『ボイス 110緊急指令室』第一話(19/7/13放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視聴、あらすじ、ネタバレ、視聴率情報はこちら!

ボイス_01

手に汗握る緊迫の救出劇!!唐沢寿明さん主演「ボイス 110緊急指令室」は、敏腕刑事の彰吾と、声紋分析官のひかりが圧倒的な連携プレイで被害者を救い出すタイムリミットサスペンスです。このドラマ最大の見どころは、「わずかな制限時間内に被害者を救えるか」というスリルとスピード感。主人公たちは緊張感みなぎるさまざまな事件を解決しながら、自分たちの家族を殺した凶悪犯の謎にも迫っていきます。

主演の彰吾を演じるのは、ますます重厚感のある演技で魅せる唐沢寿明さん。タッグを組む声紋分析官・ひかりを演じるのは、キリリとした雰囲気が素敵な真木よう子さんです。さらに共演者には増田貴久さん、木村祐一さん、小市慢太郎さん、YOUさん、石橋菜津美さん、田村健太郎さん、安井順平さん…と個性的な豪華キャストが名前を連ねています。

第一話では、彰吾が妻の未希を惨殺され、絶望するところからスタート。緊急司令室の職員・ひかりは未希からの通報を受けますが、先輩職員の指示で取り返しのつかない事態を招くことに…。そして3年の月日が過ぎ、ひかりは急成長して緊急指令室の室長に就任。彰吾はひかりの指示で、いきなり凶悪犯を追うことになりますが…!?今回はそんな「ボイス 110緊急指令室」第一話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『日テレ無料!(TADA)』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【ボイス 110緊急指令室】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年7月13日(放送終了後)~2019年7月20日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
日テレ無料!(TADA) 最新話無料見逃し配信
Hulu(フールー) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 動画冒頭、途中に30秒~1分程度のCM動画が入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期間、広告を気にせず楽しみたい方はHulu(フールー)がオススメ!

hulu×日テレ
日本テレビ系ドラマの見逃し配信はHuluがオススメです!視聴期限を気にすることなく、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ、アニメ作品が楽しめます。

Hulu(フールー)のおすすめポイント!

  • 月額料金:933円(税別)
  • 無料期間:2週間
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 作品数:約50,000本
  • 特徴1:PPV(追加課金コンテンツ)なし
  • 特徴2:日テレの番組を中心に人気番組やオリジナル番組が充実!

※サービスは変更になる場合があります。最新のサービス内容、特典詳細は公式サイトからお願いします。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

【ボイス 110緊急指令室】原作紹介

「ボイス 110緊急指令室」の原作は、2017年に放送された韓国ドラマ「Voice」です。制作はStudio Dragon Corporation & CJ ENM Corporation。韓国OCN(オリオン シネマ ネットワーク)が運営するケーブルテレビ「CJ ENM」で放送され、シーズン3まで制作される人気シリーズとなりました。

日本では、この原作版の韓国ドラマを「ボイス〜112の奇跡」というタイトルで配信・DVD化。huluでも好評配信中なので、今回の日本リメイク版と見比べてみるのもオススメです。

【ボイス 110緊急指令室】主要キャスト

樋口彰吾役…唐沢寿明
代表作:ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」「白い巨塔」「小早川伸木の恋」「不毛地帯」「ギルティ悪魔と契約した女」「ルーズヴェルト・ゲーム」「とと姉ちゃん」「グッドワイフ」「ハラスメントゲーム」、映画「ハロー張りネズミ」「ラヂオの時間」「みんなのいえ」「20世紀少年」など

橘ひかり役…真木よう子
代表作:ドラマ「SP」「龍馬伝」「MOZU」「問題のあるレストラン」「セシルのもくろみ」「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」「カレ、夫、男友達」「炎上弁護人」、映画「パッチギ!」「ベロニカは死ぬことにした」「ゆれる」「さよなら渓谷」「そして父になる」「海よりもまだ深く」など

石川透役…増田貴久
代表作:ドラマ「レジデント~5人の研修医」「ゼロ一獲千金ゲーム」「3年B組金八先生 第6シリーズ」「ガチバカ!」「ダンドリ。~Dance☆Drill~」「RESCUE~特別高度救助隊」「レジデント~5人の研修医」、舞台「雨の日の森の中」「フレンド 今夜此処での一と殷盛り」「Only You ~ぼくらのROMEO&JULIET~」など

沖原隆志役…木村祐一
代表作:ドラマ「野ブタ。をプロデュース」「ちりとてちん」「新参者」「いつかこの雨がやむ日まで」「シグナル 長期未解決事件捜査班」「パーフェクトワールド」、映画「ニセ札」「ゆれる」「single mom 優しい家族。 a sweet family」「闇金ドッグス4」「笑顔の向こうに」「決算! 忠臣蔵」など

森下栞役…石橋菜津美
代表作:ドラマ「メイちゃんの執事」「君のせい」「大切なことはすべて君が教えてくれた」「昭和元禄落語心中」「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」「夫のちんぽが入らない」、映画「ランウェイ☆ビート」「図書館戦争-THE LAST MISSION-」「少女」「三つの光」「8年越しの花嫁 奇跡の実話」など

緒方拓海役…田村健太郎
代表作:ドラマ「ヤンキー君とメガネちゃん」「TOKYO コントロール 航空交通管制部」「超ドSナイトの夜」「女囚セブン」「家売るオンナの逆襲」「なつぞら」、映画「さらば愛しの大統領」「ノルウェイの森」「あやしい彼女」「ちはやふる」「恋とさよならとハワイ」「ピンカートンに会いにいく」など

落合智明役…安井順平
代表作:ドラマ「A LIFE~愛しき人~」「半分、青い。」「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」「行動心理捜査官・楯岡絵麻」「この女に賭けろ」「盤上のアルファ」、映画「ジョーカー・ゲーム」「俺物語!!」「シネマの天使」「世界は今日から君のもの 」「時々もみじ色」など

田所賢一役…小市慢太郎
代表作:ドラマ「八重の桜」「龍馬伝」「救命病棟24時」「アテンションプリーズ」「てっぱん」「ドロ刑」「イノセンス 冤罪弁護士」「俺のスカート、どこ行った?」「99.9 -刑事専門弁護士-」、映画「るろうに剣心」「パーフェクトワールド 君といる奇跡」「初恋~お父さん、チビがいなくなりました」など

森下葵役…矢作穂香
代表作:ドラマ「仮面ライダーオーズ/OOO」「イタズラなKiss~LoveinTOKYO」「幽かな彼女」「僕らは奇跡でできている」「僕の初恋をキミに捧ぐ」「今夜、勝手に抱きしめてもいいですか?」、映画「リアル鬼ごっこ4」「江ノ島プリズム」「クレヴァニ、愛のトンネル」「花筐/HANAGATAMI」など

森下志津役…YOU
代表作:ドラマ「いとしの未来ちゃん」「オー!マイ・ガール!!」「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」「リバース」「我が家のヒミツ」、映画「誰も知らない」「いま、会いにゆきます」「THE 有頂天ホテル」「走れ!T校バスケット部」「兄に愛されすぎて困ってます」「世界は今日から君のもの」など

樋口未希役…菊池桃子
代表作:ドラマ「卒業-GRADUATION-」「恋はハイホー!」「ナースステーション」「あの日に帰りたい」「花のち晴れ~花男 Next Season~」「ストロベリーナイト・サーガ」、映画「パンツの穴」「テラ戦士ΨBOY 」「パ★テ★オ 」「アイドルを探せ」「プリンセス トヨトミ」「ピーチガール」など

樋口大樹役…鳥越壮真
代表作:ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」「真田丸」「緊急取調室」「帰ってきた家売るオンナ」「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」「ホリデイラブ」「コンフィデンスマンJP」「GIVER 復讐の贈与者」「グッド・ドクター」「白い巨塔」、映画「今日も嫌がらせ弁当」など

【ボイス 110緊急指令室】第一話「制限時間内に命を救え!決死のタイムリミットサスペンスが幕を開ける…」(7月13日放送分)ネタバレ・あらすじ

3年前、夏の横浜…。その日、神奈川県警 港東署強行犯一係の刑事たちは犯罪グループを追って波止場で張り込みをしていました。刑事たちのリーダーは係長・樋口彰吾。「ハマの狂犬」の異名を持ち、検挙率は堂々のトップ。同僚や上司からの信頼も厚く、後輩たちからも「アニキ」と呼ばれて慕われています。

樋口のヨミ通り犯罪グループが現れると、メンバーたちは勇ましく出動。そのとき樋口は妻・未希からの着信に気づきますが、ひとまず目の前の犯罪グループ逮捕を優先してしまいます。

しかし、その電話は妻からのSOSだったのです。未希は再開発地区で謎の殺人鬼に終われ、逃げ回っていました。何とか犯人をまいて、物陰に身を隠した未希。夫にスマホで助けを求めたものの、出てくれません。未希は仕方なく110番に電話をして、必死に「助けて、助けて…!」と叫びます。

その未希からの電話を受けたのは、港東署の緊急指令室で勤務している警部補・橘ひかりでした。ひかりは何とか未希を救おうとしますが、ほとんど何も聞きだせないまま電話が切れてしまいます。

すると先輩の男性から「何をやってる、コールバックしろ」と厳しい声。しかし未希は誰かに追われている最中です。ひかりは「でも、通報者は今…」と反対しますが、先輩にギロリとにらまれて仕方なくコールバックのボタンを押します。

そして未希のスマホの着信音が鳴り響き…殺人犯はその音で未希の居場所に気づいた様子。未希はあっという間に見つかって捕らわれてしまい、「助けてください!お願い!!」と泣き叫びます。

ひかりは「もしもし!もしもし!」と呼びかけますが、聞こえてくるのは未希の悲鳴ばかり。わずかながら、犯人が「調子に乗るからだ…」とつぶやく声と、アゴをカチカチと鳴らす音が聞き取れました。しかしその後は、聞くに耐えない酷い暴行の音が続き…未希は無惨に殺害されてしまいました。

彰吾は後輩の透から連絡を受け、妻の殺害現場へ。その日は彰吾の誕生日で、妻の側には手作りのお弁当と誕生日を祝う手紙が空しく転がっていました。未希の顔も体も激しく殴られ、誰だか判別できないほど腫れ上がっています。惨殺された妻を前に、彰吾は「家に帰ろう…未希…」と泣き崩れるしかありませんでした…。

彰吾は強行犯一係のメンバーたちを率いて、自ら未希の殺害事件を捜査。数日後、相良という容疑者の男を取り押さえます。相良のマンションからは血のついたフードつきのコートも押収されました。

そして1ヶ月後。法廷では相良が「酔っていて何も覚えていない」と言い、無実を主張。そこに検察側の証人としてひかりが出廷しますが、ひかりは相良の声を聞いて「彼は犯人ではありません。通話記録を確認すれば分かります」と断言しました。

しかし事件当時の通話記録を再生してみても、犯人の声は記録されていません。それどころか、証拠として提出されたデータは、なぜか途中で途切れていました。

ひかりは「そんな…どうして通話記録が?」とつぶやいて愕然。「私は約3分間、犯人とやりとりをしたんです。犯人は30代半ばの男性で、声は彼よりは低く、顎からカチカチという音が…」と主張します。相良はそれに都合よく便乗して、「そうそう、オレは犯人じゃないから〜」と言ってヘラヘラ。

彰吾は思わず立ち上がり、「何でヤツをかばうんだ!?」と激怒します。ひかりがコールバックの対応を誤ったせいで、未希の居場所を犯人に知らせてしまったという話は、彰吾の耳にも入っていました。

それでもひかりは「私が話していることが真実です」と冷静な態度。彰吾は怒りが頂点に達し、ニヤニヤしている相良に向かって「おい!何がおかしいんだ、お前!この野郎、てめえ!!」と叫びます。騒然とする法廷内。彰吾は裁判官に退廷を命じられて、外に追い出されてしまいました。

その後、未希殺害事件の裁判は長期化。相良が関与を否認しているうえ、ひかりの証言で真相解明がより困難になってしまったからです。そうこうしているうちに相良は保釈され、まんまと逃亡。それでも彰吾は諦めず、粘り強く相良を追い続けていました。

そして3年の時が過ぎ…未希殺害事件にこだわり続けた彰吾は第一線から外され、交番勤務に配置換えになっていました。かつて強行犯一係のエースだったころの輝きは失われ、相良の周辺を追い続けては問題を起こす彰吾。当時の同僚たちや後輩も影では「もうあの人はダメだな…」とまで言い、完全に厄介者扱いです。特に彰吾を慕っていた透だけが彼を心配して、何とか立ち直ってほしいと思っていました。

一方、ひかりは未希殺害事件の後、科捜研に異動。そこでいくつもの難事件を解決して、実力を高く評価されました。そしてひかりは自ら希望を出し、ふたたび港東署の緊急指令室に室長として帰還。過去の悲劇を繰り返さないよう、「ECU(Emergency Call Unit)」を設置するべきだと警察幹部たちに提案します。

ECU(Emergency Call Unit)、それは「3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙」というクライシスタイム内に、被害者を救出するための独自の捜査チームです。いま助けを求めている被害者のために、緊急指令室で情報収集にあたり、出動班が現場に駆けつけて救出に当たる…という理想の組織です。

しかし警察幹部や現場の刑事たちは渋い表情で、そう簡単に行くものだろうかと難色を示します。「新室長は現場の刑事を指令室の下でこき使うのか?」「従来通りのやり方で何か問題でも?」「そのやり方で初動捜査に失敗した事件はどう責任を取るんですか?」と、多くの疑問の声があがっていました。

そんな中、彰吾はひかりが港東署に帰ってきたと知って大激怒。緊急指令室に乗り込み、ひかりに「何で戻ってきた!?俺をバカにしてんのか!俺に何か言うことは無いのか!?3年前のこと説明してみろ!」と怒鳴り散らします。

それでもひかりは冷静な態度のまま。「あなたを新しいチームの現場リーダーにと考えておりましたが…。私が真実を話したら信じてくれますか?」と言い、彰吾を真正面から見据えます。

そんな矢先、港東署の第五号地区で誘拐事件が発生。被害者は19歳の女性・萩原夏美。本人から「誘拐されたんです!早く助けて!!」という通報があり、事態はかなり緊迫しているようです。

ひかりは「一刻を争います。応対が済んだらお話を。」と彰吾に告げて、指令室の中へ。自ら夏美に語りかけて、情報収集にあたります。夏美は犯人とネットで知り合い、悩みなどを聞いてもらって親しくなりました。それで一度会ってみようということになったものの、やはり何となく怖くなって帰ろうとした時に殴られて誘拐されてしまったのです。

監禁場所は三階建ての古いビルの最上階。床にはブロックが転がり、ビニールシートが敷かれていました。そしてテーブルのうえには大量の刃物…犯人はここで夏美を惨殺するつもりのようです。

いま犯人は2階にいて、夏美を殺すための準備をしているようでした。夏美はまだフラフラする体を引きずり、ブロックを窓の外から落とします。すると犯人は夏美が逃げたと思い、あわてて外へ飛び出していきました。

ひかりは夏美に「冷静でしたね。すぐ出動します!」と力強く語りかけ、各局に現場への緊急出動を要請。さらに彰吾のところにやってきて、「樋口警部補はECUとして至急出動してください」と指示を出します。

いきなりの命令に、とうぜん彰吾は「おい、なんでお前が俺に命令を?」と憮然とした態度。それでもひかりは「これからは私が指揮をとります。必ず通報者を救ってみせます」と言い放ち、彰吾に協力を求めます。

もともと、誰よりも正義感の強い彰吾。ひかりのことはまだ許せませんが、かと言って目の前で困っている被害者を放ってはおけません。電話の向こうの夏美は「怖いんです、助けてください…お願いです…!」と悲痛に叫び、恐怖に耐えながら助けを待っています。彰吾はすぐに車に飛び乗り、後輩の透とともに現場周辺へ急行しますが…!?

↓ 第一話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】彰吾、走る!わずかな手がかりを頼りに被害者の元へ…極限の中でふたたび芽生える刑事のカンと情熱!!

夜7時15分の通報後、7時18分には彰吾たちが事件現場周辺に到着。スマホの基地局から大体の位置は絞り込まれましたが、ここから監禁場所を特定しなければなりません。残る手がかりは、夏美が意識朦朧とするなかで見たという「キラキラと光る何か」。しかしそれが具体的に何なのか分からず、誰もが頭を抱えてしまいます。

7時20分ごろ。彰吾と透は周辺住民に聞きこみを始め、付近に3階建ての風俗店ビルがあることを突き止めました。透はビルの中に駆け込もうとしますが、なぜか彰吾は「ここは任せていいか?何かあったら無線で呼べ!」と言って別方向へ飛び出していきます。

彰吾が気になっていたのは、例のビニールシート。現場に証拠が残らないよう、床にビニールを敷いている…その綿密な計画からして、最近この付近で発生している女子大生連続殺人事件の可能性があります。

同じころ、ひかりも夏美から犯人が大きなハンマーを持っているようだという情報を入手。「犯人が所持している凶器と、若い女性を狙った一連の事件と殺害方法が一致するんです!」と叫び、強硬犯係にも出動を要請します。

いち早く女子大生連続殺人事件との関連に気づいた彰吾は、無線で緊急指令室に連絡。「港商店街跡地だ!確かその辺りは一般人の立ち入りが禁止されてるはずだ!誰にも邪魔されず思う存分殺しを楽しむことができる…イカれた野郎ならそう考えたはずだ!」と叫び、商店街跡地に向かって走り続けます。

しかし隠れていた夏美が犯人に見つかってしまい、また「イヤー!やめて!やめて!お願い!」という悲鳴が。殴る蹴るのひどい暴行を受け、夏美は意識を失ってしまいました。電話も途切れてしまい、焦りばかりが募るひかり達。

すると彰吾がひかりに「お前も深呼吸しろ!落ち着け!見えるものも見えて来ない!いいか?お前が通報者の一番近くにいるんだ、キラキラ光る何かを突き止めろ!俺が必ず救い出す!」と呼びかけます。

ひかりはその言葉にハッと助けられて、深呼吸。冷静さを取り戻し、ずっと電話の向こうでかすかに聞こえていた(コポコポコポ…)という音と、夏美が言っていた「キラキラと光る何か」の正体にたどり着きます。

「樋口警部補!分かりました!キラキラと光る何かは、水槽の水が反射でキラキラと光ったためです。あの音、水槽の音です!現場は港商店街跡地にあるアクアショップです。信じてください、時間がありません。急いでください!!」

ひかりの声を聞いた彰吾は、さらにスピードをあげて走り続けます。時刻は夜7時25分。いま犯人が無情にもハンマーを降り下ろし、夏美を殺害しようとしていました…。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】公式サイト⇒

ゲスト出演

荻原夏美役…吉川愛
川島武雄役…般若
相良役…平原テツ

【ボイス 110緊急指令室】第一話まとめ

第一話ではいきなり惨殺事件が発生し、主人公たちの運命が狂ってしまうところからスタート。3年前…主人公の彰吾は、神奈川県警で誰もが認める敏腕刑事でした。しかしとつぜん謎の殺人鬼に妻の未希を殺害され、彰吾は犯人への復讐にひた走るようになってしまいます。人が変わったかのように荒れ狂い、逃亡した犯人を追い続ける彰吾。県警上層部は彰吾を強行犯係から外し、交番勤務に異動させてしまいます。

事件当時、未希からの110番通報を受けたのは、緊急指令室のメンバー・ひかりでした。ひかりは先輩の指示で未希のスマホにコールバックしますが、それは重大なミス。スマホの着信音が鳴り響いたせいで、未希は犯人に見つかって殺害されてしまいました。その後、ひかりは科捜研に異動となり、いくつかの難事件を解決。その実績が認められて、再び港東署の緊急指令室に戻ってきます。

そして新たなチーム・ECUの設置に向けて動き出しますが、いきなり若い女性の誘拐事件が発生して実力を問われることに。ひかりはそこでいきなり彰吾に現場に出動しろと指示を出します。彰吾は3年前に未希の死を招いたひかりの行動を知っていたので、ひかりを深く恨んでいました。しかし目の前の被害者を放っておけず、現場付近に急行して監禁されている被害者を探し回ります。

そして彰吾とひかりは見事な連携プレイで被害者の監禁場所を特定。被害者は今まさに殺害される寸前です。彰吾は現場に向かってひたすら走り続けて…という、気になるところで第一話は終了。次回は彰吾の活躍から始まる展開になりそうです…。

次回の展開予想、考察


次回は捜査チーム・ECUが本格始動!ひかりが彰吾をECU緊急出動班のリーダーに指名しますが、彰吾は「ありえない…!」と言って断固拒否。それなのにひかりはサッサと手続きを済ませ、彰吾と後輩の透をECUに異動させてましまいます。

彰吾は怒りと不信感を募らせ、ひかりに猛抗議。するとひかりは、「他人には聞こえない音が聞こえる」という自分の天才的な聴覚について明かします。ひかりはなぜ彰吾を指名したのか、なぜまたここに戻ってきたのか…謎めいた行動の裏にはもう一つの大きな悲劇がありました…。

そんな中、また新たな事件が発生。女性が拉致され、助けを求めています。次回は彰吾とひかりが共鳴しあい、ともに新たな凶悪犯を追いつめていく展開になりそうです。
https://www.ntv.co.jp/voice/

【ボイス 110緊急指令室】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 12.6%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

偽装不倫_06

『偽装不倫』第六話(19/8/14放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視...

ボイス_08

『ボイス 110緊急指令室』第八話(19/9/7放送)の見逃し配信はHuluがお...

ルパンの娘_03

『ルパンの娘』第三話(19/7/25放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...

ボイス_06

『ボイス 110緊急指令室』第六話(19/8/17放送)の見逃し配信はHuluが...

朝顔_02

『監察医 朝顔』第二話(19/7/15放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!...

偽装不倫_07

『偽装不倫』第七話(19/8/21放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視...