ドラマ『SUITS/スーツ』第十話(18/12/10放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレ、考察、視聴率情報はこちら!!

SUITS_アイキャッチ10話

市川海老蔵さんのゲスト出演で注目度急上昇!!月9「SUITS」は新人のワケアリ弁護士・大輔が、超エリート弁護士・甲斐のキビシイ指導でバリバリ成長していく異色の弁護士コンビドラマです。第十話では、大輔の経歴詐称がバレて大ピンチ!さらに甲斐は過去の事件をめぐって、検察から何かと探られてウンザリする羽目に…!?今回はそんな「SUITS」第十話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリ「FOD」がオススメです。スマホ・タブレット・パソコン・テレビにも対応していて、無料会員ならいつでも最新の人気番組の見逃し配信を楽しむことができます!もちろん「SUITS」の最新エピソードも、放送直後から無料で一週間配信中!ぜひチェックしてみて下さい!

さらに月額888円の有料会員になれば、人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどが見放題!毎月もらえる1200円分のポイントを使って、有料レンタルの作品や雑誌・漫画など電子書籍を購入できるという超お得なサービスです。初回は一ヶ月間の無料お試し期間がありますので、ぜひアプリをダウンロードして便利さやオトクさを体感してみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【SUITS/スーツ】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『SUITS/スーツ』は『FOD』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【SUITS/スーツ】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年12月10日(放送終了後)~2018年12月17日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
FOD 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

スーツ_FODページ
FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【SUIT/スーツ】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【SUITS/スーツ】前回のあらすじ

甲斐はついに念願かなって、シニアパートナーに昇格しました。これからは幸村・上杉法律事務所の経営者としても活躍することになります。昇格したばかりの甲斐の初仕事は、YURI綜合会計事務所の敏腕会計士・大河原を解雇することでした。大河原は20年以上事務所に尽くしてきましたが、ここに来て出身大学を偽り、実は無資格だったという経歴詐称が発覚。会計事務所の所長・百合は、世間体と大河原のこれまでの活躍を考慮し、十分な退職金を用意して円満な退職を希望します。

しかしとつぜん解雇を言い渡された大河原としては、やはり納得がいきません。大河原は訴えてでも百合所長と戦う、と息巻きますが、甲斐の説得でしぶしぶながら諦めることを了承しました。これで一件落着…となるはずでしたが、大輔は大河原の解雇理由に疑問を持ち、単独での調査を開始。大輔は大河原と同じように経歴詐称をしながら働いている境遇なので、とても他人事とは思えなかったのです。

調査の結果、大河原が解雇されたのは、結局のところ経歴詐称が原因ではなく、会計事務所の所長・百合の悪事を隠ぺいするためでした。大輔は大河原のために奔走し、チカからも暴利をむさぼっていた百合の悪事を見事に暴き出します。真琴はそんな大輔を手伝い、証拠資料をまるまるねつ造するという奇抜なアイディアを提案。ふたりは残業してその膨大な作業に取り組み…作業の合間には思わず見つめ合ってキスを交わしました。

こうして真琴と思いが通じ合った大輔は、自分を慕ってくれている砂里からの告白をキッパリ断ります。砂里はとっさに笑い飛ばして「妹でいい」と平気なフリをしますが、それは我慢していただけ。その直後には兄の遊星に泣きつき、失恋を悲しみます。しかし遊星は妹を泣かせた大輔に怒り心頭。密かに幸村・上杉法律事務所におもむき、大輔が経歴詐称していることをチカに暴露してしまいました…。

SUITS_アイキャッチ9話
弁護士は仕事も恋もトラブルだらけ!?月9「SUITS」は新人のワケアリ弁護士・大輔が、超エリート弁護士・甲斐のキビシイ指導でバリバリ成長して...

【SUITS/スーツ】第十話「ゲスト市川海老蔵!今夜、最終話前編!」(12月10日放送分)ネタバレ・あらすじ

チカは遊星から大輔の経歴詐称を聞いて驚愕。ハーバード卒でもなく、弁護士資格も無かった大輔。そもそも「鈴木大輔」も本名ではありませんでした。チカはすぐに甲斐のオフィスに駆けつけ、「いったい何者なの!?鈴木大貴って!!」と問いつめます。

しかし甲斐は悪びれる様子もなく、「私は間違ったことはしてない。資格や学歴にあぐらをかいてるようなやつより、彼の方がよっぽど優秀だ」と開き直るだけ。チカはますます怒りを募らせ、「認められるはずがない!今すぐ警察に突き出すべきよ!!」と叫びます。それでも甲斐は「彼はもうすでにこのファームで実務をこなした。表に出ればファームもただじゃ済まない」とサラリ。確かに、経歴詐称の弁護士を雇っていたなんてことがバレれば、幸村・上杉法律事務所の信用はガタ落ちです。

チカは「私を脅す気?」と激しく打ちのめされますが、どうもいつもと違う甲斐の様子が引っ掛かります。「…意味が分からない。どうしてそんなに攻撃的なのか。何かあった?」と尋ねると、甲斐は柳次長検事から接触があったことを打ち明けます。柳次長検事は、最高検の超エリート。かつて検事として働いていた甲斐の元上司でもあります。最近、東京地検幹部による13年前の汚職疑惑が報じられ、「最高検次長が証拠隠ぺいか」と疑惑の渦中に立たされていました。

「偶然を装ってはいましたが、柳さんは間違いなく意図的に私に近づいてきた。おそらく調査はもう始まってる。柳さんは裁判を有利に進めるために、証拠隠しをしてたんです。当時、柳さんは地検のエースでした。私は下っ端。告発なんかしたって上層部は誰も守っちゃくれない。だから私は検察を辞めた…」

チカはいきなり部下2人分の深刻な秘密を知らされ、大きなため息。しかし決断は早く、「…分かりました。私にできることがあったら何でも言って。それと鈴木先生は私が預かる。彼が私を納得させられなかったら、誰が何と言おうとこのファームから追い出す!」と厳しく言い渡しました。

その直後、チカは大輔と蟹江を呼び出します。そこで二人に指示したのは、与謝野ホールディングスの遺産相続の案件でした。与謝野ホールディングスでは社長が寝たきりになってしまい、後継者は2人の娘。社長は公平に遺産の分配をする為、遺言書を残したいと考えていました。しかし姉の藤代は前妻の娘、妹の雛子は前妻を追い出した後妻の娘ということもあり、二人の仲は最悪。

チカは蟹江には藤代、大輔には雛子を担当するよう指示します。しかし2人は雛子の母が残したアパレル部門を巡って激しく対立中。藤代はアパレル部門の即売却を希望し、逆に雛子はアパレル部門の相続を切望していました。

蟹江と大輔は表面上は中立、公平に事を進めますが、結局はどちらが勝つか負けるかで争うことになってしまいます。それが分かっていた甲斐は「必ず勝て!」と大輔に厳しく指示。後日、大輔は砂里から「大貴ごめん、ホントにごめん」と泣いて謝られ、遊星がチカに大輔の経歴詐称をバラしたことを知ります。動揺した大輔は甲斐の元に駆け込み、「どうして言ってくれなかったんですか!僕から直接代表に説明しますよ…」と勇み足。

そこで甲斐は改めて大輔に向き直り、「代表はお前を首にする気だ。今回の件はそのための口実づくりにすぎない。だから絶対に負けは許されない。このファームに残りたかったら、どんな手を使っても蟹江をたたきのめせ。自分の力で!」と力強く檄を飛ばしました。

一方、甲斐は柳次長検事を巡る不穏な動きを警戒。嫌々ながらも改めて柳本人に会いに行きます。すると柳は今回の汚職疑惑が検察内部の権力闘争によるものだと笑い飛ばし、「君が私の味方でいてくれるか確認したかった。やつらは君の証言しか頼るものがない」と念押し。甲斐は「心配いりませんよ。あなたを裏切ることはない。ただ味方でもない。それはあなたの元を去るときに決めたことです」とキッパリ意志表示しました。

検察では監察指導部が内部調査に乗り出し、甲斐の元にかつての後輩・澤田がやってきます。澤田はまず、「黙ってると先輩も同罪だと思われますよ。いいんですか?ご自身が捜査対象になっても」と甲斐を挑発。しかし甲斐は「悪いな。オレは何も知らない」とシラを切り続けます。

澤田はいったんは大人しく引き下がりますが、やはり決定打となるのは甲斐の協力と証言のみ。そこで澤田は幸村・上杉法律事務所に堂々と乗り込んできて、「こちらに協力しなければ、弁護士資格を失うこともあり得るってことです」と脅しをかけてきます。

それでも甲斐は冷静に対応し、「相変わらず検察は前時代的だな。そんな体たらくだから俺は検察を辞めたんだ。偉そうな口利きたかったら、証拠の一つぐらい持ってこい。話はそれからだ」と言って澤田を追い返しました。

しかし後日、今度は甲斐が自ら最高検へ顔を出します。目的は柳の不正の証拠資料を見るため。澤田は甲斐が証言してくれることを条件に、しぶしぶ資料を貸し出します。甲斐は徹夜して大量のファイルに目を通し続け…引っかかっていた真相にたどり着くことに。それは13年前の「世田谷女子高生殺人事件」のファイル。甲斐が担当し、起訴した事件でした。柳はこの事件でも証拠を隠ぺいし、それを知らなかった甲斐は無実の青年・栗林紡を刑務所送りにしてしまったのです。

甲斐はふたたび柳に会いに行き、「あなたは私が担当した事件の証拠も隠してたんですね。それがあなたの正義ですか?最高検トップの座を諦めてください。静かに身を引いてください。」と問いただします。しかし柳は全く反省の色も無く、「冗談じゃない。検察を改革できるのはこの私だけだ」と豪語するだけでした。

一方、激しく争っていた大輔と蟹江にも決着の時が訪れます。大輔はU&Tから買収のオファーが来ているという情報を蟹江にわざと流し、ワナにはめることに大成功。雛子は「これ以上姉と争いたくない」としおらしく言ってアパレルブランドの売却を受け入れますが、実は売却先のU&Tには根回し済み。その後、雛子が自らU&Tの社長に就任したのです。

後からこれを知った蟹江は大激怒。甲斐のオフィスに飛び込んできて、「どういうことだ!?だましたのか!ひきょうだぞ!」とわめきちらします。大輔は「ルールを破ったのはどっちです?」と冷静に対応。しかし、今回は何故かいつもの冷静なはずの甲斐がとつぜん激昂。

「どっちがひきょうなんだ!互いの書類は盗み見しないこと。そのルールを破ったのは誰だ?お前だろ!不正を働いた人間が居直るな。お前は負けたんだよ!部下が相手だったら何をしても許されるとでも思ってんのか?不正を働いた人間が偉そうに自分を正当化するな!」

甲斐が取り乱して叫ぶ姿は、大輔も思わず驚いてしまうほどでした。しかしここで、さらに驚愕の事実が発覚。とつぜん蟹江が態度をガラリと変え、「君らは勘違いをしている。私が彼の小芝居に気付いてないとでも?」と自信満々で語り出して…?
↓ 第十話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】甲斐が逆ギレ!姉妹バトルの意外な決着!!追い詰められた大輔は最後の戦いへ…!?

蟹江が大輔の情報を盗み見したのは事実でしたが、そのうえでワナにはまったフリをして、別のワナをしかけていたのです。「U&Tにはあえて売ったんだ。ただし法外な値段でな。もともと採算の取れていないアパレル部門に加えて、営業利益の数倍の買い物をさせられたU&Tまで抱え込んだってわけだ。つまり妹さんの会社は最初から借金まみれの泥舟だ。藤代さんは望みどおり大っ嫌いな妹さんが惨めに自滅していくさまを眺めることになるだろう。復讐は達成されたんだ。…教えてくれ。勝ったのはどっちだ?」

大輔は勝ったつもりだったのに、逆に自ら仕掛けた策にハマってしまったのです。甲斐は「…おまえの負けだ」と大輔に言い渡すしかありませんでした。この一部始終を見ていた甲斐の秘書・伽耶子は、ICレコーダーを持ってチカのところへ。「もうあんな甲斐先生を見たくありません。先生を救ってください」と言い、ICレコーダーを差し出します。その中には柳の不正の決定的な証拠となる音声データが入っていました。

チカはすぐに柳の元へ行き、「すぐに辞表を出して検察庁をお辞めになってください。あなたの不正の証拠がここに…」と言い放ちます。柳は「バカバカしい」と笑い飛ばしますが、チカが音声データを再生すると、表情が一変。さらにその直後、誰かからの電話を聞いた澤田は「えっ…」と驚きの声をあげました。

こうして何をどうやったのか、一仕事終えたチカ。甲斐の元に行き、「証言をする必要はなくなったわ。柳さんの捜査は終了すると最高検が約束してくれた」と宣言します。甲斐は「どうやってそんなこと!?」と驚きを隠せません。

チカは詳しくは語らず、「私にも秘密くらい持たせてよ。もうこの話は終わったの。それと約束どおり鈴木先生には即刻このファームから出ていってもらう」と言い渡しました。それでも甲斐は食い下がり、チカに懇願します。

「あと1つ。あと1つだけ目をつぶってもらえませんか?どうしても彼に手伝ってほしい案件が!13年前、柳さんは私の担当した事件でも証拠を隠してたんです。冤罪です。私は無実の人間を13年も服役させてしまったんです。見過ごすことができません。…救い出します。刑務所から!」まさかの決意表明に、チカはおどろいて甲斐を振り返ります。甲斐は厳しい表情を浮かべ、夜景をにらみつけていました…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

第十話ゲスト出演

澤田仁志役…市川海老蔵(※十一話も出演)
与謝野藤代役…町田マリー
与謝野雛子役…本仮屋ユイカ

【SUITS/スーツ】第十話まとめ

第十話は、甲斐も大輔も同時に大ピンチに陥ってしまいました。まず大輔はチカに経歴詐称がバレてしまい、最後のチャンスでも敗北してクビ寸前に。そして甲斐は柳次長検事と、澤田の両方からプレッシャーをかけられた挙句、13年前の真相にたどりつきます。それは自らが担当した事件が冤罪だったという、あまりにも過酷な事実でした。

柳次長検事の汚職疑惑をめぐっては、チカが伽耶子の持っていた証拠を武器にうまく事を処理。なぜか最高検も澤田もアッサリと引いてくれました。伽耶子が提供した音声データは、検察庁そのものにとってよほどダメージになるようなものだったようです。しかし、甲斐は自分が作ってしまった冤罪をもう見逃すことはできません。今度は柳も澤田も、検察庁丸ごとを敵に回して戦う決意を固めます。さすがクライマックス直前、最終話につながる緊迫みなぎるラストでした!

【SUITS/スーツ】最終話の展開予想、考察


「SUITS」もいよいよ最終話!激動の15分拡大スペシャルです。甲斐は13年前に起きた冤罪事件をめぐり、自ら再審請求に挑みます。しかしそうなると、今度は検察全体を敵に回し、甲斐の立場も事務所の存続にも影響が出るのは確実です。

予告動画では、澤田が「どれだけ検察を敵に回せば気が済むんです?再審したら、検察は先輩を本気で潰しにかかります」と警告。チカも「このファームをぶっ壊す気?…必ず勝って!」と危機感を募らせ、甲斐自身も「正直、手詰まりだ…」と言わざるを得ないほどの状況に追い詰められ…まさに崖っぷち状態です。クビ寸前の大輔はもう覚悟を決めているのか、「僕はどうなっても構わないので、甲斐先生だけは守ってください…」と懸命に訴えています。

それでも予告動画のラストには「甲斐が放つ逆転サヨナラ満塁ホームラン!!」というテロップがババーンと登場!!さらに甲斐の「これはオレも最後になるかもしれない…」というセリフと穏やかながらも力強いスマイルのシーンで締めくくられます。左手前に映っている誰かの後ろ姿は大輔…でしょうか。いよいよ甲斐と大輔のクールなスーツ姿も見納め、ビシッと決めてくれるラストに期待したいところです。

【SUITS/スーツ】視聴率

第十話:10.4%

各話毎の視聴率
第一話 14.2%
第二話 11.1%
第三話 10.3%
第四話 8.9%
第五話 11.8%
第六話 9.5%
第七話 9.8%
第八話 10.5%
第九話 9.9%
第十話 10.4%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

黄昏流星群_アイキャッチ10話

【見逃し配信】『黄昏流星群』最終話(第十話)(18/12/13放送)の無料動画、...

SUITS_アイキャッチ7話

ドラマ『SUITS/スーツ』第七話(18/11/19放送)の無料見逃し配信はFO...

大恋愛_アイキャッチ2話

【見逃し配信】『大恋愛~僕を忘れる君と』第二話(18/10/19放送)の無料動画...

中学聖日記_アイキャッチ8話

【見逃し配信】『中学聖日記』第八話(18/11/27放送)の無料動画、あらすじ、...

大恋愛_アイキャッチ1話

『大恋愛~僕を忘れる君と』第一話(18/10/12放送)の無料見逃し配信サイト、...

獣になれない私たち_アイキャッチ10話

【けもなれ見逃し】『獣になれない私たち』最終話(第十話)(18/12/12放送)...