『ボイス 110緊急指令室』第九話(19/9/14放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視聴、あらすじ、ネタバレ、視聴率情報はこちら!

ボイス_09

視聴率2桁台キープで絶好調!唐沢寿明さん主演「ボイス 110緊急指令室」は、緊急通報に応じて戦う神奈川県警港東署ECU(Emergency Call Unit)の活躍を描いたサスペンスドラマです。

これまでのストーリーでは、主人公の熱血刑事・彰吾と、緊急司令室室長のひかりが凶悪な犯罪者たちと戦い、多くの人々を救出してきました。それと同時に、彰吾とひかりは3年前に自分たちの家族を殺害した真犯人と、事件を隠ぺいした内通者を追っています。彰吾たちは何度も妨害にあいながらも戦い続け、ついに真犯人と内通者の正体にたどり着きました…。

第九話では、彰吾たちがトンネル崩落の事故現場で人命救助!行方不明の負傷者多数・ガス爆発の危険が迫るトンネル内で、彰吾は全力で救助活動を続けます。さらに、彰吾たちは真犯人と内通者の過去を捜査。残酷な現実を前に、彰吾が出した答えは…!?今回はそんな「ボイス 110緊急指令室」第九話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『日テレ無料!(TADA)』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【ボイス 110緊急指令室】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年9月14日(放送終了後)~2019年9月21日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
日テレ無料!(TADA) 最新話無料見逃し配信
Hulu(フールー) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 動画冒頭、途中に30秒~1分程度のCM動画が入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期間、広告を気にせず楽しみたい方はHulu(フールー)がオススメ!

hulu×日テレ
日本テレビ系ドラマの見逃し配信はHuluがオススメです!視聴期限を気にすることなく、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ、アニメ作品が楽しめます。

Hulu(フールー)のおすすめポイント!

  • 月額料金:933円(税別)
  • 無料期間:2週間
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 作品数:約50,000本
  • 特徴1:PPV(追加課金コンテンツ)なし
  • 特徴2:日テレの番組を中心に人気番組やオリジナル番組が充実!

※サービスは変更になる場合があります。最新のサービス内容、特典詳細は公式サイトからお願いします。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】前回までのあらすじ

ボイス_08
狂犬刑事VS殺人鬼、ついに初めての直接対決へ!唐沢寿明さん主演「ボイス 110緊急指令室」は、緊急通報に応じて戦う神奈川県警港東署ECU(E...
彰吾は上杉と取引するために待ち合わせ場所に向かいますが、上杉は既に本郷雫によって殺害された後でした。これでまた重要な手がかりを失ってしまい、彰吾は大きなショックに打ちのめされます。それでも彰吾は未希への愛を胸に奮起して捜査を再開。事件の背後で暗躍している本郷ホールディングスについて調べ始めます。

しかし本郷会長もこの彰吾たちの動きを察して、田所署長に圧力をかけるよう指示。すぐに検察特捜部が動いて、彰吾は謹慎処分になってしまいます。ひかりは状況から考えて、内部情報が漏れているのは透が裏切っているからではと推理。彰吾は大事な相棒が裏切っているなんて信じたくありませんでしたが、ひとまず透と距離を置いて行動することにします。

そんな中、本郷雫は父の注意を無視してひかりの元へ。玄関先で凶器の音を出したり、3年前の事件の音声テープを流したりしてひかりを挑発します。ひかりは彰吾に犯人が来たと連絡したあと、今こそ逮捕のチャンスだと思って一人だけで部屋の外へ。彰吾は謹慎中にも関わらず、あわててひかりの元へ急行します。その甲斐あって、彰吾はひかりが闇の中で襲われているところに駆けつけて救出に成功しました。

後日、検察はさっそく彰吾の単独行動を咎めて処分しようとします。しかし透が彰吾の捜査の正統性を証明し、彰吾も検察担当者の不正を指摘。検察はそそくさと逃げていきました。ところがホッとしたのも束の間、なんと今度は本郷雫が沖原殺害事件の事情聴取に応じて港東署にやってきます。そこでひかりは初めて雫の声を聞き、この男こそ真犯人だと確信。それを聞いた彰吾は雫の胸ぐらをつかみ、必ず逮捕してやると宣言しました。

そんな中、緊急司令室にはまた新たな通報が。地下鉄新駅の工事現場で反対運の住民たちと現場担当者が衝突して騒動になっているというのです。彰吾たちはあわてて現場に急行。すぐに騒動の仲裁に入りますが、その時、いきなり地下トンネルの方から大きな地響きが聞こえてきます。それは午後4時05分、地下トンネル崩落事故発生の瞬間でした…。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】第九話「雫を追い詰める証拠を探す樋口とひかりの陰で石川の過去が明らかに……!?」(9月14日放送分)ネタバレ・あらすじ

地下鉄拡張工事の現場で、地下トンネル崩落事故が発生。暗いトンネルの中には負傷者が多数取り残され、レスキュー隊や消防隊の到着には時間がかかりそうな状態です。

ガス漏れや土砂の崩落も起きていましたが、彰吾は迷わず「俺たちが助ける!!」と叫んでトンネル内へ。ひかりが無線越しに周辺の音を聞き分けて、助けを求める負傷者の声や呼吸から場所を特定します。その導きのおかげで、彰吾と透は倒れている作業員たちを無事に救出することができました。

しかしガス爆発の危機が迫る中、現場監督の鳥山 敦がまだ行方不明だと判明。彰吾は勇敢にトンネル内に飛び込み、がれきの下で倒れていた鳥山を何とか引っ張り出して担ぎ上げます。「何があっても連れて帰るぞ!!走れ~!!」と叫ぶ彰吾。その直後、音声が途絶え、大きな爆発音と悲鳴があがりました。

緊急司令室では一瞬緊張が走りますが、すぐにまた無線がつながり、「全員救出!みんな無事だ!」という彰吾の元気な声が。スタッフたちはみんな立ち上がって、「よし!やった~!」と大歓声で全員の無事を喜びます。時刻は午後4時28分、地下トンネル崩落事故は発生から23分で解決しました…。

彰吾は現場で事故原因の情報を収集。するとこのトンネル崩落事故でも、本郷ホールディングスの無責任な管理実態が明らかになります。彰吾が最後に救出した現場監督の鳥山に話を聞くと、鳥山は声を潜めて「後から病院で話をします」と言ってくれました。

そして救急搬送も終わり、ようやく緊迫した事態がおさまったころ、本郷雫も会社の人間として現場確認のため到着。彰吾の姿を見かけると、「この工事に関わる者として、全員無事に救出していただいたことを深く感謝します」と白々しく語ります。

彰吾は雫をにらみつけ、「全部分かってんだよ。上杉が身寄りのない路上生活者を探し出してはお前に与えた。お前の殺しのために。…楽しみだよ、お前をどう追い込むか!」と宣言。雫も負けじと彰吾をにらみ返し、「ええ楽しみです、あなたをどう追い込むか…」と対抗しました。

その後の調べで、この崩落事故の現場では、数日前に崩落の兆候とみられるデータが計測されていたことが発覚。本郷ホールディングスはその報告を受けていたにも関わらず、計画の見直しをせずにそのまま強引に工事を進めていました。計画に遅れが出ると、莫大なお金がかかるからです。

既に問題になっていた再開発地区の土壌汚染や、横須賀のビルの外壁が崩壊して作業員が亡くなった外壁崩壊事故なども、本郷ホールディングスの無責任な管理が原因でした。今まで本郷会長たちは「悪いのはどれも下請け」として処理させていましたが、今回はそうは行きません。彰吾は情報屋のハヤミミに依頼して、この本郷ホールディングスの罪をマスコミにリークさせることにしました。

しかし、本郷雫を逮捕するためには、殺人の確たる証拠が必要です。彰吾は、雫が殺人を楽しんでいる現場の手がかりを求めて、未希が残したボイスレコーダーのメッセージをふたたび確認。するとひかりがその声の後ろに、波の音を聞き分けます。本郷雫に関する海の近くの場所を調べれば何か分かるかもしれません。彰吾はひかりに「それと、ヤツの過去を洗い直せ」と依頼しました。

ひかりはもちろんその捜査方針に同意しますが、心苦しそうに「証拠を見つけたとしても本郷雫に通じる人間が我々のそばにいます。彼をチームから外すべきです…」と進言。すると彰吾は「何で透がヤツらに取り込まれたのか、俺が調べる」と答えて、透の父親の元に話を聞きに行きます。

透の父親の勤務先である「みなと第一工業」も、実は本郷ホールディングスに関わりがあり、上杉が手配したスタッフが派遣されていました。透の父は息子が以前から何かに苦悩していることに気づいていた様子。彰吾が会いに行くと、3年前に起きた不幸な事件について全て明かしてくれました。

3年前、透の父は病気で服用していた薬のせいでクレーン作業中に居眠りをしてしまい、不幸にも作業員の一人が死亡。その死亡した作業員も実は上杉が派遣したスタッフでした。上杉は透が彰吾の部下だと知り、この事件を揉み消す代わりに内通者になれと脅迫。

透はもちろん断ろうとしました。しかしその時、上杉の別の部下ともみ合いになり、態勢を崩した男が廃材に刺さって死亡してしまったのです。上杉は「親子揃って人殺し」とせせら笑い、透はもう屈服するしかありませんでした…。

その後、透は自分と父の犯罪をもみ消してもらう代わりに、上杉たちの内通者となって暗躍。重要な証拠の一つだった、ひかりと真犯人の会話データを削除したのも透の仕業でした。彰吾は「当時、透は真犯人の存在を知らなかったはずだ。真相を知った時、もうからめ捕られて抜け出せなくなっていたんだ。…俺が必ず救ってやる!!」と誓います。

その直後、彰吾は透を行きつけの居酒屋に呼び出して対話することに。いきなり銃を渡して、透の心を試すように語りかけます。

「透、やるならバレるな。全部分かったんだよ…。俺たちは負けちゃダメだ。俺とお前は負けちゃダメなんだ!立ち向かうんだ!これは兄貴からの…弟への最後の言葉だ。自分の心の声を…裏切るな!!」透は銃を手に取りますが、とうぜん尊敬する彰吾を撃つことなんてできるわけがありません。透は号泣しながら銃を置き、静かに店を出ていきました…。

本郷ホールディングスのリークは成功し、マスコミは告発者や被害者たちのコメントを連日報道。焦った本郷会長は、「この事故がこれ以上報道されたら許さん!すぐに手を打て!!」と圧力をかけますが、ネットにも拡散されているので会社への批判はそう簡単に止められそうにありません。それなのに息子の雫は相変わらずで、マスコミがネタを探してうろつき回っている中でも、平気で殺人を楽しもうとしています。

そこで本郷会長は雫を呼び出して「当分アメリカに行ってろ」と指示。しかし雫は狂気の表情を浮かべて「これからが最高に面白いのに。二度と指図するな!父さんでも許さない…!!」と凄むだけでした。

ひかりは本郷雫の過去を調べるため、雫の母親・千尋の親族や、当時の警察OBに聞き込みを開始。その結果、雫の歪んだ狂気の原因があきらかになりますが…!?

↓ 第九話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】27年前の真実…凶悪な殺人鬼を生んだ恐るべき事件とは!?さらに暴走した透が危険過ぎる単独行動へ…!!

27年前、まだ少年だった雫は母・千尋とともに父の別荘へ。しかしそこで雫が見たものは…なんと父の本郷が対立する磯丸建設の社長を監禁して、残酷に殺害する現場でした。母はあわてて雫の目を塞ぎ、「見ちゃダメ!!」と叫びましたが、時すでに遅し。もうこの時には、雫の中に眠っていた凶暴性が目覚めてしまっていたのです。

その直後、本郷は磯丸建設の社長の遺体を海での水死に見せかけて処理。遺体の損傷が激しかったので、警察もアッサリ事故死だと判断しました。雫の母・千尋は警察に「夫が人を殺した」と言って通報しようとしますが、本郷に無理やり連れ戻されて断念。

その秘密の大きさに耐えかねたのか、千尋は翌日に首吊り自殺してしまいました。その母の無残な姿を目撃した雫は、完全に精神を病んで壊れてしまったのです。全てを知ったひかりは「本郷雫という怪物はその時に生まれた…」とつぶやきました。

彰吾はさっそく本郷家の別荘を調べに行こうとしますが、その時スマホにとつぜん透からのメッセージが届きます。そこには「ごめん兄貴、借りを返します」と書かれていて、彰吾は「もしかして…ヤツの別荘に!?」とすぐに直感。急いでパトカーに飛び乗り、透の元に向かいます。

彰吾が想像した通り、透は本郷雫と直接対決に臨んでいました。「もう言いなりにはならない!どうせ兄貴も殺すつもりなんだろう?お前らの犬だったこと自首してやる。これで終わりにする!!」と叫び、雫に拳銃を突きつけます。

しかし透は一瞬の迷いで撃つのが遅れ、あっという間に雫に殴り倒されてしまいました。雫は「人を殺すのに、なぜ迷うんです?そのためらいが人間をダメにする…」と言って、ニヤニヤ。透を別荘に監禁して、いつもの凶器で殺害しようとします。時刻は午前0時49分、監禁及び障害容疑事件発生。彰吾は透を救出すべく、現場へ急行している途中でした…。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

ゲスト出演

透の父・石川義和役…斉藤暁
現場監督・鳥山敦役…土井よしお
雫の母・本郷千尋役…河井青葉

【ボイス 110緊急指令室】第九話まとめ

今回は透や本郷雫の過去が明らかになり、透が彰吾の元を去って危険な単独行動に出てしまいました。冒頭では、彰吾と透がトンネル崩落事故の現場で協力し合い、見事に大勢の負傷者たちを救出。その後、この崩落事故に関しても本郷ホールディングスのずさんな管理実態が朗らかになり、彰吾のリークによってマスコミもネットも騒ぎ出します。

さらに、彰吾たちは本郷雫を逮捕するために確たる証拠を求めて捜査開始。ひかりは本郷雫の過去を調べ上げ、本郷雫が狂気的な殺人鬼になってしまったのは、27年前に本郷会長が犯した殺人と母の自殺が原因だったことを突き止めます。

一方、彰吾は透が本郷たちの内通者になってしまった理由を求めて、透の父の元へ。すると透の父が3年前に不幸な事故を起こしてしまい、透自身も誤って上杉の部下を殺害してしまったことが判明。透はそれをネタに上杉たちにつけこまれ、内通者としてもみ消しや情報漏えいに加担させられていたのです。

彰吾は透を責めずに、「自分に嘘をつくな」と説得。透は泣きながら彰吾の元を去り…なんと数日後、自ら本郷雫を殺害して決着をつけようとします。しかし本郷雫は透が一瞬躊躇した隙を逃さずに反撃。あっという間に透をなぎ倒し、別荘に監禁して殺害しようとします。彰吾は透が危険な単独行動に出たことを知り、急いで現場に向かっていました…。

次回の展開予想、考察


次回はいよいよ最終話!!本郷家の別荘に駆けつけた彰吾は、血まみれで倒れている透を発見して「透!!頼む、死ぬな!!」と絶叫。卑怯な雫は彰吾に奇襲をかけますが、彰吾はすぐに態勢を整えて応戦。激しい銃撃戦が繰り広げられたのち、強行犯係が到着してついに雫を逮捕します。

しかしこれでめでたし…とはならず、さらなる恐怖が緊急司令室に忍び寄ります。なんと雫は服毒自殺を装って病院から逃走。おそらく本郷会長が手を回したものと思われます。しかし雫は会長の意志を無視して、またもや彰吾たちに奇襲をしかけます。予告動画では雫が港東署に乗り込み、ひかりを人質にとって緊急司令室を制圧。「さあ、クライマックスだ…」と言って、追い詰めたひかりを殺害しようとしています。

果たして彰吾は間に合うのでしょうか…!?長かった彰吾とひかりの戦いも、ついに次回で決着。最後の最後まで気が抜けない、衝撃的なラストになりそうです。

【ボイス 110緊急指令室】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 12.6%
第二話 8.4%
第三話 10.7%
第四話 9.3%
第五話 11.9%
第六話 11.1%
第七話 10.9%
第八話 11.2%
第九話 10.4%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

朝顔_10

『監察医 朝顔』第十話(19/9/16放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!...

ボイス_05

『ボイス 110緊急指令室』第五話(19/8/10放送)の見逃し配信はHuluが...

ボイス_01

『ボイス 110緊急指令室』第一話(19/7/13放送)の見逃し配信はHuluが...

ボイス_02

『ボイス 110緊急指令室』第二話(19/7/20放送)の見逃し配信はHuluが...

ボイス_10

『ボイス 110緊急指令室』最終話(第十話)(19/9/21放送)の見逃し配信は...

朝顔_01

『監察医 朝顔』第一話(19/7/8放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...