『死役所』最終話(19/12/18放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

死役所_10

謎の解明がまた新たな謎を呼ぶ衝撃のラスト!!「死役所」は、死後の世界を描いたミステリアスなドラマです。物語の舞台は、あの世とこの世の中間にある「死役所」。そこではワケアリの「死役所職員」たちが勤務していて、死者たちをあの世に送る事務手続きを担当しています。死者たちとの対話を通じて浮かび上がってくるのは、さまざな人間模様。彼らが旅立つのは、天国か、地獄か…深い闇と力強い希望が交錯する鮮烈なストーリーが繰り広げられます。

最終話では、シ村の妻・幸子が加護の会に行ったまま行方不明に!!シ村は何とか妻を取り戻そうとしますが、門前払いを食らってしまいます。娘の美幸だけは何とか取り戻したものの、さらなる不幸がシ村に襲いかかってきて…!?今回はそんな「死役所」最終話のあらすじをネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Paravi】公式サイト⇒

【死役所】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『ネットもテレ東』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【死役所】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年12月18日(放送終了後)~2019年12月25日(最新話放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
ネットもテレ東 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

Paravi
Paravi(パラビ)はTBS、テレビ東京系の人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
TBS、テレビ東京系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「死役所」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「凪のお暇」「逃げるが恥だが役に立つ」「ノーサイドゲーム」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:TBS、テレ東系の最新ドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【死役所】前回のあらすじ

死役所_09
ついにストーリーの核心へ!!「死役所」は、死後の世界を描いたミステリアスなドラマです。物語の舞台は、あの世とこの世の中間にある「死役所」...
死役所に新たにやってきたのは、交通事故で亡くなった寺井 修斗という大学生。寺井は優秀な弟にコンプレックスを抱き、ダラダラと投げやりな人生を送っていました。しかし祖母に誘われて加護の会の講習会に参加し、あっという間に心酔。自分のこれまでの生活を捨て、「加護の会」の入信してのめり込んでいきます。

寺井の弟・恭平は、兄が謎の宗教団体に入信したと知って大あわて。加護の会に乗り込んで、無理やり寺井を本当の家に連れ戻します。寺井の母や祖母も何とか寺井の目を覚まさせようとしますが、寺井はもう完全に加護の会に洗脳された後。何を言っても聞かず、「俺の家族は加護の会だけだ!!」と叫んで家から逃げ出します。恭平はあわてて後を追いますが、寺井はますます必死で逃亡。ついにはよく確認もせず道路に飛び出してしまい、運悪く走ってきた車にひかれて帰らぬ人となりました…。

シ村は死役所にやってきた寺井を見て、すぐに加護の会の信者だと確信。そのとき寺井は、加護の会の信者の証である、両手の指で輪を作るポーズを取っていたからです。シ村は寺井を交通事故死課に案内して、手続きを担当。最後まで話を聞いた後、「加護の会で、志村幸子という女性に会いませんでしたか?」と尋ねます。すると寺井は「そう言えばどこか別の家で…特別な加護を受けている人がいるって聞いたことがあります。確か、その人の名前がそんなようだった気がしますね…」と教えてくれました。

志村幸子という女性は、シ村の妻だった女性です。二人は、シ村が幸子の大叔母・ハッちゃんを家まで送っていった時に出会いました。画家だった幸子は、最初からシ村のことが気に入った様子。「絵のモデルになってほしい」と言って、たびたびシ村と会うようになりました。

二人は穏やかな愛を育み、めでたく結婚。美幸という娘も授かり、幸せいっぱい…のはずでした。しかし美幸は病気で普通の食べ物が食べられない様子。幸子は焦りと責任感でだんだん思いつめてしまい、ノイローゼ気味に。…さらに幸子は「加護の会」と出会ったのち、なんと美幸を連れて姿を消してしまいます。そして後日、シ村は庭で美幸の遺体を発見し、絶望に打ちのめされました…。

【死役所】最終話「お気を付けて」(12月18日放送分)ネタバレ・あらすじ

シ村と幸子の娘・美幸は、なぜか普通の食べ物が食べられませんでした。食べられるのは絵具だけで、もしずっとこのままなら命に関わる危険性があります。幸子はなんとか美幸に普通の食事をさせようとしますが、美幸はどうしても食べてくれません。いくつかの病院に行って相談してはみましたが、結局は「ちゃんとした食事を食べさせないと、死ぬかもしれませんよ」と注意されるだけでした。

それでも幸子は美幸を強く抱きしめ「絶対、ちゃんと治してあげるから…!!」と誓います。もちろんシ村だって、幸子と同じ思いでした。そんな矢先、幸子は近所でたまたま加護の会のうわさを聞いて、思わず「心が解放されたら美幸も治るかもしれない!」と期待。藁にもすがる思いで、シ村と美幸の3人で加護の会の施設に向かいます。

加護の会では信者たちが温かくシ村たちを出迎え、教祖の蓮田 栄山がいきなり「娘さんのことで悩んでいらっしゃるんですか?」と声をかけてきました。幸子はさっそく「娘は…病気なんです。それで何か治る手がかりがあれば、こちらでお話が聞けるんじゃないかって…」と相談します。

すると栄山は「まず…受け入れることです。それが心の解放につながります。病を見るのではなく、娘さん自身を見てあげてください。そこから愛が始まります…」と答えてニッコリ。幸子は少し救われたような表情でしたが、シ村はイマイチこの宗教そのものに同意できないようでした。

帰宅後。幸子は晩ご飯を用意して、美幸の前へ。しかし美幸は「イヤーッ!」と叫んでお皿を投げ飛ばし、部屋の片隅でペチャペチャと絵具を食べ始めます。幸子はそんな美幸に思わず絶望…。「あああーーーっ!私がちゃんと美味しいご飯作らなかったから…私のせいで…私が美幸を殺すようなものよ…!!」と泣き叫んでしまいます。

シ村はあわてて「幸子さんは悪くないですよ!!」と言って、幸子の肩をなだめるように抱きます。それでも幸子は「私のせいなの…全部!!」と叫び、シ村の手をパシッ。シ村は思わず突き飛ばされてしまいますが、幸子を怒ることなどありえません。「ごめんなさい…」と謝る幸子を静かに抱きしめ、二人で涙を流しました…。

後日の夕方。シ村が仕事を終えて帰宅すると、幸子は美幸を連れて出かけた後でした。机の上には(正道さんへ もういちど美幸と加護の会へ行ってきます)という伝言メモが一枚。シ村は静かにため息をつき、幸子たちの帰りを待つことにします。

しかし夜10時を過ぎても幸子たちは帰ってきません。シ村はあわてて加護の会の施設に駆け込み、「あの…妻はどこにいるんですか!?ここに来ると言って帰ってこないんです!」と尋ねます。すると栄山が出てきて、「奥様は今、修行中でいらっしゃいます」と説明。もちろんシ村は「修行って…何言ってるんです!?妻に合わせてください!!」と抗議します。

栄山はあくまでも穏やかな態度で、「実はここにいないんです。どこにいるのか私も存じ上げないんです。一週間ほどでお戻りになられます」と主張しました。そこにちょうど美幸がひょっこり奥から現れて、「お父さん?」と尋ねます。シ村は急いで美幸を抱き上げ、「この子は私の娘です!!」と叫んで逃げるように連れ帰りました。

帰宅後、シ村は美幸に「ねえ美幸、お母さん何か言ってた?」と質問。美幸は「うーーん…お腹すいた」と答えて、また絵具を美味しそうにペチャペチャ。そんな娘の姿を見て、シ村は「そうか…これが正しい美幸の姿なんだね…」としみじみ。美幸の頭を優しく撫でながら、「早くお母さんに会いたいね…」と語りかけます。もちろん美幸も「うん!」と元気よく答えました。

そして一週間後…シ村はふたたび加護の会の施設へ。玄関先で「約束の一週間です!妻に会わせてください!!」と要求します。しかし栄山は約束を守らず、「申し訳ありません、それはできません。私たちは一つの家族のようなものなんです」と主張。

シ村は思わず激怒して栄山に殴りかかり、「ふざけるな!幸子さんはどこだ!!幸子さんは私の家族だ!!」と叫びます。それでも栄山は不気味なほど穏やかな表情のまま。「紙一枚のつながりと心のつながりは違います。奥様は自分の意志でここにいらっしゃいました。あなたも…私たちの家族なんですよ。もう少し落ち着いたらいらしてください…」と語って奥に戻って行きました。

シ村は仕方なく、うつろな表情でトボトボと帰宅。そして玄関を開けようとした瞬間、目に飛び込んできたのは…何と、庭で血まみれになって横たわっている美幸の姿でした。シ村はあわてて美幸に駆け寄り、「美幸、美幸ーーっ…!!」と名前を呼びますが…!?

↓ 最終話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】衝撃の真実!!シ村の笑顔に隠された悲劇…大いなる謎を残したまま、怒涛のラストへ!!

シ村は「美幸…!美幸…!!美幸…!!」と何度も呼びかけますが、美幸はもう返事をしてくれません。美幸は無残にも腹部を刺されて、既に亡くなっていました。

警察はすぐに捜査を開始しますが、犯人はシ村だと決めつけて強引な取調べをします。「お前は美幸ちゃんを虐待したうえ、殺したんだ!!」「嫌がる美幸ちゃんにムリヤリ絵具食わせて、人間の屑だな!!」「お前が殺したんだろう!吐け!!」刑事たちはシ村にひどい言葉を浴びせ、暴力を奮い続けます。

シ村はしばらくは取調べに耐えていましたが、美幸を失い、幸子にも会えない今、人生には絶望しかありません。ついには「…私が…やりました…」とウソの供述をして…張り付いたような笑顔を浮かべました…。シ村の笑っているようで笑っていない謎の笑顔は、どうやらこの時に始まったようです。

そして今…シ村はこの死役所で幸子を待ち、加護の会の情報を探し続けています。イシ間はシ村の良き理解者でしたが、ついに辞令が下ってもう間もなく成仏する予定です。イシ間は成仏許可証を書きながら、シ村に力強く語りかけます。

「シ村さん、俺たちは会いたい人に会いに行くこともできねえし、ただひたすら待つだけだ。待っていても、来る前に辞令が来るかもしれねえ。オレは幸運だったよ。最後、ミチに会うことができて。覚悟しとけよ?アンタだっていつ辞令が来るか分からねえ。…でも多分、アンタはすべてに納得して、成仏できると思う!」

シ村は少し呆れたように「何を根拠にそうおっしゃるんですか?」と質問。イシ間は「根拠なんか無えよ!俺がそう思うから言ってんだ!!」となぜか自信満々です。シ村は「…そうですか」と答えて、また張り付いた笑顔…もちろんイシ間はそれが心からの笑顔でないことを知っています。だからこそ、「その笑顔も見納めか…成仏する時には、ちゃんと笑えるといいな」と優しく語りかけました。

そしていよいよ、イシ間は成仏の扉の前へ。虐待で亡くなった少女・凛ちゃんと一緒に旅立つことになります。見送りにやってきたのは、シ村・ハヤシ・シン宮…そしてニシ川の四人です。イシ間はまずハヤシに「ハヤシ、ここへ来た時は人殺しがヘラヘラしやがってと思ってたけど、今はさ、おめえのこと気に入ってるぜ!」とニヤリ。ハヤシは「光栄っす!」と嬉しそうに答えます。

シン宮は「イシ間さんとの今生の別れだもの~」と言って駆けつけ、名残惜しそうな表情。イシ間は「来てくれたんだな…シン宮さん、今さら言うことは無えわ」としみじみ答えます。シン宮は「語らずとも愛は伝わってるわよ~♪」と言って、妖艶にほほ笑みました。

そしてイシ間は、シ村に後を託すかのようなメッセージを送ります。「シ村さん、みんなのこと、宜しく頼むよ。みんな色々あってここで働いてるけど、ちゃんと死者に向き合って、ちゃんと自分に向き合おうとしている。俺たち死刑囚が職員としてここで働くのは、一人じゃ向き合いきれないことに向き合う為なのかもな…みんな、いい成仏ができるといいな!」

ニシ川はイシ間が世話していた花を差し出し、「忘れものです。イシ間さんがいなくなったら世話する人いないから、邪魔です」と照れ隠しの言葉。さらに、凛ちゃんにも折紙で作った花のバッジをプレゼントしました。やはりニシ川もクールなようでいて、優しいところがあるようです。

イシ間は花を受け取り、「結局咲かなかったな…ありがとうな、ニシ川さん。アンタが何でここに来たのか知らねえけど、俺、アンタの仕事ぶり好きだったぜ」と感謝。いつもはクールなニシ川も、ここは素直に「ありがとうございます…」と答えました。

こうして別れのあいさつも終わったところで、イシ間と凛ちゃんは成仏許可書にサイン。シ村は「受理させていただきます。小野田凛さん、石間徳治さん、お疲れさまでした…」と言って、手続きを完了します。凛ちゃんは面倒を見てくれたハヤシに駆け寄り、「お兄ちゃん、また遊ぼうね!」とニッコリ。ハヤシは凛ちゃんが握りしめてくれた手の温かさに感動しながら、「うん、絶対な!」と答えました。

最後に、イシ間はひときわ大きな声で「じゃあな…みんな。達者でな!」とあいさつ。ハヤシも思わず声を張り上げて「イシ間さんとは!…生きてるうちに会いたかったっす!いつになるか分からないけど、生まれ変わったら一緒に酒飲みましょう!!」と語りかけます。もちろんイシ間は「ああ!飲もう!!」と答えてニッコリ。

シ村は一歩前に進み出て、「イシ間さん、本当にありがとうございました…お気をつけて」と言って見送ります。今この一瞬だけは、シ村も本当の笑顔がチラリ。イシ間は目を潤ませて頷き、「あまり泣かすんじゃねーよ、バカヤロー…!ありがとうな、みんな…!」と笑って穏やかに旅立っていきました…。

こうしてイシ間は成仏していきましたが、死役所の仕事はこれからも相変わらず続きます。ニシ川もイシ間のメッセージに色々と思うところがあったようで、「シ村さん、私たちが死者のためにできることって何だと思います?」と質問。シ村は「…どうでしょうかね?ただ、笑って見送ることでしょうか…」と答えます。するとニシ川はまたいつものクールな表情で、「ふーん…シ村さんらしい、つまんない答えですね!」と言ってスタスタと立ち去って行きました。

一人になったシ村は、また幸子と美幸との幸せな記憶を回想。今のシ村にとっては、それだけが支えなのかもしれません。記憶の中の幸子は、まだ妊娠中。お腹の中の娘を愛おしそうに撫でながら「ねえ正道さん、子供ってどんな感じなのかしら?生まれてくる子供には、どんな名前をつけましょう?」と尋ねます。

シ村は「幸子さんの幸という字を取って、美幸というのはどうでしょう?一番頑張っているのは、幸子さんなんですから」と提案。幸子は嬉しそうにほほえみ、「美幸…あなたの名前は美幸よ…」と優しくお腹の中の娘に語りかけました。そして美幸が産まれ、シ村たちはますます幸せいっぱい。庭でシャボン玉を飛ばして、楽しくはしゃいでいました…。

シ村は家族への恋しさが募り、思わず「幸子さん…」とつぶやきます。しかし次の瞬間、目の前にはまた新たな「お客様」が一名。シ村はすぐに仕事モードに入り、「お客様、今日はどのように亡くなられましたか?お客様は仏様ですから…」と語りかけました…。

【Paravi】公式サイト⇒

【死役所】ゲスト出演

市村 幸子役…安達 祐実
蓮田 栄山役…吹越 満

【死役所】最終話まとめ

独特の世界観で多くの視聴者を魅了してきたドラマ「死役所」も、ついに最終回を迎えました。死役所とは、この世とあの世の中間に存在するお役所。そこでは、死役所の職員たちが様々な理由で亡くなった死者たちを迎えて、成仏のための手続きを行っています。そんな職員たちの中で、最もよく働くのが、主人公のシ村(志村 正道)でした。

シ村はいつも笑っているようで笑っていない謎の笑顔。どんな死者がやってきても、「お客様は仏様ですから…」と言って冷静かつ丁寧に対応してきました。死者たちの多くは悲しみや怒りに満ちていて、手続きを行うのも一苦労です。それでもシ村たち職員は死者たちの話に耳を傾け、人の生き様や死に深く向き合い続けます。

死役所の職員はもともと死刑囚としてここにやってきた人物ばかり。長期間の死役所勤務をこなして、辞令が下れば成仏することになります。しかし、実はシ村だけは冤罪で死刑になった人物です。生前のシ村…志村 正道は、妻・幸子、娘・美幸と幸せに暮らしていました。しかし美幸の病気が原因で幸子までノイローゼ気味になり、幸子は藁にもすがる思いで謎の宗教団体「加護の会」に救いを求めてしまいます。

シ村はあわてて幸子を取り戻そうとしますが、加護の会は幸子をどこかへ隠して会わせてくれません。さらに、娘の美幸がとつぜん庭で何者かに刺殺されて死亡。警察は父親のシ村が虐待して殺害したと決めつけ、暴力的な取調べを行います。シ村は絶望に打ちのめされ、やってもいない罪を認めて死刑になりました。

そして、初めて死役所にやってきたシ村は、成仏ではなくここに死役所職員としてとどまることを決意。シ村のような冤罪の場合はすぐに成仏することができるのに、あえて自ら死役所職員になることを選びました。その目的は…再び愛しい幸子に会うため。その為に、日々の仕事の中でいつも加護の会の情報を探していました。

しかし、今のところ掴めた情報は、「幸子が加護の会のどこかで、特別な待遇を受けているらしい」ということだけ。それでもシ村は決してあきらめず、この死役所で働きながら自分の目的を果たすつもりです。

幸子は今どこにいるのか、何をしているのか?美幸は誰に、なぜ殺されたのか?その謎は、原作コミックでもまだ明かされておらず、これからのストーリーで描かれるようです。ドラマはいったんここで終了ですが、原作コミックの展開によってはまた新作も期待できるかもしれません。その続きの物語は、イシ間が言ったように、きっとシ村にとって納得のいくものになることでしょう…。

【Paravi】公式サイト⇒

               

関連記事

シャーロック_10

『シャーロック』第十話(19/12/9放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!...

死役所_04

『死役所』第四話(19/11/6放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメ...

シャーロック_03

『シャーロック』第三話(19/10/21放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ...

グランメゾン東京_08

『グランメゾン東京』第八話(19/12/8放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...

死役所_06

『死役所』第六話(19/11/20放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オスス...

死役所_09

『死役所』第九話(19/12/11放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オスス...