ドラマ『SUITS/スーツ』第六話(18/11/12放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレ、考察、視聴率情報はこちら!!

SUITS_アイキャッチ6話
ワケあり弁護士の奮闘記!!月9「SUITS」は新人弁護士・大輔が、超エリート弁護士・甲斐のキビシイ指導でバリバリと成長していく異色の弁護士コンビドラマです。今回の第六話では、甲斐がライバルの蟹江と組んで巨大投資詐欺グループと対決。大輔は会社資金の横領をめぐって大ゲンカする親娘の案件を担当します。どちらの案件も最初はかなりの苦戦を強いられてしまいますが…?今回はそんな「SUITS」第六話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリ「FOD」がオススメです。スマホ・タブレット・パソコン・テレビにも対応していて、無料会員ならいつでも最新の人気番組の見逃し配信を楽しむことができます!もちろん「SUITS」の最新エピソードも、放送直後から無料で一週間配信されているので、ぜひチェックしてみて下さい!

さらに月額888円の有料会員になれば、人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどが見放題!毎月もらえる1200円分のポイントを使って、有料レンタルの作品や雑誌・漫画など電子書籍を購入できるという超お得なサービスです。初回は一ヶ月間の無料お試し期間がありますので、ぜひアプリをダウンロードして便利さやオトクさを体感してみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【SUITS/スーツ】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『SUITS/スーツ』は『FOD』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【SUITS/スーツ】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年11月12日(放送終了後)~2018年11月19日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
FOD 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【SUIT/スーツ】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用:20年5月10日まで!)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【SUITS/スーツ】前回のあらすじ

大輔は悪友の遊星が逮捕されたと聞き、警察へ向かうことにします。仕事を抜け出すため「祖母がケガをした」とウソの理由をつくと、それを信じた甲斐は大輔がすぐに祖母の元へ行けるよう個人契約の運転手を手配しました。運転手の赤城はとても親切な紳士で、大輔の事情を聞いて甲斐にはナイショで警察へ向かいます。

しかしその道中で赤城の運転する車と大型トラックが衝突。大型トラックの運転手・糸井は傷ついた車体を見て「どうしてくれんだ!」と大激怒。示談に応じず、訴訟の構えを見せます。大輔は赤城の気遣いでひとまず先に遊星の件で警察へ向かい、遊星の身元引受人になりました。遊星は家もお金もないのに借金があるというヒドい状況で、大輔はどうしても縁を切れず思い悩みます。

甲斐は赤城から事情を聞き、みずから糸井との交渉を引き受けることに。実は糸井はかつて会社経営者でしたが、甲斐が担当する企業から訴えられたのち倒産。その当時、甲斐は糸井が深いダメージを負わないよう最大限の配慮を尽くしましたが、糸井は甲斐を逆恨みしていたのです。

そこで糸井はこの事故を復讐に利用しようと画策。示談や見舞金を受け取らず、甲斐が悪徳弁護士で自分は被害者だという動画を作ってネットで拡散しました。それでも甲斐は大輔とともに調査を進め、糸井が交通違反をしていた証拠をつきつけて論破。糸井は悔しがってスゴスゴと退散していきました。

そんななか、遊星が借金取りに捕まるというトラブルが発生。大輔は身代金を払えと脅迫されますが、逆に借金取りたちの素性を調べ上げて法律違反をビシッと指摘。借金取りたちはあわてて逃げ出し、遊星は大輔に深く感謝します。しかし大輔は遊星にも「もう俺に関わるな」と厳しく別れを告げ、冷たく突き放しました。

さらに甲斐の元には、招かれざる客・柳次長検事がやってきます。「手を貸してほしい」という柳次長検事に対し、甲斐は即座に「お断りします」と拒絶。それでも柳次長検事は何やら企んでいる様子で、甲斐をまじまじと見つめていました…。

SUITS_アイキャッチ5話
視聴率11.8%でふたたび二桁台の好調ムード!!月9「SUITS」は早くも折り返し地点を迎え、ストーリーは過去の伏線が絡んでくるより重厚な展...

【SUITS/スーツ】第六話「消えた20億円の謎」(11月12日放送分)ネタバレ・あらすじ

今回、甲斐が新たに担当するクライアントは、「内海財団」の会長・内海真須美。大輔は「アテナリゾート」の藤原社長を担当することになりました。甲斐が担当する内海会長は多くの慈善事業にも尽力している日本有数の資産家。インドネシアの発電所建設のため「轟フィナンシャル」に20億もの投資をしていましたが、建設計画が失敗。轟フィナンシャルは巨額の債務を負って破産手続きに入ろうとしています。

困った内海会長は少しでも資金を回収したいと旧知のチカに相談。急がないと轟フィナンシャルは資産ゼロになってしまい、資金回収が難しくなります。そこでチカは甲斐と蟹江を呼び出し、ふたりで20億円の資金回収に当たるよう指示しました。

蟹江は特に金融犯罪に詳しいので、早くも轟フィナンシャルが海外に隠し財産を移したらしいという情報をゲット。轟フィナンシャルには詐欺行為の疑いが浮上します。そこで轟フィナンシャルが保有する全ての資産をあぶり出し、社長の個人資産なども調査させて全力で資金回収に取り組みます。

しかし予想通り甲斐と蟹江のチームワークは散々。特に蟹江は甲斐に対するライバル意識も強いので、かなりの勇み足になってしまいます。交渉のために轟フィナンシャルの経理部長・小堺、弁護士の毛利、アソシエイトの米倉がやってきますが、蟹江は小堺が香港に3000万円の資金を移したことを激しく追及。すると小堺はとつぜん体調が悪化し、そのまま急死してしまいます。小堺の死因は持病の肺塞栓症によるものでしたが、甲斐は蟹江が小堺を質問攻めにしたことを激しく批難しました。

小堺の死後、轟フィナンシャルはこれ幸いとばかりに横領の事実を認め、全ての責任を小堺に押しつけようとします。轟社長は「経営者であるこの私もだまされていたんです」と被害者ぶり、和解金として3,000万円を提示。20億円の資金回収がたった3,000万円では全く話になりません。しかも小堺が香港に3,000万円を移したのは妻が株取引で儲けたお金で、全くの無実です。甲斐は「今度うちにいらっしゃる時は、全額返金できる時だけにしてください!」と厳しく言い渡し、轟社長たちを追い返しました。

甲斐は小堺の妻・和枝に会いに行き、自分たちは味方だと説得。小堺が何か証拠になるようなものを残していないか確認してほしいと協力を求めます。しかしそこに蟹江も謝罪と事情説明のために現れ、和枝の表情は一変。和枝は会社から蟹江が小堺を追いつめたと聞かされていたので、「よくものうのうと顔を出せたものね」と大激怒。もちろん調査への協力は断られてしまい、蟹江に「大事な証人をまた失ったんだぞ」と怒りをぶつけました。

焦った蟹江は、轟フィナンシャル側のアソシエイト・米倉を言葉巧みに操り、轟フィナンシャルの裏帳簿を入手します。その裏帳簿を轟フィナンシャルの毛利につきつけ、轟フィナンシャルが最初から20億円をだましとるつもりで、ウソの投資話を持ちかけたのだと指摘しました。それでも毛利は涼しい顔。「社内で妙な噂が流れてたんだ。内部情報を売ろうとしてるスパイがいるってね。それであえて犯人捜しのために偽の帳簿を作っておいた」と言い、裏切った米倉をにらみつけます。

米倉はあわてて「いや違うんです。僕は蟹江先生に脅されて仕方なく…」と言い訳。毛利は「脅し?まあ看過できない問題ではありますが、なにぶんこちらも破産申し立ての準備で多忙でしてね。どうですか?先日お話しした和解で手を打ちませんか?」と攻勢をかけます。しかし米倉が提示した和解金は、先日の3,000万円の半額。逆に追いつめられてしまった甲斐は「せめて裏ぐらい取ったらどうなんだ?和解金まで値切られて…」とまたもや蟹江に怒りをぶつけました。

大輔は砂里から遊星が静岡に帰って真面目に働くことしたと聞いて一安心。「絶対負けんなよ」という遊星からの伝言を聞いて嬉しそうにほほ笑みました。砂里は大輔に恋心を抱いているようで、大輔のマンションにやってきて夕食を作るなど何かと世話を焼きます。思い切って「大貴、って呼んでもいいかな?今はみんなから大輔って呼ばれてるんでしょ?でも私の中で大は鈴木大貴だし」と尋ねる砂里。大輔は「うん。でも人前で呼んだら他人のふりするからな」とイマイチ乙女心が分かっていないようでした。

そんな大輔が担当する「アテナリゾート」の藤原社長の相談は、娘・華名が社員証を偽造して会社に侵入したうえ、会社の口座から1億円を横領していたことでした。華名は環境学を専攻している大学院生で、ネットやデータ分析も得意。父親が人口500人の小さな島にリゾートホテルを建てたせいで環境破壊が進んだことを知り、激怒していました。しかも藤原社長は建設前に不都合な環境予測データを改ざんまでしていたのです。

華名は横領した1億円を現地の人たちの為に使うと主張し、「全ては金もうけのため。そういう人間なの」と父親を激しく批難。藤原社長も「この子は犯罪者だ。お前が盗んだ金は私の金じゃない。大事な従業員の金だ。今すぐに返せ!」と叫び、親子関係はますます冷え切ったまま、話も平行線のまま全く進みません。さらにネットに詳しい華名はハーバード大学の卒業名簿を調べ上げ、大輔が実はハーバード大学の卒業生ではないことを指摘。「鈴木大貴、それがあなたの本名でしょ?私の件から手を引いて!」と大輔に脅しをかけます。

大輔は困り果てますが、甲斐のアドバイスを参考にして藤原社長に再度アタック。真相を聞き出して華名を説得します。実はそもそもリゾートホテルの建設を言い出したのは、がんで病死した華名の母でした。藤原社長は妻のために急いでホテル建設に取り組み、強引な計画を押し進めてしまったのです。藤原社長がこの事実を華名に告げなかったのは、華名が母親まで恨んでしまうことを避けたかったからでした。

大輔は「お父さんは大好きなお母さんと君のことを思って…。社長は今日から島に出張するらしいんだ。島民への説明会のために。それが終わって東京に戻ってきたらもう一度会ってもらえる?」と懸命に説得。華名は思わず涙ぐみ、「うん…」と小さく頷きました。さらに大輔は「それと…もう一つお願いが」と言い、華名に別件での協力を要請しますが…!?
↓ 第六話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】消えた20億円の行方がついに判明!!さらに大輔にとつぜんのピンチが!?
大輔が華名に頼んだのは、ハッキングで轟フィナンシャルのデータを入手することでした。華名はまるでネット検索でもするかのように、いとも簡単にセキュリティーを解除して情報を入手します。すると轟社長のクレジットカード情報にはシンガポールでの豪遊三昧の記録がバッチリ。轟フィナンシャルの帳簿は蟹江が入手したものと同じだったことが判明しました。

甲斐は急いで剣道の稽古をしていた蟹江の元に行き、「チームメイトを呼びに来た。俺たちは似た者同士だ。勝つことが何より好きで。だから衝突が絶えない。それに俺はお前を尊敬もしてる」と本心を打ち明けます。それでも「いまさらそんなおべんちゃら…」と不貞腐れる蟹江。甲斐は「本物だったんだよ。先方は苦し紛れに偽物だって言い張っただけだった。つまりお前もお前の情報屋も正しかったってことだ。一緒にやろう。必要なデータは手に入れたが俺は金融犯罪には詳しくない。お前の力が必要だ!」といつになく情熱的に説得します。蟹江は思わず「フッ」と笑い、すぐに事務所へ戻ります。

蟹江は金融犯罪が得意分野というだけあって、あっという間にデータを分析。甲斐と大輔たちも協力し、轟社長がシンガポールにある8つの銀行に約20億円もの資金を分散して入金していた証拠をつかみました。翌日、さっそく甲斐たちは轟社長と毛利弁護士を呼び出し、その事実を突きつけます。毛利弁護士は取り乱して思わず「これはうちの帳簿?こっちは銀行の入金記録?こんな物どうやって手に入れたんだ?違法な手段を使わないかぎり不可能だ。弁護士を廃業になってもいいのか?」と逆ギレ。

するとバーン!と勢いよく立ち上がった蟹江。「廃業上等だ!今すぐ警察に通報するか?だが私はたとえ刑務所にぶちこまれても諦めんぞ。獄中で貴様らの悪行を一字一句漏らさず手記にして出版してやる。映画化でもされたら貴様らの悪行はひ孫の代まで語り草になるだろうな。われわれが手に入れたデータは間違いなく本物だ。将来地獄を見るのはどっちだろうな!?」蟹江の熱弁に気圧された轟社長は「待て、待ってくれ!刑事告訴はしないと約束してくれ…」とあえなく降参し、20億円全額の返還要求を受け入れました。

チームプレイでの快勝に、甲斐と蟹江も顔を見合わせて思わず笑顔がこぼれます。しかしその直後、蟹江は甲斐が内海会長と感謝のハグをしているところを目撃。甲斐はぐうぜんチカのオフィスを通りかかっただけで、別に抜け駆けするつもりはありませんでした。それどころか、内海会長に「私一人の力じゃありませんよ」とまで言って、チカを驚かせていたのです。そうとは知らない蟹江は「抜け駆けか?やっぱり手柄を独り占めしたんだな?やっと分かり合えたと思ったのに…」とすっかりゴキゲン斜め。怒って去っていく蟹江を、甲斐は残念そうに見つめるしかありませんでした。

チカは内海会長を見送ったあと、「ちょっといい?」と言って甲斐と大輔を呼び出します。チカはいきなり匿名の告発文を取り出し、「この手紙が私のデスクに。鈴木先生が経歴詐称してるって…」と疑いの眼差しを向けます。それは蟹江の助手を務めているアソシエイト・館山の仕業でした。館山は先日の華名と大輔の会話をぐうぜん立ち聞き。何かと比較されることが多い大輔にライバル心を抱いていたので、コッソリ嫌がらせで告発の手紙を送りつけたのです。

甲斐は「フッ…バカバカしい」と笑ってごまかそうとしますが、チカは「そう?じゃあここで確認してみましょうか。ハーバードの卒業生名簿」と言って追及をやめません。「その前にちょっとお話が…」とあわてる甲斐を無視して、パソコンで検索するチカ。甲斐と大輔は思わず黙り込み、気まずいムードが漂います。しかし顔をあげたチカは「いたずらだったみたい。フッ…そりゃそうよねえ。誰?こんな手紙書いたの?」とニッコリ。チカがくるりと裏返して見せたパソコンの画面には、いつの間にか大輔の名前と顔写真が表示されていました。

疑いがアッサリ晴れ、チカのオフィスを出た甲斐と大輔。甲斐が「どうやってやったんだよ?」と大輔にささやくと、実は大輔にも身に覚えがありません。「分かりませんよ僕だって。だってハーバードのアーカイブにアクセスするなんて絶対不可能…」と言いかけ…ふたりはハッと顔を見合わせます。お互いを指さして、「ハッカー!」と楽しそうに笑いました。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

第六話ゲスト出演

内海真須美役…ジュディ・オング
藤原一輝役…大澄賢也
藤原華名役…佐久間由衣
小堺晴彦役…春海四方
小堺和枝役…幸田尚子
毛利徹役…小松和重
米倉和博役…宮田佳典

【SUITS/スーツ】第六話まとめ

第六話は巨大投資詐欺グループとの対決がメイン。一見ふつうの投資会社かと思いきや、最初から詐欺目的だった轟フィナンシャル。資産家の内海会長は、だまされて何と20億円もの投資をしていました。蟹江は早くから詐欺の可能性を疑い、行き過ぎたやり方で暴走。チカには協力して…と言われたのに、甲斐も蟹江とは仲が悪いので調査はかなり難航しました。それでもやはりエリートはエリート同士。ここぞというところでちゃんと力を合わせて、轟フィナンシャルの犯罪を暴き出しました。

いっぽうの大輔は、前回もめにもめた遊星が立ち直ったことを聞いてホッと安心。砂里の恋心には全く鈍感な大輔ですが、それでも砂里は今のところ満足しているようです。

大輔が担当したクライアントは開発会社「アテナリゾート」の藤原社長の件でした。こちらは自分の娘に会社の金を奪われるというトンデモ案件でしたが、大輔の奮闘で最後は親子が仲直り。

娘の華名はそのお礼代わりなのか、轟フィナンシャルのデータ入手に力を貸してくれただけでなく、ハーバード大学の卒業者名簿も改ざん。おかげで大輔はチカの疑惑追及をクリアすることができました。

【SUITS/スーツ】第七話の展開予想、考察

第七話の予告動画は、なぜか映画の予告のような緊迫感!「敵対的買収」「最強の弁護士登場」「なんとこの男…真琴の父親!!」「大輔、絶体絶命!!」「勝つのはどっちだ!?」というインパクト抜群のテロップが興奮をあおります。

甲斐はホテルの敵対的買収に対し交渉を担当。しかし裏では大手弁護士事務所「セイント」の代表・聖澤敬一郎が手を引いている様子。この聖澤敬一郎が真琴の実の父で、娘である真琴とは微妙な距離感にあるようです。真琴は「弁護士になりたい」という夢を捨てておらず、司法試験への再挑戦を決意。大輔はそんな真琴を支え、一緒に試験対策をしようと協力を申し出ます。しかし大輔がかつて替え玉受験を請け負った息子の父・木次谷弁護士や女子学生・日向子など、後ろ暗い過去が大輔の不安をあおることに…。

さらに蟹江がまたもやトラブルを起こしたり、「幸村・上杉法律事務所」の共同経営者・上杉の存在が浮上したり…と何かとざわつきそうな次回。予告動画のラストでは甲斐が「やられた!!」と悔しがるシーンもあり、やはり相手はかなりの強敵のようです。これまでは一話完結するストーリーがメインでしたが、そろそろクライマックスに向けていろいろな伏線も動き出しています。次回も重要シーンを見逃さないよう、要チェックです!!

【SUITS/スーツ】視聴率

第六話「消えた20億円の謎」:9.5%

各話毎の視聴率
第一話 14.2%
第二話 11.1%
第三話 10.3%
第四話 8.9%
第五話 11.8%
第六話 9.5%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

SUITS_アイキャッチ2話

ドラマ『SUITS/スーツ』第二話(18/10/15放送)の無料見逃し配信はFO...

大恋愛_アイキャッチ10話

【見逃し配信】『大恋愛~僕を忘れる君と』最終話(第十話)(18/12/14放送)...

中学聖日記_アイキャッチ11話

【見逃し配信】『中学聖日記』最終話(第十一話)(18/12/18放送)の無料動画...

黄昏流星群_アイキャッチ9話

【見逃し配信】『黄昏流星群』第九話(18/12/6放送)の無料動画、見逃した回の...

大恋愛_アイキャッチ9話

【見逃し配信】『大恋愛~僕を忘れる君と』第九話(18/12/7放送)の無料動画、...

黄昏流星群_アイキャッチ10話

【見逃し配信】『黄昏流星群』最終話(第十話)(18/12/13放送)の無料動画、...