と豪語しますが、完璧な復讐計画を進めてきた重田は余裕たっぷり。予告動画では重田が伊丹に「返り討ちにしてやるよ」とささやき、怪しい笑みを浮かべています。

さらに無人農業ロボットには不具合が発生するようで、、帝国重工も佃たちもますます追い詰められてしまうことに。それでも佃は決してひきません。予告動画のラストでは佃が「できないなんてことはありません!この国の農業を救うことを諦めないでください!うちは絶対にあきらめませんから!」と熱弁を奮っています。次回もますます佃の情熱が大きく人の心を動かしていく展開になりそうです。

Amazonサービス『Audible(オーディブル)』で下町ロケットを聴こう

Amazonが提供中のAudible(オーディブル)』は俳優や声優がナレーターとなり本を読んでくれる音声サービスです。
耳で聴く読書は、電車やバスでの移動時間や家事をしているときにでも気軽に読書ができる新しいスタイルとして注目されています。

原作版「下町ロケット」もAudibleでロケット編~ゴースト編までが配信され、年末にはヤタガラス編の配信も予定されています。
下町ロケット_Audible一覧
初回の一冊は無料で利用できるので、この機会に新しい読書スタイル『Audible(オーディブル)』を体験してみてはいかがでしょうか?

◆公式サイトでサービス詳細をチェック

【下町ロケット】第七話の視聴率

第七話:12.0%

各話毎の視聴率
第一話 13.9%
第二話 12.4%
第三話 14.7%
第四話 13.3%
第五話 12.7%
第六話 13.1%
第七話 12.0%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

下町ロケット_アイキャッチ2話

【見逃し配信】『下町ロケット(ゴースト)』第二話(18/10/21放送)のあらす...

下町ロケット_アイキャッチ1話

ドラマ『下町ロケット(ゴースト)』第一話(18/10/14放送)の無料見逃し配信...

下町ロケット_1期_ロケット編

TBSドラマ「下町ロケット(1期)」ロケット編の見逃し配信はParaviがおすす...

下町ロケット_アイキャッチ4話

【見逃し配信】『下町ロケット(ゴースト)』第四話(18/11/4放送)のあらすじ...

下町ロケット_アイキャッチ6話

【見逃し配信】『下町ロケット(ヤタガラス)』第六話(18/11/18放送)のあら...

下町ロケット_アイキャッチ5話

【見逃し配信】『下町ロケット(ゴースト)』第五話(18/11/11放送)のあらす...