『ノーサイドゲーム』第五話(19/8/11放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

ノーサイドゲーム_05

レスリングの吉田沙保里さんがゲスト出演!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験のサラリーマンがラグビーチームの建て直しに挑む熱いヒューマンドラマです。

これまでのストーリーでは、スポーツ未経験の主人公・君嶋がいきなり左遷されて、社会人ラグビーチームの運営を任されることに。あまりにも畑違いの人事に君嶋は呆然…それでもチームのメンバーたちの情熱に触れて、共にリーグ優勝を目指して戦うことを決意します。

第五話では強敵・サイクロンズとの決戦を前に、君嶋と柴門が奮闘!柴門はある秘策を思いつき、君嶋は試合を盛り上げるために行動を起こします。強豪チームとして返り咲けるかどうか…迫りくる運命の決戦の行方は…!?今回はそんな「ノーサイド・ゲーム」第五話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【ノーサイドゲーム】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年8月11日(放送終了後)~2019年8月18日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

paravi_1904
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「ノーサイドゲーム」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】前回までのあらすじ

ノーサイドゲーム_04
池井戸潤さんが放つ熱いラグビー愛!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験のサラリーマンがラグビーチームの...
ついに開幕したラグビー・プラチナリーグ。アストロズが初戦で快勝して、集まった多くの地元ファンを沸かせました。続く2戦目・3戦目でもみごと勝利をおさめますが、地方戦となるとやはり集客率は下がってしまいます。そこで君嶋は積極的にメディア取材を受けて盛り上げようとしますが、サイクロンズ側の妨害で失敗に終わってしまいました。

そんな中、府中工場内では佐々のミスのせいで9000万円の新規契約が吹っ飛んでしまいます。アストロズのメンバーたちは社内で冷たい視線を浴びて、気まずい雰囲気です。さらにトキワ自動車本社では、カザマ商事の買収が決定。滝川常務はさらに存在感を増し、リストラ策でアストロズを追い込む気満々です。

それでもメンバーたちは懸命に練習に励みますが、佐々が提案した練習中にエース選手の里村が捻挫。責任を感じた佐々は君嶋に退部届を提出します。

そこで君嶋は思い切って、新規契約を断ってきた企業の担当者に接触。すると契約が無くなったのは佐々のせいではなく、単に相手側の都合だったことが判明します。君嶋はそのことを佐々に伝え、チームには佐々が必要だと熱く説得。佐々は感激して退部届を破り捨て、仲間たちとともに練習へ。さらに結束したアストロズは、4戦目でも見事に勝利します。君嶋はこのチームを守っていくため、ますます張り切っていました…。

【ノーサイド・ゲーム】第五話「運命の頂上決戦!!涙の大逆転なるか?」(8月11日放送分)ネタバレ・あらすじ

アストロズはプラチナリーグ開幕から負けなしの11連勝を達成。この快進撃に、君嶋は「勝って勝って勝ちまくりの11連勝だ!これは見えてきたんじゃないのか?このままいくぞ、優勝だ~!」と大はしゃぎでメンバーたちを激励します。メンバーたちも「ヨッシャー!」と雄叫びを上げて、大盛り上がり。このままの勢いなら、優勝も夢ではない…誰もがそう実感しているようでした。

一方、トキワ自動車本社では、滝川常務がますます権勢を拡大中。社内では早くも滝川常務が推進するリストラ策に戦々恐々という雰囲気が漂っています。そしてマスコミにリークされたカザマ商事の買収案で、社外でも滝川常務への注目度がアップ。次期社長候補として、今の島本社長よりも存在感が濃くなりつつありました。

このまま滝川常務の権力が増大すると、アストロズはお荷物部門としてリストラされてしまう可能性があります。君嶋は、それを回避するためにもアストロズを必ず優勝に導くと誓っていました。

そんな中、君嶋はふと滝川常務とカザマ商事・風間社長の共通点に気づきます。なんと二人は同じ55歳、明成学園大学の同期だったのです。やけに買収計画がトントン拍子に進むと思ったら…君嶋は「大学の同期2人が計画した買収案件だったのでは?」と推理。

この予想を元上司の脇坂に話すと、脇坂も「何か臭うな、これは…」と賛同します。君嶋は「これはホントにただの買収なのか、それとも他に何か企みがあるんだとしたら…見過ごすわけにはいきません!」と語り、滝川常務への警戒心を募らせていました。

一方そのころ、滝川常務と風間社長はまさに料亭で密談中でした。滝川常務は「事務的な手続きは、おおむね順調だ」と淡々と報告。風間社長は「持つべきものは優秀な同期だ。これからもどうぞよろしくお願いいたします、滝川社長。ハハハ…」と、意味深な笑顔を浮かべていました…。

アストロズはその後も快進撃を続けますが、柴門監督には大きな悩みがひとつ。いずれ来るサイクロンズ戦での戦略を見いだせずに苦悩していました。サイクロンズの試合映像を何度見ても、これといった弱点は見当たりません。そもそも向こうは現日本代表が9人もいて、アストロズは里村1人。選手層の厚みが全然違うのです。

悩んだ柴門は思わず君嶋に「勝てる確率は数パーセントってとこだ。今年のサイクロンズは、バケモンだよ…」と打ち明けます。君嶋は「でも今年のアストロズだって違うだろ。俺は何度も見てきた。ギリギリの試合で、ボロボロに疲れてるはずなのに何でここまで速く動けるんだっていつも驚くんだよ。あのスピードはお前が鍛えた成果だろう…」と見たままの感動を語りました。

すると柴門は何も言わずにいきなり爆走。部室で試合映像を確認して、「俺も腹をくくるしかないか…」とつぶやきました。その直後、柴門はアストロズのメンバーを集めてサイクロンズ戦の作戦会議。「うちの攻撃がサイクロンズに通用することは、まず無い。だから潰されて当然と思ってプレーしろ!チャンスはそのあとにあるリロードだ!!」と発表します。

リロードとは、ラグビーでタックルやスクラムが崩れたあと、態勢を整えて次のプレーに戻ることです。柴門は情熱的にこの作戦のポイントを語ります。「向こうがパワーなら、こっちはスピードだ!現代ラグビーはコンマ数秒の戦いなんだ。津田さんは伝統を重んずるばかりに、現代ラグビーで最も重要とされているリロードを軽んじている。そこに勝機あり!うちはリロードの速さに磨きをかけ、この数的優位な時間帯を延ばせていけばサイクロンズの壁は壊せる!」

メンバーたちは「ヨッシャー!」と雄叫びをあげて応え、やる気満々です。柴門はこの作戦を実行するため、新たな特訓としてレスリング練習を取り入れることにしました。倒れてもすぐに起き上がる術を身につけるには、レスリングが最適。より低く足もとに入り込む、レスリング式のタックルも習得することができます。

しかし、レスリング練習に付き添いでやってきた君嶋は、またもやユニフォームを渡されて「…何でまた、私まで?」とポカーン。どうやら佐倉が余計なことを言ったせいで、先方が過剰なサービスをしてくれたようです。しかも対戦相手はまさかの…霊長類最強の女・吉田沙保里選手!!君嶋はビビりながらも「気合だ~!うお~っ!」と立ち向かっていきますが、とうぜん吉田選手に叶うはずもありません。あっという間に締めつけられて「あっ、イテッイテッイテッ…あ~!ハハッ…イテテテ…!!」とギブアップしました。

ある夜、柴門は圭太を誘って居酒屋へ。圭太はラグビー枠でトキワ自動車に採用され、海外事業部に一般社員として入社式しました。以前、君嶋が「君がまたラグビーをやりたいと思った時に、アストロズに来たらいい…私はね、諦めが悪いんだよ」と勧めたからです。

柴門は改めて「アストロズに入ることをもう一度考えてくれないか?」と話を切り出します。しかし圭太も社内でリストラ策の噂を聞いてしまったようで、「でも…廃部になる可能性もあるそうですね。どうなるか分からないような部に入れなんて…」と困惑。

それでも柴門は「ラグビーが好きなんだろ?お前を誘うのはチーム強化のためだけじゃない。せっかくのお前の才能を捨ててほしくないと思ってるからだ。どうするかはお前が決めろ。ただ一度、アストロズというチームを見てほしい…」と情熱的に語りかけます。そこで圭太は海外事業部の先輩たちと一緒に、アストロズの試合を見に行くことにしました。

アストロズの快進撃が続く中、マスコミもサイクロンズとの決勝に注目。それは柴門監督と津田監督の因縁の戦いでもあるからです。マスコミはこれを面白おかしく記事にしようと狙っているようですが、君嶋は逆にこれを利用すべきだと画策。トキワ自動車側で記者会見の準備を行い、マスコミと津田監督を招待します。

まず、先にマスコミのインタビューに答えたのは津田監督。「ラグビーにとって何より大事なのは、常に謙虚な気持ちでラグビーに向かい合うということです。次の試合では、そのことを柴門監督に直接教えてあげられればと思っています」と相変わらずの上から目線で偉そうに語ります。

しかし、柴門監督も堂々と反論。選手たちや君嶋への感謝を込めて、見事な宣戦布告をします。「アストロズがここまで全勝で来られたのは、私一人の力ではありません。私をアストロズの監督に強引に引っ張ってくれた新GMの存在…そして何より、磨けば光る素晴らしい選手達がいたからこそです。私は私のやり方でアストロズを導いてきました。ラグビーは常に進化しています。私が目指すのは理論に基づいた攻撃型のラグビーです。そのラグビーでねじ伏せ、サイクロンズを叩き潰します!」

会見場に集まっていたトキワ自動車の社員たちは、大歓声と拍手で激励。マスコミからも大きなどよめきがあがります。津田監督は居心地が悪くなって、怒って帰って行きました。

そしてアストロズのメンバーたちも、部室で柴門の会見を見て号泣。浜畑がユラリと立ち上がり、「久々やわ、この感じ…勝ちたいを通り越したこの感じ。次の試合、俺は監督のため、ここまでチームを守ってくれたGMのために…やるわ。テツ、命がけで叩き潰すぞ!」と叫びます。テツはこれまでにない気合いを見せて「いくぞ~!」と絶叫。部員たちは一斉に「シャーッ!!」と雄叫びをあげました。

そして、時は流れ…ついにアストロズ対サイクロンズの頂上決戦の日がやってきます。試合前、君嶋もメンバーたちと手をつなぎ、肩を組んで円陣に。柴門は「お前達は俺のラグビーの全てだ。今度はお前達が全てをぶつけてこい。今日、ここでラグビーに生きてきたお前達の証しを刻みつけろ!!」と激励します。

メンバーたちは「シャーッ!」「勝つぞ~!」と叫び、気合い充分でコートへ。試合会場は先日のマスコミ会見の効果もあって、どちらの応援席も超満員です。君嶋の息子・博人や、ラクビー教室の子どもたちも応援に来ていました。

そしてついに試合開始…前半戦では里村が集中的に狙われて大苦戦します。パスも動きも何もかも全て読まれているようです。それでもアストロズは粘り強く反撃。一進一退の攻防を繰り広げますが、徐々に点差が開いてしまい…!?

↓ 第五話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】アストロズ、起死回生の秘策!!いま爆発するあの人の本領発揮…!!そして勝負の行方は…!?

前半戦が終わり、メンバーたちには焦りと疲れも出ているようです。そこで柴門は「後半はリロードの差が如実に出てくる。スピードでサイクロンズを打ち崩せ!」とメンバーたちを鼓舞。後半戦からは新たに本波に代わって友部 、そして里村に代わって…なんと佐々を指名します。ずっと里村の控えだった佐々…公式試合に出た経験もほとんどありません。

思わず緊張してしまう佐々でしたが、テツがおどけたダンスを踊って激励。佐々を慕っている博人も、テツにガッツポーズで応援の気持ちを届けます。そしていざ後半戦が始まると…アストロズのスピード力が爆発。その中心にいたのは、鮮烈なパスと躍動力を見せつける佐々でした。ここに来て鍛え上げたリロードも功を奏し、ふたたびアストロズが点差を詰めていきます。

柴門は「スピード勝負に出るなら佐々のパスが絶対だ!」と満足そうにニッコリ。里村も誇らしげに後輩の成長を喜んでいます。試合を見に来ていた圭太も思わず「柴門さん、スピード勝負に出たな。アストロズはよく鍛えられてる。後半になってもスピードがまったく落ちない…」と唸り、すっかりアストロズに魅了されていました。

アストロズが点を重ねるたびに、集まったファンたちは大歓声と拍手で大盛り上がり。博人は胸に手を当てて、佐々と笑顔でガッツポーズ。博人の友達・龍一くんやラクビー教室の子どもたちも「21番は僕達のコーチなんです!」と叫んで大興奮しています。

そして約20分間に渡り、両者壮絶な攻防戦。すさまじいタックルの応酬で、満員の観客達のボルテージも最高潮です。そしてアストロズは17-21、あと4点のところまで追い上げます。そこにペナルティキックが行われ、大勝負の時。アストロズの応援席からは「トキワ!トキワ!トキワ!トキワ!トキワ!」というトキワコールの大合唱が巻き起こります。

感激した島本社長は思わず立ち上がり、「どうしてラグビー部を応援するか君には前に言ったよな。諦めずに戦う…彼らの姿を見ていると私も勇気が湧いてくる。叫ばずにはいられないよ。負けるなー!」と絶叫。君嶋も「負けるな、トキワ~!」と叫んで応援します。そしてボールを取った岬選手がコートを駆け抜け、相手の激しい攻撃を受けながらもゴールへ。応援席からは「勝った!」「ヨッシャー!」と喜びの声が上がります。

しかし、審判によるビデオ判定の結果、ボールがゴールに届く前に岬選手の足がラインを出ていました。…結果はノートライで無得点です。アストロズのメンバーたちも、君嶋も、柴門も、大勢のファンも、とつぜんの幕切れに呆然…。君嶋は「負けた…負けたんだな…とつぶやき、ガックリと座りこみました…。

【Paravi】公式サイト⇒

追加キャスト

レスリング指導役…吉田沙保里・小林孝至
試合の観客役…Foorin

【ノーサイド・ゲーム】第五話まとめ

今回は怒涛の連戦から頂上決戦までの激闘が描かれました。アストロズはプラチナリーグ開幕から十一連勝を飾り、まさに絶好調。しかし柴門はサイクロンズとの決戦を前に、どう戦うべきか苦悩していました。

そこに活路を開いたのは、君嶋の言葉と佐々の存在。柴門は佐々を秘密兵器として、スピード勝負の作戦を考案します。そしてレスリングなどを取り入れた追い込みの特訓が行われ、チームはますます団結。満を持して、ついにプラチナリーグ最終決戦を迎えます。

サイクロンズの攻撃はやはり強烈で、アストロズはエース・里村の動きを徹底的に封じられて大苦戦。あっという間に点数で大差をつけられてしまいます。それでも後半戦で佐々が代わりに入り、スピード勝負を加速させて猛追撃。そしてあと4点差まで迫ったところで、緊張のペナルティキックの時がやってきます。

観客からは「トキワ!トキワ!」という大歓声のコール。君嶋や島本社長たちもみんな声を張り上げて応援します。その声に応えて、メンバーたちは大奮闘。相手の猛烈な攻撃を受けながらも、岬選手がゴールを決めます。しかし、ビデオ判定でノートライだったことが判明して、結果は後わずかのところで惜敗…。メンバーたちも、君嶋も、観客も…ただ呆然とするしかありませんでした…。

【ノーサイド・ゲーム】次回の展開予想、考察


次回は、さらばアストロズ!?アストロズは来年度に向けて再始動。君嶋の懸命な訴えと島本社長の裁断で、何とか来年度の予算も確保できるようです。君嶋は「今年が本当にラストチャンスだ」と語り、柴門は「再挑戦だ!」と決意を新たにしています。

しかし、君嶋には元上司・脇坂から本社復帰へのお誘いが。君嶋は思わず心が揺れてしまうようです。予告動画のラストでは君嶋が「やってやるよ、GMとしての最後の仕事だ…!!」と宣言。何やら起死回生の作戦に打って出るようです。次回はそろそろ折り返し地点!敗北から新たな再挑戦へ…ここで大きなターニングポイントを迎える展開になりそうです。

【ノーサイド・ゲーム】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 13.5%
第二話 11.8%
第三話 10.9%
第四話 10.6%
第五話 11.4%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

ノーサイドゲーム_02

『ノーサイドゲーム』第二話(19/7/14放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...

朝顔_02

『監察医 朝顔』第二話(19/7/15放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!...

ボイス_04

『ボイス 110緊急指令室』第四話(19/8/3放送)の見逃し配信はHuluがお...

ノーサイドゲーム_01

『ノーサイドゲーム』第一話(19/7/7放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、...

朝顔_03

『監察医 朝顔』第三話(19/7/29放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!...

朝顔_01

『監察医 朝顔』第一話(19/7/8放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あ...