CATEGORY:サッカーライブ中継・見逃し配信

DAZNでサッカー見放題!Jリーグ・欧州サッカーのライブ中継・見逃し配信

サッカーライブ・見逃し配信
「地上波だけでは満足できない!」

サッカーファンにとって、地上波の放送状況はまったく満足できる内容ではありません。

そこで、私がオススメするのがスポーツのライブ中継と見逃し配信で、2017年から一気にサッカーファンを虜にしはじめているDAZNです。

JリーグやUEFA(欧州サッカー連盟)の試合を独占配信している点はもちろん、他のVODサービスと比べても料金が格安なのもポイントです。

2018年からはカメラの台数を増やし、臨場感のある試合中継ができるように試行錯誤を繰り返してくれています。

ここからも分かるように、「DAZN」はサッカーとともに成長しているVODサービスです。

本記事では大きくわけて以下の3点について紹介しています。

  1. サッカー中継をネットで観る方法
  2. なぜサッカーのライブ配信はDAZNがお勧めなのか?
  3. DAZNで見られるサッカー動画まとめ

現在、サッカーの視聴について不満を持っている方は是非1度チェックしてください。

サッカー中継をネットで観る方法

そもそも、なぜサッカーは地上波で中継されないのか。
国民的なスポーツと言えば、野球やサッカーがあげられます。

しかし、野球はほぼ毎日のように試合中継されているのに、サッカーの試合は地上波では滅多に放送されませんよね。

その理由は、以下の点があげられます。

  • 視聴率がとれない
  • Jリーグの放送使用料が割高
  • 視聴欲の高いサッカーファン層は、すでに有料チャンネルに移動している

これらの点から、地上波ではほとんどNHKしか試合中継を放送していないのです。

また、仮に地上波で放送されるようになったとしても、以下のデメリットがあげられます。

その1視聴率主義(金)
その1有名な選手にのみスポットをあて「絶対に負けられない戦い!」というだけ…

私がちょうど生まれた年にJリーグが誕生。

その後、一時はブームとなり視聴率もとれるため地上波放送も積極的に行われていました。

しかし、話題性が落ち着いてくると視聴率の低下に伴いすぐにポイ捨てされて、現状に落ち着いています。

ここからわかるように地上波での放送は、どちらにせよ「持続性」がありません。

そのため、月額料金がかかってしまうけれど、半永久的にかつ毎年のように成長していくVODサービスでの視聴がオススメなのです。

サッカー中継をネットで視聴するのは違法?

国内外のサッカー中継を違法でアップロードしているサイトから「無料」で視聴する方法はあります。

最近では、「ユーチューバー」という言葉をよく耳にしますが、YouTubeでも多くの映画やアニメがアップロードされ、多くの企業が悩まされています。

価値のある作品が無料で手に取ることが慢性化した社会。

すでに、罪悪感をいだかない方が多いと思いますし、それに関してどうこう言う気は一切ありません。

実際に視聴するだけなら逮捕される事は、現在の法律ではまずないと言えますしね。

その理由として、文化庁のHPでは以下の回答が出されていました。

それが違法にアップロードされたものと知った上で視聴している場合、著作権侵害行為になりうるが、単に見たり聞いたりするだけでは、刑事罰の対象にはなりえないとしています。

詳しくは文化庁のホームページでご確認ください。

しかし、サッカー中継を違法で視聴することには以下のデメリットがあります。

  • 画質が悪い
  • 広告が多い
  • 著作権侵害で配信元が削除される
  • 実況が日本語訳されていない
  • ウイルス感染の要因となり得る

そのため、金銭的な余裕がある方には、安心安全に視聴できるスポーツ専門のVODサービスをオススメします。

サッカー中継の配信を行っているVODサービス一覧

現在サッカー中継・生配信コンテンツを取り扱っている主なVODサービスは以下のとおりです。

VODサービス 月額料金 配信されているリーグ
DAZNロゴDAZN 月額1,750円
ドコモ利用者980円(税抜き)
J1・J2・J3リーグ戦全試合/UEFAチャンピオンズリーグ/ UEFAヨーロッパリーグ/ UEFAスーパーカップ/プレミアリーグ/リーガ・エスパニョーラ/コパ・デル・レイ/セリエA/リーグ・アン/ FAILEDカップ
スカパーロゴスカパー!
サッカーセット/欧州サッカーセット
月額2,980円(税込み)/月額3,980(税込み) サッカーセットチャンピオンズリーグ/ヨーロッパリーグ/セリエA/ブンデスリーガー

欧州セットチャンピオンズリーグ/ヨーロッパリーグ/セリエA/プレミアリーグ/ブンデスリーガー

WOWOWロゴ
WOWOW
月額2,484円(税込み) リーガ・エスパニョーラ1部・2部

プレミアリーグやリーガ・エスパニョーラ全試合配信されていた「スポナビライブサッカー」は2018年5月31日で終了し「DAZN」に統合。

そのため、月額料金1,890円(ドコモ利用者は980円)で「DAZN」は、上記の表の通り国内外のほとんどのリーグの試合が視聴できます。

料金面でも最も安く、視聴できるリーグが最も多い「DAZN」の魅力について下記ではもう少し詳しく紹介していきます。

なぜサッカーのライブ配信はDAZNがお勧めなのか?

他のVODサービスと比較してもコスパ面では最強といえる「DAZN」

上記では、その理由として以下のことを紹介しました。

ポイント月額料金1,750円(docomoユーザーは980円で利用可能)

ポイント世界各国のリーグ戦が中継放送されている

この2点から、「DAZN」はサッカーファンの方にオススメのVODサービスと紹介しました。

しかし、「DAZN」には他にもオススメできるコンテンツが豊富にあります。

他のVODサービスと比較した時に、料金が安いからといってどこか劣っている点があるわけではないということです。

下記では、そのコンテンツついて紹介していきます。

DAZNとは?

運営会社は、大手スポーツメディアであるPerform Group

Perform Group

世界中に拠点があり、どこよりも速く、綿密で魅力的なコンテンツの制作や、スポーツコンテンツのLIVE&オンデマンドサービスを展開している会社です。

ここでは、「DAZN」が行っているJリーグのサービスを簡単に紹介します。

プレビューショー 注目選手のインタビューを試合前にチェックすることできるサービス
レビューショー 各節の試合結果をダイジェストでまとめたもの
見逃し配信 試合放送後から1週間視聴することができる
ハイライト 試合の見どころをまとめた動画が配信されている
サンデー
Jプライム
通常12台しか使用されていないカメラが、特定の試合に限って18台まで増やして放送されている

また、「DAZN」のサービスとして、「週間ベストゴール・セーブ・イレブン」というサービスもあげられますが、それは下記で詳しく紹介します。

これらのサービスから、いままで歯がゆい思いをしていた方にも満足できる試合鑑賞を楽しむことができるのです。

そんな「DAZN」の視聴対応デバイスは以下のとおり。

  • スマートフォンやタブレット
  • パソコン
  • TV
  • PS4等のゲーム機器

下記では、各デバイスの視聴方法について紹介していきます。

DAZNをスマートフォンやタブレットで視聴する方法

「DAZN」はWi-Fiが通っていなくてもスマートフォンやタブレットで視聴することができます。

しかし、この場合データ通信量がとてつもなく大きくなってしまうため、できるだけ使用しないようにしましょう。

また、このデバイスでの使い方はとても簡単です。

  1. 「DAZN」のアプリをダウンロード
  2. 会員登録をする
  3. サインインとパスワードを取得し、入力する

この3つをおこなうだけで、「DAZN」を視聴することができます。

DAZNをパソコンで視聴する方法

パソコンで「DAZN」を視聴する場合、まずはパソコンのOSが推奨されているものかどうか確認する必要があります。

推奨されているOSはWindow8.1、Window10、MacOSX以上となっています。

また、スマホ(タブレット)とは違いアプリをダウンロードする必要はなくブラウザで視聴することが可能です。

DAZNをTVで視聴する方法

「サッカーの試合中継は大画面でみたい」という方も多いのではないでしょうか。

「DAZN」をTVで視聴する方法は以下の4点があげられます。


下記では、これらの方法について簡潔に紹介していきます。

スマートテレビで視聴する

「DAZN」はインターネット放送であるため、他のスカパー等とは違いアンテナを通してTVで放送することができません。

そこで必要になるのが、インターネット対応型テレビ「スマートテレビ」です。

TV内からダイレクトにインターネットに接続し、そこから「DAZN」のアプリをダウンロード。

そうすることで視聴することが可能になります。

ただし、自宅のTVがインターネットに対応していない場合も、十分に考えられます。

その場合必要になるのが、「DAZN」対応端末をTVにつなぐという方法です。

対応端末には「FireTV」「AppleTV」等があり、利用方法はHDMI端子に差し込んだ後にアプリをダウンロードするだけです。

そうすることで、スマートテレビに対応していないTVでも、「DAZN」を視聴することができます。

PS4等ゲーム機で視聴する方法

「DAZN」はゲーム機を介して視聴することができます。

以前から対応してほしいという声が多く、2017年に視聴することができるようになりました。

対応デバイスとなっているゲーム機は「PlayStation4」「PlayStation3」「Xbox One」の3種類。

こちらも、ゲーム機からアプリをダウンロードすることで視聴することができるようになります。

Chromecastで視聴する方法

Chromecastは、YouTubeや映像コンテンツを手軽に視聴することができることで知られていますが、最近「DAZN」にも対応することが発表されました。

そのため、「cast」機能を利用することで「DAZN」をTVで視聴することもできるようになったということです。

さらにChromecastは、スマホの中でレンタルした映画やドラマを接続するだけで簡単に視聴することができるため、用途が豊富にあるというメリットがあげられます。

HDMIケーブルで視聴する方法

最も手間がかからないのが、スマートフォンやiPhoneとTVをHDMIケーブルでつなげて視聴する方法。

つなげるだけで視聴することができるため、他の方法よりも圧倒的に簡単です。

しかし、視聴中はiPhoneの画面をいじることができない等のデメリットもあります。

DAZNは2デバイス同時に視聴可能

「DAZN」に登録することによって、6つのアカウントを作成し、2デバイス同時に視聴することができます。

TVで「DAZN」を視聴しながら、パソコンやスマートフォンでも視聴することが可能ということです。

また、「DAZN」の利用規約には、2デバイスまで視聴可能と書かれていますが、実際に利用してみたところ3デバイス目も1試合90分を視聴することができました。

利用規約に反しているため、もちろんやめておくべきと記載しておきますが、もしもの時に覚えておくといいかもしれません。

ちなみに、4台目は速攻ではじかれてしまいますのでご注意ください。

docomoユーザーはDAZNを月額980円で利用できる

改めて説明しますが、「DAZN」の料金は以下の表のとおりです。

docomoの携帯回線を利用している方 それ以外の方
月額料金980円 月額料金1,750円

月額料金3,980円かかる「スカパー!欧州サッカーセット」と比べると一目瞭然の安さです。

docomoユーザーの方は約4分の1の費用、それ以外の方でも2分の1以下の金額で利用することができます。

また、docomoユーザーの方にオススメなのが下記のセット割です。

セット割 docomoユーザー それ以外の方
DAZN + dTV 月額1,280円 月額2,050円
DAZN + dTV + dTVch 月額1,760円 月額3,030円
DAZN + ひかりTV 月額3,280円
通常4,280円
月額5,550円
dTV

dTV
国内外の映画/ドラマ/アニメ/音楽など約120,000万作品が見放題
dTVch

dTVch
30ch以上の専門チャンネルが見放題
かりTV

かりTV
2018年の春から提供が開始、光回線を利用してTVやスマホで映像を楽しむことができるサービス

これらのコンテンツも、「DAZN」と同時に入会することで格安での利用ができるようになります。

 DAZNで配信されている競技一覧

2018年6月2日現在、「DAZN」で配信されている競技は以下のとおりです。

サッカー エクストリームスポーツ テニス 卓球
野球 ラグビー アメリカンフットボール 陸上
バスケットボール 総合格闘技 ゴルフ 自転車競技
モータースポーツ WWE ダーツ その他

上記の表からも分かるように、現在「DAZN」では15種類の競技が放送対象となっています。

2017年から野球配信も開始されましたが、当時は広島東洋カープと横浜DeNAベイスターズのみ試合中継がされていました。

しかし、2018年からは11球団(ジャイアンツ以外)の試合中継が開始、さらに大谷翔平が所属するロサンゼルス・エンゼルスの全試合生中継もされています。

野球ライブ中継・見逃し配信

巨人戦の放送について
巨人戦はGLS(ジャイアンツLIVEストリーム)または日テレ系列のHuluで配信されています。

このことからも分かるように、「DAZN」はサッカーと野球の視聴欲をほぼ満たしてくれるVODサービスです。

他にも、1部人気スポーツについてご紹介しておきます。

テニス「ATP 250」「WTA International」「WTA Premier」
バスケットボール「Bリーグ」
バレーボール「Vリーグ」
モータースポーツ「Formula 1®」「Formula 2TM」
ラグビー「Aviva Premiership」「Champions Cup」「欧州チャレンジカップ」「National Rugby League」

気になるスポーツがあれば視聴してみるといいでしょう。

DAZNの登録方法を紹介

「DAZN」の登録方法について紹介します。

  1. 公式サイト(https://www.dazn.com/ja-JP)にアクセスし「1ヶ月無料!かんたん新規申し込み」を選択
  2. クレジット情報を記載(なくても登録可能)
  3. 名前やメールアドレス、パスワードを記載

基本的な登録方法は以上です。

とても簡単に終わるため、5分もかからずに行なうことができると思います。

また、クレジットカードをもってない方が「DAZN」に登録する場合、「Amazonアカウント」「コンビニ決済」のどちらかになります。

ここでは、少し難しい「コンビニ決済」についての方法を紹介します。

DAZNのコンビニ決済について
コンビニ メディア端末
ローソン Loppi
セブンイレブン マルチコピー機
サークルK・サンクス Kステーション
ファミリーマート Famiポート
ミニストップ Loppi

上記の各コンビニのメディア端末で「DAZNチケット」を購入し、それを https://www.dazn.com/ja-JP/redeem からアクセス。

TG」から始まるコードを入力することで、登録が終了します。

また、「DAZNチケット」の購入方法は以下のとおりです。

  1. 各コンビニのマルチメディア端末から「DAZNチケット」の購入券種を選択
  2. マルチメディア端末から用紙が発行され、それをレジで支払う
  3. 「DAZNチケット(PINコード)」を受け取り適用する

「DAZN」を利用する際の注意点として、無料トライアルの期間内に解約手続きしなければ、自動で有料会員になってしまう点があげられます。

また、アプリから登録した場合、iTunesStoreで購入していることになるため、アプリを削除するだけでは退会したことにはなりません。

「DAZN」の退会方法は、左上にあるメニューボタン→マイアカウント→アカウント選択→マイアカウントに進む→退会するで手続きは終了になります。

このように、「DAZN」は退会方法もとても簡単です。

無料トライアルの間だけでも、登録・退会の手続きが簡単な「DAZN」を利用してみてはいかがでしょうか。

DAZNで見られるサッカー動画まとめ

各国のリーグ戦やカップ戦、国際大会を配信している「DAZN」。

また、サッカーの聖地といえばヨーロッパが中心だと考えている方は多いはずです。

南米にはアルゼンチンやブラジルなど、サッカーの強い国がたくさんありますが、経済的な状況が直結するサッカーリーグにおいて有力選手がヨーロッパ中心に流れることは当たり前といえます。

そのヨーロッパ内でも世界最高峰と名高い4大リーグが以下のとおりです。

  • リーガ・エスパニョーラ(スペイン)
  • プレミアリーグ(イギリス)
  • セリエA(イタリア)
  • ブンデスリーガー(ドイツ)

他の国である程度活躍した有力な選手達が、より質の高い環境を求めて上記のリーグに移籍していきます。

そして、「DAZN」では上記のうちブンデスリーガー以外の3大リーグが放送中です。

去年まではブンデスリーガーの試合も全て放送されていましたが、2018年から2年間は「スカパー!」で独占配信されることが決定。

ブンデスリーガーといえば、現在日本を代表する選手が多く在籍しているリーグの1つです。

香川真司(ドルトムント)/原口元気(ヘルタ・ベルリン)/ 酒井高徳(ハンブルガーSV)/浅野拓磨(シュトゥットガルト) / 長谷部誠(アイントラハト・フランクフルト)/大迫勇也(ケルン) /武藤嘉紀(マインツ)/ 伊藤達哉(ハンブルガーSV)
※2018年6月時点の情報です

上記から分かるように、多くのサッカーファンに注目されているブンデスリーガーですが、「DAZN」で視聴することができるのは、最短でも2020年以降になります。

しかし、「DAZN」の特徴として3大リーグはもちろん、トルコやベルギーで活躍している長友佑都森岡亮太の試合が視聴できるうえに、UEFAチャンピオンズリーグ等の独占配信も行われています。

下記では、「DAZN」で放送されている各リーグや国際大会についてそれぞれ詳しく紹介していきます。

 DAZNが配信している国内外のリーグ一覧

リーグ名 内容
日本 明治安田生命J1・J2・J3/J1プレーオフ/Jリーグゾーン/サンデーJプライム
イタリア セリエA/コッパ・イタリア/スーペルコッパ・イタリアーナ
イギリス プレミアリーグ/FAカップ/チャンピオンシップ/スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボールリーグ
スペイン リーガ・エスパニョーラ(各節配信、最大で5試合配信)/コパ・デル・レイ
フランス リーグ・アン/クーペ・ドゥ・フランス
ベルギー ジュピラー・プロ・リーグ
トルコ スュペル・リグ/トルコカップ

DAZN日本での放送情報とリーグ状況(2018年6月時点)

2017年史上初のJリーグ制覇を果たした川崎フロンターレ。
2018年6月3日現在の順位は3位と、2連覇をうかがえる位置にいます。

一方、ガンバ大阪はJ2降格枠圏内をさまよっている状況です。
もし、このまま降格となれば2012年シーズンぶりとなります。

ここからさらに上位・下位争いが激しくなることが予想されるJリーグ。

「DAZN」では、全試合生中継はもちろんのこと、臨場感があふれるようにカメラの台数を増やす試みを2018年から開始しています。

2017年 2018年 追加されたカメラの場所
スタンダード 9台 12台 ゴールネットカメラ、上手ゴール裏カメラ
プレミアム 16台 18台 上手ゴール裏カメラ、ハンディカメラ

スタンダードでも前年より3台多い、12台での試合中継が開始。

さらに、日曜日のプレミアム対象試合においては、18台のカメラで試合中継制作をしてくれているのです。

これによって、地上波放送よりも試合の臨場感が楽しめるようになりました。

また、「DAZN」にはJリーグゾーンというサービスが展開されています。

これは、視聴したいLIVE放映が2試合以上ある場合、大画面と小画面2つの計3画面で視聴することができるサービスです。

これにより、順位争いをしている最中に気になる相手チームの試合も同時に視聴することができます。

DAZN イタリア国内リーグ・カップ戦の放送情報

過去には、中田英寿、三浦知良、名波浩、中村俊輔、大黒将志がいましたが、現在は長友佑都の移籍によって20年ぶりに1人も在籍している日本人選手がいないセリエA。

2000年ごろまで絶大な人気を誇り、世界中のスター選手がイタリアに集まってプレーをしていました。

各国のリーグの力を比べることができるUEFAチャンピオンズリーグでも、ACミランがバルセロナに対して4-0で圧勝するほど最強といえる時代があったのです。

しかし、近年はイタリアの経済不況が影響し、他のリーグに遅れをとり、全盛期ほどの栄光はみることができません。

それでも先日のリーグ制覇もふくめ、現在6連勝中のユベントスや復権を狙うACミランのファン層は多いはずです。

個人的には、昨年度のスーペルコッパ・イタリアーナでラツィオに敗れたユベントスが再び返り咲くことができるのかにも注目しています。

「DAZN」はセリエAの全試合放送だけではなく、スーペルコッパ・イタリアーナやコッパ・イタリアの試合が独占配信中です。

ただし、リーグ戦の場合、毎節2試合が録画放送(ディレイ)になり、翌日の9時から配信。

タイムラグはそこまでありませんが、直接視聴したいという方には注意が必要です。

DAZN イギリス(イングランド)国内リーグ・カップ戦の放送情報

世界で最も視聴者数が多いプレミアリーグ。

アーセナルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドやリヴァプールなど、上位から下位まで全てのチームが強いため、世界最高のリーグといわれるほどレベルの高い試合が繰り広げられています。

現在以下の日本人選手がプレミアリーグに在籍中です。

・吉田麻也(サウサンプトンFC)
・岡崎慎司(レスター・シティFC)

上記の2人は不動のレギュラーではないにしても、忘れられることはなくほぼ準レギュラーとしてリーグに出場しています。

「DAZN」は、そんなプレミアリーグの全試合放送はもちろん、2部リーグのチャンピオンシップについても放送されています。

先日セルヒオ・アグエロの活躍によってマンチェスター・シティが3度目のリーグ制覇を達成。

また、UEFAチャンピオンズリーグと同等の価値があるといわれているFAカップでは、チェルシーを2-1で下したアーセナルが優勝しました。

これらの試合もDAZNでは生中継で放送され、今年も放送予定となっています。

DAZN スペイン国内リーグ・カップ戦の放送情報

圧倒的な人気と資金力で世界中のトッププレーヤーをかき集めているバルセロナとレアル・マドリードが覇権を争っているリーガ・エスパニョーラ。

2017-18シーズンでもバルセロナが開幕から35試合連続無敗で優勝を決めたことで騒がれていました。

しかし、最近ではフェルナンド・トーレス率いるアトレティコ・マドリードの躍進に加えて中位チームもELなどで活躍しはじめたことでリーグ全体が活気立ち世界最高位のリーグと言われています。

「DAZN」では、そんなリーガ・エスパニョーラの放送が2017年4月から放送開始。

2019-20シーズンまで、毎節最大5試合の注目マッチがLIVE放送されることが決定しています。

現在リーガ・エスパニョーラに在籍している日本人選手は以下のとおりです。

・柴崎岳(ヘタフェ)
・乾貴士(エイバル)

また、4月22日に行われたコパ・デル・レイの決勝戦が「DAZN」で放送され、5-0でバルセロナが優勝。

結局バルセロナが2冠をとり幕がおろされましたが、アトレティコ・マドリードやバレンシアの活躍も目立ち2018-19シーズンの波乱が予想されます。

DAZN フランス国内リーグ・カップ戦の放送情報

ネイマール率いる4連覇中のPSG政権が終わり、モナコが17年ぶりにリーグ制覇を果たしたリーグ・アン。

現在このリーグを視聴する方法は、「DAZN」を含めて2つしかありません。

  • 「DAZN」
  • TV5MONDE(フランス語で放送)

全38節の各ベストマッチが毎週生放送のTV5MONDEは、月額1,250円(ケーブルテレビによって異なる)で視聴可能ですが、字幕や解説は全てフランス語で行われています。

一方で、「DAZN」は最大2試合LIVE配信が行われている他、2部リーグのリーグトゥやフランス杯も配信されています。

現在、リーグ・アンに所属している日本人選手は以下のとおりです。

・川島永嗣(FCメス)
・酒井宏樹(オリンピック・マルセイユ)

「DAZN」では2人が所属しているチームの試合は日本語の解説者や実況者つきで放送してくれています。

DAZN ベルギー国内リーグ・カップ戦の放送情報

「DAZN」でしか放送されていないジュピラー・プロ・リーグ。

森岡亮太選手がベルギーのビッククラブ「アンデルレヒト」に移籍し、公式戦43試合に出場15ゴール15アシストと大活躍したことで、現在多くの方が注目しているリーグと言えます。

また、ヘントに所属する久保裕也も在籍公式戦42試合に出場11ゴール2アシストと、日本人選手の活躍がみられる魅力があるジュピラー・プロ・リーグ。

「DAZN」ではアンデルレヒトとヘントの全試合生中継で行われていますが、視聴する上での注意点があります。

注意1日本人選手の試合のみが配信
注意2実況者1名のみで解説者はいない

そのため、試合の面白さは若干減ってしまいますが、「DAZN」でしか放送されていないのが現状。

来シーズン「DAZN」が上記の点を改善してくれるのを期待するしかありません。

DAZN トルコ国内リーグ・カップ戦の放送情報

イタリアセリエAの名門、インテルから移籍したトルコのガラタサライに移籍した長友佑都。

セリエAからスュペル・リグと聞くと見劣りがあるように感じられるかもしれませんが、現在トルコリーグには以下の選手がいます。

ペペ:レアル・マドリードで獲得できる6タイトルを全て獲得し、2018年からベシクタシュに移籍。

エトー:現在36歳、元カメルーン代表として活躍した彼は、サンプドリアを退団すると、アンタルヤスポルへ加入。

ロビーニョ:元ブラジル代表でペレの再来と歌われていた。

世界中のトップ選手達が集っているスュペル・リグ。

サポーターも異常なほどの熱気に包まれているのがわかります。

現在、「DAZN」では長友佑都が所属するガラタサライの試合のみ放送。

デビュー戦からほとんどが日本語実況・解説つきで視聴できるので、見応えも十分ですよ。

 DAZNで過去に配信されたサッカー国際大会やカップ戦

上記では現在配信されているコンテンツをまとめて紹介しましたが、過去に「DAZN」が配信した実績がある各国のリーグ戦とカップ戦がこちらの表になります。

W杯南米予選
W杯欧州予選
W杯北中米カリブ予選
W杯アフリカ最終予選
北中米カリブ海・ゴールドカップ
ブラジル全国選手権
ブンデスリーガー
アルゼンチンリーグ
コパ・スダメリカーナ
オーストラリアAリーグ

ここからも分かるように、W杯の予選をはじめとした国際試合はもちろん、親善試合もイレギュラーで配信されていました。

基本は欧州組が中心に配信されていますが、国際AマッチウィークではロシアVSフランス、ベルギーVSサウジアラビアの試合が日本語実況と解説つきで放送。

少なからずブンデスリーガーが2020年まで配信されないのは痛手ではありますが、やはり世界中のサッカーを格安で利用することができる「DAZN」は最高のVODサービスということができます。

DAZN提供の週間ベストゴール・セーブ・イレブンとは?

「DAZN」には、J1・J2・J3の第1節から最終節まで毎節ごとにベストゴールやベストセーブ、ポジションごとに優秀だった選手ベストイレブンを発表しています。

週間ベストゴール・週間ベストセーブは、「DAZN」公式のYouTubeアカウントで毎週配信中です。

週間ベストゴール

週間ベストセーブ

また、「DAZN」が選ぶベストイレブン一覧については、Twitterの公式アカウントで発表されています。

このように、SNS上でのつながりも色濃く、エンターテインメントに優れた情報が入ってくる点も「DAZN」の魅力の1つです。

ロシアワールドカップはDAZNで放送されない?

結論からいうと、ロシアワールドカップは放送料金の高騰が原因で「DAZN」「スカパー!」「WOWOW」

全てのVODサービスが撤退。

そのため、過去に抱いていた「ワールドカップ=スカパー」というイメージは完全に払拭されるかたちになりました。

一方で、全て無料で視聴することができる民放各局とNHKにて全64試合が放送されます。

ただし、見逃し配信はU-NEXTなど一部のビデオオンデマンドで視聴することができます。
U-NEXT公式https://video.unext.jp/

2018 FIFA ワールドカップ 日本戦の見逃し配信

ワールドカップ2018日本vsコロンビア
FIFAワールドカップ ロシア大会グループH 日本の第一戦2018年6月19日21時(日本時間)に行われた日本(FIFAランク61位) ...
ワールドカップ2018日本vsセネガル
FIFAワールドカップ ロシア大会グループHの2018年6月25日00時(日本時間)に行われる『日本(FIFAランク61位) 対 セネガ...
ワールドカップ2018日本vsポーランド
FIFAワールドカップ ロシア大会グループHの2018年6月28日23時(日本時間)に行われる『日本(FIFAランク61位) 対 ポーラ...

また、「DAZN」で視聴できないリーグとしてALCチャンピオンズリーグやFIFAクラブワールドカップがあげられます。

ALCチャンピオンズリーグは、アジアクラブ最も権威のあるリーグです。

本大会に優勝することで、400万USドルという多額の賞金に加え、同年の12月に開催されるFIFAクラブワールドカップへの出場権が与えられます。

普段からJリーグを応援している方はALCチャンピオンズリーグも視聴したい方が多いと思いますが、放送権を日テレG+と、日テレNEWS24が持っているため、他のVODサービスでは放送されていません。

料金は日テレG+が月額972円、日テレNEWS24が432円。

価格も低コストのため、ALCチャンピオンズリーグ並びにFIFAクラブワールドカップの試合を視聴したいという方は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

サッカーLIVE中継とDAZNのまとめ

スポーツVOD界のなかで「黒船」といわれている「DAZN」。

2016年8月に日本でサービスを開始したかと思えば、2017年シリーズのJ1・J2・J3全ての試合を独占ライブ配信したことで、その認知度は急上昇しました。

月額料金も通常1,750円、docomoユーザーの方は980円と、他のVODサービスと比較しても格安。

また、Jリーグだけでなく2018-21年の3シーズンにかけてUEFA(欧州サッカー連盟)と独占放映権契約を締結したことを「DAZN」は発表しました。

これによって「DAZN」は以下のリーグをすべて視聴することができます。

  • UFEAチャンピオンズリーグ
  • UFEAヨーロッパリーグ
  • UFEAスーパーカップ

これらのリーグがプレーオフ予選から決勝トーナメントまで、全ての試合をライブ映像で放送。

また、見逃し配信はもちろん、ハイライト映像も視聴できる充実ぶりです。

欧州サッカーのなかでも、最も権威のある国際大会を視聴したいという方は、「DAZN」を利用してみてはいかがでしょうか。