『ボイス 110緊急指令室』第八話(19/9/7放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視聴、あらすじ、ネタバレ、視聴率情報はこちら!

ボイス_08
狂犬刑事VS殺人鬼、ついに初めての直接対決へ!唐沢寿明さん主演「ボイス 110緊急指令室」は、緊急通報に応じて戦う神奈川県警港東署ECU(Emergency Call Unit)の活躍を描いたサスペンスドラマです。

これまでのストーリーでは、主人公の熱血刑事・彰吾と、緊急司令室室長のひかりが凶悪な犯罪者たちと戦い、多くの人々を救出してきました。それと同時に、彰吾とひかりは3年前に自分たちの家族を殺害した真犯人と、事件を隠ぺいした警察関係者を追っています。真犯人の手がかりとなる情報はなかなかつかめませんでしたが、いま真犯人の背後に潜む巨悪の存在が明らかになりつつありました…。

第八話では、彰吾たちがついに真犯人・本郷雫と直接対決!彰吾は検察の命令でとつぜん謹慎処分になってしまいますが、ひかりは単独で雫に立ち向かおうとします。さらにずっと謎だった内通者の正体も判明して…!?今回はそんな「ボイス 110緊急指令室」第八話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『日テレ無料!(TADA)』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【ボイス 110緊急指令室】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年9月7日(放送終了後)~2019年9月14日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
日テレ無料!(TADA) 最新話無料見逃し配信
Hulu(フールー) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 動画冒頭、途中に30秒~1分程度のCM動画が入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期間、広告を気にせず楽しみたい方はHulu(フールー)がオススメ!

hulu×日テレ
日本テレビ系ドラマの見逃し配信はHuluがオススメです!視聴期限を気にすることなく、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ、アニメ作品が楽しめます。

Hulu(フールー)のおすすめポイント!

  • 月額料金:933円(税別)
  • 無料期間:2週間
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 作品数:約50,000本
  • 特徴1:PPV(追加課金コンテンツ)なし
  • 特徴2:日テレの番組を中心に人気番組やオリジナル番組が充実!

※サービスは変更になる場合があります。最新のサービス内容、特典詳細は公式サイトからお願いします。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】前回までのあらすじ

ボイス_07
さらに激化する真犯人との戦い…!唐沢寿明さん主演「ボイス 110緊急指令室」は、敏腕刑事の彰吾と、声紋分析官のひかりが圧倒的な連携プレイ...
港東署では、惨殺されてしまった沖原のために一致団結。高級クラブからそそくさと逃げ去った本郷会長と、その息子・雫をマークしはじめます。

彰吾は改めて3年前の第5号地区殺人事件を見直し、亡き妻・未希と真犯人の接点を発見。当時、未希は自立支援センターでソーシャルワーカーとして働いていましたが、クローバーフレンズという人材派遣会社で就職した人々が何人も行方不明になっていることに疑問を持ったようです。それが犯人側にとって都合が悪かったので、未希は殺害された…という可能性が濃厚になります。

さらに、緊急司令室ではまた新たな事件が発生。今度は高木という派遣社員による飛び降り自殺未遂でしたが、彰吾はすぐに急行して高木を無事に救出。しかし高木の周囲にいたDM建設の社員たちは、何とも微妙な表情。彰吾は何かあると疑い、高木に詳しく事情を尋ねます。

すると、何と高木もあのクローバーフレンズから派遣された社員でした。しかもDM建設で土木作業の仕事をしていると、なぜかみんな体調不良になっていることも判明。さらにその後の自立支援センターでの聞き込みで、未希がクローバーフレンズからワーグナー商事に派遣された早川亮二という人物を特に熱心に探していたことも明らかになります。

しかし、匿名の情報提供者からは(未希と早川亮二がつきあっていた)という衝撃的な情報も。さすがに彰吾もショックを受けてしまいますが、休んでいるヒマはありません。今度は追い詰められた上杉が「俺を逃してくれたら、真実を教えてやる」と取引を持ちかけてきます。彰吾は一人で上杉に会いに行きますが、時すでに遅し。上杉はペンションのバルコニーの下で頭から血を流して死亡していました…。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】第八話「集団行方不明の謎を追う樋口とひかり……しかし、想定外の内通者の存在でECUは解散の危機に……!」(9月7日放送分)ネタバレ・あらすじ

上杉が裏切ったことに気づいた本郷雫は、彰吾が来る前に上杉がいるペンションへ。そこで「僕を裏切るとはどういうことかな?グッバイ、兄さん…」と言って、上杉を冷酷に殺害しました。

その後に到着した彰吾は、上杉の死体を見て激昂。「真犯人は誰だ!?未希に何があった!?」と大声で叫び、悔しさを露わにします。現場の状況から見ると、上杉は鈍器で殺され、飛び降り自殺に偽装されたようです。

これで彰吾たちは、またもや真犯人につながる重要な手がかりを失ってしまいました。さすがに彰吾も大きなショックを受けて、「人を守るのが俺の仕事なのに…うちのヤツが何を抱えていたのかも知らず…。何てザマだ…」とガックリうなだれてしまいます。

翌日、警察は早くも上杉死亡を自殺と断定。本郷会長にへつらっている田所署長が圧力をかけたようです。透は彰吾に「もう事件は終わったんです。もう奥さんのことは…」と語り、これ以上の捜査をやめさせようとします。

それでも彰吾の家族への思い、犯人逮捕への執念は変わりません。改めて気を取り直し、「何も終わってない!たとえ未希が俺を裏切っていたとしても俺の気持ちは変わらない。俺は真犯人を挙げる!」と力強く宣言しました。

彰吾はさっそく上杉の側近・下山の取り調べを開始。下山はずっと黙秘していましたが、上杉が殺されたことを知って「自分たちにもスポンサーがいて…中でも本郷ホールディングスとは特別な関係だった…」と明かしました。

ひかりは彰吾に港東第5号地区で発生した土壌汚染のニュースを報告。違法な現場に土木作業員を手配したのは、上杉の人材派遣会社クローバーフレンズでした。彰吾は「本郷ホールディングスが上杉に頼んだんだろう」と推理します。

その本郷ホールディングスの会長と、代表の本郷雫は、沖原の事件現場にも居合わせていましたが、なかなか参考人聴取に応じません。彰吾は「来ないならこっちから出向いてやる…!」と息巻いていました。しかし本郷会長の方も、息子の殺人や彰吾の動きをいち早く察知。彰吾を警察から追い出すため、田所署長に圧力をかけます。

すると田所署長は彰吾の罪をでっちあげ、横浜地方検察庁特捜部の滝沢に強制捜査を依頼。滝沢は部下を連れて港東署に乗り込み、彰吾に「樋口警部補の特別公務員暴行陵虐罪等の容疑に対する強制捜査です。今からあなたは謹慎。処分が決まるまでデスクワークです」と言い渡します。彰吾はほとんど反論もできず、警察手帳を取り上げられてしまいました。

田所署長は白々しく「ECUの存続について検討させてもらいますよ」と宣言。ひかりは激怒して「署長は…何のために警察官になったんですか!?」と抗議しますが、田所署長は無視して何も答えませんでした。

ひかりは彰吾を屋上に呼び出し、「この突然の圧力…内通者はECUにいる可能性が高い。あまりにも身近過ぎて最初から疑いもしなかった人物……」と告げます。どうやらひかりは、彰吾の相棒・透を疑っている様子。彰吾はもちろん透を疑いたくありませんでしたが、状況からして確かに怪しいのも事実です。彰吾はやむを得ず、透に「透…しばらく1人で出動してくれ」と告げて距離を置くことにしました。

夜。ひかりはマンションに帰宅してからも、真犯人が残した未希の音声テープを聞いて不審な点を調べます。繰り返し聞いていると、どうも音声の抑揚が不自然です。ひかりは、どうやら真犯人が未希の音声を使って内容を改ざんしたのだろうと推理しました。

そんな中、とつぜん部屋の外から誰かの足音がして、鈍器を柵にぶつける音が鳴り響いてきます。ひかりはすぐに彰吾に電話をかけ、「今、私の部屋の外で鈍器を持った誰かが…」と報告。まだ署内にいた彰吾は「外に出ずに待ってろ!!」と言って、出動しようとします。

すると強行犯係の後輩たちはあわてて「樋口さん動いちゃダメです。樋口さんには辞めてほしくないんです!」と叫んで制止。謹慎中に出動なんてすれば、即座にクビになってしまいます。それでも彰吾はひかりを救出するため、制止を振り切って現場へ急行しました。

雫はひかりの部屋の前で、ドアスコープを覗き込んだり、3年前に隠ぺいされた音声データを流してニヤニヤ笑って挑発します。ひかりは不気味な犯人に怯えながらも、思わず怒りが爆発。電話で彰吾が止めるのも聞かず、「現行犯で捕まえられるチャンスです…」と言って玄関の外に飛び出してしまいます。

すると雫は超音波を流してひかりの聴力を奪い、廊下の電気をオフに。闇の中でひかりに忍び寄り、背後から襲いかかろうとしますが…!?

↓ 第八話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】ひかり、絶体絶命の大ピンチ…!?ついに真犯人・本郷雫が本性を現す!!

ターゲットにひかりを選んだ雫は、自宅マンションでひかりを急襲。闇の中で鈍器を振りかざして、ひかりを殺害しようとします。しかし間一髪のところで、彰吾が到着。ひかりは無事に救出され、雫はそそくさと逃げ去りました。

しかしこの事件を知った検察の滝沢は「謹慎中、警察手帳もないのに勝手な出動を?この罪は重いですよ」と、責任を追及。今すぐ彰吾を辞職か懲戒処分に追い込もうとします。

すると、そこに透が割って入り、「事件に関係した警察官全員から証言を集め、樋口班長に違法行為が無いことを証明する疎明資料です。謹慎命令自体、不当なんです」と言って書類を提出。彰吾も「立件されるのはお前のほうだ」と言って、いつの間にか調べあげた滝沢の調査資料を突きつけます。

滝沢は検察で政治家の妻や、芸能人のどら息子など権力者絡みの事件を多く担当していて、そのどれもが不起訴ばかり。後ろ暗いことをしていたのは一目瞭然で、滝沢自身も一瞬でオロオロとうろたえ始めます。彰吾はそんな滝沢に「いくら金と権力で圧力をかけようと無駄だ。依頼したヤツに伝えろ。必ず尻尾を捕まえてやる!」と言い放ち、偉そうに居座っていた検察の連中を見事に追い出しました。

その後、彰吾はひかりと二人だけで捜査会議。ひかりは彰吾に未希の音声データを元通り復元したものを聞かせます。それは真犯人が悪質に改ざんしたものとは全く違っていて、未希の誠実でひたむきな愛がこもったメッセージでした。

(彰吾さん、早川亮二さんまでいなくなった。クローバーフレンズが路上生活者を欲しがるのは何か間違いが起きてるってことじゃない?何かとんでもないことが…どうしても私、このままにしておけない。あなたに相談したいけど…もう少しはっきりと分かってからにします。あ~あ…早く会いたいです!一日の終わりにあなたと大樹と3人で一緒にいられることが何より私の幸せだから……)

彰吾は思わず目を潤ませ、未希の優しい声に聞き入ります。しかしその直後、今度は田所署長にとつぜん呼び出されて、彰吾はひかりとともに所長室へ。すると、何とそこにはあの本郷雫本人が参考人聴取に応じて来ていました。

雫は「はじめまして。本郷ホールディングスの本郷雫です。私に何かお聞きになりたいことが?」と言って、ニッコリ。その声を聞いた瞬間、ひかりは思わず硬直…この目の前にいる本郷雫こそ、あの3年前の事件の真犯人だと確信します。

雫が立ち去った後、ひかりは彰吾に「ヤツです…!第5号地区の犯人の声と同じでした。年齢背格好も一致します。本郷ホールディングスの代表、本郷雫が真犯人です!」と伝えます。彰吾はすぐに本郷の後を追いかけようとしますが、ひかりは「ダメです。ヤツは楽しんでいるんです。だからわざわざ会いに来た。何をしても捕まらない自信があるからです…」と言って静止。

それでも彰吾は「法で裁けないなら…俺が裁いてやる!!」と叫び、悠々と立ち去っていく雫の前へ。「お前がカチカチ野郎か!この人殺しが!本性現してみろ!」と叫び、雫の胸ぐらをつかんで問い詰めます。すると雫は「…愛する妻の告白、楽しめましたか?」とニヤリ。

彰吾はさらに追及しようとしますが、その瞬間、落合が駆け込んできて、またもや新たな緊急事件の発生を報告します。現場はみなと地下鉄駅拡張工事の周辺。工事に反対する住民側と工事業者が衝突して、たくさんのケガ人が出ています。しかも、そのプロジェクトを請け負っているのは、またもや疑惑だらけの本郷ホールディングスです。

隣で話を聞いていた雫も、思わすピクリと反応します。彰吾は「今、お前 反応したな。待ってろ!お前だけは絶対に許さない!」と叫び、とりあえず今は事件現場へ急行。ひかりも雫に「あなたを必ず逮捕します…!」と言い放ち、緊急司令室へ戻りました。

彰吾は現場に向かう車の中で、透に「本郷雫、真犯人はあいつだ。透、俺は必ずヤツを挙げる」と伝えます。透は平然を装って「えっ…まともに見えましたけど…」と答えますが、その脳裏には何やら殺人がらみの苦い記憶が浮かんでいました…。

その直後、彰吾と透は地下鉄拡張工場の現場に到着。彰吾は巻き込まれてケガをした小学生の女の子を助け起こし、揉めている人々の仲裁に入って黙らせます。しかし次の瞬間、大きな地響きが発生して、工場中のトンネルから黙々と煙が。

工事現場の作業員は青ざめた表情で「地下トンネル内で崩落事故が…作業員たちの安否は不明です!!」と叫びます。彰吾も、周囲の人々も深刻な事態に思わず呆然。それは午後4時05分、地下トンネル崩落事故が発生した瞬間でした…。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

追加キャスト・ゲスト

横浜地方検察庁特捜部 検事正・滝沢役…村杉蝉之介

【ボイス 110緊急指令室】第八話まとめ

今回は彰吾たちがついに牙を剥く真犯人・本郷雫の存在にたどり着きました。冒頭では、上杉の死で重要な手がかりを失ってしまった彰吾たち。それでも彰吾は未希への愛を胸に力強く立ち上がり、事件の背後で暗躍する本郷ホールディングスについて調べ始めます。

しかし本郷会長もこの彰吾たちの動きを察して、田所署長に圧力をかけるよう指示。すぐに検察特捜部が動いて、彰吾たは謹慎処分になってしまいます。ひかりは状況から考えて、内部情報が漏れているのは透が裏切っているからではと推理。彰吾はそんなことを信じたくないものの、少し透と距離を置いて行動することにしました。

そんな中、本郷雫は父の注意を無視してひかりの元へ。玄関先で凶器の音を出したり、3年前の事件の音声テープを流したりしてひかりを挑発します。ひかりは彰吾に犯人が来たと連絡したあと、今こそ逮捕のチャンスだと思って一人だけで部屋の外へ。彰吾は謹慎中にも関わらず、あわててひかりの元へ急行します。その甲斐あって、彰吾はひかりが闇の中で襲われているところに駆けつけて救出に成功しました。

後日、検察はさっそく彰吾の単独行動を咎めて処分しようとします。しかし透が彰吾の捜査の正統性を証明し、彰吾も検察担当者の不正を指摘。検察はそそくさと逃げていきました。ところがホッとしたのも束の間、なんと今度は雫が沖原殺害事件の事情聴取に応じて港東署にやってきます。そこでひかりは初めて雫の声を聞き、この男こそ真犯人だと確信。それを聞いた彰吾は雫の胸ぐらをつかみ、必ず逮捕してやると宣言しました。

そんな中、緊急司令室にはまた新たな通報が。地下鉄新駅の工事現場で反対運の住民たちと現場担当者が衝突して騒動になっているというのです。彰吾たちはあわてて現場に急行。すぐに騒動の仲裁に入りますが、その時、いきなり地下トンネルの方から大きな地響きが聞こえてきます。それは午後4時05分、地下トンネル崩落事故発生の瞬間でした…。

次回の展開予想、考察


次回は彰吾がトンネル崩落の事故現場で人命救助!「何が何でも連れて帰るぞ!走れーっ!!」と叫び、負傷者の救出に尽力します。雫も会社の代表として事故現場を視察しにやってきますが、またもや彰吾を煽るような態度ばかり。もちろん彰吾も「楽しみだよ、お前をどう追い込むか」と対抗して、雫をにらみつけます。

その後、彰吾はさっそく雫や本郷ホールディングスの捜査を再開。透は「ヤツを捕まえる!?一体どうやって…?俺たちが敵う相手じゃない、ムリだ!」と反発します。

それでも彰吾は透を信じて、「俺とお前は負けちゃ駄目なんだ!!」と必死で説得。それなのに、何やら思いつめてしまった透は「これで終わりにする…!」と言って、危険な単独行動に出ます。彰吾は「透、何をする気だ!?俺が必ず救ってやる!」と叫び、透の救出に向かう様子。次回はいよいよクライマックス目前、彰吾たちが怒涛の反撃を見せてくれそうです!

【ボイス 110緊急指令室】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 12.6%
第二話 8.4%
第三話 10.7%
第四話 9.3%
第五話 11.9%
第六話 11.1%
第七話 10.9%
第八話 11.2%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

ボイス_01

『ボイス 110緊急指令室』第一話(19/7/13放送)の見逃し配信はHuluが...

ボイス_10

『ボイス 110緊急指令室』最終話(第十話)(19/9/21放送)の見逃し配信は...

偽装不倫_05

『偽装不倫』第五話(19/8/7放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視聴...

ルパンの娘_04

『ルパンの娘』第四話(19/8/1放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あら...

ノーサイドゲーム_09

『ノーサイドゲーム』第九話(19/9/8放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、...

偽装不倫_02

『偽装不倫』第二話(19/7/17放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視...