【見逃し配信】『黄昏流星群』最終話(第十話)(18/12/13放送)の無料動画、見逃した回の視聴はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレを紹介!

黄昏流星群_アイキャッチ10話
夫婦のダブル不倫からまさかの感動エンディングへ…!?ドラマ「黄昏流星群」は、家族全員がスキャンダルな恋にひた走ってしまう波乱の人生ドラマです。これまでのストーリーでは、主人公・瀧沢完治が不倫相手の栞から一方的に別れを告げられてガックリ。完治の妻・真璃子は家を出て、娘・美咲の元婚約者である春輝と熱いキスを交わすほど深い関係に。美咲は40歳年の差がある大学教授と不倫、最終的にロンドンへ駆け落ちしてしまいました。

第十話ではなぜか完治と真璃子がふたたび同居し、いいムードに!?このままヨリが戻るのかと思った矢先、真璃子が意外な行動に出ますが…!?今回はそんな「黄昏流星群」第十話のあらすじを完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリ「FOD」がオススメです。スマホ・タブレット・パソコン・テレビにも対応していて、無料会員ならいつでも最新の人気番組の見逃し配信を楽しむことができます。
さらに月額888円の有料会員になれば、人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどが見放題!毎月もらえる1200円分のポイントを使って、有料レンタルの作品や雑誌・漫画など電子書籍を購入できるという超お得なサービスです。初回は一ヶ月間の無料お試し期間がありますので、ぜひアプリをダウンロードして便利さやオトクさを体感してみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【黄昏流星群】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『黄昏流星群』は『FOD』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【黄昏流星群】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年12月13日(放送終了後)~2018年12月20日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
FOD 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 動画冒頭、途中に30秒~1分程度のCM動画が数回入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

黄昏流星群_FOD
FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【黄昏流星群】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【黄昏流星群】前回のあらすじ

真璃子は完治に別居をしたいと清々しく宣言し、アッサリと家を出て行きます。親友の聡実の家に転がり込みますが、聡実にはもうすぐ結婚する予定だという相手・須藤が。真璃子は気をつかって聡実の家を出ますが、もはや行く当てもなくボーゼン。

そんな矢先、偶然にも春輝と再会した真璃子。春輝は病気の母・冴の介護疲れでボロボロの状態で、仕事も辞めると自暴自棄になっていました。そのあと真璃子は冴に頼まれ、なんと春輝の家に住み込んで家事や冴の介護を手伝うことになります。成り行きで始まった、春輝と真璃子の共同生活。ふたりは楽しく穏やかな日々を楽しみますが、冴はそんな二人の関係に気づいてショックを受けていました。

完治は栞に会いたいと思いを募らせますが、やはり連絡は取れないまま。栞は漁港で仕事に打ち込みますが、病気の影響でかなり体調が悪く、片方の視力も失いかけていました。そんな中、完治は仕事で古巣の銀行に呼び戻され、不正融資の真相究明という大役を命じられます。しかし調査を始めた直後、同期の親友・井上が自殺未遂を図り、完治は改めて深刻な現状を思い知らされてしまいました…。

黄昏流星群_アイキャッチ9話
夫婦のダブル不倫から別居へ…!ドラマ「黄昏流星群」は、家族全員がスキャンダルな恋にひた走ってしまう波乱の人生ドラマです。これまでのストーリー...

【黄昏流星群】最終話「最後の決断…運命の恋完結」(12月13日放送分)ネタバレ・あらすじ

銀行で飛び降り自殺を図った井上。完治は井上がそこまで追い詰められていたことを思い知らされ、大きなショックを受けます。井上は幸いにも何とか命だけは取りとめ、しばらく入院することになりました。栞は漁港で運搬などハードな仕事をしていましたが、糖尿病のせいで体調が悪く、左目はもはや失明寸前。勤務中にもフラつくことが多くなり、見かねた先輩女性が「あんた、糖尿でしょ?うちの食堂で働く?」と勧めてくれました。

真璃子は冴と春輝に付き添い、高級ホテルのような立派なホスピスへ。がんを患っている冴の病状はますます重くなり、冴本人が自宅ではなくホスピスでの療養を希望したのです。これまで冴は忙しい春輝のためにやむを得ず真璃子に家事や介護を頼んできました。

しかし自分がホスピスに入った以上、もう真璃子に用はありません。「ありがとう。お世話になりました。感謝してます。あなたといるときのあの子はホントに楽しそう。でも今日までよ。あなたも子を持つ親なら私の気持ちが分かるはずよ。あの子から手を引いてちょうだい。あの子の人生にあなたはもう必要がない。…分かってるわよね?」

冴は優しく穏やかながらも、厳しい凛とした母の表情でした。真璃子は冴の思いを受け止め、静かに身を引くことにします。スマホで春輝に別れのメッセージを送り、連絡先も削除しました。しかしこれから身を寄せる場所も、行きたいことも、やりたいことも見つからない真璃子。こうなると飛び出してきた瀧沢家に戻るしかありませんでした。

完治は帰ってきた真璃子を見て、「真璃子!帰ってきたのか」と嬉しそうな表情。真璃子も照れながら「…うん」と頷きます。そこで完治は「今から行く所があるんだ。付き合ってくれないか?」と提案。行先はなんと、井上が入院している病院でした。

井上は高い所から飛び降りたにも関わらず、意識もハッキリしてベッドの上で起き上がれる状態にまで回復。完治と真璃子がやってくると、「よう!…奥さんまで、すいません」と元気に挨拶しました。完治は井上に歩み寄り、「ごめんな井上、何にも分かってやれてなくて。何にもしてやれなくて。…ホントにお前の独断なのか?上からの指示があったんじゃないか?…金田常務からの」と語りかけます。

いま、世間を騒がせている若葉銀行の不正融資疑惑では、井上が犯人だと疑われていました。完治は井上がそんなことをする人間とは思えなかったので、上層部の暗黙の命令によるものではないかと推理したのです。

しかし井上としては真実を明かしたところで上層部が折れるとも思えず、むしろ完治の立場がより悪くなるのが不安でたまりません。「俺はさ、銀行員でいたかったんだ。常務のおかげで本店の融資部長になんてなれた。その居場所を守りたかったんだ。…奥さんこいつのこと頼みます。瀧沢、奥さんを大切にしろ」そう言ってほほ笑むのが、いまの井上の精いっぱいの気持ちでした。

それでも完治は「そんなことがあるはずない。あいつの立場が弱いのをいいことに、常務や常務派の幹部が指示をしてやらせたんだ。…ただ証拠がない。何としてもあいつの無念を晴らしたいんだよ」と苦悩するばかり。真璃子はそんな完治を改めて見直し、そっと寄り添って支え続けます。完治も真璃子の存在のありがたみを思い知り、ふたりはこれまでになく和やかなムードに包まれました。

世間では若葉銀行の不正融資疑惑、容疑者の井上の自殺が重なって大騒ぎ。そこで完治は改めて記者会見を開き、不正疑惑の経緯を説明することに。記者からも「銀行の上層部からの指示があったんじゃないか」という質問が飛び、完治は冷静に「徹底的に究明していきます」と宣言しました。

会見の後、金田常務は「困るよ瀧沢君。あれじゃ井上君個人じゃなく、当行全体の経営方針に非があったと認めてるようなもんじゃないか」とさっそく説教。上層部の取り巻き連中もみんな渋い顔です。それでも完治は全くひるまず、「非があったからこそ、銀行内部を浄化するために調査委員会を立ち上げたんじゃないですか。少なくともそれが私の役目だと思っています!」と堂々と言い返しました。

しかし、上層部が井上に不正融資疑惑を強制したという証拠はなかなか見つかりません。当然、証拠が残らないように悪事を働いていたからです。最も怪しい金田常務をはじめ、部下たちも含めてみんな口裏を合わせ、井上ひとりに重い罪をなすりつけようとしています。完治は職場でも家でも調査作業にのめりこみ、なんとか井上を救おうと奔走。真璃子のできることは食事を作ったり、見送ったり、ただ相談に乗ったりすることでしたが、それだけでもお互いに夫婦としての絆を強く取り戻しつつありました。

そんな中、なかなか証拠をつかめず苦悩する完治に、真璃子が思いがけずヒントを出します。「うまくいってないの?調査。井上さんもつらいでしょうね。奥さんだけでも、味方になってくれたらいいのにね…」心配そうにつぶやく真璃子の言葉に、ハッと息をのむ完治。井上の妻なら、なにか異変を察していたかもしれないと気づいたのです。案の定、井上の妻は証拠になる動画を撮影していました。それは井上と息子が遊んでいるほほえましい動画でしたが、その後ぐうぜんにも金田常務と電話している井上の姿も映り込んでいたのです。

完治はすぐに銀行に戻り、上層部の前で金田常務に動画をつきつけます。そこには、恐縮して弱々しく謝る井上の姿、金田常務が「お前が無能なせいだ。消えろ。お前が消えれば全て丸く収まるんだよ。消えてくれよ。お前が消えればみんなが助かるんだよ」と冷酷に告げる声がバッチリ。これが動かぬ証拠となり、金田常務のほか数名の懲戒解雇が決定。井上は上層部の指示でやむを得ず悪事や責任を押しつけられていたことが証明されました。

こうしてひと仕事終えた完治は、ホッとひと安心。真璃子はワインと豪華な肉料理を用意し、完治の活躍を祝います。完治は改めて真璃子の存在に感謝し、「すまない。本当にすまなかった…。ありがとう。真璃子…」と心からの思いを伝えます。真璃子も穏やかに微笑み、二人の仲はすっかり元通り。共通の友人・須藤と聡実の結婚式にもそろって参加し、カップルどうし和気あいあい。夜には完治が真璃子をそっと抱き寄せ…見つめ合ったふたりはキス。そのまま幸せな一夜を過ごしました。

しかし翌日、真璃子は意外な行動に出ます。なんと、「これ渡しておきます」とこれまでになく清々しい表情で微笑み、離婚届けを差し出したのです。ついさっきまでイイ雰囲気だったのに、とつぜんの離婚宣言。完治はワケが分からず面食らってしまいますが…!?

↓ 最終話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】真璃子と完治、幸せいっぱいでサヨナラ!?それぞれの黄昏がキラリと光るエンディングへ!!

真璃子は完治と抱き合い、改めて完治と自分の本心に気づいてしまった様子。だからこそ今、新たな決断を下すことにしました。「あなたと過ごせた時間ホントに良かった。だけどね…あなたの心の中にはもう別の人がすんでる。それがすごく…すごくよく分かったの。だから私は、あなたとは別の新しい人生を生きていくことにします。それともう一つ。私にも好きな人がいるの。一緒になれるような相手じゃないの。その人がいてくれることが一番つらいとき支えになった…」

真璃子の爆弾発言に完治は思わずポカーン。それでも自分の本心を指摘され、真璃子の本心も知ることができた今、もはや選択の余地はありません。完治は「そうか…そうか!」と明るい表情で答え、ふたりは円満ムードのまま離婚することになりました。

その直後、完治は銀行を辞めて一人暮らし。本店の執行役員の椅子が約束されていたのに、それを辞退しての早期退職でした。完治と真璃子は「じゃあ、元気で」と笑顔で別れ、完治は家を真璃子に譲って出て行きました。

そして三か月後…完治はマンションを借りて気ままな一人暮らし。真璃子もパン屋で働きはじめ、自立を目指しています。ロンドンに駆け落ちした美咲からも時々連絡が入り、元気にやっているようでした。そんな中、真璃子は冴に呼び出されてホスピスへ。

冴はますます症状が悪化し、最期の時を覚悟しなければならない段階に入りつつある様子。そこで冴は改めて春輝のことを考え直し、真璃子に今の願いを切り出します。「お願いがあるの。春輝の人生にあなたが必要ないって言ったこと間違いでした。これからも…あの子を見守ってあげて。あの子が笑顔でいられるようにしてあげて…」真璃子は冴の切ない願いを真剣に聞き届け、少し戸惑いながら考え込みます…。

家に戻った真璃子は届いた郵便物を見て、すぐに完治に電話をします。なんとそれは、漁港で何かと栞の世話を焼いてくれていた先輩女性からのハガキ。女性は栞が大事にしていた完治の名刺を見て銀行にハガキを送り、銀行がそれを転送してくれたのです。そこには、栞が重い糖尿病を患っていること、勤務中に倒れたこと、今は何とか元気に食堂で働いていること、そして今も完治の名刺などを大切に持っていること…などが丁寧につづられていました。

完治のために、電話でそのハガキを読みあげる真璃子。完治はすぐに栞の元へ向かい、ふたりは漁港で再会。もう言葉もなく、ふたりはお互いを離すまい、離れるまいと強く抱きしめあいました。

そして三年後…真璃子は何とパン職人になり、制服姿を披露。聡実や須藤もパン屋にやってきて、「お~決まってる!」「似合ってる似合ってる!」と大絶賛です。そして仕事のあとは…もちろん春輝とデート。「あっ!見てみて!」と無邪気にはしゃぐ春輝に、真璃子はそっと寄り添って幸せを噛みしめていました…。

いっぽう完治と栞は、景色が美しい田舎でカフェを経営。店の名前は栞の好きな花にちなんで、「エーデルワイスカフェ」です。お客さんの入りもまあまあと言ったところ。栞の病状もかなり回復していて、ふたりは晴れやかな笑顔。幸せいっぱいの二人は並んで黄昏の空を見上げ、一番星を見つめてほほ笑みました…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【黄昏流星群】作品まとめ

「黄昏流星群」もついに最終回を迎えました!!振り返れば、第一話ではとつぜんの出向を言い渡され、人生のどん底に落ちた瀧沢完治。しかしその直後に思いもよらず栞に出会い、恋のときめきがこみあげて人生バラ色に。真璃子との関係がそこまで悪いわけではないので、しばらくは微妙な不倫関係が続きます。

しかし真璃子は真璃子で、娘の婚約者・春輝に出会って退屈な人生が一変。美咲も実は春輝が本命ではなく、40も年上の大学教授と不倫の恋を謳歌していました。春輝は若い情熱でグイグイ迫り、真璃子を翻弄。真璃子は何とか春輝のアピールをかわし、美咲と春輝の幸せな結婚を願います。しかし美咲は春輝との結婚を前に、不倫相手とロンドンへ駆け落ち。真璃子は家を出て春輝の家に住み込み、母の介護や家事を手伝い、密かに二人だけの時間を楽しむようになりました。

そして最終回ではまたもや大きく波乱があり、完治は銀行へ好待遇で呼び戻されてふたたび出世コースへ。真璃子は冴に言われて身を引き、春輝と別れて完治の妻として活躍。完治は不正融資疑惑の責任を押しつけられた井上のために奮起し、銀行上層部の悪事をみごとに暴き出しました。真璃子はそんな完治を力強く支え、ふたりは夫婦の絆を取り戻します。

…しかし久しぶりに抱き合った二人は、逆にお互いの本心を見つめ直すことに。結局ふたりは円満に離婚を進め、それぞれの道を選びます。完治はマンションで一人暮らし、真璃子はパン屋で働いて自立への一歩。数か月後には完治と栞がぶじに再会、真璃子も考え直した冴の願いを受け止め、ふたたび春輝と支え合う関係を取り戻します。…そして3年後、完治と栞はカフェを開業し、真璃子はパン職人になって春輝ともラブラブ。それぞれの人生が味わい深い黄昏や流れ星のように美しく輝く、感動のエンディングでした…。

【黄昏流星群】視聴率

第九話:6.5%

各話毎の視聴率
第一話 7.3%
第二話 7.3%
第三話 6.1%
第四話 6.5%
第五話 6.7%
第六話 6.5%
第七話 6.4%
第八話 6.2%
第九話 7.4%
最終話 6.5%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

黄昏流星群_アイキャッチ4話

【見逃し配信】『黄昏流星群』第四話(18/11/1放送)の無料動画、見逃した回の...

中学聖日記_アイキャッチ2話

『中学聖日記』第二話(18/10/16放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、考...

中学聖日記_アイキャッチ7話

【見逃し配信】『中学聖日記』第七話(18/11/20放送)の無料動画、あらすじ、...

中学聖日記_アイキャッチ4話

【見逃し配信】『中学聖日記』第四話(18/10/30放送)の無料動画、あらすじ、...

黄昏流星群_アイキャッチ5話

【見逃し配信】『黄昏流星群』第五話(18/11/8放送)の無料動画、見逃した回の...

中学聖日記_アイキャッチ1話

『中学聖日記』第一話(18/10/9放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、考察...