CATEGORY:Amazonプライム

Amazonプライムの評判お試し口コミ調査

アマゾンプライムビデオ
Amazonプライム・ビデオが、ほかのビデオオンデマンド・サービスと最も異なる点は、動画配信に特化していないという点にあります。
ご存知の通り、Amazonはインターネット・ショッピングの会社であり、Amazonプライムは、そこでショッピングをする上で一段階上のサービスをカスタマーに提供するため、生まれました。
そのため、ほかの動画配信サイトには無い独自の特典が数多くあります。

amazonプライム
たとえば、Amazonで買い物をした際、その配送料がタダになります。
現在Amazonで買い物した際、その合計金額が2000円以下の場合、送料が350円かかります。
送料を無料にするには、あえてまとめ買いして合計金額を2000円以上にしなければいけないわけですが、Amazonプライム会員ならば、そういった心配もありません。
それだけでなく、通常は360円かかる「お急ぎ便」や、360円かかる「お届け日時指定便」、さらには514円かかる「当日お急ぎ便」まで、無料かつ制限無く使うことができます。
この配送に関する特典だけでも、かなりお得です。

音楽聞き放題
またそれ以外にも、プライム・ミュージック内の100万曲を越える楽曲が聴き放題できるサービスや、プライム・フォトに好きなだけ写真を保存できるサービス、それからKindle本やマンガ・雑誌などが無料で読み放題というサービスまであります。
このように、動画配信以外でのサービスの手厚さが、Amazonプライムならではの特典であり、ほかの動画配信サイトと違う点です。

では、上記以外の細かな特典もご紹介したいと思います。
kindle
まず、Amazon独自の電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」。
各種キンドルを購入する際、プライム会員であれば、なんと4000円引きになります。

それから、Amazonにはプライムラジオというラジオが聴けるサービスも存在します。
そちらも無料で使用できます。
さまざまなジャンル別に分かれており、作業ミュージック・BGMとして音楽を流し続ける際などに役立ちます。

ほかにも、Amazonで度々行われるAmazonプライム会員限定セールや、プライム会員のみ30分早く参加できるセールなど、売り切れ続出セールが多数あります。
それらはプライム会員でないと購入できない仕組みになっていて、大変お得です。

以上をまとめると、Amazonプライム・ビデオはただの動画配信サイトではないということです。
それ以外のサービスが充実しており、もし月1・2回、Amazonでショッピングされる方でしたら、入会されることを是非お勧めします。

Aamzonプライムの料金

Aamzonプライムには、2つの料金システムが存在します。
年間プランと月額プランです。
アマゾンプライム会費
年間プランの場合、料金は3,900円(税込み)となり、月額に換算すると一ヶ月わずか325円になります。
月額プランの場合は、一ヶ月400円(税込み)となります。
つまり、年間プランのほうが、一ヶ月あたり75円安いわけです。

ただどちらのプランでも月額400円以下というこの金額は、動画配信サービスの一ヶ月あたりの料金としては、最安となっています。
先述した「Amazonお急ぎ便」や「お届け日時指定便」を1回利用されるのと、ほぼ同料金であるのを考えても、それがいかに破格かお分かりだと思います。
しかも、プライム会員と同住所の家族が2人まで登録でき、配送に関する同じ特典が受けられます。
月400円で、3人がその特典を得られるというわけです。

年間プランにおいて、気をつけるべき点が一点あります。
それは、申し込んだあと途中解約しても3900円が返金されないということです。
ですから、もしどちらのプランにするかでお悩みの場合は、まずは月額プランにするのがよいでしょう。
または、30日間の無料体験がありますので、まずはそちらに申し込んで様子を見てみるのがベターでしょう。
ちなみに、Aamzonプライムには学割が存在します。
学生の場合、無料体験の期間が一ヶ月ではなく六ヶ月と大幅に延びます。
さらにその後の料金も、年会費が1900円(税込み)となり、これは一ヶ月あたりに換算するとなんと約158円と破格になります。

無料体験で気をつけなければいけない点としては、自動解約されないということが挙げられるでしょう。
契約が自動的に更新されますので、うっかりしているとそのまま月額プランで入会させられるという危険があります。
ただ解約手続き自体はいたって簡単で、Aamzonのホームページから難なくできます。

Aamzonプライムの支払い方法についてですが、年間/月額どちらのプランを選んでも、クレジットカードからの引き落としとなっています。
つまりAamzonプライムに入会するには、クレジットカードが必要なわけですが、ただクレジットカードを所有していない場合でも、visaデビットカードや、プリペイドカードを使うことで、入会することができます。
プリペイドカードというのは、たとえばVISAプリペイドカードや、au walletプリペイドカードが一般的です。

Aamzonプライムのみのコンテンツ

最近では、動画配信サイトがほかの競合会社との違いを生み出すため、オリジナルのコンテンツを独自で制作・配信することが一般的になっています。
世界的な例を挙げると、ネットフリックスやHuluなどが有名ですが、Aamzonもまた同様に、プライム・ビデオにおいて、映画やドラマ、バラエティ番組といったオリジナルコンテンツを配信しています。
それらのほとんどは、Aamzonスタジオという制作会社によって作られ、すべて一括して管理されています。
そしてそれはアメリカのAamzonに限ったことではありません。
世界中のAamzonで同様にオリジナルコンテンツが制作されているわけです。
もちろん日本も同じです。
日本のAamzonによって、制作されたコンテンツは、ドラマ・バラエティ、子供向け番組などがメインですが、いくつかヒット作も生まれています。

たとえば往年の人気仮面ライダー「仮面ライダーアマゾン」のリブート版である『仮面ライダーアマゾンズ』や、ダウンタウンの松本人志さんによる『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』、そしてダウンタウンの浜田雅功さんと千原ジュニアさんによる自動車バトルバラエティ『戦闘車』などがそうです。
これらコンテンツに共通するのは、これまで地上波放送で活躍されてきたタレントを多く起用している点、地上波ではなかなか実現しにくい企画の面白さや自由度の高さから、地上波番組以上の評価を得ている点です。
またドラマでも、有名俳優の起用や、有名原作の映像化など、上記のバラエティと同様のことがいえます。

日本ではまだAamzonによる映画製作は行われていませんが、アメリカではたくさんのオリジナル映画を生み出し続けています。


ウディ・アレン


ジム・ジャームッシュ


ニコラス・ウィンディング・レフン

しかもただ作るだけではなく、世界的巨匠のウディ・アレンや、ジム・ジャームッシュ、ニコラス・ウィンディング・レフンといった新進気鋭の映画監督たちの新作を製作したり、また製作に関わった映画がアカデミー賞などの主要な映画祭の映画賞にノミネートされるなど、批評的にも成功を収めているのです。
もちろんそういったオリジナル映画作品もAamzonプライム・ビデオで観ることができます。

というわけで、Aamzonプライム・ビデオで見られる独占映像のまとめとしては、Aamzonというその世界規模の会社が運営する動画配信サイトだけあって、そのオリジナルコンテンツにおいても、量と質において、他社を凌ぐものとなっているということです。

他のビデオオンデマンドサービスを見る