『ノーサイドゲーム』第六話(19/8/18放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

ノーサイドゲーム_06

新田真剣佑さんの弟・眞栄田郷敦さん演じる圭太がいよいよ本格始動!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験のサラリーマンがラグビーチームの建て直しに挑む熱いヒューマンドラマです。

これまでのストーリーでは、スポーツ未経験の主人公・君嶋がいきなり左遷されて、社会人ラグビーチーム「アストロズ」の運営を任されることに。君嶋はチームのメンバーたちの情熱に触れて、共にリーグ優勝を目指して戦うことを決意します。リーグ開幕後、アストロズは怒涛の連勝で絶好調!決勝戦では最強のライバル・サイクロンズと互角に熱戦を繰り広げますが、あと少しのところで惜敗してしまいました…。

第六話ではさらばアストロズ!?アストロズは来年度に向けて再始動しますが、君嶋には本社復帰への話が浮上。君嶋は思わず心が揺れてしまって…!?今回はそんな「ノーサイド・ゲーム」第六話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【ノーサイドゲーム】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年8月18日(放送終了後)~2019年8月25日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

paravi_1904
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「ノーサイドゲーム」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】前回までのあらすじ

ノーサイドゲーム_05
レスリングの吉田沙保里さんがゲスト出演!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験のサラリーマンがラグビーチ...

アストロズはプラチナリーグ開幕から十一連勝を飾り、まさに絶好調。しかし柴門監督は、サイクロンズとの決戦を前にどう戦うべきか苦悩していました。

そこに活路を開いたのは、君嶋の言葉と佐々の存在。柴門は佐々を秘密兵器として、スピード勝負の作戦を考案します。そしてレスリングなどを取り入れた追い込みの特訓が行われ、チームはますます団結。満を持して、ついにプラチナリーグ最終決戦を迎えます。

サイクロンズの攻撃はやはり強烈で、アストロズはエース・里村の動きを徹底的に封じられて大苦戦。あっという間に点数で大差をつけられてしまいます。それでも後半戦で佐々が代わりに入り、スピード勝負で猛追撃。そしてあと4点差まで迫ったところで、緊張のペナルティキックの時がやってきます。

観客からは「トキワ!トキワ!」という大歓声のコール。君嶋や島本社長たちもみんな声を張り上げて応援します。その声に応えて、メンバーたちは大奮闘。相手の猛烈な攻撃を受けながらも、岬がゴールを決めます。しかし、ビデオ判定でノートライだったことが判明して、結果は後わずかのところで惜敗…。メンバーたちも、君嶋も、観客も…ただ呆然とするしかありませんでした…。

【ノーサイド・ゲーム】第六話「本社復帰のチャンス~涙! 最後の決断とは」(8月18日放送分)ネタバレ・あらすじ

アストロズはプラチナリーグで準優勝したのち、今年こそは優勝すると誓って再始動します。君嶋は予算を確保するため、本社の会議へ。「観客動員も1試合平均1万人を超えるものとなり、例年に比べて飛躍的に向上しまして…」とアストロズの功績をアピールします。

しかし、予算14億円に対し、最終的な収支は5500万円。滝川常務はここぞとばかりに「今年もまた14億円の予算を投資することが果たして正しいことなんでしょうか?私は、こんなバカげた金はこれ以上払う必要はないと考えます」と厳しく批判します。

しかし島本社長が「君達は今シーズンの活躍を見ないでプラチナリーグを降りるつもりか?日本モータースなんかに負けたまま終わるつもりかね」と反論。すると滝川常務は「このまま巨額の予算を使いながら負け続けているようでは、ラグビー部への批判の声もさらに大きくなることでしょう。その責任を問う声は、社長のもとにも及びかねません…」と含みのある言い方で牽制します。

それでも島元社長の信念は揺らぎません。「それは…やむをえないだろうな。サイクロンズを倒して優勝だ!!」と宣言して、アストロズの予算を確保してくれました。

君嶋は府中に戻って、アストロズのメンバー達に予算案が通ったことを報告。メンバーたちは「よかった~」「ありがとうございます!!」と大喜びです。君嶋は「みんな、今年こそ頼むぞ!!」と激励しました。

しかしその直後、君嶋は柴門にだけ本心を打ち明けます。「予算が通ったのは、島本社長が自分の進退までかけたからだ。…今年がホントにラストチャンスかもしれない…」かなり厳しい状況に、柴門も気を引き締めていました。

そんな中、君嶋は元上司・脇坂から「君嶋、本社に戻ってこい。経営戦略室に戻って、俺と一緒に戦ってくれ!」と頼まれます。君嶋にとっても、これは嬉しいお誘い…のはずでしたが、アストロズをこのままの状態で置いていくことはできません。君嶋はいったん返事を保留して、後日返答することにしました。

夜。帰宅した君嶋は、妻の真希に本社復帰の話を報告。すると真希は「本社に戻れる?よかったわね、おめでとう」と祝福します。君嶋は「ありがとう…正直、もう本社には戻れないかもしれないって思ってたからね。持つべきものはいい上司だよ」と答えました。

しかし真希は「で?博人はどうするの?あの子をラグビーに巻き込んでおいて、一度も試合に出ないうちにチームがなくなっちゃうみたいなことないでしょうね」と厳しく尋問。君嶋はあわてて「もちろんそうならないように、ちゃんとアストロズの今後の方針を固めた上で本社に帰りますよ…」と答えますが、真希はジトーッと疑いの眼差しを向けていました…。

後日、君嶋は日本蹴球協会の改革案を作成します。各チームは協会に高い費用を払っていますが、協会からの分配金はゼロ。結局、組織全体が変わらなければ、ラグビー界を盛り上げていくことはできないのです。柴門は君嶋に「連中は超がつくほどの縦社会だ。気をつけろよ。会長の富永に目をつけられたらラグビー界じゃ生きていけないぞ」と警告してくれました。

君嶋は(やってやるよ…GMとしての最後の仕事だ!)と誓い、いざGMの定例会議へ。「プラチナリーグの興行の採算を改善できるように仕組みを考えていただきたいのです。私のほうでいくつかアイデアをまとめてきました」と言って、画期的な改革案を発表します。

君嶋の熱意のこもった雄弁に、他のチームのGMたちも思わず前のめりになって賛同。しかし、協会理事の木戸が「ラグビーはアマチュアのスポーツです。金儲けの道具ではないのです。…これは!富永会長のご意向ですよ」と厳しく言い渡すと、会議室はシーン…。結局、君嶋の改革案はまともに取り合ってもらえませんでした。

そんな中、博人は子供ラグビー教室で元気いっぱい練習。博人はまだ伸び悩んでいて、試合のときはベンチで控え選手です。しかし合間には「佐々コーチ!パス教えて!!試合、出たいから…負けたくないから!」と言って、ラグビーに熱中しています。君嶋はそんな博人の姿を見て、本社復帰の話を受けるかどうか迷ってしまいます。

さらに、君嶋の心を動かす出来事がもう一つ…ベテラン・本波選手の引退でした。本波は部室でメンバーたちに引退の気持ちを語ります。

「実は…引退しようと思ってる。もう体が限界なんだ。俺にラグビーで生きる人生を与えてくれたアストロズに本当に感謝してる。だから去年は絶対優勝して恩返しがしたかった。それがかなわなかったのが悔しい。けどアストロズはまだまだ強くなる。強くなる!強くなる!今年はきっとやってくれる!俺もコーチとして手伝う。だからお前らサボらせねえぞ。ここにいる全員で競い合って、死に物狂いで強くなるんだ。あとは頼んだぞ!!」

本波の熱い思いに、メンバーたちは目を潤ませて感動。キャプテンのテツは立ち上がり、アストロズのテーマソングを歌いだします。「♪~鋼の絆アストロズ~ひとつになって~頂き目指せアストロズ~いざゆかん、誇りを胸に命かけ~突き進め~赤き戦士の雄叫びよ~天まで届け〜♪」もちろんメンバーたちはみんなテツに続き、声を合わせて本波の引退を惜しみました。

その直後、君嶋は本波と二人だけで対話。「…本波、君はどうしてここまでラグビーを続けられたんだ?」と尋ねます。すると本波は「やっぱり、あのメンバーで勝ちたかったんです。優勝したかった。諦めが悪かっただけです…」と笑って答えてくれました。

そんな本波の言葉を聞いて、君嶋はアストロズとともに戦った1年を思い出していました。彼らと一緒に優勝したかった…それは君嶋にとっても同じ思いでした。ここで君嶋は覚悟を決めて、後日、本社の脇坂の元へ。脇坂は当然いい返事が聞けると期待して、君嶋を嬉しそうに出迎えますが…!?

↓ 第六話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】さらばアストロズ…なのか!?君嶋の決断は…!?そしてファン感謝祭で、アノ人が衝撃のデビューへ!!

君嶋は本社復帰の返事をするため、本社にいる脇坂の元へ。脇坂は待ってましたとばかりに君嶋を出迎えますが、君嶋の答えは思ったものとは真逆でした。君嶋は脇坂に「負けたままでは終われないんです。もう一年戦わせてください。私はアストロズとともに戦い、勝った上で本社に戻ります…!」と告げたのです。

その結論に、脇坂は「分かってるんだろうな君嶋…いったん断った以上、俺から声をかけることはもうないぞ」と語り、まるで試すような厳しい視線。それでも君嶋は「はい」とだけ答えて、考えを変えることはありませんでした。

夜。帰宅した君嶋は妻の真希に「すまん!本社に戻る話、断った。いや自分でもバカだとは思ってる…でもこのまま負けたままじゃどうしても戻れないんだよ」と謝罪。しかし真希はどことなく嬉しそうな表情で、「そう、分かった。やるからには勝ちなさいよ!」と激励してくれました。

その後、君嶋はアストロズの再挑戦に向けてやる気満々。まずは社内でファン感謝祭を企画して、メンバーたちとともに準備に取りかかります。

さらに協会にも再び顔を出して、先日の仕切り直し。とはいえ、木戸は「どの案も見送りにするとの結論が出ました。これは富永会長のご意向です」と相変わらずの態度です。しかし今日の君嶋は覚悟が違います。何としてもラグビー界を改革して盛り上げていくために、堂々と自分の考えを主張します。

「それが何だっていうんです?言いましたよね、私はラグビーの素人です。権威に逆らってこの世界から追放されたとしても、痛くもかゆくもない。一番大事にしなければならないのはラグビーを愛するファンでありこれからラグビーを好きになるファンを育てることじゃないんですか?そこに目を向けずに、伝統という名の古びた化石ばかり大事にして何の発展があるっていうんですか?提案書は何度でも出させていただきます。金儲けじゃないなんてのはただの言い逃れだ!あなた達の狭い世界では通用しても我々サラリーマンの世界には通用しない。覚悟しておいてください。あなた達が変わるまで私は何度でもぶつかります!!」

木戸は君嶋の勢いに思わず気迫負け…まだまだ協会の改革に時間はかかりそうですが、君嶋はこれまで以上に本気で取り組むつもりでした。

そんな中、テツと同期入社の星野が君嶋の元にやってきます。用件は、なんと内部告発。星野はトキワの研究所で勤務していて、先日、2年前に起きたタンカー座礁事故の調査に関する分析を担当しました。それは、白水商船のタンカーがイギリス沖で座礁してしまった大きな事故です。原油が海に大量流出して、深刻な環境汚染を招きました。

星野は「そのタンカーのエンジンに使われていたバンカーオイルを取り扱っていた商社が、カザマ商事なんです。この座礁事故、もしかすると原因はカザマ商事のオイルかもしれません…」と分析。君嶋は「話してくれてありがとう。うちのほうでも慎重に調べてみよう。また詳しく話を聞かせてくれ」と答えて、別途、独自に行動を起こすことにしました…。

後日、ついにファン感謝祭の日がやってきます。抽選会に握手会、プロテインの試飲会…とファンサービスがてんこ盛りで大盛況。詰めかけたファンはもちろん、出迎えるアストロズのメンバーたちも嬉しそうです。

そしてメインイベントは、選手達のプレーを間近で見られる紅白戦。しかもスタメン組と控え組の直接対決という、またとない機会でした。スタメン組が有利なのは間違いありませんが、控え組だってここで実力をアピールできるチャンスです。

そしてまさにその先陣を切ったのが、控え組の新メンバー…七尾圭太でした。圭太は見事な動きであっという間にトライを決めて得点。ファンからは驚きの大歓声があがります。その鮮烈な活躍ぶりに、圭太と一緒に働いている海外事業部の先輩たちもビックリしていました。

3カ月前…プラチナリーグの決勝を観戦した圭太は、アストロズの勇姿に感動。すぐに「柴門さん。俺、ラグビーがしたいです!アストロズの人達と一緒にラグビーがしたいです!!」と言って、入部を決めたのです。

君嶋は圭太の順調な成長を見て、「あんな才能のある男がラグビーを捨てようとしてたなんてな…」としみじみ。すると柴門が「お前だよ君嶋。お前が七尾にもう一度ラグビーをやるチャンスを与えたんだ」と語って、君嶋の功績を称えてくれました。

圭太は長距離からドロップゴールという難しいキックを放ち、何度も得点。そのたびに大歓声があがり、ファンの興奮は最高潮へ。控え組はついに逆転に成功して、圭太を囲んで大はしゃぎします。そして試合終了時間が迫るなか、ラストプレーでは浜畑にボールが渡ります。スタメン組としては、ここが最後の意地を見せどころ。

ファンからは「いけ、いけ!」「よし、 いけ浜畑!」と大歓声があがります。浜畑は見事な走りでコートを駆け抜け、ゴール前へ…しかし後わずかというところで圭太が追いついて浜畑の快進撃を食い止めます。浜畑はその勢いで倒れてしまい、そこで試合終了のホイッスル。控え組のメンバーとファンからはふたたび大歓声があがりますが、浜畑は思わず地面を叩いて悔しがっていました。

佐倉は「すごい!!誰がレギュラーになるかも分からなくなってきましたね。アストロズ今年はもっともっと強くなりますよ!!」と大感激。君嶋も「ああ。このチームでもう一度挑戦するぞ!どれだけ負けようが構わん。最後に勝てば勝ちだ!!」と叫び、メンバー達を誇らしげに見つめました。

サイクロンズの津田監督は、この紅白戦に部下を忍び込ませてアストロズを偵察。圭太の鮮烈な活躍を見て、「柴門め…こんな隠し玉を用意してるとはな。手を打っておいてよかった…」とつぶやいていました。後日、津田監督はなんと浜畑と密会。「それじゃ早速、本題に入りましょうか…」と話を切り出しました…。

【Paravi】公式サイト⇒

追加キャスト

星野役…入江甚儀

【ノーサイド・ゲーム】第六話まとめ

第六話では、君嶋が本社復帰への話を断り、今度こそアストロズを勝利に導くと誓いました。プラチナリーグで準優勝したあとも、アストロズを取り巻く環境は依然として厳しい状況。それでも君嶋は島本社長の助けを得て、何とか本年度予算を獲得します。しかし、滝川常務が社長の椅子を狙って権力を拡大している今、アストロズの収益化と優勝を必ず成功させなければ今度こそ確実にリストラされてしまいます。

そこで君嶋はラグビー界全体を盛り上げる為、協会に意見を提出。しかし強大な権力を前に即却下されてしまい、君嶋は落ち込みます。折しも、元上司・脇坂からは「本社に戻ってこい!」というまたと無いお誘いが。思わず心揺れてしまう君嶋でしたが、最後までメンバーたちとともに戦うため、この誘いをキッパリ断りました。

そして君嶋は、ふたたび協会に意見を提出。権力など恐れず、堂々と改革を提案します。アストロズのファン感謝祭も大盛況で、メインイベントの紅白戦では密かに入部していた七尾圭太が大活躍。新エースが鮮烈なデビューを飾りました。しかし、一方では現エースの浜畑に異変が。なんと、サイクロンズの津田監督、が浜畑を引き抜こうと画策。浜畑も津田監督と密会していて、かなり心が揺れているようでした…。

【ノーサイド・ゲーム】次回の展開予想、考察


次回はエース選手・浜畑が葛藤!サイクロンズの津田監督は「世界の舞台に立ちたいと思わないか!?サイクロンズに来い!!」と浜畑に熱く語りかけています。浜畑にとって、これは大きなチャンスです。これまでの仲間を取るか、それとも新たな仲間とともに別の場所で戦うか…浜畑もすぐには決断できず、思わず迷ってしまいます。

そしてこの話はすぐに周囲にも伝わり、君嶋は「引き抜きなんて汚すぎるだろう!!」と激怒。選手たちも「浜畑が出ていくっていうのか…?」「どういうことなんだ、テツ!?」と大騒ぎしています。浜畑がいなくなれば、チームは大黒柱を失って弱体化してしまいます。新人の圭太は素晴らしい選手ですが、精神的にも、物理的にも、浜畑の存在は絶対です。

そこで君嶋は「君はアストロズの希望そのものなんだ!アストロズに残ってくれないか!?」と真正面から説得を試みます。次回はまた新たな正念場…これを乗り越えてさらに強くなる、そんなアストロズの青春ストーリーが楽しめそうです。

【ノーサイド・ゲーム】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 13.5%
第二話 11.8%
第三話 10.9%
第四話 10.6%
第五話 11.4%
第六話 13.0%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

偽装不倫_01

『偽装不倫』第一話(19/7/10放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視...

ルパンの娘_07

『ルパンの娘』第七話(19/8/22放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...

ノーサイドゲーム_05

『ノーサイドゲーム』第五話(19/8/11放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...

朝顔_01

『監察医 朝顔』第一話(19/7/8放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...

ルパンの娘_05

『ルパンの娘』第五話(19/8/8放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あら...

偽装不倫_04

『偽装不倫』第四話(19/7/31放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視...