『シャーロック』第五話(19/11/4放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレ、考察、視聴率情報はこちら!!

シャーロック_05

ディーン・フジオカさんが現代風シャーロックを熱演!秋の月9ドラマ「シャーロック」は、あの推理小説の傑作「シャーロック・ホームズ」をモチーフにした新感覚のミステリードラマです。コナン・ドイルによる原作の小説をベースに、ドラマでは舞台を現代の東京にアレンジしています。

登場人物も現代風の設定で、シャーロックは犯罪コンサルタントの誉獅子雄(ほまれ ししお)、ワトソン君は精神科医の若宮潤一…という感じで、有名キャラを元にした人物たちが新たな個性で活躍します。これまでのストーリーでは、獅子雄が若宮を都合よく振り回して、難解な事件を次々に解決。若宮は身勝手な獅子雄に不満を抱きつつも、しっかり乗せられて助手として働かされています。

第五話では、なんと歩く死体が登場!?現場には大量の血液や狂気が散らばっているのに、なぜか肝心の死体が見当たりません。獅子雄は「死体は誇り高い。生きてる人間みたいにウロチョロしない!」と言って、さっそく捜査に乗り出しますが…!?今回はそんな「シャーロック」第五話のあらすじをネタバレありでご紹介します!

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリ「FOD」がオススメです。スマホ・タブレット・パソコン・テレビにも対応していて、無料会員ならいつでも最新の人気番組の見逃し配信を楽しむことができます!もちろん「シャーロック」の最新エピソードも、放送直後から無料で一週間配信中です!

さらに月額888円の有料会員になれば、人気の映画・ドラマ・アニメ・バラエティなどがCM無しで見放題!毎月もらえる1200円分のポイントを使って、有料レンタルの作品や雑誌・漫画など電子書籍も購入できます。初回は一ヶ月間の無料お試し期間がありますので、ぜひアプリをダウンロードして便利さやオトクさを体感してみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【シャーロック】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『シャーロック』は『FOD』と『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【シャーロック】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年11月4日(放送終了後)~2019年11月11日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
FOD 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 放送後1週間限定の配信がほとんどなのでまとめて視聴ができない。
  • 動画の途中に30秒~1分程度のコマーシャルが何度か入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【シャーロック】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【シャーロック】前回までのあらすじ

シャーロック_04
視聴率がジワリと2桁にアップ!秋の月9ドラマ「シャーロック」は、あの推理小説の傑作「シャーロック・ホームズ」をモチーフにした新感覚のミス...

獅子雄と若宮がボクシングチャンピオン・梶山裕太にかけられた疑いを見事に晴らしました。ストーリーは、今回も獅子雄が若宮を連れ回して、ボクシングを観戦するところからスタート。獅子雄は楽しみにしていた梶山裕太の試合がとつぜん中止になったと聞いて、大激怒。獅子雄は楽屋に飛び込んで行き、「梶山を出せ!」と猛抗議します。すると、その場にとつぜん警視庁捜査一課の江藤まで登場。なんと、梶山が近所で起きた殺人事件の現場付近で目撃されたため、重要参考人として追っている事を明かします。

関係者が騒然とする中、獅子雄は梶山裕太の楽屋の中に置かれた、オレンジ色の女性ものの傘に注目。なぜかメッセージカードは空っぽでした。獅子雄ははさっそく捜査に参加して、梶山がなぜ姿を消したのか調べることにします。

まずは、殺人事件の被害者・村川と、梶山裕太の接点からです。もちろん獅子雄は、今回も若宮をうまく利用して情報収集。その結果、村川は実は悪質なイタズラで梶山の元恋人・優子を事故にあわせ、死に至らしめた人物だと判明します。そして優子には、梶山と別れた後に一人で産んだ息子・潤がいました。しかも、潤は今、梶山が所属するジムに通っています。母が残したノートから、自分の父が梶山裕太だと知っているようでした。

さらに獅子雄は関係者への聞き込みを行い、状況を整理…。殺人事件の犯人は、梶山を育て上げたジムの会長・石橋だったと断定します。獅子雄は試合会場のリングに石橋を呼び出し、その罪を追及。その場には、江藤が何とか見つけて連れてきた梶山と、若宮が連れてきた潤も姿を現します。

観念した石橋は「梶山が憎かった…!」と狂ったようにわめき散らします。その動機は、梶山への激しい嫉妬。密かに思っていた優子を年下の梶山に取られ、子供まで作って、さらにはボクシングでもあっという間に追い抜かれてしまい、ずっと屈折した思いを抱いていたのです。

そんな石橋の前に潤が現れたことで、石橋は「梶山の全てを奪ってやろう」と画策。まずは梶山に優子の死去と、息子・潤の存在を知らせてから、潤が村川を殺害するかのようなメッセージカードをオレンジの傘に仕込みました。梶山は息子の潤が殺人犯になってはいけないと思い、現場付近を全力疾走。しかし、現場には潤の姿は無く、既に石橋が殺した村川の死体が転がっていました。それで梶山は潤をかばうかのように、一人で逃亡を続けていたのです。

こうして石橋は逮捕され、事件は解決。梶山はタイトルを剥奪されて、ジムを移籍しましたが、また「ゼロからスタート」だと張り切っています。そして、潤も、ボクシングを続けることを決意。自分の試合のチケットを獅子雄と若宮にプレゼントしてくれます。獅子雄はそのチケットを嬉しそうに受け取り、潤と梶山の活躍に大いに期待しているようでした…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【シャーロック】第五話「死体が歩く夜・・・真相は、愛か狂気か」(11月4日放送分)ネタバレ・あらすじ

江藤は、また困った事件を抱えて獅子雄の元へ。その事件は、何とも奇妙なものでした。土曜の午後2時ごろ、女性からの緊急通報を受けて警察が現場へ急行。現場は大量の血液が飛び散り、破れたシャツ、血まみれのタオル、電動のこぎりや包丁が残されていました。しかし…肝心の被害者がどこにもいません。廊下やマンションの内での目撃証言も無く、部屋の持ち主・町田も「全く身に覚えが無い」と言うのです。

江藤たちは町田の関与を疑っていましたが、町田は衆議院議員・町田陽介の次男。早々に上から圧力がかかり、警察は町田を解放するしかありませんでした。江藤は「何とかしてバカ息子の化けの皮、剥がしたいんだよ!」と言って、獅子雄に協力を要請しますが、獅子雄はイマイチ気乗りしない様子…。

そこで若宮が「死体が歩いたのかな?」と煽ると、獅子雄は「死体は誇り高い!生きてる人間のようにウロウロしたりはしない!!俺が教えてやる!!」とバッサリ。今回は珍しく、獅子雄の方が若宮に乗せられて捜査に乗り出します。

まず、最初に判明したのは部屋の持ち主と、大量に飛び散った血液の主。部屋の持ち主は松門建設の社員・町田という人物で、事件には全く身に覚えが無いようでした。そして、現場に落ちていたシャツから、血液の主は「乾貴之」という人物だったことが判明。乾は、なんと町田の部下で、生前は町田からのパワハラに苦しんでいました。

乾の母・千沙子は、「パワハラのことは息子から聞いていました。町田という人は人をいじめて喜ぶ性格だって。俺はターゲットにされたって…」と証言。獅子雄たちは会社の人間にも確認しますが、みんな守りに入って全く口を割りません。

ただ一人、乾の先輩・清水だけは「実は町田主任のパワハラがひどくて…期待してるって持ち上げて、仕事を任せて。なのに必要な助け舟は出さない。それで失敗したら叱りつける。やられた方はたまったもんじゃありません」と情報提供してくれました。

獅子雄たちが捜査を進める中、さらに新たな事件が発生。町田が夜道で襲われ、全治6週間のケガを負ったのです。しかも、町田のスマホには、乾のスマホからパワハラの証拠音声が送信されていました。町田は「あいつは…俺を恨んでた。俺に復讐してるんだ…」と言って、乾の存在に怯えます。

この襲撃事件は町田の父が手を回したので、警察発表はありませんでした。しかし乾の母・千沙子が取材に応じた為、マスコミはこの件を一斉に「パワハラ犯人は大物代議士の息子!」「復讐の亡霊殺人」「歩く死体」などと報道。千沙子はカメラの前で「必ず生きていると信じております…」と悲痛に叫んでいました。

獅子雄は若宮に「リアル・ウォーキング・デッド。お前の言ったとおりになったな。確かめに行くか…」と言って、今度は乾の自宅へ。千沙子に「ご主人には相談しなかったんですか?」と尋ねます。すると千沙子は「あの人は何もしてくれません。この1年くらいは…お恥ずかしい話なんですけど、女性のところに…」と答えました。

獅子雄は、部屋に置かれたクリスマスツリーが気になった様子。まだ飾るには時期が早いのでは?と思ったようです。一方、若宮は乾と千沙子の心情を思いやりつつも、千沙子の手に巻かれた包帯に着目。後から「あのお母さん看護師だったんじゃないかな?手首の包帯医療関係者の巻き方だった」とつぶやきます。

すると獅子雄もこれに食いついて、「どこの病院で看護師をしていたのか、病院ネットワークを使って調べてくれ」と指示しました。さらに獅子雄は、乾の父・貴久を訪問。貴久は自分用のマンションを借りて、そこに入り浸っていました。こうして情報がそろったところで、獅子雄はいつも通りバイオリンを弾いて推理タイム。ついに明らかになった「歩く遺体の謎」の真相は、想像を絶するもので…!?

↓ 第五話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】歩く遺体のミステリー、その壮絶な真相に思わず絶句!?

「歩く遺体の謎」、その真相はあまりにも壮絶なものでした。結論から言うと、乾貴之はやはり自殺。町田からのパワハラを苦にした自殺でした。そのご遺体は…まさに灯台下暗し。乾の自宅に隠されたままでした。全ては、乾の母・千沙子が、息子の無念を晴らすために仕組んだものだったのです。

乾が自殺したのは、仕事のコンペに負けて町田に罵倒された夜。 2階の自分の部屋で首をつって自殺しました。 翌朝、息子の変わり果てた姿を見た千沙子は絶望。町田への復讐を誓い、行動を開始しました。千沙子は看護師としての知識を活かし、息子の遺体から血を抜いてドライアイスで保存。季節外れのクリスマスツリー…その後ろの扉に息子の遺体を隠し続けます。

そして町田を陥れるため、息子の血液を町田の部屋でぶちまけ、シャツや凶器を置いて偽装工作したのです。町田の襲撃事件も、同じように千沙子が仕組んだもの。清水は、実はいい先輩などではなく、自分もかつては町田のパワハラの被害者だったのに、乾へのパワハラに加担していました。そのため千沙子は清水にも脅迫メールを送り、町田を襲わせたのです。

獅子雄が千沙子本人を問いただすと、千沙子は思わず取り乱して感情を爆発させます。「あれは殺人でしょ!?殺人を犯した者はね、裁かれなきゃならないのよ!誰も罰してくれない。だったら母親の私が裁くしかないでしょ!?あの子がいてくれたから、主人とのこともつらくなかったわ。なのに…あいつは貴之と私の2人分の命を奪ったのよ!その分裁かれて当然でしょ!?」

すると獅子雄は「いいや。だが全ては見えていない。昨日ご主人のところに行ってきたが、愛人なんていなかったよ…」と答えます。なんと、先日実際に行って確かめてみたところ、貴久は一人でコンビニ弁当を食べていました。貴久はいつまでたっても息子にベッタリな妻の姿を見ているのが苦痛で、一人で息抜きできる部屋を借りていただけだったのです。

勝手に勘違いしていた千沙子は、この事実に思わず絶句。獅子雄は静かに「これ、ご主人に見せてもらった…最後の言葉は、「お母さん解放してくれ」って…俺にはそう読める」と言って、メールの画面を見せます。そこには、息子から父・貴久宛てに(ごめん。僕もう無理。お母さんと仲良くして…)と書かれていました。

江藤がそっと「息子さん、解放してあげてください。もう泣いてもいいんじゃないですか?」と声をかけると、千沙子はクリスマスツリーの奥に隠した息子・貴之の元へ。「私があなたを…殺したの?ごめんなさいね。ごめんなさいね…」と号泣して、息子の遺体にすがりつきました…。

こうして、事件は解決。千沙子は、死体遺棄、死体損壊住居侵入などの罪に問われることになります。若宮は事件を振り返って、「母親の心理って難しいな」とポツリ。すると獅子雄は「全ての女性の心理は謎だ。分かろうとしてはいけない…」と、いつも通りアッサリした態度です。

若宮が呆れたように「俺にはそんなふうに割り切れないね」と答えると、獅子雄は「シマウマはいつもくよくよしていました。うんざりしたライオンは、どこかへ行ってしまいましたとさ。めでたしめでたし…」なんておどけて部屋を出て行きました。

そんな獅子雄の背中を見つめながら、なぜか若宮は不安な気持ちに駆られていました…。(事件は真相が分かれば終わる。この男と僕の関係にもいつか終わりは訪れる。…それはどんな終わりなんだろう?少なくとも幸せな結末ではない。そんな気がした…)

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

第五話ゲスト出演

乾貴之役…葉山奨之
乾千沙子役…若村麻由美
乾貴久役…小市慢太郎
町田卓夫役…永井大
清水弘人役…小澤亮太
真澄役…若月佑美

【シャーロック】第五話まとめ

今回は獅子雄たちが「歩く死体のミステリー」を解明しました。その事件とは、現場が血だらけで凶器も発見されているのに、なぜか遺体がどこにも見当たらない…という不可解なもの。獅子雄は「死体はウロウロしたりしない!」と言って、捜査を開始します。

まず、最初に判明したのは部屋の持ち主と、大量に飛び散った血液の主。部屋の持ち主は町田という人物で、事件には全く身に覚えがありませんでした。そして、現場に落ちていたシャツから、血液の主は「乾貴之」という人物だったことが判明。乾は、なんと町田の部下で、生前は町田からのパワハラに苦しんでいました。

獅子雄たちが捜査を進める中で、さらに新たな事件が発生。町田が夜道で襲われ、全治6週間のケガを負ったのです。町田は「あいつは…俺を恨んでた。俺に復讐してるんだ…」と言って、乾の存在に怯えます。

しかし、捜査の結果、やはり乾は自殺していたことが判明。町田からのパワハラを苦にした自殺でした。そのご遺体は…まさに灯台下暗し。乾の自宅に隠されたままでした。全ては、乾の母・千沙子が、息子の無念を晴らすために仕組んだものだったのです。

事件解決後、獅子雄は「全ての女性の心理は謎だ。分かろうとしてはいけない」と言って、相変わらずアッサリした態度。そんな獅子雄に、若宮はなぜか密かに不安な気持ちを感じているようでした…。

【シャーロック】次回の展開予想、考察


次回のミステリーは、「前世殺人の記憶を持つ少女」!?なんと、17歳の女子高生・高遠綾香が「わたし、人を殺したんです…」と衝撃の告白をします。しかも、その証言通りに死後20年以上が経過した遺体が発見されたので、世間はもう大騒ぎです。

若宮は「前世なんてあるわけないじゃん」と笑いますが、獅子雄は「俺が突き止めたいのは、なぜ彼女が知ってたかだ…」と興味津々。早速、いつも通り江藤とともに捜査を始めます。

予告動画では、獅子雄が「カナリア」が入った鳥かごと、ビデオテープを持っているシーンが印象的。このふたつが次回のミステリーを解く、重要なカギになりそうです…。

【シャーロック】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 12.8%
第二話 9.3%
第三話 9.9%
第四話 10.6%
第五話 9.3%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

G線上のあなたと私_05

『G線上のあなたと私』第五話(19/11/12放送)の無料見逃し配信サイト、あら...

シャーロック_07

『シャーロック』第七話(19/11/18放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ...

シャーロック_02

『シャーロック』第二話(19/10/14放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ...

死役所_04

『死役所』第四話(19/11/6放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメ...

シャーロック_03

『シャーロック』第三話(19/10/21放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ...

シャーロック_04

『シャーロック』第四話(19/10/28放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ...