『パーフェクトワールド』第六話(19/5/28放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あらすじ、ネタバレ、考察、視聴率情報はこちら!!

パーフェクトワールド_06

新章スタートでふたたび揺さぶられる運命…!「パーフェクトワールド」は、恋愛を諦めた建築士・鮎川樹と、運命の再会にときめくヒロイン・つぐみの純愛を描いたドラマです。これまでのストーリーでは、樹とつぐみが紆余曲折を乗り越えてようやく両思いに。しかし幸せな時は長く続かず、樹はつぐみに負担をかけたくない、幸せになってほしいと願って別れを告げてしまいました。

第六話では、樹とつぐみが別れの悲しみを隠し、それぞれ新たなスタートを切ります。ふたりはお互いの連絡先を消去し、仕事に熱中。しかし意外なところから、また二人の運命がつながっていき…!?病み上がりのつぐみは果たして…!?今回はそんな「パーフェクトワールド」第六話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【パーフェクトワールド】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『パーフェクトワールド』は『Tver』と『カンテレドーガ』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【パーフェクトワールド】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年5月28日(放送終了後)~2019年6月4日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
カンテレドーガ 最新話無料見逃し配信
FODプレミアム 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 放送後1週間限定の配信がほとんどなのでまとめて視聴ができない。
  • 動画の途中に30秒~1分程度のコマーシャルが何度か入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

視聴期限、広告を気にせず楽しみたい方はFODプレミアムがオススメ!

パーフェクトワールド_FOD
FODプレミアムに登録することで視聴期限を気にすることなく【パーフェクトワールド】他、最新ドラマから過去の人気ドラマ、バラエティ作品が楽しめます。

FODプレミアムのおすすめポイント!

  • 月額料金:888円(税別)
  • 無料期間:初回一ヶ月無料(Amazonアカウント利用)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 電子書籍:人気雑誌の最新号読み放題
  • ポイント付与:毎月合計1,200P付与
  • ボーナスP:毎月100P付与
  • 特徴:他社VODでは配信されないフジテレビの過去の名作ドラマが配信

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

【パーフェクトワールド】前回のあらすじ

駅で貧血を起こし、線路に転落してしまったつぐみ。しかし頭部は奇跡的に無事で、何とか左足の骨折だけで済みました。しかしつぐみの父・元久は樹を激しく責め、しまいには土下座までして「別れてくれ!!」と懇願。さらに療養のためだと言って、つぐみを長野の実家に連れ帰ってしまいます。

樹はせめてつぐみを見送りに行こうとしましたが、体調が急変して気絶。そのまま病院に運ばれ、高熱に苦しみ続けます。つぐみは実家でふさぎこんでいましたが、友人の美姫から樹の入院を聞いて、すぐに東京へ。元久とは激しい口論になってしまい、仲直りはできませんでした。

東京に戻ったつぐみは樹と抱き合って再会を喜びますが、樹の高熱はおさまりません。つぐみは自分が看病すると言いますが、樹はつぐみの前で格好悪いところを見せたくないからと断ります。すると葵はここぞとばかりに「あなたがいたら彼は苦しむだけなのに!帰って!」とつぐみを非難。さらに、つぐみと洋貴が一緒に帰って行く姿をわざと樹に見せつけて、二人の仲を阻みます。

樹は精密検査を受けますが、特に合併症の恐れなども無くぶじに退院が決定。しかし樹は愛するつぐみのことを想い…みずから身を引く覚悟を決めました。数カ月後、つぐみの骨折も完治して、二人は軽井沢で久々のデートを満喫。つぐみは「また来ようね♪」とはしゃぎますが、樹は「俺たち、終わりにしよう…」と泣きながら別れを切り出します。つぐみは「イヤ!イヤ!」と泣きじゃくり、樹にしがみつきました…。

【FOD】見逃し配信はコチラから!

【パーフェクトワールド】第六話「新章突入…決意」(5月28日放送分)ネタバレ・あらすじ

樹に別れを告げられたつぐみは、失意のどん底で自宅に帰ります。しかし、しおりと洋貴から父の元久が倒れたと聞き、急いで長野へ。病院につくと、元久は「この通りピンピンしてるぞ!」と笑い飛ばしますが、狭心症のため検査入院することになっていました。

以前から狭心症で投薬治療を続けていた元久。最近、症状が重くなっていたのに、娘たちには心配をかけたくないので黙っていたのです。何も知らなかったつぐみは目を潤ませ、「そんな大事なこと、何ですぐ言ってくれなかったの!?」と尋ねます。

すると元久は「言ったら何か変わってたか?お前が父さんの目を盗んで東京に帰ったときは、言っときゃ良かったって後悔したけどな…」とさびしそうな表情。つぐみはさらに表情を曇らせ、「鮎川君とは別れたよ…もう終わったの…」と暗い表情で答えました。

後日、つぐみはクランベリーズに退職届を出し、長野の実家に戻ることにします。元久の体調が心配だからという理由もありましたが、樹への思いをキッパリ断ち切らなければという理由も大きいものでした。

洋貴はつぐみの引っ越しを見届け、「俺、諦めてないから。つぐみのこと。今無理なのはわかってる。だけどいつか俺のほうに向かせてみせる。そのための努力をする。つぐみと結婚することが俺の夢だから」と想いをぶつけます。つぐみは「ありがとう、ヒロ…私のことそんなふうに思ってくれて。でも私…」と言いかけますが、ちょうどその時、引っ越し業者のトラックが来たので続きを言うことができませんでした。

いっぽう、樹もつぐみへの思いを断ち切れず、失意の日々。大好きな車椅子バスケに打ち込んでも、なかなか心は晴れません。晴人はそんな樹を飲みに誘い、「いっくん自身が壁作ってんじゃないの?障がい持ってるほうが壁作ったら相手は入ってこようにも入ってこれないよ。その壁取っ払うのが心のバリアフリーってやつじゃないの?」と明るく語ります。樹は思わず黙ってしまい、深く考えこんでいるようでした…。

そんな中、樹はナベさんから電話で「つぐみちゃん、2時のバスで松本に帰るらしい。このまま行かせていいのか?もう二度と会えないかもしれないんだぞ!?」と言われ、すぐに高速バスのターミナルへ。もう会えなくなるのなら、せめて最後に一目会って見送りたい…そんな思いに駆られ、必死で長野行きの乗り場へ向かう樹。しかし、残念ながらバスはもう行ってしまった後でした。

洋貴は樹が来ていることに気づき、「間に合わなくて良かったよ。お前の顔見たら、あいつまた迷ったかもしれない。まあお前も迷いがあったから来たんだろうけど。近い将来、つぐみにプロポーズする。だからもうあいつを惑わすようなことはやめてくれ!」と険しい表情で告げます。樹は「わかった、もう二度と会わない。川奈を幸せにしてやってくれ…」と精いっぱいの作り笑いで答えました。

樹は淡々とした表情で家に戻りますが、部屋に入ったとたん感情が爆発。机の上の書類をなぎ倒し、動かない足をバンバンと叩きます。そこに帰ってきた葵は、樹の荒んだ表情に呆然。樹は「川奈の見送りにいってたんだ。何で行ったんだろう。今更何言っても遅いのに。…間に合わなくて良かった。…別れたんだ俺たち。もう会うことはないと思う…」と苦しい胸中を明かします。

すると葵はとつぜん泣き出し、「川奈さんが現れてから、ううっ…私の居場所がなくなった気がしてた。この部屋にも、ううっ…樹君の心にも。気がつかなかったでしょ。ずっとあなたが好きだった。出会ったときからずっと!」と告白。樹はまさかの告白に戸惑い、「でも長沢さん、結婚…」と尋ねます。

葵は「離婚したの。結婚したら忘れられるって思ってた。けど甘かった。…離婚したら気持ちを打ち明けようって思ってた。けどシンガポールから戻ったら、もう川奈さんがいて…」と打ち明けました。何も知らなかった樹は「ごめん、気づかなくて…ほんと、ごめん…」と謝ります。

それでも葵はムリに明るくふるまい、「謝らないで。私が勝手に片思いしてただけだし。急にこんなこと言われても困っちゃうよね。忘れて。でもこれでまた元通りなんだよね。…元通りならそれでいいの」と答えました。

その直後、つぐみと樹はそれぞれお互いの連絡先を削除。東京と長野…その距離が二人を遠く隔て、ひとつの恋が終わりました。

そして二か月の時が経過。晴人は図書館で偶然しおりに再会し、思わず「これって運命じゃね!?」と大はしゃぎ。しおりは「違うんじゃね?」と笑って切り返し、晴人は「ちぇ~っ」と口をとがらせます。そしてしおりは「そういえば、お姉ちゃんたち別れたんだよね…」と何気なく近況報告。晴人は「俺の先輩も車椅子なんだけど、2カ月ぐらい前別れたんだよね。何か彼女が実家帰るらしくて…」と答えます。

するとしおりは「えっちょっと待って!?うちのお姉ちゃんも実家帰ったんだけど、2カ月前…」とビックリ。スマホでお互いの写真を見せ合うと、ふたりは同時に「つぐみちゃん!」「鮎川さん!」と声をそろえて叫んでいました。

晴人は調子に乗って「ねえこれ、やっぱ俺ら運命だよ。俺たちつきあおう!?」とはしゃぎます。しかし、しおりは「私、好きな人いるの…」とキッパリ。晴人は「おっ…秒殺~…」とつぶやき、スゴスゴ引き下がるしかありませんでした。

長野の実家に戻ったつぐみは、フリーのインテリアコーディネーターとして勤務。大手企業からの仕事依頼も好評で、日々忙しく、楽しく働いています。父の元久もとっくに退院し、順調に回復。つぐみが帰ってきたのが嬉しくて、活き活きしていました。
 
洋貴は時折つぐみの様子を見に来ては、直久と囲碁。直久は昔から洋貴のことを気に入っているので、もう家族同然のような朗らかな雰囲気です。さらに洋貴は「たまには、2人っきりで会いたいじゃん…」と言い、つぐみを東京でのデートに誘います。つぐみが「しおりにも会いたいし…行く…」と答えると、洋貴は「やった!」と大喜び。何度も振り返って手を振りながら、軽やかな足取りで帰っていきました。

翌週の土曜、つぐみは久々に東京へ。洋貴とミュージカルを観て、ちょっと高級なレストランで食事を楽しみます。そしてデートの最後には、洋貴がつぐみに「俺たち結婚しない?つぐみとは交際期間とかいらないと思うんだ。俺はずっとお前のそばにいてお前のこと見てきたから。俺、お前を幸せにする自信がある!!」と突然のプロポーズ。

それでも、つぐみは「私もヒロのことは好き。でも…別れた日のことがまだ生々しく残ってて。あの時どうすれば良かったのか、何て言えば良かったのか…何度も何度も繰り返し考えるんだけど、答えが出なくて…」とまだ思いを引きずっている様子。

すると洋貴は、つぐみに突然キス。「お前の中の鮎川が消えてないってことぐらい分かってる。あれだけの恋愛をしたんだから当然だよ。だけどそれも全部引き受けたいんだ。全部ひっくるめてつぐみだと思ってるから…」と言って抱きしめます。つぐみは戸惑いながらも、洋貴の背中にそっと手を回しました。

そんな二人の会話を少し離れたところで聞いていたのが…ぐうぜん通りかかった樹でした。樹はつぐみ達がキスをして抱きしめ合うところを見てしまい、ただ呆然と佇んでいました。

樹は雑誌の取材を受けるなど、仕事面では絶好調。雑誌掲載の影響は大きく、渡辺設計事務所には樹を指名しての仕事依頼がたくさん舞い込んでいました。樹は残業して図面を描き、ひたすら仕事にのめりこみます。仕事をしている時だけは、つぐみのことを忘れられたからです。

一方、つぐみは美姫の紹介で高木夫妻に会うことになります。夫の高木圭吾は老舗レストランのシェフで、妻・楓のためにバリアフリー住宅を作る予定です。楓は進行性の病気で、いずれは車椅子生活を送らなければなりません。楓は夫に負担をかけたくない一心で、本心ではバリアフリー住宅の建設に反対しています。

それでも圭吾は愛する楓のため、安心して暮らせる家づくりを計画。ぐうぜん見た雑誌で樹のことを知り、一人で東京の渡辺設計事務所に相談にも行きました。しかし樹は障がい者として「パートナーに負担をかけたくない」という楓の気持ちを察し、この仕事を丁重に断ってしまいました。

圭吾は例の雑誌をつぐみと美姫に見せて、「この人ですよ、俺が依頼に行った東京の建築家」と言います。つぐみ達は樹のインタビュー記事を見て思わず絶句。ようやくそれぞれの生活にも慣れてきたところだったのに…運命がまた二人を引き合わせようとしているかのようでした。

後日、つぐみは元久の付き添いで松本市内の病院へ。元久の体調は今のところ安定していて、このあとも役所の仕事に行くと張り切っていました。待合室で待っていると、ぐうぜん圭吾がやってきます。楓は先日退院したものの、体調が悪化して再び入院。圭吾は「もしかしたら、このまま車椅子になるかも…」と心配していました。

そこでつぐみはお見舞いのため、圭吾と一緒に楓の病室へ。しかし、ベッドはもぬけの殻。車椅子も無く、看護師さんも行方を知りません。圭吾とつぐみは慌てて外に飛び出し、楓を探し回ります。「楓!」「楓さん!」と名前を呼び、走り回るつぐみ達。そして橋の上に来た時、つぐみは青ざめて「高木さん、あれ!」と叫びます。

つぐみが指したその先には…河川敷に呆然と佇む楓の姿がありました。河川敷と川の水面にはかなりの高低差があり、落ちれば間違いなく無事ではすみません。それなのに楓は車椅子を押し、川の方へ進んでいきます。それはどう見ても自殺でした。圭吾とつぐみはあわてて河川敷へ向かって走りますが…!?

↓ 第六話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】思いつめた楓が自殺!?高木夫妻の切実な思いを知ったつぐみは!?

河川敷に駆けつけた圭吾は…間一髪、なんとか車椅子の取っ手をつかみ、楓を救出しました。つぐみは少し遅れてその場に駆けつけ、二人を少し離れたところから見届けます。圭吾は動揺のあまり、思わず「何しようとしてんだよ。答えろ、答えろよ!」と激昂。楓は「違う…少しひとりになりたかっただけ。ごめんね。心配かけてごめんなさい…」と謝ります。

それは明らかな嘘でしたが、圭吾は思いつめた表情の楓をそれ以上責めることができません。「…なら、いいんだよ…」と答え、気が抜けたようにヘナヘナと座り込みます。しかし楓は「私は圭ちゃんを幸せにできない。自分のせいで圭ちゃんが不幸になるのは耐えられない。もう会えなくても圭ちゃんが不幸にならないなら、そっちのほうがずっといい…!」と、再び思いつめた叫び。

つぐみはそんな楓の姿を見て、樹の別れの言葉を思い出します。(俺、お前のことどんどん不幸にしてる。俺お前に何にもしてやれないから…)そして次の瞬間、つぐみは思わず「ダメ!そんなのダメ!別れないで、絶対別れちゃダメ!!」と叫んでいました。

それでも楓は「ごめんなさい、でも…」とうつむくばかり。すると圭吾は再び勢いよく立ち上がり、楓に渾身の思いをぶつけます。「楓、俺の幸せは…お前のそばにいること、お前の笑顔を見ること、お前を喜ばせることだ!お前の夢をかなえることが俺の夢で、俺の幸せなんだよ。先のことなんかどうだっていいよ!今は俺たちにできることを全力でやろう。俺は諦めないぞ。お前の夢も俺の夢も、絶対両方かなえてみせる!!」

楓は「圭ちゃん、ごめんなさい…」と泣きながら、圭吾に抱きつきます。圭吾も楓をしっかり抱きしめ、背中を優しく撫でました。こうして、お互いの絆をしっかり確かめ合った高木夫妻。つぐみは二人の姿に感動し、ある決意を固めます。

そして後日、つぐみは樹が働く東京の設計事務所へ。つぐみは玄関で樹と再会し、ぺこりと一礼します。突然現れたつぐみに、樹は驚愕。驚きのあまり、声が出ません。二人はしばらく無言でお互いを見つめ合っていました…。

【FOD】サービス詳細⇒【FOD】公式サイト⇒

ゲスト出演

高木楓役…紺野まひる
高木圭吾役…山中崇

【パーフェクトワールド】第六話まとめ

今回は、樹とつぐみが悲しい別れを引きずったまま、それぞれの人生を歩き出す姿が描かれました。つぐみは父・元久の看病もあり、長野の実家へ戻ります。フリーのインテリアコーディネーターとして働き始め、仕事は順調。さらに洋貴からプロポーズされ、返事はまだしていませんが心が揺らいでいます。

いっぽう、樹はバスで長野に戻るつぐみを見送りに行きましたが、間に合いませんでした。つぐみのことを忘れられず、気持ちが荒んでしまう樹。今は仕事にのめりこむことだけが唯一の救いでした。

そんな中、つぐみは美姫の紹介で高木夫妻と出会います。妻の楓は進行性の病気で、これから車椅子生活を送らなければなりません。夫の圭吾はそんな楓のため、バリアフリー住宅を建てようと決意。ぐうぜん雑誌で見た樹に設計を頼みますが、断られてしまいました。さらに楓は圭吾に負担をかけることに耐えられず、自殺未遂を企てます。それでも圭吾は間一髪のところで楓を救出。「お前の夢を叶えることが俺の幸せなんだ!」と叫び、楓を力強く抱きしめました。

お互いを思うあまり、すれ違い、それでも強くひかれあう二人‥。つぐみは自分たちと似た境遇の二人に思いを重ね、何とか力になりたいと考えます。そして後日、つぐみは再び東京へ。樹の設計事務所に行き、とつぜんの再会を果たしました…。

【パーフェクトワールド】次回の展開予想、考察


次回は、つぐみと樹が運命の再会!!樹の事務所に出向いたつぐみは、高木夫妻の相談を受けてほしいと頼みます。樹自身も本当は高木夫妻のことが気になっていので、後日ふたりに会うことを約束しました。しかし、洋貴はこうしてつぐみと樹が会っていたことを知ってしまい、焦りが募る一方。つぐみにプロポーズの返事を迫り、自分の存在を強くアピールします。

後日、樹は約束通り高木夫妻と初対面することに。「お二人の夢を叶えるプランです」と設計案を説明する樹。つぐみとは一定の距離を置き、「是枝(洋貴)と幸せになってほしいと思ってる…」と語っています。しかし葵はつぐみと樹がふたたび接近することを警戒。一人でつぐみの元に現れ、「川奈さん、お願いします!」と必死で頭を下げて何やら頼み込んでいます。

そして最も気になるシーンは、樹が倒れるシーン。YouTubeの予告動画にはありませんが、放送・配信の後に流れた予告でのシーンです。樹は木材らしき物に囲まれ、気を失って倒れています。つぐみがハッと振り返る場面もあり、どうやらつぐみはその場に居合わせる様子。次回はふたたび巡り会った二人に、さらなる試練の時が訪れそうです。

【パーフェクトワールド】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 6.9%
第二話 5.8%
第三話 6.0%
第四話 6.5%
第五話 6.1%
第六話 6.3%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

                       

関連記事

ラジエーションハウス_11

『ラジエーションハウス』最終話(19/6/17放送)の見逃し配信はFODがおすす...

きのう何食べた_04

『きのう何食べた?』第四話(19/4/26放送)の見逃し配信サイトをご紹介!あら...

パーフェクトワールド_07

『パーフェクトワールド』第七話(19/6/4放送)の無料見逃し配信はFODがおす...

俺スカ_10

『俺のスカート、どこ行った?(俺スカ)』最終話(19/6/22放送)の見逃し配信...

ラジエーションハウス_03

『ラジエーションハウス』第三話(19/4/22放送)の無料見逃し配信はFODがお...

きのう何食べた_11

『きのう何食べた?』第十一話(19/6/21放送)の見逃し配信サイトをご紹介!無...