『ノーサイドゲーム』第七話(19/8/25放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

ノーサイドゲーム_07

毎回泣かせる熱いストーリー!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験のサラリーマンがラグビーチームの建て直しに挑む熱いヒューマンドラマです。

これまでのストーリーでは、スポーツ未経験の主人公・君嶋がいきなり左遷されて、社会人ラグビーチーム「アストロズ」の運営を任されることに。しかもこのチームは過去の栄光を失って負け続き。会社のお荷物的存在で、いつリストラされてしまうか分かりません。それでも君嶋はチームのメンバーたちの情熱に触れて、共にリーグ優勝と収益化を目指して立ち上がります。しかし1年目の成績は惜しくも準優勝…。2年目の今、君嶋は今度こそ目標を達成してみせると誓いました。

第七話ではアストロズに激震!?エース選手に宿命のライバル・サイクロンズから引き抜きの話があり、本人も周囲も激しく動揺します。君嶋はもちろん引き止めようとしますが……!?今回はそんな「ノーサイド・ゲーム」第七話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【ノーサイドゲーム】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年8月25日(放送終了後)~2019年9月1日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

paravi_1904
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「ノーサイドゲーム」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】前回までのあらすじ

ノーサイドゲーム_06
新田真剣佑さんの弟・眞栄田郷敦さん演じる圭太がいよいよ本格始動!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験の...

プラチナリーグで準優勝したあとも、アストロズを取り巻く環境は依然として厳しい状況でした。それでも君嶋は島本社長の助けを得て、何とか本年度予算を獲得します。しかし、滝川常務が社長の椅子を狙って権力を拡大している今、アストロズの収益化と優勝を必ず成功させなければ今度こそ確実にリストラされてしまいます。

そこで君嶋はラグビー界全体を盛り上げる為、協会に意見を提出。しかし強大な権力を前に即却下されてしまい、君嶋は落ち込みます。折しも、元上司・脇坂からは「本社に戻ってこい!」というまたと無いお誘いがあったばかり。思わず心揺れてしまう君嶋でしたが、最後までメンバーたちとともに戦うため、この誘いをキッパリ断りました。

そして君嶋は、ふたたび協会に意見を提出。権力など恐れず、堂々と改革を提案します。アストロズのファン感謝祭も大盛況で、メインイベントの紅白戦では密かに入部していた七尾圭太が大活躍。新エース候補として鮮烈なデビューを飾りました。しかし、一方では現エースの浜畑に異変が。なんと、サイクロンズの津田監督が浜畑を引き抜こうと画策。このまたとないオファーに、浜畑もかなり心が揺れているようでした…。

【ノーサイド・ゲーム】第七話「引き抜き!絶体絶命~男の覚悟に大号泣!」(8月25日放送分)ネタバレ・あらすじ

七尾は紅白戦で鮮烈なデビューを果たしたのち、海外事業部から府中工場に異動。これで正式なアストロズのメンバーとなります。七尾は先輩の理彩に「俺…ずっと逃げてたんです。でもアストロズの選手達を見て思ったんです。逃げ回ってるより、ぶつかっていくほうがずっといいって!」と語り、異動の件を報告。

理彩は「それでいいと思うよ。ラグビーやってる七尾君すっごく楽しそうだったから。…ひとつ言っとくけど浜畑さんはアストロズの絶対王者よ。レギュラーなんてそう簡単に奪えないんだから。頑張れ!七尾!」と力強く応援してくれます。七尾は「よく分かってます。でも…奪ってみせます!」と元気よく答えました。

その直後、理彩はホテルのラウンジでぐうぜん浜畑を見つけて大感激。しかしその向かいの席に座っている男を見て、思わず絶句してしまいます。なんと浜畑が密かに会っていたのは、宿命のライバル・サイクロンズの津田監督だったのです…。

君嶋はカザマ商事とタンカー座礁事故の件が気になり、改めて研究所の星野に話を聞きに行きます。すると星野は「森下教授に改めて確認を取ってみたところ、カザマのオイルは事故の原因とは関係がないとの結論が出たそうで…結局、私の取り越し苦労でした」と説明して謝罪。

森下教授は帝国工科大学の教授で、カザマ商事のオイルが事故の原因に関係するかどうかの調査を白水商船から直接依頼されている人物です。君嶋は「そうなのか…じゃあカザマのオイルには何も問題がないんだね?何もないならそれでいい」と答えました。

さらに星野は、同期の理彩から聞いたという浜畑と津田監督の密会の件を打ち明けます。敵対するチームのエース選手と監督が会うとしたら…それは間違いなく引き抜きの話です。君嶋はあわてて浜畑のところに行き、「君はアストロズの希望そのものなんだ!アストロズの10番は浜畑しかいない。頼む、チームに残ってくれないか!?」と必死で引き止めます。

しかし浜畑は「そのことでしたら…」と言ってポカーン。実は先日、その場で(今の俺の夢はアストロズで優勝することなんです。俺はあいつらと一緒に戦います。アストロズで日本代表になりますわ)と言ってすぐに断っていたからです。君嶋は浜畑の決断に「ありがとう浜畑!」と大感激。浜畑はちょっと照れたような笑顔をチラッと見せて、練習に出ていきました…。

しかし、ひと安心したのも束の間…なんとサイクロンズは里村にも引き抜きのオファーを出していたのです。そして里村は悩みに悩んだ末、「俺、アストロズを辞めようと思ってます。俺は…サイクロンズに行きます」と言って、辞表を提出。今月いっぱいでアストロズも会社も辞めることになってしまいます。

津田監督はこの結果に大満足で、「里村がいなくなれば、アストロズは崩壊する」とニヤリ。里村や浜畑が欲しいというよりは、ただアストロズの躍進を妨害するために引き抜きの話を進めていたのです。

里村が辞めるという話はすぐにメンバーにも伝わり、怒りと不安が広がります。里村はアストロズの練習にも参加せず、一人だけで淡々とトレーニング。メンバーたちは「裏切り者」「許せませんよ」と言って、里村の独断を非難します。

柴門監督は君嶋に「うちは里村の抜けた穴を補強する時間も選手も残っちゃいない…引き留める方法は…リリースレターだ」と示唆。リリースレターとは移籍承諾書のことで、選手が他のチームに移籍することを元のチームが承諾するものです。プラチナリーグの規約では、承諾書が発行されなかった選手が他のチームに移籍する場合、1年間そのチームでは公式試合に出場することができません。

つまり、アストロズがその承諾書を出さなければ、里村は今シーズンのプラチナリーグに出場できないのです。柴門は「承諾書を出すか出さないかは、GMであるお前の胸ひとつなんだよ」と言って、君嶋に決断を委ねます。

君嶋はさっそく里村のもとに行って、直接交渉。「里村…今この段階で君に移籍されたら、うちは選手の補強が間に合わず大穴があく。こんな移籍がフェアだといえるのか?もしそれでも君が移籍するというなら…承諾書は出せない」と語り、何とか引き止めようとします。

すると里村は「待ってください。今までは出してくれてたはずですよ」と反発。君嶋はやむを得ず「今までのことなんか関係ない。現GMの私が決めることだ」と厳しく突き放します。

それでも里村の気持ちは変わりません。「俺はこんな貧乏なチームで何年もプレーしてやったんです!俺がリーグ2位までのし上げてやったんです!移籍承諾書があろうがなかろうが、アストロズを辞めてサイクロンズでプレーします!!」と叫んで、部室から出ていきました。君嶋はもう打つ手も無く、「選手を駆け引きの道具に使いやがって!」と言って悔しがることしかできません。

一方、里村はメンバーだけではなく会社でも孤立化。上司から「急に辞めるだなんて…今まであんたを優遇してきたのは、うちの会社のためにラグビー頑張ってると思ってたからだよ。もう特別扱いしない」と言われて、大量のマニュアル作成を押しつけられてしまいます。

里村は仕方なく、ひとりで残業…。するとそんな里村を心配して、浜畑がやってきます。里村は浜畑が説得に来たのだろうと思い込み、「ハマさんに何言われても俺は残るつもりはありませんよ。みんなを裏切ったのは悪いと思ってます。でも、俺はもっともっとでかい舞台で活躍したいんです。このチャンスを逃すわけにはいかないんです!」と力説。

すると浜畑は「ほなさっさと終わらせて練習せえよ。…家族が困ってたら、助けるのは当然やろ。どこ行っても頑張れよ里村、応援してるで…」と言って、淡々と里村の残業を手伝ってくれました…。

その直後、里村は練習コートへ。そこでは夜遅くまでキャプテンのテツと友部がタックルの練習をしていました。友部は「いくら練習しても、かわされるイメージしかないんすよ…」と思わず弱音。里村はテツに代わってそんな友部の練習につきあい、檄を飛ばします。

「友部、お前タックルする時目線につられて飛び込んでんだよ。もっと腰を見ろ!ぶざまな試合されたくねえんだよ。実際やってみないと分かんないだろ。ほら構えろ!もっと顔上げろ!もっと見ろ!もっと引きつけろ、相手の考えを読め!!」

友部は「はい!」とさけんで何度も必死に食らいつき…ついに里村に見事なタックルを決めます。里村は「その感覚、ぜってー忘れんじゃねえぞ」と行って、満足そうにコートを後にします。そしてその直後…そっと荷物をまとめて出ていこうとしますが…!?

↓ 第七話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】最後の決断!本当の家族だからこそできる、渾身のメッセージ…!!

いよいよ明日は、里村が退職する日です。君嶋は「ラグビー部を存続させるためには、今年は何としても優勝しなきゃならない…承諾書は出すべきではない」と考えます。しかし君嶋はなかなか決断できず、メンバー全員を集めて「ここまで一緒に戦ってきた仲間と、このまま決別していいんだろうか。チーム全体でちゃんと考えたいんだ…」と語りかけました。

すると浜畑がまっさきに進み出て、里村への応援を呼びかけます。「実はな俺も前にサイクロンズに誘われたんや。俺は里村の気持ちも分かる。ここまで一緒に戦ってきた仲間が今度は世界で戦おうとしてるんや。それは俺らアストロズの誇りやないか。俺ら家族の誇りやないか。あいつからラグビーを奪って、ホンマに俺らはそれでええんか?お前らもホンマは俺と同じこと、考えてたんとちゃうんか?どうなんや?」

キャプテンのテツも「あいつがこれから一年間も試合に出られないのは残酷すぎます。あいつにとっても日本のラグビー界にとっても、マイナスだと思うんです。それに俺はただ勝つだけじゃなく、里村がいるサイクロンズに勝って優勝したい!!」と賛同。

メンバーたちも「俺もそう思います!」「俺もです!!」と次々に声を上げて賛成してくれました。君嶋は「君達は人がよすぎる。勝つための戦略として間違ってる。…だが私も賛成だ。これがアストロズの戦い方だな!!」と言って、すぐに全員で里村の元へ向かいます。

里村は一人でアストロズのコートに佇み、名残を惜しんでいるところでした。テツは「逃げようったって甘いんだよ!お前の考えはお見通しだ!里村…最後に俺達からお前に餞別がある」と叫びます。

その餞別とは…サイン済みの移籍承諾書でした。君嶋は「これは我々の決意表明でもあり、君への挑戦状でもある。みんなで話し合ってこうすることに決めた。持ってけ!!」と言って、里村に移籍承諾書を差し出します。里村は「みんな…すまん…」と感謝して、深々と一礼。代表して浜畑が里村の胸を叩き、全員からのエールを伝えました。

後日、君嶋は「大きな柱を失ったな…」とつぶやいて落胆…。しかし柴門は「そんなことはない。佐々のパスますます磨きがかかってないか?あれが里村が出て行った本当の理由だよ」と言って、誇らしげに佐々たちの練習風景を見つめます。確かに、選手たちは落胆するどころか、ますます練習にも気合いが入っている様子。柴門は君嶋にだけ、里村の本心を語って聞かせます。

「このチームには里村よりも佐々のプレースタイルのほうが合ってるんだ。それを誰よりも分かっていたのが他でもない里村だったんだよ。去年一年で佐々はとてつもない成長を見せた。それに七尾が来たことで佐々の力は今も伸び続けてる。その七尾も浜畑に刺激を受けて、成長してる。アストロズは今、競争しあいながら全員で強くなってるんだ!」君嶋は「そうか…」とつぶやき、新生アストロズの未来に目を輝かせました…。

【Paravi】公式サイト⇒

追加キャスト

【ノーサイド・ゲーム】第七話まとめ

今回は浜畑が敵のサイクロンズへ!?…と思いきや、実は里村が移籍してしまうという予想外の展開でした。アストロズは期待の新人・七尾を迎えて、悲願の優勝に向けて再スタート。しかし、やはりベテランの浜畑と里村の実力には及ばず、七尾や佐々は日々練習で胸を借りる日々が続いています。柴門は七尾や佐々を育てながら、浜畑と里村中心のチームをより強化していこうと考えていました。

そんな希望に満ちたアストロズに、横やりを入れてきたのが…やはりライバルのサイクロンズでした。津田監督はアストロズの力を削ぐために、なんと浜畑と里村に引き抜きのオファー。浜畑は「アストロズのメンバーと勝ちたい」と言ってすぐに断りますが、里村はこのオファーを受けて移籍することに…。

これを聞いたアストロズのメンバーたちは、「里村は裏切者だ」と言って大激怒。府中工場の社員たちまで、里村に大量の仕事を押しつけてきます。君嶋もGMとして「移籍承諾書」にサインするかどうか、なかなか判断ができません。しかし浜畑だけは里村の本心を理解し、メンバーたちを説得。君嶋もそんな熱い「家族」の気持ちに賛同して、メンバー全員で里村の新たな出発を見送りました…。

【ノーサイド・ゲーム】次回の展開予想、考察

次回はレギュラー争奪戦!柴門監督は「サイクロンズと戦う前に、目の前のライバルを全力で倒せ!!」とメンバーたちを鼓舞。浜畑と七尾は同じスタンドオフのポジションを争うことになりますが、浜畑はライバルとしても、先輩としても七尾を導き支えていくつもりのようです。

一方、トキワ自動車本社では滝川常務による買収話が進み、社長交代ももう目前…!?冷酷な滝川常務が社長になれば、アストロズはすぐにでもリストラされてしまう恐れがあります。君嶋は「懸命に戦う彼らから、未来を奪わないでやってほしい!!」と声をあげ、社内外で奔走。アストロズのことだけではなく、例のゴルフ場建設の件でも解決に向けて尽力します。

しかしその中で、君嶋はある事実に気づいてしまう様子。予告動画では「あなたは…知ってたんですね!?」と言って、誰かを問い詰めています。カザマ商事の買収、ゴルフ場建設の件…今後はますます陰謀渦巻く展開へ突入していきそうです。

【ノーサイド・ゲーム】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 13.5%
第二話 11.8%
第三話 10.9%
第四話 10.6%
第五話 11.4%
第六話 13.0%
第七話 9.7%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

朝顔_07

『監察医 朝顔』第七話(19/8/26放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!...

朝顔_09

『監察医 朝顔』第九話(19/9/9放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...

ボイス_06

『ボイス 110緊急指令室』第六話(19/8/17放送)の見逃し配信はHuluが...

ボイス_01

『ボイス 110緊急指令室』第一話(19/7/13放送)の見逃し配信はHuluが...

ルパンの娘_02

『ルパンの娘』第二話(19/7/18放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...

ルパンの娘_01

『ルパンの娘』第一話(19/7/11放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...