海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」ネタバレとあらすじ

大人気海外ドラマ「SHERLOCK/シャーロック」のあらすじとネタバレを掲載しています。

「SHERLOCK/シャーロック」に興味があるけど、まだ見ていない方はHuluをお勧めします。無料トライアルで今すぐ見れます。

SHERLOCK/シャーロックをHuluで見る

※【注意】この先は「SHERLOCK/シャーロック」のネタバレが掲載しています。映像で見たい方は退室してください。

海外ドラマ【SHERLOCK/シャーロック】とは?

SHERLOCK/シャーロック
SHERLOCK/シャーロックは、アーサー・コナンドイル著のミステリー小説「シャローック・ホームズ」シリーズを原作にしたテレビドラマです。
シャーロック・ホームズを原作にこれまで映画やドラマなど様々な映像作品が作られてきましたが、本作が特徴的なポイントはシャーロック・ホームズを現代意訳したオリジナル作品になっている点です。
原作の舞台にもなっているイギリスのBBCで製作放送されており、真新しさを感じながらもイギリスの風景をリアルにあてがった作風が好評を得ています。
連続テレビドラマながら一話90分、1シリーズ3話という独特な構成で濃厚なストーリーを演出しています。
本作は日本でも人気が高く、2012年からカドカワエースにて本作を元にした漫画作品が出版されています。

【SHERLOCK/シャーロック】シーズン1のネタバレ・あらすじ

SHERLOCK/シャーロック シーズン1
Huluの無料トライアルでクリミナル・マインドを視聴する

第一話「ピンク色の研究」

アフガニスタンで軍医を務めていたジョン・ワトソンは、戦場での体験からPTSDを発症し、治療のためにカウンセリングを受けながら生活していました。

ワトソンの友人マイク・スタンフォードはワトソンにルームシェアを提案し、シャーロック・ホームズを紹介します。
シャーロックはワトソンが戦場から帰還した元軍医であることを捲くし立てるように推理し、ワトソンとのルームシェアを二つ返事でOKします。

街では不可解な連続自殺事件が発生していました。
警察のレストレード警部はコンサルタント探偵をしているシャーロックに連続自殺事件の捜査協力を依頼し、シャーロックはワトソンと共に捜査に乗り出します。

政府の秘密機関に勤めるマイクロフトは秘密裏にワトソンに接触しシャーロックを監視するよう依頼しますが、シャーロックに信頼を寄せ始めていたワトソンは断ります。

シャーロックは手掛かりを手繰り寄せ、連続自殺事件は殺人事件で、タクシーの運転手が犯人だと突き止めます。
運転手は殺人を手引きする黒幕の存在を匂わせますが、「モリアーティ」という名前を残しシャーロックを助けようとしたワトソンによって射殺されてしまいます。
シャーロックは事件解決後、兄であるマイクロフトが自分を監視していることに気づきますが、政府は秘密裏にシャーロックを監視し続けます。

第二話「死を呼ぶ暗号


シャーロックは大学時代の知人から、セキュリティの穴を探る依頼を受けます。
美術品にいたずら書きをする犯行を受け、警備の穴を探るという依頼でした。
捜査するなかでただのいたずらではないことに気づいたシャーロックは殺人事件の現場を見つけます。
そして関連する第二の殺人が起き、シャーロックは「黒い蓮」が事件に関連していることに気づきます。
黒い蓮は中国の犯罪組織で、密輸入を指揮していました。

捜査を続ける中でワトソンは黒い蓮に連れ去られますが、シャーロックの協力もあり間一髪で逃げ出し、黒い蓮を仕切っていたシャン将軍はMと名乗る謎の男に射殺されます。

第三話「大いなるゲーム」

シャーロックは単純な事件の捜査依頼に飽き飽きしていました。
すると突如向いの建物が爆発し、シャーロックは自宅で爆風を受けてしまいます。

事件を知ったワトソンも自宅に戻りますがシャーロックは無事で、マイクロフトと推理合戦を繰り広げていました。
そしてマイクロフトは昨夜遺体で見つかった人物のフラッシュメモリを探すようシャーロックに依頼します。
そのフラッシュメモリには政府の防衛システムに関する重要情報が記されていましたが、シャーロックは断ります。

爆発現場からはシャーロックに宛てたメッセージが書かれており、メッセージに記された場所に行くと女性が人質に取られており、「謎が解けなければ女性に巻き付けた爆弾が爆発する」という新たなメッセージが伝えられます。
一つ謎を解けば次々と人質を取り、過去に起きた病気や事故と判断された事件の謎解きをさせます。
シャーロックは捜査する中で、事件の裏に居るのはモリアーティで、モリアーティは殺人を指揮する「コンサルタント殺人者」あると推理します。

事件がひと段落しフラッシュメモリを探し出したシャーロック達でしたが、シャーロックは防衛システムの情報こそがモリアーティの真の目的であると推理し、モリアーティを謎解きで使った連絡手段で呼び出します。

しかしそこには爆弾を巻きつけられ人質に取られたワトソンの姿もありました。
モリアーティは手に入れたフラッシュメモリをプールに投げ捨て二人にこれ以上かかわらないよう忠告し解放します。
しかしシャーロックとワトソンが逃げ出そうとした時にモリアーティは気が変わり、仲間達に銃を向けさせ二人を殺そうとします
シャーロックはワトソンに目配せをし、ワトソンに巻きつけられていた爆弾にもっていた銃の狙いを定めます。

【SHERLOCK/シャーロック】シーズン2のネタバレ・あらすじ


Huluの無料トライアルでクリミナル・マインドを視聴する

第一話「ベルグレービアの醜聞」

銃で爆弾を爆発させようとするシャーロックでしたが、そのときモリアーティの携帯が鳴ります。
シャーロックはモリアーティに電話に出ていいと許可します。
電話に出たモリアーティは、「今日は死ねなくなった」と言い残し、二人を生かして去っていきます。

シャーロック達がいつものように警察に捜査協力しているところに謎の男たちがシャーロックとワトソンを連れていきます。
二人はバッキンガム宮殿に連れて行かれ、写真を取り戻す依頼を受けます。
シャーロック達は依頼の中でアイリーン・アドラーと言う娼婦と出会いますが、寸でのところでCIAの妨害を受け写真を取り戻すことに失敗してしまいます。

CIAの関与とアドラーに渡された暗号を解読することで、あるテロ組織が飛行機の爆破を計画していることを知ります。
イギリス政府は爆破する飛行機を無人にし被害を出さない計画をしていましたが、シャーロックが捜査することでテロリストに計画がばれてしまいます。
テロを密告したアドラーはテロリストに捕らわれ処刑されそうになりますがシャーロックが助け出し、アドラーは処刑されたことになり身を隠して生活します。

第二話「バスカヴィルの犬」

いつもどおり平凡な事件にいらつくシャーロックに不可解な事件が舞い込みます。
ひとつは少女から「光るウサギ」の捜索依頼、もうひとつはヘンリーという青年の父を殺した、生物兵器研究所から逃げたという噂の黒い犬「ハウンド」の捜索依頼でした。

シャーロック達はハウンドを作ったと思われる研究所に忍び込みますがばれてしまい、シャーロックのファンであるフランクランド博士に助けられ窮地を脱します。

捜査を進めてみると、ハウンドは噂を利用し観光客を呼ぼうとした地元のレストランの店主が野犬を飼いならしたものでした。
そして少女の光るウサギが実験の結果生まれたもので、誤って少女の手に渡ってしまった物だということがわかります。

シャーロックはハウンドは犬のことではなく、研究所で作られた化学兵器の名前で、ハウンドを打たれた人間は正気を失い実験は中止になっていたことを思い出します。
そしてフランクランド博士もハウンドの開発に携わっていました。

依頼者のヘンリーは、父を殺した犬は薬で見せられていた幻覚で、本当は父を殺した犯人の服に書かれていた文字だということを思い出します。
ヘンリーの父を殺した犯人はフランクランド博士で、シャーロック達に追い詰められたフランクランド博士は軍事基地の地雷原にはまり爆死します。

第三話「ライベンバッハ・ヒーロー」

シャーロックとワトソンは大きな事件をいくつも解決しメディアにも注目の的になっていました。
そしてモリアーティはセキュリティを解除するコードキーを開発しましたが、ロンドン塔に侵入したところを警察に逮捕されます。
しかしモリアーティは裁判で陪審員を脅して無罪となり、全世界に自分の力を誇示します。

その後シャーロックは幼い兄妹の捜査依頼を受けますが、それはモリアーティが仕組んだ罠で、モリアーティはシャーロックの名声を地に落とし破滅させる計画を立てていたのです。

シャーロックはモリアーティと病院の屋上で対峙します。
モリアーティは、シャーロックが屋上から身を投げて自殺しなければワトソン、大家のハドソン夫人、レストレード警部は自分の仕向けた殺し屋に狙われると脅します。
そしてシャーロックが死ぬ意外に三人を助ける方法をなくすために、モリアーティは自殺します。
シャーロックは駆け付けたワトソンの前で、屋上から身を投げて自殺します。

シャーロックの葬儀が終わり、ワトソンはシャーロックの墓に声をかけます。
そして墓地の影から、その姿をシャーロックは静かに見つめていました。

【SHERLOCK/シャーロック】シーズン3のネタバレ・あらすじ


Huluの無料トライアルでクリミナル・マインドを視聴する

第一話「空の霊柩車」

シャーロックの自殺から2年が経ち、ワトソンはシャーロックの家を離れて暮らしていました。
シャーロックが死んだショックからいまだ立ち直れていないワトソンですが、メアリーという恋人と結婚まで秒読み段階にまで発展しています。

ワトソンがメアリーにプロポーズしようとするところに、シャーロックが現れます。
シャーロックは自殺したと見せかけて生き延び、モリアーティの組織を壊滅するために一人闘っていました。
雪山でマイクロフトに見つかり、イギリスで活動を始めた新たな悪の組織と対峙させるために街に連れ戻されたのです。
ワトソンは自分に生きていたことを伝えなかったシャーロックに憤慨し、シャーロックの前から消えます。

国会議事堂の爆破テロを計画するモラン卿の存在を知り、シャーロックとワトソンは和解し協力します。
地下鉄職員から乗客が消えた事件の依頼から地下鉄には使われていない廃駅があることに気が付いた二人は、国会議事堂の地下にある廃駅に仕掛けられた爆弾を発見し解除、モラン卿は逮捕されます。
しかしシャーロックは事件の裏に黒幕がいることを疑います。

第二話「三の兆候」

ワトソンとメアリーは結婚し、シャーロックは祝いのスピーチを始めます。
スピーチの中でシャーロックは、ワトソンが自分たちの広告のために公開していたブログの記事から、未解決の事件を紹介し始めます。

一つ目は「血まみれの衛兵事件」。
結婚式の前にメアリーがスティーヴン・ベインブリッジという宮殿衛兵をシャーロックに紹介します。
内容はベインブリッジ誰かに毎日ストーカーをされていて、その犯人を突き止めたいという依頼でしたが捜査中にベインブリッジは刺されて重傷を負い、犯人は不明のままでした。

二つ目は「カゲロウ男の事件」。
泥酔していたシャーロックとワトソンの元にテッサという女性から持ち込まれた依頼で、デートした男性が突如消えてしまい彼のアパートに行くと大家に彼は数日前に死んだと伝えられ意味が分からないという相談でした。
シャーロックは、正体不明の「カゲロウ男」は新聞の訃報欄から独身男性の名前を盗み、勝手にアパートを使用していたのだと推理します。

シャーロックはスピーチの中で結婚式の招待客とカゲロウ男はつながりがあるのだと推理します。そしてカゲロウ男はベインブリッジを使い殺人の予行演習をしていたことに気が付きます。
衛兵であるベインブリッジを狙ったのは軍服を着ている別な人間が本来のターゲットで、そのターゲットとは新兵から恨まれているショルトー少佐であることを突き止め殺人を未然に防ぎます。

カゲロウ男は結婚式のカメラマン役をしていたジョナサン・スモールでした。
死んだ男のふりをしていたのは、使用人からショルトー少佐の情報を聞き出すための作戦だったのです。

事件の後シャーロックはメアリーが妊娠していることを推理し、ワトソン夫婦に祝いの言葉をかけて会場を後にします。

第三話「最後の誓い」

新聞社のマグヌセンは、イギリス首相を脅した罪で査問委員会にかけられていました。しかし査問委員長のレディ・スモールウッドを夫のネタを元に脅迫します。
スモールウッドはマグヌセンに対処するために、シャーロックに協力を依頼します。

シャーロックとワトソンはマグヌセンの新聞社に忍び込みますが、そこには居ないはずのメアリーが居ました。
メアリーはシャーロックを撃ち、マグヌセンを殴り逃げ出しますが、手術で奇跡的に助かったシャーロックに、自分は外国の諜報部員で、自分を終身刑にできる情報をマグヌセンに握られたためマグヌセンを狙ったことを明かしますが、ワトソンには黙っていてほしいと頼みます。
しかしワトソンはそのすべてを聞いていました。

メアリーはワトソンに自分の情報がすべて入ったフラッシュメモリを渡しますがワトソンはそれを処分し、メアリーを受け入れることを誓います。

シャーロックはメアリーの情報を削除するようマグヌセンに交渉を持ちかけますが、マグヌセンの本当の狙いはマイクロフトでした。
マグヌセンは超人的な記憶力で人々の秘密を脳内だけで保管していると知ったシャーロックはマグヌセンを射殺します。

その後シャーロックは身を隠すため国外での潜入任務につきますが、そのころイギリス中のテレビには、モリアーティの姿が映し出される事件が起き、シャーロックは早々にイギリスに呼び戻されます。

【SHERLOCK/シャーロック】シーズン4のネタバレ・あらすじ

第一話「六つ目のサッチャー」

シャーロックはモリアーティの再来でイギリスに戻ることになり、マグヌセンを殺害した罪で査問委員会にかけられますが、イギリス政府の証拠偽造で無罪となります。

シャーロックとワトソンはモリアーティに動きがあるまでは普段通りの活動を続けます。
ワトソンとメアリーの間には娘が生まれていました。

ある日レストレード警部からシャーロックに、不審な死を遂げた大臣の息子の捜査依頼がありました。
捜査はあっさり終わりますが、大臣の家ではサッチャー元首相の石造が壊されていることに気づきます。
モリアーティとの関係を疑ったシャーロックは、連続石造破壊の捜査に乗り出します。
捜査する中で、石造破壊の犯人はエイジェイというメアリーの元同僚で、メアリーの裏切りを疑い強く憎んでいたことがわかります。

メアリーは自分の過去を消すために世界中を飛び回りますがエイジェイに見つかってしまいます。
しかしエイジェイはすでに裏切り者は別にいることを知りメアリーを恨んでいなかったことを明かしますが、駆け付けた警官に射殺されてしまいます。

シャーロックは裏切り者探しを始めます。
査問委員のヴィヴィアン・ノーベリーが犯人だと突き止めるシャーロックですがノーベーリーに口封じのために命を狙われます。
しかしメアリーがシャーロックをかばってノーベリーに射殺されてしまいます。

シャーロックの自宅にはメアリーからのメッセージビデオが残されており、自分の死を予期していた彼女は「ワトソンを守ってほしい」というメッセージが残されていました。

第二話「臥せる探偵」

ワトソンはメアリーの死に深く悲しんでおり、娘を自分から遠ざけセラピーに通って生活し、シャーロックとも距離を置いていました。
シャーロックもメアリーが自分のために命を落としたこと、ワトソンが自分から離れてしまったことにショックを受け薬物に溺れていましたが、探偵業は一人で続けています。

ある日フェイスという女性が、父親のカルヴァートン・スミスが誰かを殺そうとしていると相談を受けます。
シャーロックは小さな手がかりからカルヴァートンは無差別に犯行を行おうとしていることに気づきますが、フェイスはシャーロックの前から姿を消してしまいます。

シャーロックはワトソンに協力を求めカルヴァートンが出資する病院に潜入し、カルヴァートンに罪を自白させようとします。
娘のフェイスも呼び出しカルヴァートンに自白させようとしますが、そこに来た娘のフェイスはシャーロックに依頼をした女性とは別人でした。
薬物を服用していたシャーロックは錯乱し、手元にあったメスでカルヴァートンを殺そうとしますがワトソンに止められます。
ワトソンはその勢いで「メアリーを殺したのはお前だ」と罵りシャーロックを殴り続けます。
シャーロックはそのまま病院に入院し、ワトソンは過去に自分が使っていた杖を置いて去っていきます。

カルヴァートンはシャーロックの見舞に訪れますが、そこでシャーロックからみじめになってしまった自分を殺してほしいと打ち明けられ、カルヴァートンも自分は殺人者であることを打ち明けます。
しかしこれはカルヴァートンに自白させるシャーロックの罠で、ワトソンが渡した杖には録音装置が仕込まれていることを見越しての行動でした。

事件は解決しましたが、フェイスの偽物の謎が残ります。
ワトソンはセラピーでセラピストとして登場した偽物のフェイスに出会い、彼女がシャーロックとマイクロフトの妹のユーラスであると知ります。

第三話「最後の問題」

シャーロックはユーラスの存在を覚えていませんでしたが、マイクロフトがユーラスは子供のころ理解されないことに苦しみ放火事件を起こした末に離島にある精神療養施設に収監されていたことを伝えます。
またモリアーティの映像も、マイクロフトは過去にユーラスに頼まれモリアーティに接見させたときに撮影させたものだろうと明かします。

ユーラスは執拗にシャーロックを追い、ついにはシャーロックの自宅を爆破します。
シャーロック、ワトソン、マイクロフトはユーラスを探すためその精神療養施設に向かいます。
しかしすでに精神療養施設はユーラスが支配しており、ユーラスは三人を監禁しそれぞれに銃を持たせ、誰かを救うためにほかの誰かを殺せるかという実験をさせます。
どちらかを選ぶことはできなかったシャーロックは自殺することで実験を終わらせようとしますが、シャーロックに執着していたユーラスは三人に鎮静剤を打ち実験を中止します。

シャーロックは幼い頃に家族で住んでいた実家の井戸で目を覚まします。
シャーロックは今回の件までユーラスのことを忘れていましたが、ユーラスは過去にシャーロックの親友を井戸に落として殺害し、自宅が放火されたことで強いショックを受け、記憶を封じ込めていたことを思い出します。
ユーラスの行動はすべて自分からの愛情が欲しかったためだと察したシャーロックは、彼女に寄り添いなだめることで事件を収束させます。

その後ユーラスは精神療養施設に収監され、シャーロックは彼女の元を見舞うようになります。
自宅アパートはシャーロックとワトソンの手で元通りに復元され、二人はまた街で起こる事件の謎を解くのでした。

SHERLOCK/シャーロックをHuluで見る

【SHERLOCK/シャーロック】主要キャストの紹介

ベネティクト・カンバーバッチ(シャーロック・ホームズ役)

ベネティクト・カンバーバッチ
1976年7月19日生まれのイギリス人俳優です。
カンバーバッチは元々イギリスの由緒ある劇場で活躍する舞台俳優でしたが、スティーブン・ホーキング博士の半生を描いた「ホーキング」で本格的にテレビ俳優として活躍します。
アニメ映画「ペンギンズ」では声優として出演し、映画「ホビットシリーズ」では声優とモーションキャプチャーを担当するなど多彩な活躍を見せています。
近年特に注目されたのが、マーベル映画の「ドクターストレンジ」の主人公スティーブン・ストレンジ役で、カンバーバッチが原作コミックのストレンジと瓜二つなことから評判となりました。
カンバーバッチはイギリス人ということもありシャーロック・ホームズには造詣が深く、最初は自分にホームズ役は力不足であると思っていたそうですが、制作サイドの熱意に押され台本の読み合わせに参加し、その場で作品の魅力に惚れこみ出演を快諾したそうです。

マーティン・フリーマン(ジョン・ワトソン役)

マーティン・フリーマン
1971年9月8日生まれのイギリス人俳優です。
映画「アリー・G」や「ラブ・アクチュアリー」「銀河ヒッチハイクガイド」などに出演歴があり、最近ではマーベル映画の「シビル・ウォー/キャプテンアメリカ」や、「ブラックパンサー」に出演しています。
また、主演のカンバーバッチとは本作のほかに、映画「ホビットシリーズ」で共演を果たしています。
フリーマンの代表作と言えばコメディドラマ「The office」のティム・カンタベリー役ですが、本人はティム役の印象があまりに強く自分のキャリアに長い影を落としていると話しています。
メアリー役のアマンダ・アビントンとは私生活でもパートナーであり、二人の子をもうけましたが2016年に離別しています。

マーク・ゲイティス(マイクロフト・ホームズ役)

マーク・ゲイティス
1966年10月17日生まれのイギリス人俳優・コメディアン・脚本家です。
「名探偵ポワロ」、「ゲームオブスローンズ」、「ドクター・フー」などに出演しています。
イギリスでは有名なコメディアン集団「ザ・リーグ・オブ・ジェントルメン」のメンバーで、実は活動歴は俳優よりもコメディアンの方が長いです。
また兼ねてから脚本家としても活動しており、本作でもシリーズを通して製作総指揮と多くのエピソードで脚本の執筆という重要な役をになっています。
本作のプロモーション撮影に使われた衣装の一部はゲイティスの私物で、ゲイティスが本作の細かな演出にまでこだわっていることがわかります。

アンドリュー・スコット(ジム・モリアーティ役)

アンドリュー・スコット
1976年10月21日生まれのアイルランド人俳優です。
舞台、映像作品両方で幅広く活躍する俳優で、映画「007スペクター」、「アリスインワンダーランド/時間の旅」、テレビドラマ「バンドオブブラザーズ」などに出演しています。
ホームズ役のカンバーバッチは演じるにあたって原作を読み込んだそうですが、対してスコットは原作を一切読まずにモリアーティ役を演じきったそうです。
本作のモリアーティは原作とはまったく違うキャラクターで、スコットはせっかくならこれまでのモリアーティのイメージにとらわれずに演じたかったと語っています。

ルパート・グレイヴス(グレッグ・レストレード役)

ルパート・グレイヴス
1963年6月30日生まれのイギリス人俳優です。
テレビドラマ「MI-5 英国機密諜報部」、「ドクター・フー」、「12モンキーズ」などに出演しています。
実力派俳優と名高いグレイヴスですが実は演劇学校には通っておらず、15歳からサーカスでピエロとして働いていた異色の経歴の持ち主です。

ユーナ・スタップス(ハドソン夫人役)

ユーナ・スタップス
1973年5月1日生まれのイギリス人女優です。
「バーナビー警部」、「アガサ・クリスティ ミス・パープル」などに出演しています。
カンバーバッチの母であるワンダ・ヴェンザムとは古くからの友人で、カンバーバッチとは幼いころから交友があったそうです。

【SHERLOCK/シャーロック】監督の紹介

マーク・ゲイティス
シリーズ通して本作を製作総指揮したのは、マイクロフト・ホームズとしても活躍しているマーク・ゲイティス氏です。
今までゲイティスは主にコメディアンとして活躍していましたが、コメディ映画の自主製作をする中で演出の腕を磨き、本作の製作総指揮と脚本に抜擢されました。
本作で、制作サイドとして参加した初の英国アカデミーテレビ賞最優秀ドラマシリーズ賞を受賞しています。
ゲイティスは「過去にいくつかのヒット作はあるが、中でもシャーロックは別格だ」と話しています。
SHERLOCK/シャーロックをHuluで見る

関連記事

オリジナルズ

海外ドラマ【オリジナルズ】ネタバレとあらすじ

海外ドラマ「ハンニバル」

海外ドラマ「ハンニバル」ネタバレとあらすじ

メンタリスト

海外ドラマ「メンタリスト」ネタバレとあらすじ

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪

海外ドラマ「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」ネタバレとあらすじ

TAXI ブルックリン

海外ドラマ【TAXI ブルックリン】ネタバレとあらすじ

LOST

海外ドラマ「LOST」ネタバレとあらすじ