『集団左遷!!』第一話(18/4/21放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

集団左遷_01

視聴率13.8%で好発進!!福山雅治さん主演「集団左遷!!」は、理不尽に立ち向かう支店銀行員たちの熱い戦いを描いたドラマです。銀行の栄枯盛衰は、平成を象徴する大きな社会問題でした。まさに「平成ラストの日曜劇場」に相応しいテーマです。キャストは主演の福山雅治さんを始め、香川照之さん、神木隆之介さん、中村アンさん、市村正親さん、小手伸也さん、橋爪淳さん、八木亜希子さん、尾美としのりさん、三上博史さん…とそうそうたる顔ぶれがズラリ。

第一話では、福山雅治さんが演じる主人公・片岡洋が支店長就任の内示を受ける所からスタート。しかしこれは栄転ではなく、まさかのリストラ業務。「頑張らなくていいから、無事に廃店を見届けて欲しい」という、あまりにも冷酷なお達しでした。それでも誠実で情に厚い片岡は、つい頑張ってしまい…!?今回はそんな「集団左遷!!」第一話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Paravi】公式サイト⇒

【集団左遷!!】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【集団左遷!!】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年4月21日(放送終了後)~2019年4月28日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

paravi_1904
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「集団左遷!!」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【集団左遷!!】原作紹介

「集団左遷!!」の原作は、江波戸哲夫さんの経済小説『銀行支店長』と『集団左遷』(講談社文庫刊)です。江波戸哲夫さんは東京大学経済学部を卒業された後、都市銀行、出版社などで勤務。1983年に本格的な作家活動を始め、得意分野の政治、経済などをテーマにたくさんの書籍を執筆されています。近著は「起業の星」「新天地」「仕事が変わる「魔法の言葉」 名経営者たち73の教え」「霞が関にラブレター」「定年待合室」などです。

               

キャスト紹介

片岡洋役…福山雅治
代表作:ドラマ「ひとつ屋根の下」「いつかまた逢える」「ひとつ屋根の下2」「めぐり逢い」「パーフェクトラブ!」「美女か野獣」「ガリレオ」「龍馬伝」「ラヴソング」、映画「容疑者Xの献身」「真夏の方程式」「そして父になる」「SCOOP!」「三度目の殺人」「マンハント」「マチネの終わりに」など

真山徹役…香川照之
代表作:ドラマ「救命病棟24時」「アンフェア」「龍馬伝」「天花」「半沢直樹」「MOZU」「99.9-刑事専門弁護士-」「小さな巨人」、映画「OUT」「北の零年」「20世紀少年」「劔岳点の記」「カイジ」「るろうに剣心」「七つの会議」など

滝川晃司役…神木隆之介
代表作:ドラマ「義経」「ムコ殿」「探偵学園Q」「心の糸」「家族ゲーム」「刑事ゆがみ」「SPEC〜警視庁公安部公安第五課未詳事件特別対策係事件簿〜」シリーズ、映画「妖怪大戦争」「桐島、部活やめるってよ」「るろうに剣心京都大火編/伝説の最期編」「バクマン。」「3月のライオン」「フォルトゥナの瞳」など

木田美恵子役…中村アン
代表作:ドラマ「ラブリラン」「SUITS/スーツ」「きみが心に棲みついた」「あいの結婚相談所」「突然ですが、明日結婚します」「レンタル救世主」、映画「静かなるドン 新章」「A.I. love you」「ミックス。」など

平正樹役…井之脇海
代表作:ドラマ「ひよっこ」「おんな城主直虎」「義母と娘のブルース」「デッドフレイ〜青い殺意〜」「青と僕」、映画「トウキョウソナタ」「月子」「カレーライス Curry and Rice」「3Words 言葉のいらない愛」「サイモン&タダタカシ」「ザ・ファブル」など

横山輝生役…三上博史
ドラマ「君の瞳をタイホする!」「君が嘘をついた」「世界で一番君が好き!」「あなただけ見えない」「この世の果て」「プロポーズ大作戦」「明日、ママがいない」、映画「私をスキーに連れてって」「孔雀王」「遠き落日」「スワロウテイル」「パラサイト・イヴ」など

【集団左遷!!】第一話「いざ、平成最後の下克上だ。俺達に明日はない!?ノルマ100億に挑め! ド根性男の奇跡始動」(4月21日放送分)ネタバレ・あらすじ

片岡洋は大手メガバンク・三友銀行の銀行員です。三友銀行は12年前、関東の地銀・大昭和銀行と合併しました。しかしそのわずか2年後、リーマンショックが勃発。金融業界はいっきに収益が悪化し、徹底した合理化に舵を切ることになりました。

そして2017年…三友銀行は、今後5年間で1万5000人の人員削減と支店の統廃合を発表。廃店されるのは、特に業績が悪い元大昭和銀行系の支店ばかり。一部の行員の間では、合理化の名を借りた大昭和潰しではないかという噂もささやかれていました。

片岡は本部で堅実に歩み、業務統括部開設準備室の次長として働いていました。そして今、50歳を前に、蒲田支店・支店長への昇任人事を受けることになります。蒲田支店は、元大昭和系銀行の本店。大昭和の象徴とも言える存在です。もちろん片岡は「はい、銀行員人生の集大成をお見せできるよう、頑張ります!」と返事。この大抜擢に胸を躍らせます。

しかし期待したのも束の間…なんと、支店長会議のあとにとんでもない事実が判明します。新支店長の中でも数人だけが別室に集められ、人事担当の横山常務が「皆さんの支店は本部として廃店にする意向です。皆さんはノルマのために頑張らなくていいんです。支店長として余計なことは何もしないでいただきたい」と宣言したのです。

各支店に突きつけられたノルマは、どう考えても無理な金額ばかり。片岡が着任する蒲田支店のノルマは、なんと「半期業務目標・100億円」でした。しかしそれはどう考えても無理な数字で、最初から廃店を目的にした理由づけ。新支店長たちの仕事は、あくまでも廃店をスムーズに進めることのみだというのです。

廃店になれば、とうぜん各支店の行員たちは全員リストラされてしまいます。しかし、横山常務は「ただし、これがうまくいったあかつきには、ここにいる皆さんは三友銀行が保証します」とニッコリ。それはつまり、まともな仕事は何もせず、リストラの片棒だけを担げという…あまりにも冷酷な指示でした。

片岡は大きなショックを受けますが、それでも初日には開店30分前に張り切って出勤。今日からは「片岡支店長」です。しかし挨拶もそこそこに、いきなりトラブルが発生。重要顧客のひとつ・米山コミュニケーションズ(YCS)が夜逃げしたという情報が入り、行員たちはすぐに処理に追われます。

YCSに融資していた金額は5000万円。融資残高の残り3500万円を回収しないと、蒲田支店は大損失です。しかし社長の米山は、自分の口座から事前に3500万円を引き出して雲隠れ。担当の法人営業・平はすぐにYCSの事務所に駆けつけていましたが、そこは既にもぬけの殻。平は「…死にたい。どうしよう、僕の責任だ~…あ~死ぬ~、やっと銀行入れたのに…支店長、僕もうどうしたらいいか…」と肩を落とします。

さらに悪いことに、2日後には蒲田支店の臨店が決定。臨店とは本部が各支店の融資状況が正しいかどうかの検査をすることで、三友銀行では検査役が融資状況のチェックをしたのち、間違いを指摘したり、支店に対して減点処置を行ったりしていました。

行員たちはただでさえ忙しいのに、本店からの検査役を「おもてなし」するための準備に追われます。片岡は「臨店って…何でこのタイミングなんだよ」とぼやきますが、これも本部が支店を廃店するための計画の一部。融資トラブルの件をかぎつけ、ここぞとばかりに支店の評価を下げることが目的でした。

しかし片岡は平のような若手行員が落ち込んでいるのを見て、つい「平、考えてくれよ。融資ファイルから米山さんが行きそうな場所、リストアップするとかさ…」と声をかけます。目の前にできる仕事があって、部下が困っているのに何もしない…そんなこと、誠実な片岡にはとてもできませんでした。

それに、ノルマと廃店のことがあったとしても、この臨店は臨店で乗り切らなければなりません。横山常務の廃店指示は、一部の人間しか知りません。臨店の検査部がどこまでそのあたりの事情を知っているのかも分かりません。

そこで片岡は「ぜ~ったい米山、見つけてやる!!」と覚悟を決めて、即行動。「もう無理だぁ~…死にたい」と嘆く平を力強く励まし、米山の行方を探し回ります。そして何とか米山の尻尾をつかんだ片岡たち。米山はクラブの女性・友理奈のマンションに身を隠していました。

しかし居所がバレた米山は、「金なんかねえよ、もう。どけよ!」と悪態をつき、車で逃走。片岡は「米山さん!ちょっと…!!」と叫び、車に食らいついて返済を迫ります。しかしそのまま振り落とされてしまい、壁に激突する片岡。

それでも片岡は諦めず、副支店長の真山に「YCSの件、明日の臨店にはギリギリまで計上しないでください。ギリギリまでやってみようと思います!!」と連絡。真山はどうやら支店廃店のウワサを知っているようで、「仕方がないんじゃないですか?」と呆れ顔でした。

そして翌朝…片岡たちはゴルフ場へ。恋人の友理奈に宅急便の伝票を見せてもらい、米山がそこにいることをつかんだのです。そして予想通り、米山のゴルフバッグには大量の札束が。まさに片岡たちの粘り勝ち。これで見事に3500万円の融資を回収することができました。

片岡はすぐに蒲田支店へ向かい、臨店に備えます。本部からやって来たのは、検査部次長・鮫島でした。しかし、YCSの書類を見た鮫島はピクリと反応。事前に本部で聞いていた話と違ったからです。鮫島は片岡に「余計なことをするなと言われませんでした…か?YCSの件は横山さんに報告しておきました。あなたが頑張ったところでここは救えませんよ」と冷たく言い渡します。

片岡は本部にバレないようこっそり回収したつもりでしたが、全て筒抜けだったのです。思わず「うわ~!ああ~…」と叫び、落ち込む片岡。これからは本部の指示に従って上手く立ち回らないと、自分の立場も危うくなるかもしれません。

しかし後日、またもや片岡たちの前に難題が降りかかります。臨店で鮫島が「返済の延滞報告書が一つ、ありませんでした。鶴田工房の通常融資7000万と追加融資の4000万、ただちに回収してきなさい」と指摘したのです。

それは担当営業の滝川が密かに破り捨てた書類でした。滝川は鶴田工房の社長がケガをして返済できなくなったことを知り、一回だけ返済を見逃したのです。しかしここで全額回収を命じられたら、鶴田工房は倒産してしまいます。滝川は思わず「延滞って、たった一回ですよ!!」と鮫島に食ってかかりますが、鮫島は「それは仕方がないでしょう。片岡支店長、あなたの責任で全額回収していただけませんか」と厳しく言い渡しました。

片岡は仕方なく、滝川を追って鶴田工房を訪問。鶴田工房は銀食器とか装飾品を作っている町工場で、社長の鶴田夫婦と従業員が2~3人勤務しています。滝川は鶴田夫婦を慕い、ヒマを見つけては仕事の手伝いまでしているようでした。片岡はそんな家族のような滝川たちの姿に心を痛めながらも、やむを得ず全額返済の件を説明。もちろん片岡夫婦は困り果ててしまい、滝川は「僕がもう一度、本部に掛け合ってみます!!」と諦めません。

そこで片岡は滝川をまず説得することに。しかし滝川は「支店長もおかしいと思いませんか?…蒲田に飛ばされてから、初めて担当したところなんです。本部から来て、ちょっと分かんなくなった時に…まあ何ていうか、ちょっと救われたんですよ。鶴田さんに…」と切実な表情で訴えます。

片岡はもう耐えきれなくなり、「支店統括部の部長に知り合いがいるから、明日掛け合ってみるよ」と思わずポロリ。滝川は「本当ですか!?本当ですね!?」と大はしゃぎして、鶴田夫妻の元へ走っていきました。余計なことは何もするなと言われていたのに…片岡は「これ、さすがにマズいよな…」と後悔しますが、だからと言って滝川や鶴田夫妻を放っておくことはできません。

翌日、片岡はさっそく滝川と一緒に本部へ。片岡の元上司である支店統括部部長・宿利に何とかならないかと相談します。宿利は親身になって話を聞いてくれましたが、やはり今のところ結果はNO。それでも、鶴田工房には五郎丸商会との大口取引再開という希望が残されています。滝川は「僕が五郎丸商会に交渉してきます!!」宣言し、飛び出していきました。

しかしその直後、宿利は「片岡、余計なことはしないほうがいいんじゃないのか?言われたんだろう、横山さんに…」と心配そうな表情。片岡は(嘘だろ…宿利さんまでつながってたのか…)と大きなショックを受けます。

後日、蒲田支店では会議が開かれます。片岡は一人で奮闘する滝川を心配しながらも、副支店長の真山に急かされて半期業務目標を発表しました。半年でプラス100億円…もちろん行員たちは愕然。どうあがいても無理な数字です。

しかも真山はたくさんの行員たちの前で、とつぜん「支店長は、本部から頑張るなと言われてこの蒲田支店に赴任されて来てるんではないんですか?この蒲田支店を本部の意向で廃店にするためにですよね?」と暴露。真山は前支店長の須崎から事情を聞いていたようで、大規模な廃店とリストラのことを全て知っていました。

さらに真山は「ヘタに本部に逆らったりしなければ、我々全員、あわよくば少しでもいい出向先に行けるかもしれないじゃないですか。…支店長にはそのあとで頑張ってもらいたいんです」とたたみかけるように訴えます。片岡は気持ちの整理がつかず、「ちょっと…考えさせてください」と答えるのが精いっぱいでした。

一方、滝川は鶴田工房のために、五郎丸商会と粘り強く交渉。その熱意が功を奏し、五郎丸商会からついに取引再開のいい返事がもらえました。滝川は大喜びで鶴田夫妻の元に駆け込みますが…「滝川君、もしかして何も聞いてないの?」と困惑した表情。なんと、いつの間にか本店が手を回し、蒲田支店の近くにある羽田支店が鶴田工房に別の商社を紹介してこの案件をかっさらっていったのです。

結果的に鶴田工房は救われましたが、滝川は納得できません。すぐに片岡に電話して、「支店長、全部知ってたんですよね?だったら最初っから羽田に頼めって言ってくれたらよかったんですよ!!どうせ蒲田支店はなくなるんですから!」と激しく怒りをぶつけます。

真相を知った片岡は大ショック。思わず宿利に「鶴田工房の件、羽田に指示 出したの宿利さんなんですか?これも横山さんの指示ですか?」と抗議します。しかし宿利は苦々しい表情で「…だから言ったろ余計なことはやめておけって…」と答え、スタスタと立ち去っていきました。片岡は悔しさと怒りで表情を歪ませ、拳を強く握りしめます。

そしてその直後…料亭での宴席が始まります。招かれたのは廃店予定の新支店長たち。招いたのは…もちろん人事の横山常務です。横山常務は「皆さんが立て直すのは一支店ではなく、未来の三友銀行だということを誇りに思ってください」と偉そうに演説。

片岡はついに耐えきれなくなり、「……だからって、私の部下のお客を奪わなくても、よその支店にわざわざ横取りさせるようなことをしなくてもいいんじゃないでしょうか!?何も聞いてなくて、支店で頑張ってる行員に決めつけた廃店とかリストラとか…失礼じゃないでしょうか」と抗議しますが…!?

↓ 第一話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】横山常務と激突!!片岡、魂の叫び!!

宿利はあわてて片岡を制止しようとしますが、横山常務はそんな宿利を制して「君の蒲田支店は廃店にしなければならないんです!!」とバッサリ。それでも片岡はしぶとく「…だからって働いてる人間の気持ちはどうでもいいとおっしゃるんですか?」と食い下がり、ついには土下座して懇願します。

「お願いです、私に頑張らせていただけませんか!?もしノルマを達成することができたら、蒲田支店を廃店にしないでいただけないでしょうか?損失が出ても放っておけ、困っている者がいても見捨てろなんて…私はそんな背中を部下に見せたくありません!そんな銀行員で終わりたくありません!!」

横山常務はそんな片岡に呆れた表情を浮かべ、「…そこまで言うなら、どうぞ好きにしてください。ただしノルマ不達成の時には、君の保障もできませんよ」と冷たく言い渡します。それでも片岡は横山常務を正面から見据え、「分かってます!その代わり、もしノルマを達成したら廃店にしないでいただけますよね?…だったら!!廃店にしたくない店にするまでです!よろしくお願いします!」と叫んで、ふたたび土下座。

そしてすぐに立ち上がり、料亭を飛び出していく片岡。夜の町を全力疾走していると、橋の上で雨が降ってきます。片岡はそこでようやく立ち止まって息をつき…「はぁ…言っちゃった…」とポツリ。ようやく冷静になって、自分の言ったことの重さに打ちひしがれます。真山はぐうぜんそんな片岡を目撃し…にらんでいるような、笑っているような何とも言えない表情を浮かべて立ち尽くしていました…。

いっぽうその頃、横山常務は誰かと電話で密談。「ああ、私です。蒲田支店に動きがあったら…また報告してください。君のことは悪いようにはしませんので…」と囁きました…。

【Paravi】公式サイト⇒

ゲスト出演

米山貢次役…平山浩行
鶴田育夫役…ベンガル
鶴田政子役…梅沢昌代
近藤友理奈役…中村静香
宅配業者役…山田たかお
クラブのママ役…LiLiCo

【集団左遷!!】第一話まとめ

第一話では新支店長・片岡の熱い奮闘がスタート!!福山雅治さんはもちろん、若手行員を演じる神木隆之介さんの熱い演技、さらには悪役すぎる三上博史さんの演技など、見どころたっぷりでした。中でも気になったのは、香川照之さんが演じる副支店長・真山の存在。香川照之さんの演技が本当に絶妙すぎて、敵なのか、味方なのか…正直まだ分からないところです。

ストーリーでは片岡が上の命令に背き、若手行員たちとともに奔走。本部にその動きがバレてにらまれてしまい、挙句の果てには近隣の支店に取引先までも奪われてしまいます。激怒した片岡は思わず本部の横山常務に盾突き、「もしノルマを達成することができたら、蒲田支店を廃店にしないでいただけないでしょうか?」と叫んでしまいました。

しかしそのノルマは半年で100億…というとんでもない数字。ラストでは片岡もその重みに気づき、ガックリと膝をつきます。真山はそんな片岡を意味深な表情で見つめていましたが…その本心はまだ分かりません。もしかすると横山常務とつながっている内通者かもしれませんし、逆に片岡を心配しているいい人なのかもしれません。行員たちを思う片岡支店長と、敵か味方か分からない副支店長。…このミステリアスな関係がさらにドラマを盛り上げてくれそうです。

【集団左遷!!】次回の展開予想、考察


次回は本部からのコワ~い報復が蒲田支店に襲いかかります!!予告動画では支店の行員たちが「審査部が融資を通してくれないんです!!」と叫び、真山は「始まりましたね~、イジメが…」と呆れ顔です。さらには支店の行員たちが河原で全力疾走したり、森のような場所で奮闘したり…と気になるシーンも満載。

片岡も行員たちと走り回ったり、「…行けるぞ、100億~!!頑張って、頑張って、頑張って参りましょう~!!」と叫んだり、活き活きとした表情をたくさん見せています。一方の横山常務は窓をドンドンと叩き、何とも不気味で、悔しそうな雰囲気です。歯向かってくる片岡たち、蒲田支店の抵抗が思いのほか功を奏しているのかもしれません。次回はいよいよ蒲田支店全体を巻き込み、銀行員のプライドをかけた熱い戦いが繰り広げられそうです。

【集団左遷!!】第一話の視聴率

各話毎の視聴率
第一話 13.8%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

きのう何食べた_01

『きのう何食べた?』第一話(19/4/5放送)の見逃し配信サイトをご紹介!無料視...

パーフェクトワールド_03

『パーフェクトワールド』第三話(19/5/7放送)の無料見逃し配信はFODがおす...

パーフェクトワールド_04

『パーフェクトワールド』第四話(19/5/14放送)の無料見逃し配信はFODがお...

ラジエーションハウス_01

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第一話(19/4/8放送)の無...

ラジエーションハウス_02

『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』第二話(19/4/15放送)の...

パーフェクトワールド_01

『パーフェクトワールド』第一話(19/4/16放送)の無料見逃し配信はFODがお...