ドラマ『トレース 科捜研の男』第九話(19/3/4放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレ、考察、視聴率情報はこちら!!

トレース_アイキャッチ9話
クライマックス間近で大盛り上がり!錦戸亮さん主演「トレース~科捜研の男~」は、科捜研を舞台に繰り広げられる本格派の法医学ドラマです。これまでのストーリーでは、新木優子さん演じる新人研究員・沢口ノンナが科捜研でバリバリ成長中。錦戸亮さん演じるエリート法医研究員・真野に導かれ、数々の難事件を解決してきました。

捜査一課の虎丸刑事は昔気質のガンコ親父ですが、生意気でクールな真野とはお互いの実力を認め合う仲。虎丸もノンナも、そして科捜研のメンバーたちもみんな真野の情熱や不器用な優しさを理解しています。

第九話では、虎丸の刑事としての勘、人情派の思いが爆発!!かつて自分が逮捕した容疑者・富樫を信じ、新たな殺人を止めようと奔走します。その情熱的な姿に、真野の心にも大きな変化が…!?今回はそんな「トレース~科捜研の男~」第九話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリ「FOD」がオススメです。スマホ・タブレット・パソコン・テレビにも対応していて、無料会員ならいつでも最新の人気番組の見逃し配信を楽しむことができます!

さらに月額888円の有料会員になれば、人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどが見放題!毎月もらえる1200円分のポイントを使って、有料レンタルの作品や雑誌・漫画など電子書籍を購入できるという超お得なサービスです。初回は一ヶ月間の無料お試し期間がありますので、ぜひアプリをダウンロードして便利さやオトクさを体感してみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【トレース 科捜研の男】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『トレース 科捜研の男』は『FOD』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【トレース 科捜研の男】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年3月4日(放送終了後)~2019年3月11日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
FOD 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 放送後1週間限定の配信がほとんどなのでまとめて視聴ができない。
  • 動画の途中に30秒~1分程度のコマーシャルが何度か入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

トレース_FOD
FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【トレース 科捜研の男】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

前回のあらすじ

ノンナは妹のカンナから人気女優の橋本梨央を紹介され、梨央の依頼で友人どうしの殺人事件について調べ始めます。梨央は養護施設育ちで、御手洗と根岸という大事な親友たちと家族のように過ごしてきました。大人になった梨央は女優としてデビューし、御手洗と根岸は仲良く二人でルームシェア。それなのに一昨日の夜、御手洗がケンカになって根岸を殺したと自首してきたのです。

現場写真を見た真野は、御手洗が通報するまでに空白の1時間があったことを指摘。捜査一課の虎丸も、なぜか御手洗が何か重大な事実を隠していると直感し、ふたたび詳しく捜査を進めます。しかしその結果、あらたにフリーライターの益山が死体で発見されることに。すると御手洗は、根岸が強盗目的で益山を殺し、自分が根岸を殺して金品を横取りしたと供述。虎丸はただの強盗目的ではないとにらみ、さらに捜査を継続。真野も大量に飛び散った血痕や靴の跡を分析し、真相の追究に当たります。

そしてついに明らかになった真実は…梨央にとって、あまりにも過酷なものでした。全ての始まりは3年前、益山が御手洗と根岸を脅迫したことから始まりました。脅迫のネタは、梨央が9年前に性的虐待をしてくる父を刺し殺した事件。これが世間にバレれば、梨央の成功も将来も一瞬で終わりです。そこで御手洗と根岸は梨央の秘密を守る為、必死でお金を工面し続けました。

しかし益山の要求はどんどんエスカレートし、逆上した根岸が益山を殺害。根岸は益山の弟に報復で刺されて重傷を負います。そして最後はなんとしても梨央の秘密を守る為、みずから御手洗に殺してもらうことを選びました。御手洗も根岸殺害の罪をみずから背負い、本当の動機を隠して梨央を守ろうと覚悟を決めたのです。虎丸は御手洗と根岸の思いに心を打たれ、表向きは「動機不明」として事件を処理します。梨央はふたりの思いに号泣し、その後も二人の渾身の想いを噛みしめながら女優の仕事に励みました。

一方、真野は自分の家族が殺された「武蔵野一家殺人事件」の捜査を今もまだ諦めていません。早川から「これらから会いたい」という電話連絡を受け、新しい情報に期待しているようでした…。

トレース_アイキャッチ8話
事件の裏に隠された真相、そして人の想いに迫るストーリー!錦戸亮さん主演「トレース~科捜研の男~」は、科捜研を舞台に繰り広げられる本格派の法医...

【トレース 科捜研の男】第九話「今夜、最終章開幕 忍び寄る過去の悪魔」(3月4日放送分)ネタバレ・あらすじ

夜の公園で、ぐうぜん真野の姿を見かけたノンナ。思わず「真野さん!」と大はしゃぎして手をブンブンと振り回します。しかし真野は全く気づかず、公園の中へ。その背後には、早川の姿も見えました。ノンナはすぐに早川が新妻の事件の時に出会った人物だと思い出し、何とも言えない不安に駆られます。

真野に頼まれ、真野の姉・仁美についての情報を探っていた早川。しかし思ったような収穫は全くつかめず、「当時の生徒に話を聞いて回ったんだけど、お姉さんと付き合っていた人がいたかどうか分からなかった。力になれなくて申し訳ない」と真野に謝ります。

いっぽう真野自身も独自で捜査を進めていましたが、やはり収穫は無し。「姉の司法解剖を担当した解剖医を捜しましたが、消息はつかめませんでした…」と早川に伝えます。早川も落胆した表情を浮かべ、「やっぱり警察の協力なしじゃ無理なのかもしれない。もう僕たちだけじゃどうにも…」と思わず弱音。真野は「警察は信用できません!」と頑なに答えますが、今は何もつかめない現状をただ悔しがることしかできませんでした…。

そんな中、科捜研では新たな殺人事件の鑑定が始まります。今回ももちろん、捜査一課の虎丸からの依頼です。被害者は胡桃沢綾乃・28歳。一昨日の夕方5時~夜7時頃に鈍器で殴られて殺害され、頬には何か引っかかれたような痛々しい傷跡がついていました。

容疑者は綾乃の元恋人・富樫康太33歳。かつては綾乃と結婚を考えるほどの関係で、結婚資金を貯めるために張り切って就職。しかしそこは、実は暴力団がらみの会社。富樫は社員から脅されて逃げることもできず、働き続けるしかありませんでした。

そんな中、暴力団の利権争いに巻き込まれ、襲われた富樫。恐怖のあまり動転してしまい、相手の一人を刺し殺してしまいました。その時、富樫を逮捕したのが虎丸だったのです。富樫は深く反省し、罪を償って必ず綾乃を迎えに行くと誓います。綾乃もそんな富樫を信じ、待ち続けると言ってくれました。

虎丸は富樫のことをずっと気にかけ、数日前にも面会に行ってきたばかりです。「もう二度とこんなとこへ戻ってくるんじゃねえぞ」と声をかけると、富樫は「はい!今度こそ一から人生やり直します、ありがとうございました!!」と希望に満ちていました。

しかし、富樫の知らない間に、綾乃は職場の同僚・関口章太郎と婚約。関口は「綾乃とは1年前から付き合ってます。結婚の約束もしてました。まさか…あれが最後になるなんて…」と深く嘆きました。それでも虎丸は、どうしてもあの富樫が唯一の心の支えだった綾乃を殺すとは思えません。

真野はバラの花や血のついたスマホなど、持ち込まれた資料を分析。血痕は全て綾乃のもので、綾乃の服にはバラの花粉が付着していました。富樫は事件当日、綾乃の家の近所でバラの花束を買っています。どうやら綾乃の頬の傷は、バラの花束で顔を殴られた時についたようです。

証拠は全て、富樫が犯人だと告げています。しかし虎丸は「俺には信じられねえ」と悲しみをあらわにし、事実を受け入れられない様子。真野はそんな虎丸にも容赦なく、「あなたが信じるか信じないかは関係ありません。彼が更生すると約束したから殺すはずがない、そう思ってるんですか?それとも仮釈放中に再犯に走るなんて体裁が悪いから、認めたくないだけですか?」と冷たく言い放ちます。

いつもの虎丸だったら「何だと小僧!」と激怒するところですが、今の虎丸はショックが大きすぎてそんな気力もない様子。「はぁ…」とため息をつき、部屋を出て行きました。しかし、さらに追い打ちをかけるように、富樫が暴行事件を起こしたという通報が入ります。富樫は道端でとつぜん上田真治45歳に「金を出せ」と言って暴行し、そのまま逃走。虎丸は「あのバカ…」とつぶやき、ショックで打ちひしがれます。

さらに富樫は上田を殴った場所の近くで、石崎重夫という男性にも暴行をした様子。石崎は激しく暴行され、携帯電話を奪われていました。富樫はその石崎の携帯で虎丸に電話をかけてきますが、「虎丸さん、俺もう駄目だ…やっぱりやり直すことなんてできない。俺はまともな人生なんて送れないんだ…俺もやつらに殺される…」と思いつめてかなり混乱しています。

どうやら富樫は自分が殺した暴力団関連の男達が、復讐で綾乃や自分を皆殺しにすると思っているようです。もちろん虎丸は「落ち着け富樫。とにかく出頭しろ。話はそれから聞く」と必死に説得。それでも富樫は「それは駄目だ!俺が何言ったってどうせ誰も信じてくれない!今までもずっとそうだった。俺を信じてくれたのは綾乃だけだった…」とつぶやき、電話を切ってしまいました。

その直後、捜査一課長の江波は、虎丸に「あなたにはこの事件から外れてもらいます。富樫康太に個人的な思いを持っているからです」と厳しく通告。代わりにやってきた刑事・横山が富樫の指名手配を言い渡し、虎丸はこれ以上富樫の捜査を続けられなくなってしまいました。

それでも虎丸は富樫のことが諦め切れません。真野の元へ行き、「どうしても納得ができねえんだ。もう一度調べ直したい…とはいえ俺は捜査を外されちまった身だ。正規の依頼ってわけにはいかねえんだけどな…」と頼みます。「また刑事の勘ですか?」と無愛想に答える真野。それでも必死に富樫を救おうとする虎丸を見て、真野の心にも何か押し寄せるものがありました。

虎丸は「後悔してんだ。富樫が俺を信じてくれたのは綾乃だけだ…そう言った時、俺もお前を信じてるってなぜすぐに言ってやれなかったのか…。後悔してる」と嘆き、富樫と綾乃の出会いについて語り始めます。実は富樫の父は強盗殺人で逮捕された犯罪者。富樫は子供の頃から犯罪者の息子と言われ続け、何かトラブルが起きるたびに真っ先に疑われて傷ついてきました。

綾乃と出会ったバイト先でも売上金が盗まれ、富樫は誰にも信じてもらえませんでした。それでも唯一、信じてくれたのが綾乃だったのです。綾乃は根気よく他の従業員に事件のことを聞いて回り、富樫の無実を証明。バイトに来なくなった富樫の元にも、「疑いが晴れて良かったです!」と笑顔で報告しに来てくれました。

そんな綾乃の存在は、富樫にとって人生でたった一つの希望の光だったのです。しかしその希望を失った今、富樫にはもう何の救いもありません。だからこそ虎丸は「誰か一人ぐらいあいつを信じてやらなきゃならねえだろ。だから俺が信じるって決めたんだ。あいつはやってない。もちろんこれは根拠も証拠も何もないただの主観だ。でも頼む。協力してくれ」と懇願します。

思い込みだけで決めつけず、容疑者の言うことを信じて可能性を探ろうとする虎丸。真野はそんな虎丸の気持ちをしっかりと受け止め、「分かりました。もう少し調べてみます」と静かに答えました。

ノンナは虎丸の状況を心配し、「大丈夫ですか?」と優しく声をかけます。虎丸は「ハハッ…。俺なんて捜査外されたら加齢臭漂うただのおっさんだ。どうだ?ダセえだろ?」と笑ってごまかしました。そこでノンナは話を変え、「…こないだのホームレスの新妻さんの事件ってどう思いますか?真野さんがまだ調べてるみたいだから…」と相談します。

虎丸は「小僧が!?」と驚き、以前、警察上層部からの指示で捜査打ち切りになった新妻の事件のことを思い出します。あの事件には何かある…そう思った刑事の勘がうずきます。だからといって、心配そうなノンナを巻き込むことは気が引けます。虎丸は本音を隠し、とっさに「いや…あれは誰がどう見たってただの事故だろ」と笑い飛ばしました。

その直後、虎丸は捜査資料管理室へ。「1994年武蔵野一家殺人事件」の捜査資料に目を通し、「源 礼二、10歳……?」とつぶやきます。さらに役所で戸籍確認をすると、そこには「真野礼二 養子」の文字が。真野礼二が、武蔵野一家殺人事件の唯一の生き残りだった…虎丸はその事実に激しく動揺します。

そのころ、海塚科長は塙刑事部長に声をかけられていました。何とも言えない笑顔で、「科捜研の活躍のおかげでいつも助かってますよ。今後も期待しています。研究員の皆さんにもよろしくお伝えください」と職員をねぎらう塙刑事部長。海塚科長は「ありがとうございます」とにこやかに答えますが、内心は穏やかではありません。海塚と塙…この二人にとっても、武蔵野一家殺人事件には忘れられない因縁が渦巻いていました…。

一方、真野は綾乃の家の近くにある花屋で、黄色いバラを2本購入。その成分を分析し、綾乃の傷痕についていた黄色いバラとは別物であることを発見しました。つまりそれは富樫が犯人ではないということです。これで富樫にとって、大きな希望の可能性が見えてきました。

虎丸の方も新たな情報をキャッチしていて、それは暴行事件の犯人が富樫ではなかったという嬉しい知らせでした。被害者ぶっていた上田が、実は老人の石崎を暴行していた犯人だったのです。富樫は石崎を救う為に上田に立ち向かっていき、その間に石崎は逃げることができました。

石崎はあわてて逃げる時に携帯を落とし、さらに必死に逃げている途中で倒れて意識不明の重体に。ようやく目を覚ました石崎は、「富樫に助けられた」と感謝していました。虎丸は「富樫は金や携帯を奪うために人を襲ったわけじゃなかったんだ…」と胸を撫でおろします。

そんな中、とつぜん富樫から虎丸のスマホに連絡が入ります。富樫はますます思いつめていて、「今からやつらの所に行ってけりをつけます。俺への仕返しに…やつらは綾乃を…くそっ!皆殺しにしてやる!」と興奮していました。

虎丸はあわてて「お前、彼女がヤクザ者に殺されたと思ってんのか?バカなこと考えるな!彼女だってな復讐なんか望んでねえぞ!」と叫んで制止。それでも富樫は「虎丸さん。一つだけお願いがあります。俺の代わりに葬式に行ってあいつに伝えてもらえませんか?俺なんかと関わったせいで…ホントに…本当に申し訳ないって…。どうか…お願いします」と言い、完全に死ぬ覚悟を決めているようです。

それでも虎丸は「駄目だ。それはお前が自分で伝えろ!」と食い下がりますが、富樫は「…お世話になりました」と一言。すると今度は真野が虎丸のスマホを借りて、「待ってください。科捜研の真野と申します。富樫さんもう少しだけ話をさせてください」と切り出します。

富樫はいきなり出てきた電話の向こうの真野にビックリ。「止めようとしても無駄だ!」と叫び、ますます頑なな態度を取ります。それでも真野は冷静に語りかけます。「俺も昔大切な人を失った。真相はいまだに分からない。でもあなたにはまだ真相を明らかにして、犯人に裁きを下すチャンスが残ってる。富樫さん。あなたのことをまだ信じてくれている人がここにいます。富樫さん、あなたが現場で見たことを詳しく教えてください…」

真野の言葉は淡々としていましたが、それゆえに説得力がありました。富樫はようやく落ち着きを取り戻し、事件当日のことを語ってくれました。その日、富樫はまだ綾乃が待っていてくれるか不安がありました。面会に来てくれる回数も減っていて、自分なんかが会いに行っても迷惑かもしれないと思っていたからです。

それでも綾乃が「買ってきてね」と言った約束を信じ、二人で過ごしたアパートに向かった富樫。しかしドアは開き、部屋の中には変わり果てた綾乃の姿が。富樫は恐怖と悲しみで混乱し、花束を置き忘れて逃げ去りました。

この富樫の話をもとに、虎丸たちは現場に臨場。その結果、富樫がいた時にはクローゼットの扉が閉まっていたのに、遺体発見後はなぜか扉が開いていたことが判明します。つまりそれは、富樫ではない誰か他の人物がいたということです。

真野はクローゼットの扉の裏から検出した皮脂などを持ち帰り、夜通しでDNA鑑定に当たります。何だかんだ言いながらも、こうして必死に力になってくれた真野。虎丸はそんな真野の背中を見守り、「ありがとな…」と声をかけます。真野は手を止めることなく、「いえ…」とだけ答えました。

いっぽう、ノンナは富樫からかかってきた電話の音声を分析。科捜研の先輩達がぞろぞろとやってきて、慣れない作業を手伝ってくれます。市原は特にこうした作業が得意なようで、何やら背後でカラカラ言ってる音を抽出。相楽や英里たちは地図情報と照合して、富樫のいる大体の現場を絞り込んでくれました。

翌日、真野は虎丸、市原たちとともに富樫の行方を探して現場付近へ。真野は注意深く耳を澄まし、市原が突き止めた音のする方向へ駆け出します。そこは使われていない廃工場跡でした。中に入ると、予想通り打ちひしがれている富樫の姿が。「誰だ!?」と驚く富樫に、真野は「科捜研の真野です。富樫さん、あなたの無実は証明されました…」と語りかけますが…!?

↓ 第九話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】真犯人ついに判明!愛する人との最期の別れに号泣!!その時、真野たちの心に押し寄せる思いは…!?!!

その直後、富樫は喪服を着て綾乃の葬儀場へやってきました。真野、虎丸、ノンナが富樫を出迎えます。深々と頭を下げる富樫。虎丸は「無事、真犯人を逮捕したよ。この先生のおかげでな」と言い、真相を打ち明けます。

綾乃を殺した真犯人は…婚約者だと名乗っていた関口でした。関口は綾乃とつきあっていたわけではなく、実際は関口の一方的な片思い。綾乃は富樫を待っているからと断り続けていたのに、関口はしつこく綾乃に言い寄り続けていました。

そして事件の日、関口も黄色のバラの花束を持って綾乃にプロポーズ。「あんな犯罪者より僕の方が…」と迫りますが、彩乃は「帰ってください」とキッパリ断ります。関口は思わず逆上して、綾乃を殴り殺してしまいました。綾乃の頬にあった傷は、関口がバラの花束で殴打したせいだったのです。

しかしその直後、富樫が部屋にやってきたので、関口はあわててクローゼットへ。驚いて逃げていく富樫の様子に聞き耳を立てたあと、富樫が落としたバラの花束を拾って自分も逃げ去りました。おかげで綾乃殺害の疑いは富樫にかかり、関口は悲劇の恋人のフリをするだけでよかったのです。真野がクローゼットで見つけたDNA型は、関口のものと一致。関口は動かぬ証拠を前に、あっけなく自白して逮捕されました。

綾乃の死の真相を知り、富樫はショックで呆然。虎丸はそんな富樫に、「富樫。彼女が今まであの部屋を引っ越さなかったのは、迷いながらもあの部屋でお前を待っていたかったからだろう。…彼女が最後に身に着けてたもんだ。お前がプレゼントしたんだろ?」と言って指輪を手渡しました。

指輪を見つめ、涙があふれ出す富樫。大切な綾乃の思い出が、笑顔が心に浮かんできます。安物の指輪を「ありがとう!すっごく嬉しい!」と喜んでくれた綾乃。思わず照れながらも「いつかちゃんと稼いでダイヤの指輪買ってやるから」と答えた富樫に、「それってプロポーズするってこと?フフッ、楽しみにしてるね」とほほ笑んでくれた綾乃。

逮捕されたあとも、様子を見に来てくれた綾乃。「ちゃんと罪を償って必ず会いに行く。ダイヤの指輪は買っていけないけど…」と言う富樫に、「指輪ならもうもらってるから、バラの花束買ってきて!約束だよ、ねっ」と明るく笑って指輪を見せてくれた綾乃。自分に笑顔をくれた最愛の人…。

虎丸が「…彼女はお前を待ってた。それは事実だ」と告げると、富樫は号泣してその場に泣き崩れました。虎丸もあまりにも辛すぎて、思わず後ろを向いてうつむきます。そのあと富樫は綾乃の棺に寄り添い、彼女の顔を愛おしそうに撫で続けました。虎丸に言われた通り、自分で綾乃に最後の別れを告げることができたのです。

そんな富樫の姿をそっと見守りながら、虎丸はとつぜん真野に「もしお前の大切な人を殺した犯人が見つかったら…復讐したいと思うか?」と声をかけます。真野は一瞬だけ戸惑った表情を浮かべますが、何も答えません。ノンナはそんな真野と虎丸の様子を見て、ついにある決心を固めました。

後日、ノンナは虎丸を呼び出して、カフェで待ち合わせ。いつになく真剣な表情のノンナは、虎丸に「虎丸さんは知ってるんですよね?真野さんに昔何があったのか。もし知ってるなら教えてください。私真野さんのことが知りたいんです。私に何かできることがあるなら少しでも力になりたいんです!」と懇願。

虎丸は何となく分かっていたような表情で「お前…。あいつのことが好きなのか?」と尋ねます。すると、すぐに「はい!」と自信満々で答えるノンナ。その真っすぐな瞳からは、真野への本気の想いが伝わってきます。虎丸は穏やかな笑みを浮かべ、「いいだろう。あいつにも信じてくれる人間が必要だ」と答えました…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

ゲスト出演

胡桃沢綾乃役…美山加恋
富樫康太役…和田正人
関口章太郎役…長田成哉
上田真治役…高田淳

第九話まとめ

今回は、真野・虎丸・ノンナの思いが強く伝わってくる、印象的なエピソードでした。虎丸はかつて自分が逮捕した富樫の無実を信じ、孤軍奮闘。しかし自分だけではとても真相を突き止めることはできません。真野が刑事の勘や感情を当てにしていないことは分かっていましたが、正面からまっすぐな思いをぶつけて真野の協力を引き出しました。

虎丸の思いが真野の心に響いたのは、被害者だから、加害者だからという決めつけをしていなかったからです。あらゆる可能性を模索して、真相を追及するその姿。かつて、決めつけだけで家族が惨殺された事件を闇に葬られた真野にとっては、「警察にもこんな人がいたんだ」という思いがこみあげているようです。

そして真野を心配するノンナの相談で、虎丸も真野の抱える闇に気づいた様子。今回、真野が虎丸や富樫のために動いてくれたように、自分も今度は真野のために何かしたいと思っているのかもしれません。そんな真野と虎丸の活躍で、富樫の無実は見事に証明されました。

ラストでは、ノンナが改めて真野のことを教えて欲しいと懇願。真野を好きだと堂々と告白するノンナに、目を細める虎丸の笑顔がとても印象的でした。また今回は、武蔵野一家殺人事件について大きな進展はありませんでしたが、次回からは新事実も発覚する怒涛の展開へ突入します。

次回の展開予想、考察


次回は最終回目前!真野の復讐がいよいよ本格化します。事件が大きく動き出すきっかけは、数日前に起きた元テニスプレーヤー・原田の転落死。原田の周辺には高校時代、真野の兄・義一をいじめていた主犯グループの一人・佐保という人物がいました。佐保の高校時代の名字は「倉本」だったので、早川は今まで消息をつかむことができなかったようです。

虎丸は真野に「おまえのご家族が殺害された事件と関連があるんだったら、真相を突き止める」と協力を申し出ます。しかし真野は「俺はまだあなたを信用したわけではありません」とまたもや激しく拒絶。「力になりたい」というノンナにも、「お前には関係ない」と冷たい態度を取っています。真野としては、警察組織を敵に回すかもしれないような事件にノンナや虎丸たちを巻き込みたくないという思いがあるのかもしれません。

それでも予告動画では、真野と虎丸がともに捜査に取り組んでいるシーンが満載。どうやら真野は原田の転落死の事件を捜査しながら、虎丸の熱意を受け入れていくようです。そして今回の原田の事件と、武蔵野一家殺人事件…つながっていく二つの事件を通して、巨大な悪の陰謀が渦巻き始めます。最終回まであと残り2話、一瞬たりとも見逃せない衝撃の展開となりそうです!

                       

【トレース 科捜研の男】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 12.3%
第二話 11.8%
第三話 9.6%
第四話 11.0%
第五話 10.0%
第六話 10.4%
第七話 9.9%
第八話 9.8%
第九話 9.8%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

                       

関連記事

家売るオンナの逆襲_アイキャッチ1話

『家売るオンナの逆襲』第一話(19/1/9放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ...

トレース_アイキャッチ1話

ドラマ『トレース 科捜研の男』第一話(19/1/7放送)の無料見逃し配信はFOD...

グッドワイフ_アイキャッチ1話

『グッドワイフ』第一話(18/1/13放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オ...

QUEEN_アイキャッチ10話

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』最終話(第十話)(19/3/14放送...

メゾンドポリス_アイキャッチ10話

『メゾン・ド・ポリス』最終話(第十話)(19/3/15放送)の無料見逃し配信サイ...

家売るオンナの逆襲_アイキャッチ8話

『家売るオンナの逆襲』第八話(19/2/27放送)の見逃し配信はHuluがおすす...