僕とシッポと神楽坂の第八話(11/30放送)のあらすじ、ネタバレ、キャスト情報、視聴率情報、無料動画の見逃し配信まとめ

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像

金曜の夜のひと時に、ふんわりと心を温かくしてくれていた「僕とシッポと神楽坂」も、いよいよ涙の最終回を迎えました。

東京神楽坂でいきなり動物病院の経営を託されて、戸惑いながらも奮闘して来た高円寺達也(相葉雅紀)と、それを支える動物看護師の加瀬トキワ(広末涼子)の心の距離が近付いてさあどうなるのかと思った矢先、達也には海外プロジェクト話が舞い込みトキワの元には外務省より消息不明だった夫・佑(眞島秀和)の所在を告げる連絡が入ります。

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像
東京神楽坂で「坂の上動物病院」を営む獣医師・高円寺達也(相葉雅紀)と動物看護師の加瀬トキワ(広末涼子)は、遂にお互いに相手を意識し出しま...

更に認知症の犬と寝たきりの母親を介護する飼い主との出会いなど、今回も波乱の展開が待っていそうで…

佑の生存に戸惑ってしまうトキワと、「坂の上動物病院」を離れる事が出来そうにない達也の決断や如何に?

そんな「僕とシッポと神楽坂」第八話(最終回)のあらすじを完全ネタバレありでご紹介します。

僕とシッポと神楽坂 第八話を無料視聴(見逃し配信)する方法

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。


パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。

アプリならいつでもどこでも、気軽に動画が楽しめます。

ぜひアプリをダウンロードして、ドラマやバラエティー番組を楽しんでください!

また、『GyaO!』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。

1週間限定で僕とシッポと神楽坂の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年11月30日(放送終了後)~12月30日 23:59 配信終了]

U-NEXT U-NEXT 公式サイト
ビデオマーケット ビデオマーケット 公式サイト
テレ朝動画 テレ朝動画 公式サイト
GyaO! GyaO! 公式サイト
Tver Tver 公式サイト
無料見逃し配信の注意点 無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 動画冒頭、途中に30秒~1分程度のCM動画が数回入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

僕とシッポと神楽坂第七話の振り返り

朝、一人縁側でぼんやりと外を眺めるまめ福。

達也は母・貴子(かとうかず子)とすず芽(趣里)に急かされて話しかけますが、達也が近付いて一声掛けると急に不機嫌に怒鳴り出し達也を怯えさせました。

坂の上動物病院ではトキワが体調不良で休んでいる為、達也と堀川広樹(小瀧望)は何が何処にあるか判らずてんてこ舞いしていました。

そして、自宅で休んでいたトキワも心配にカコ付けてズル休みをしようとする大地(矢村央希)を、何とか学校に送り出します。

診察時間が終わると堀川はおかしな表現でトキワを褒め出し、その後堀川に食事の誘いを断られた達也は迷友・名倉雅彦(大倉孝二)から電話で飲みに誘われます。

悪酔いをする名倉はとにかく達也や周りの御客に「結婚したい!」「先行きが不安だ!」を連呼して困らせます。

名倉から解放されて自宅に戻った達也は、まめ福からもお酒に付き合うように言われました。

まめ福は老舗ホテルの社長からプロポーズされている事を達也に告白し、「どうしたらええかな?」と尋ねて来ました。

達也が答えを言う前に言葉を遮ったり、笑いの同意を求められて愛想笑いをする達也に噛みつくなどまめ福の行動は少し不安定になっています。

翌日新品のトイレットペーパーを受け取り、大喜びしてトイレへ持って行く堀川を見送った達也は壁に掛った薬品のリスト表に気付きます。

二人で感心しながら表を見詰めていると、達也の携帯に大地が助けを求めて来ました。

眠りが浅くなっていたトキワは、大地と達也の話し声で目が覚めます。

大地に食事を作って欲しいと頼まれた達也が、二人台所で楽しそうに料理をしていました。

達也が作ってお粥をトキワも食べ、その美味しさを素直に褒めます。

大地はさっさと食事を済ませて外にサッカーをしに行ってしまい、家は達也とトキワの二人きりになります。

暫くして達也の携帯に名倉から連絡が入り、愛犬のラブの様子がおかしいからと坂の上動物病院へ戻る事になります。

達也の見立てでは、ラブは重度の脳腫瘍の疑いがあるという事で名倉は言葉を失います。

「ここでは確定診断は出せない、大きな病院で検査しよう」と言われた名倉は、ナルタウン動物病院にラブを連れて行きます。

診察した田代真一(村上淳)医師もラブを脳腫瘍と診断し、手術の成功率を50%とし手術の費用も100万円前後と告げて名倉を動揺させました。

一人悩む名倉に達也は「誰かラブの事を相談出来る人はいないの?」と尋ねました。

坂の上動物病院でラブの事を相談する相手を待っているとやって来たのは、な、何と!まめ福でした!!

「どういう事やねん!?」と、いきなり名倉に噛み付くまめ福に訳が判らない達也が尋ねると「俺達、1年前同棲してた!」と、まさかの告白を受けます。

二人が言い争っている所に達也がラブを連れて行くと、二人の口論は沈静化しました。

手術費を工面したい名倉はまめ福にラブを預かってくれと頼みます。

坂の上動物病院のトイレが気に入ったという堀川に促されて、達也はまた加瀬家へ食事の準備に行きます。

佑の帰りを信じているトキワは複雑な思いで写真を見詰めていましたが、達也が訪れた姿を見ると笑顔になります。

その頃、まめ福は病院でラブを抱きながら、ラブを見ている名倉に出会った日を思い出していました。

食事の準備をする達也は、トキワに佑の思い出を聞こうとすると、トキワは佑と結婚を決めた時の決意を達也に話しました。

企画書の売り込みが上手く行かない名倉は、まめ福の元を訪ね「ラブの手術費を貸して欲しい」と土下座すると、「最初からそのつもりだった…」と告げられます。

達也がラブの手術を田代医師にお願いすると、「だったら君が助手に付け」と言われました。

手術当日、落ち着かない名倉とまめ福の元に現れた達也は二人の手を取り「二人の気持ちは受け取りまた、頑張ります」と告げます。

脳腫瘍摘出手術はラブの状態がかなり進行いしていると、田代医師が想定する中で開始されました。

難しい手術ではありましたが、田代医師の賢明な判断と技術、そして達也の的確なサポートで無事成功しました。

名倉とまめ福は成功を喜び、名倉はまめ福に復縁を持ち掛けましたが、既に婚約をしたと断られてしまいました。

達也が一人坂の上動物病院にいると、海外から新規プロジェクトへ参加しないかと打診が来ます。

そしてトキワの携帯にも外務省から、佑の所在を告げる連絡が唐突に訪れて…

僕とシッポと神楽坂 第八話「さよならコオ先生…運命の最終オペ…!!」(11月30日放送分)ネタバレ・あらすじ

「こちら外務省です、行方不明だった御主人が見つかりました…」

「えっ…?」突然の連絡に言葉が出ないトキワに「母ちゃん、どうかしたの?」と大地は声を掛けて…

「エ~~~~~~ッ!?トキワさんも参加するんですか~~?」と絶叫するすず芽に、「うん、大地と僕もね。だから宜しくね」と軽く達也は答えます。

トキワがイカダ大会に参加する事を、すず芽が全力で拒んでも貴子は涼しい顔で「良いんじゃないの?」了承します。

「やったん?」と、さらりと聞いて来るまめ福に、朝食をガツいてごまかしていると、「…まだ?」とすず芽は色めき貴子は呆れ、まめ福には「イカダ作ってる場合やないやろ!」と突っ込まれてしまい「うるさいな!」と返して、場を濁すしかない達也でした。

外務省に来ているトキワは電話で佑が見つかった事を達也に報告し、その説明を受ける為病院を休む事になります。

突然の事に達也は驚きつつも、その申し出を了承しました。

確認の結果、男性が佑である事は間違いなく、同席していた大地の祖父母も大喜びし、現地確認には二人が向かう事になります。

坂の上動物病院では佑の生存ニュースで界隈の人々が押し寄せており、堀川はその対応に追われペットの診察は達也一人で行わなければなりませんでした。

大地の帰りを待っていたトキワが帰宅した大地に佑の生存と帰国を伝えると、大地はおやつを食べるのも忘れ、喜びを抑えきれず外へ掛けて行きます。

その翌日トキワは坂の上動物病院を訪れ、達也に直接休暇の申請をしに行きます。

佑を迎える準備に追われている事を承知している達也も、「電話でも良かったんですよ」と気使いました。

「ご主人見付かって、ホントに良かったですね、7年も待ってたんですから…」少し言い淀みつつ達也がトキワにそう言うと「はい…、じゃあ…戻ります」とトキワの方も曇った笑顔で答えました。

去って行くトキワを、達也は気の抜けた表情で見送るしかありません。

診療時間が終わって達也が一人病院にいると、ダイキチがそわそわして窓の方へ走って行きます。

「どうしたの?ダイキチ…」と達也も外の気配に気付き窓を開けると一匹の柴犬が走り込んで来て達也は一瞬ビックリします。

その犬はあらぬ方向を見て吠えており、達也はその柴犬の異変を見逃しませんでした。

翌朝、意気揚々と堀川は出勤して来ると、診察終了の掛け札を見て自分が一番乗りだと勘違いしました。

中で達也が徹夜している姿を見て「先生…、ひっどい顔ですよ?」と言うと、前夜に迷い込んだ犬の事を知らされます。

達也が飼い主を探す為に書いている似顔絵を堀川は苦笑し、二人の五十歩百歩な画力を考慮して結局スマホで写真を撮っていた堀川もその犬の異変に気付きました。

迷子犬の貼り紙を持った井坂蔦子(山下容莉枝)が、「ウチの犬が…、ご迷惑掛けてると思うんですけど」と言って、坂の上動物病院に訪ねて来ました。

最初堀川が対応し、蔦子が迷子犬の飼い主だと判り達也は急いで呼び出されました。

浮かない様子の蔦子に「これ…、何処に貼ったんですか?」と尋ねられて、堀川が得意になって説明していると「こういうの…、困るんです」と言って、蔦子は受付に貼られた紙も剥がします。

犬を抱いてやって来た達也に蔦子は「あの…、お幾らですか?」と代金を支払おうとします。

達也はお代を辞退し、良かったら自宅まで(犬を)送って行くと申し出ました。

迷子犬の名が「タロウ」と判明し、既に15歳の老犬である事も判って達也はある納得します。

疲れた様子で話す蔦子は寝たきりの母親がタロウの本当の飼い主だと言い、両方の面倒を一人で見ているのが負担になっているのが達也にも見て取れました。

タロウが認知症であるとナルタウン動物病院で診察して貰った事を蔦子に明かされ、達也は蔦子に辛い時は自分(達也)に頼る事を持ち掛けます。

しかし「犬の為にそんな余裕ありません」と蔦子は拒み、寝たきりの母親に怒鳴り呼ばれた蔦子は「ありがとうございます…、だけど、今日会ったばかりの人にそこまで甘えられません」と言って達也の傍を離れて行きました。

その夜、徳丸先生(イッセー尾形)が再び坂の上動物病院を訪ねて来ます。

知り合いから犬(チン)の預かりを頼まれてやって来たのです。

翌日、すず芽が持って来たお弁当を徳丸先生と堀川だけでなく、ラブを連れた名倉雅彦(大倉孝二)までが勝手に食べ出してすず芽を怒らせていました。

ロミの健康診断で来た大沢頼子(ホーチャンミ)も「一人で大丈夫なの?」と気に掛けてくれて、賑やかしく一日が過ぎて行きます。

トキワが帰宅すると、大地は「ねえ母ちゃん、お父さんが帰ってきたら何したい?」と尋ねて来ます。

答えに窮しているトキワに構わず大地は「オレは話したい!話したい事いっぱい、いっぱいあるんだよ!」と喜びが止まりません。

しかしトキワの頭の中は外務省の担当者から告げられた、佑は日本で暮らしていた記憶が無くなっているという事実に戸惑っていました。

浮かない表情のトキワに大地は「母ちゃん、お父さんが帰って来るの、嬉しくないの?」と問われて、「そんな訳ないでしょ!母ちゃんだって話したい事いっぱいあるよ…」と気丈に振る舞い大地の不作法さを挙げていると、うんざりしながら「あ~~判った、ちゃんとやりますよ!」と不貞腐れる大地にトキワはまた沈黙します。

田代真一(村上淳)医師から「加瀬先生の生存が判って、…トキワさん喜んでいただろう」と尋ねられて「…はい」と、達也は答えるしかありません。

かなりお酒が入っている田代医師は、口惜しそうにトキワの元に佑が戻る事を祝福するのでした。

自分がトキワとどうにもなれない現実に、酔い潰れた田代医師は達也にボヤいて泣く事しか出来ないのです。

その頃、外でむやみに吠えるタロウと、喚きながら娘の名を呼ぶ母親に、蔦子の心は追い詰められていました。

翌朝、高円寺宅に一泊した田代医師は貴子とまめ福に歓迎されて満更でもなく、男の色気が漂っていると褒めちぎっては達也を恥ずかしがらせます。

田代医師に恋人がいないと判るや自分を候補に挙げる貴子やまめ福を達也が窘めると、何故か田代医師が貴子とハモって同調する所に、徳丸先生が「ワシの朝ご飯はあるのかな?」と居間に入って来ました。

何食わぬ顔で我が家の様に振る舞う徳丸先生を見て田代医師がこっそり達也に「あの人って、ここの家の人?」と尋ねれば、達也も「初めて来ました」と返し「うそ…?それであの態度?(田代医師)…はい(達也)。」と怪訝な表情でお互い見合いました。

佑が入院している病室にトキワと大地が見舞いに行くと、佑はぼんやりベッドに座して外を眺めていました。

トキワが声を掛けると佑は振り返りますが「お帰りなさい」と続けても反応はありません。

今度は大地が「お父さん、オレ絵書いて来たんだ!」と絵を見せても、トキワが「大地、こんなに大きくなったの」と言っても反応は薄く、手元の糸をただ無意識に毟るだけです。

トキワの泣き出しそうな笑顔は徐々に強張り、大地の顔も段々曇って行きます。

「ご主人の完治は難しい…、一生、今の状態が続く事も覚悟しておいて下さい…」と説明する担当医師の言葉はトキワの心に途中から届かなくなり、ただ茫然と椅子に座っていました。

佑の状態に大地も不安を募らせ、「あの人、本当にお父さん?…待ってたのと違う」と口にします。

トキワは「お父さんは事故のショックで一瞬忘れちゃてるだけだよ、きっと思い出してくれる」と泣き出す大地を励まし抱き寄せました。

堀川はトキワの不在を埋める為達也にお弁当を作って来たり「お役に立てる様に頑張ります」と、彼なりの決意を示しました。

達也は「相談したい事があるんだ」と言って、先日達也の元に来たアメリカ獣医大で始まる新規プロジェクトへ参加する意思があるかを堀川に確認します。

堀川は直ぐに承諾し「じゃあ、連絡しておくね」と言う達也の言葉を聞いて、俄然張り切り出しました。

「千葉に徳丸先生が開いた施設があります。一度そこにタロウ君を預けてみませんか?」

タロウが吠える中、達也は必死に蔦子に訴えますが、お金の事と犬の為にそこまでするつもりはないという蔦子の意思は固く、達也の思いはどうにも届きません。

一方トキワは、佑に付き添い家族の思い出を話して記憶を取り戻そうとしますが、視点の合わない佑の視線は明後日の方向を向いてしまい、トキワの意欲を削ろうとしています。

気落ちしながら帰宅したトキワを、佑の父が待っていました。

佑の父は、大分の病院施設に佑を転移させたいとの事で、自分と妻だけで行くからと改めてトキワに、今の佑から解放される事を提案しました。

トキワが何もする気が起きず横になっていました。

すると「何だ~、居たんだ~、大地君の夕飯作ってあげようと思ったのに!」と言ってすず芽がやって来ます。

トキワの計量器具を使わない大雑把な味付け具合を見て、すず芽は「謎はすべて解けました。トキワさん、それがあなたの敗因です!」と勝ち誇って告げます。

不意にすず芽は達也との事は良いのか?とトキワに訪ねます。

トキワがすず芽を睨むと、彼女は真っ直ぐにトキワを見詰めて思う通りにすれば良いと、まるでトキワと達也の後押しでもするかのような発言をして涙ぐみました。


恋敵に塩を送るとは、すず芽も良い娘じゃ~!

↓ 第七話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】トキワが下す決断は?追い詰められた蔦子は一体どうする!どうなる?…

タロウのせいで御近所から直接苦情が来て、蔦子の心は限界を超え過ぎていました…

トキワが佑の病室に向かっていると、口笛が聞こえて来ます。

ハッと思い病室に入ると、佑が自分に教えてくれたあの口笛を無意識のまま吹いていたのです。

「良い曲ね」といったトキワの目から、堪えていた涙が溢れて来ました。

トキワは病室の机に向かい、一心に何かをメモ紙に書き留めるのでした。

吠え続けるタロウに「母さんやめて…、やめて~~~!」空しい蔦子の叫び声が響き、その後の静寂の中ですすり泣きが聞こえて来ます。

激しいブレーキ音と犬の悲鳴で蔦子は暗闇で目が覚め、タロウがいない事に愕然とします。

達也に会う事無く坂の上動物病院を去ろうとしていたトキワの横を、タロウを抱えた蔦子が走り抜けて行き、トキワは我に帰ります。

病院に担ぎ込まれたタロウは交通事故で左大腿骨を骨折していました。

それ以外に目立った怪我はありませんでしたが、直す為の整復手術をしなければなりません。

蔦子は泣きながら「もっと早くに、先生を頼れば良かった…」と悔い、必死で生きようとしているタロウを助けて下さいと懇願していました。

達也は蔦子の手を取り「気持ちは受け取りました、頑張ります」と全力を尽くすのです。

トキワが助手に付き、タロウの整復手術が始まります。

待合室で待つ蔦子の元にダイキチが駆け寄ると、蔦子の目にはそれがタロウに見えてしまい愛おしそうに撫でてしまうのです。

手術時の達也とトキワの呼吸はいつも通りで、大きなアクシデントは起きず、手術は無事成功します。

手術成功の知らせを聞き、タロウの元にやって来た蔦子に達也は「例え記憶が消えたとしても、御家族と過ごした時間は決して消えない…」と語り始め、「一緒に過ごした時間は、永遠です」と続けました。

「もし思い出が消えたとしても、また新しい記憶を作れば良い…」という達也の言葉は、トキワの胸にも深く突き刺さり、「今日という日を積み重ねていけば、…いつかその思い出は井坂さんの宝物になる」という言葉も蔦子の心に響きました。

「僕はずっとここにいます、いつでも来て下さい」

それは自分に言われたかのような気分になったトキワでした。

「主人と、大地と、大分に行きます。向うに良い病院があるんです」

トキワは達也にそう告げます。

「…そうですか、ここからは少し遠いですね。…寂しくなります」と達也はたどたどしく答えました。

「楽しかったです…ここで働いてた時間は夢のようで…きっと…ずっと…私の宝物です」というトキワの目には涙が溢れ出します。

達也はトキワにいつも笑顔でと願い、送りに行くのでした。

二人は通り慣れた道を無言で歩き、立ち止まったトキワが「ここで」というと二人は握手をして別れ、達也はトキワが見えなくなるまで見送るのでした。

自分しかいない病院に戻った達也は、机の上にトキワが残して行ったメモ書きを読みながら堪えていた涙をむせびながら流します。

暫くして坂の上動物病院に、大分にいる大地から手紙が届きました。

それぞれの近況が書かれており、飼い出したセラピードッグの名を大地が「チョーダイキチ」と付けたと知り、達也はクスッと笑いました。

そしてまた新たな飼い主とペットとの出会いが、坂の上動物病院に訪れようとしています…

僕とシッポと神楽坂 第八話まとめ

遂に涙の最終回を迎えた「僕とシッポと神楽坂」は、爽やかな余韻を残して行きました。

東京神楽坂を舞台にした下町情緒の人情劇は、毎回ペット(シッポ)を通じて飼い主のトラブルをも解決に導く高円寺達也(以下コウ先生)の全てを包み込む優しさに心が洗われる気分でした。

突然動物病院を任されて戸惑いながら開業してしまうコウ先生の元に、消息不明の夫とその連れ子である大地を預かる動物看護師の加瀬トキワがスタッフに加わり、独自の理論で突き進む堀川広樹がバイトとして加わるなど坂の上動物病院は瞬く間に賑やかになります。

そしていつも陽気で懐の大きい母・貴子やコウ先生にご執心のすず芽に迷友・名倉雅彦の元カノだったまめ福と、コウ先生の周りの人達にもサブストーリーが用意されていて見逃せない展開が盛り沢山でした。

更にトキワに恋心を寄せているナルタウン動物病院の獣医師・田代真一の存在は侮れず、実直で実は動物思いの良い人であり、コウ先生をライバル視する事無くフラットな付き合いの出来るナイスガイでした。

それにたまに見せる三枚目な部分も、憎めないキャラクターになってます。

そして何と言っても突然引退宣言をしてコウ先生に動物病院を丸投げしておきながら、要所でやって来てはナイスアシストをしている徳丸先生の活躍も光っています。

幾多のペットトラブルを解決して来たコウ先生とトキワの心に、お互い通い合うものを予感し出した矢先、消息不明だったトキワの夫・佑の生還で状況は一変します。

佑は飛行機事故の後遺症で記憶障害を起こしており、過去の事どころか自分が誰なのかさえ判っていない様子にトキワはもちろん大地も不安を隠せません。

最終話ではそんな佑に戸惑いながらも懸命に尽くすトキワに、佑の父から佑を大分に転移させる話が持ち上がり、結局トキワは加瀬の家族と一緒に大分へ行く事を決意します。

その気持ちに勇気を与えたのは認知症のタロウの世話で悩む蔦子に、骨折したタロウを手術した後コウ先生が発した「思い出が消えても過ごした時間は消えない」「僕はずっとここにいます、いつでも来て下さい」という言葉だったと見て取れます。

そして最後に花を添えるのはコウ先生と過ごした日々を「きっと…ずっと…私の宝物です」と涙ながらに告げるトキワの言葉でした。

一度は叶わぬ思いに涙しても、また新たな気持ちでシッポと飼い主を迎えるコウ先生は、今日も温かい空気で溢れているのです。


もう終わってしまうとは寂しいのぉ~~
何、DVD&Blu-rayが出るのか?公式HPを直ぐにチェックじゃ!

関連記事

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像

僕とシッポと神楽坂の第五話(11/9放送)のあらすじ、ネタバレ、キャスト情報、視...

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像

僕とシッポと神楽坂の第三話(10/26放送)のあらすじ、ネタバレ、キャスト情報、...

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像

僕とシッポと神楽坂の第四話(11/2放送)のあらすじ、ネタバレ、キャスト情報、視...

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像

僕とシッポと神楽坂の第一話(10/12放送)のあらすじ、ネタバレ、キャスト情報、...

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像

僕とシッポと神楽坂の第二話(10/19放送)のあらすじ、ネタバレ、キャスト情報、...

僕とシッポと神楽坂 アイキャッチ画像

僕とシッポと神楽坂の第七話(11/23放送)のあらすじ、ネタバレ、キャスト情報、...