『ノーサイドゲーム』最終回(第十話)(19/9/15放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

ノーサイドゲーム_10
最終回で最高視聴率13.8%を記録!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験のサラリーマンがラグビーチームの建て直しに挑む熱いヒューマンドラマです。

これまでのストーリーでは、スポーツ未経験の主人公・君嶋がいきなり左遷されて、社会人ラグビーチーム「アストロズ」の運営を任されることに。しかしこのチームは過去の栄光を失って負け続き。会社のお荷物的存在で、いつリストラされてしまうか分かりません。それでも君嶋はチームのメンバーたちの情熱に触れて、共にリーグ優勝と収益化を目指して立ち上がります。しかし1年目の成績は惜しくも準優勝…。2年目の今、君嶋は今度こそ目標を達成してみせると誓いました。

最終話ではついに待ちに待った運命の頂上決戦へ!アストロズは七尾のトラウマに浜畑の負傷と課題を残したまま、手強い強敵・サイクロンズと戦うことになります。そして君嶋もアストロズの存続をかけて、本社での最後の戦いに挑みますが…!?今回はそんな「ノーサイド・ゲーム」最終話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【ノーサイドゲーム】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年9月8日(放送終了後)~2019年10月20日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

paravi_1904
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「ノーサイドゲーム」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【ノーサイドゲーム】前回までのあらすじ

ノーサイドゲーム_09
クライマックス間近で視聴率も大幅アップ!!大泉洋さん主演「ノーサイド・ゲーム」は、スポーツなんてまったく未経験のサラリーマンがラグビーチ...
君嶋は元上司・脇坂の協力を得て、本社の取締役会に参加。その場でカザマ商事の不正を暴き、買収案と滝川常務の昇格を阻止しました。これで滝川常務はあっという間に失脚して、子会社へ異動。代わりに脇坂が危険な買収を阻止した功労者として、常務に昇進しました。

しかし君嶋の良き理解者だった脇坂は常務になった途端、アストロズを廃部にすると宣言。君嶋はほとんど話も聞いてもらえず、大きな絶望に打ちのめされます。

一方、プラチナリーグ開幕後、アストロズは初戦で見事に快勝。その後も順調に勝ち進みますが、柴門は七尾がケガのトラウマのせいで思うように動けていないことに気づいてしまいます。そこで柴門はブレイブス戦でひとまず七尾を外して、浜畑を起用。その時、実は浜畑も膝の不調を抱えていましたが、持ち前のスタミナとガッツで見事に戦い抜き、チームを勝利に導きました。七尾はそんな浜畑の戦いぶりに感動して、さっそく夜遅くまで激しい特訓に取り組みます。

そして君嶋は、ブレイブス戦を観に来ていた滝川と久しぶりに会話。ラグビーを通じて、滝川と初めて心を通わせることができました。さらに、滝川の忠告で本当の敵が脇坂常務だったことも判明。脇坂常務こそ君嶋を本社から左遷した張本人だったのに、味方のフリをして都合よく君嶋を利用していたのです。

このまま放っておけば、今にも脇坂常務にアストロズを潰されてしまいます。君嶋は改めて気合いを入れ直し、「アストロズを全力で守る!!」と誓いました…。

【ノーサイド・ゲーム】最終回「最終回スペシャル!涙の決勝戦?逆転に挑む!裏切りか友情か」(9月15日放送分)ネタバレ・あらすじ

ある日、君嶋の元にブルズの新しいGM・赤木という人物がやってきます。赤木は君嶋の姿を見たとたん、嬉しそうに駆け寄ってきて「他のチームのGM達に相談をしたのですが、皆さん口々にアストロズさんのチーム改革を見習うべきだと。それで見学に来たんです!!」と興奮気味に説明。

君嶋も「他のGM達がそんなことを…」と思わず感激してしまいます。さらに赤木は目を輝かせて「私もアストロズさんを見習って、地域に愛されるチームをつくっていきたいんです!」と宣言。君嶋は「赤木さん、一緒に変えていきましょうよ!!」と言って、意気投合しました。

その後、君嶋は日本蹴球協会の改革を訴えるため、専務理事・木戸を訪問。協会を独裁している富永会長は相変わらず「改革の必要はない」の一点張りで、木戸としては「理想だけじゃ世の中は変わらない」と悲観するばかりでした。

それでも君島は必死に木戸の心に訴えかけます。「私の改革案に賛同してくれるGMが何人も出てきてるんです。我々が守らないで誰が日本のラグビーの未来を守るんですか?お願いします、木戸さん!アストロズを…日本のラグビーを助けてください!!」木戸はその場では明確な返事をせず、深く考え込むような表情。木戸としても現状のままでいいとは思っていないようでした。

さらに、君嶋にとって頭の痛い問題がもうひとつ。脇坂常務が次の取締役会で予算削減を提案し、アストロズを廃部に追い込もうとしています。蹴球協会の改革案が通れば、それを回避することもできたはずでしたが、あれから何も変化はありません。

思い悩む君嶋を見て、アストロズのメンバーたちは「俺達はたとえどんな状況になっても、全力で戦って必ずサイクロンズに勝ってみせます。だからGMも今度の取締役会、全力で戦ってきてください!!」と熱いエールを送ります。君嶋は大感激して「君達のラグビー人生がかかってるんだ。そのために私は命をかける。私も…絶対に勝つ!」と答えました。

そしてついに取締役会当日。脇坂は予定通りアストロズの予算削減を提案。「協会が変わらなければ、我々だけが努力したところで何も変わらない。富永会長が退任しないかぎり、収支が大きく変わることはない」と主張して、強引に採決に入ろうとします。

それでも君嶋は食い下がって、アストロズのこれまでの功績を熱弁。採決直前には待っていた木戸からの連絡が入り、君嶋は「たった今、日本蹴球協会の理事会の結果、富永会長が解任されることが決定いたしました!」と声を弾ませます。

実はこの日、日本蹴球協会も理事会を開催して、木戸がついに反旗を翻したのです。君嶋は勢いに乗って「協会はプラチナリーグの改革に乗り出す意向です。日本蹴球協会はこれで大きく変わります!」と主張します。

島本社長も「これは日本のラグビーにとって大きな一歩だ。我々企業は、世の中の皆さんとつながり、共に喜び合える何かが必要だ。アストロズがその役目を果たしてくれるなら、こんな素晴らしいことはない」と言って、君嶋の意見に賛同してくれました。一同からも大きな賛成の拍手が巻き起こり、これでアストロズの予算を守りきることができました。

さらに君嶋の勢いは止まりません。本日最後の議案として「コンプライアンス問題に関する報告」を提出し、脇坂と風間社長の不正を追及します。「カザマ商事社長の風間有也氏は古くから交流のあった人物に相談し、今回の隠蔽工作を助言されたそうです。そしてその指示を出した人物は買収の直前にこの問題を指摘し、滝川さんを失脚させました。そして自らはトキワを救った立役者として、取締役に昇進を果たしたのです。…以上の話に間違いありませんよね?脇坂常務。あなたはこのタンカー事故を自らの出世の道具に使ったんだ!」

なんと、脇坂と風間社長は高校時代の同級生で、滝川よりもさらに密接な関係だったのです。脇坂はその風間社長をもだまして利用し、一人だけ利益を得ていました。脇坂常務はあわてて「ふざけるな君嶋!根拠もなしにくだらんことを言うな!」と反論。

しかし君嶋は「今回の一連の騒動のすべてを知る人物を証人として呼んでおります」言って、その場に風間社長を招き入れます。風間社長は「何でも聞いてください、何だってしゃべりますよ。買収もデータ偽装も、全部この男の指示でやったことだ!脇坂!よくも俺をハメてくれたな!」とペラペラ。

君嶋は脇坂に詰め寄り、「あなたは自らの出世のために人に不正を働かせ、滝川さんを陥れ、このトキワ自動車を混乱の渦に巻き込んだ。そんなあなたにトキワの未来を語る資格はない。あなたこそ、このトキワ自動車からさっさと出ていけ!!」と言い渡します。脇坂常務は言葉を失って後ずさり、その場にドサッと崩れ落ちました。

こうして君嶋の本社での戦いは無事に終わり、今度はいよいよアストロズが最終決戦の日を迎えます。プラチナリーグ最終決戦の地は福島県双葉郡です。会場には超満員のファンが詰めかけ、秩父宮ラグビー場のパブリックビューイングもほぼ満席と大盛り上がりを見せていました。

アストロズは試合前に円陣を組んで気合い十分。君嶋が万感の思いを込めて、一同を激励します。「君達が私にラグビーの素晴らしさを教えてくれた。人生の素晴らしさを教えてくれた。君達に出会えてよかった、アストロズに出会えてよかった!私はラグビーが大好きだ!ラグビーを愛する大勢の人達が君達を待ってるぞ。君達のラグビーを見せてくれ。そして勝ってくれ!今日ここで、君達と最初に出会った時の誓いを果たそう…優勝だーっ!」メンバーたちはこの君嶋の言葉に奮い立ち、一斉に「ヨッシャーーーーー!!」と雄叫びをあげました。

そしてついに前半戦がスタート。アストロズはサイクロンズの秘策にペースを乱されて、いきなり大苦戦を強いられます。特に手強いのが、アストロズからサイクロンズに移籍した里村の存在でした。里村はパス出しをフォワードの選手に任せて、ライン攻撃に参戦。柔軟なポジションでアストロズの前に立ちはだかり、点数を伸ばしていきます。

さらに主力の七尾や佐々もサイクロンズに徹底マークされ、得意技を全て封じられて思うように動けません。それでも激戦の最中、七尾はトラウマを克服してラックの中に突撃。しぶといサイクロンズの攻撃にも果敢に立ち向かっていきます。しかし点差は徐々に広がり、前半はかなり厳しい状況のまま終了。アストロズのメンバーたちはかなり体力を消耗していました。

しかし、そこでファンたちが立ち上がり、アストロズの応援歌を大合唱。「♪鋼の絆アストロズ ひとつになって頂き目指せアストロズ いざゆかん、誇りを胸に 命かけ突き進め 赤き戦士の雄叫びよ、天まで届け 鋼の絆アストロズ 心はひとつ 命を掛けろアストロズ~」

コートに響き渡るファンの思いを胸に、アストロズのメンバーたちは大きなパワーをもらって再び闘志をみなぎらせます。そして休憩を挟み、柴門監督がメンバーの一部交代を発表。11番新井に代わって浜畑が出場することになります。後半戦が始まる前、君嶋はあわてて浜畑の元へ駆けつけ、「浜畑、大丈夫なのか?ケガは本当に治ったのか?いま無理をすれば、今後の選手生命にかかわるんじゃないのか?」と声をかけます。

すると浜畑は「今後?そんなもんありません。俺の選手生命は今日で終わりです。GMには心から感謝してます。アストロズがここまで来られたのは、あなたのおかげです。俺もあなたに会えてよかった…」と言って、ニッコリ。君嶋は「浜畑!」と叫んで駆け寄り、ガッチリ抱きしめあって感謝の気持ちを伝えました。そしてついに運命の後半戦がスタートしますが…!?

↓ 最終回の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】アストロズ、悲願の優勝なるか!?いよいよ最後の熱闘へ!!

後半戦では、序盤から柴門監督の秘策・浜畑と七尾によるダブルスタンドオフが炸裂します。これで一気にアストロズが流れを引き戻し、逆襲開始。浜畑がパスをつなぎ、七尾がついに得意のドロップゴールを決めます。柴門監督は自信を持って「これがアストロズのラグビーの完成形だ、これで勝つ!」と断言しました。

さらに浜畑のキックパスを受けて、七尾は2本連続のドロップゴールに成功。点差は15対26となり、アストロズの追い上げムードがさらに盛り上がります。しかしサイクロンズの攻撃もなかなかしぶとく、両者一進一退の攻防。浜畑は強烈なタックルを食らって倒れますが、膝の痛みに耐えながら戦い続けます。

その熱闘を前に、島本社長は思わず感極まって語りだします。「不思議だ…応援しているのは我々なのにまるで彼らに応援されているようだ。負けるな、負けるな…そう聞こえる。きっと会社もこの国もこの先もたくさんの困難が待ち受けている。だけど決して諦めるな。仲間と共に乗り越えよ…そう背中を押してくれているようだ。日本中に響け!世界中に響け!!」

君嶋も「私も…私も何度も彼らに背中を押してもらいました…」と賛同して、「頑張れー!!」と声を張り上げます。応援席からは「七尾頑張れー!」「いけー!」「いけるぞ浜畑!」と、さらなる大声援があがり、メンバーたちの背中を後押しします。

そして試合は一気に残り時間2分へ。ここでまた浜畑にボールが渡りますが、浜畑はサイクロンズの猛タックルを食らって右足をさらに負傷。それでも立ち上がり、右足を引きずってゴールを目指します。そこにまた里村が割り込んできますが、浜畑は(七尾…取ってくれ!!)と願いを込めて渾身のパス。

ボールは無情にも地面に落ちかけますが…そこに走ってきた七尾が蹴り上げてキャッチ。そのまま駆け抜けて、32-31の逆転で劇的勝利をおさめました。

ファンは「よっしゃー!」「やったー!」と大歓声で祝福。島本社長は「君嶋くん、やったな」と言って、君嶋とガッチリ手を取り合って勝利を喜びます。アストロズのメンバーたちは七尾を囲んで大騒ぎしたあと、浜畑を担いで控え室へ。里村が「負けたよ…」と言って微笑むと、サイクロンズの選手たちから大きな拍手が巻き起こりました。

そしてサイクロンズの津田監督も自ら柴門のところにやって来て、「いいチームをつくったな、私の負けだ柴門」と絶賛。柴門は「サイクロンズも素晴らしいチームでした。またいい試合をしましょう」と答え、お互いの健闘をたたえ合ってガッチリ握手を交わしました。

君嶋は試合を見に来ていた家族の元へ。妻の真希におそるおそる「どうだった?ラグビー」と尋ねると、真希は「最高!!」とニッコリ。息子の博人と尚人は「最高だって~」と大喜びです。君嶋も感激のあまり、人目もはばからず真希を思いっきり抱きしめてはしゃいでしまいました。

その後、君嶋はトキワ自動車本社へ復帰。経営戦略室長のポストに就き、今後はアストロズの「部長」としてチームを支えていくことになりました。そして君嶋に代わってゼネラルマネージャーになったのは…なんと、昨シーズン限りで引退した浜畑でした。 

君嶋が久しぶりに府中へ顔を出すと、浜畑やメンバーたちが一斉に集まってきて「お久しぶりです!」と大歓迎。あの滝川も練習風景を見に来てくれていたので、君嶋は改めて今の心境を滝川に語ります。

「今、世の中はどんどん理不尽なことがまかり通る時代になっています。でもだからこそラグビーというスポーツが必要なんじゃないでしょうか。「ノーサイド」という精神は、日本だけでしか通用しない日本ラグビーのおとぎ話かもしれない…でも今この世界だからこそ、必要なんだと私は思います…」

すると滝川も君嶋の気持ちを受け止めて、遠い目で未来を語ります。「そうだな。もし日本が世界と互角に戦える強豪国になったら、きっとその尊い精神を世界に伝えることができるだろう。君嶋それこそが君の使命なのかもしれないな。彼らがこの国のそしてラグビーの未来を作っていくんだ…」

語り合う君嶋たちの視線の先には、君嶋の息子・博人が率いるジュニアアストロズが一生懸命練習に打ち込んでいます。君嶋は「行けー!アストロズ、行けー!」と声を張り上げて、未来に輝くアストロズに声援を送りました…。

【Paravi】公式サイト⇒

ゲスト出演

赤木一輝役…櫻井翔(友情出演)

【ノーサイド・ゲーム】まとめ

今回でついに「ノーサイド・ゲーム」も最終回を迎えました。思い返せば、主人公の君嶋はもともとラグビーなんて全く興味がありませんでした。それなのにいきなり左遷されて、全く畑違いのラグビー部のGMを任されるところから物語がスタート。君嶋もアストロズのメンバーたちも、反発したのは最初だけ。すぐにお互いの情熱に共感し合い、ともに優勝を目指して戦うことを誓います。

君嶋はまずチーム強化のために高額な予算を何とかキープ。新たに柴門監督を迎え、予算を押さえながらも人脈を頼りに新しいトレーニング機器を購入。新メンバー・七尾をスカウトしたり、地域ボランティア活動に励んだり、広告やチケット収入の増進に取り組んだり…と全力で奔走します。

アストロズのメンバーたちもそんな君嶋の思いに応えて、一致団結して弱点を克服。プラチナリーグ最下位から一気に駆け上がって連勝し、強敵・サイクロンズとの決戦に臨みます。しかしあと一歩のところでサイクロンズに惜敗してしまい、アストロズは準優勝となりました。

それでも君嶋もアストロズのメンバーたちは諦めず、さらに奮起して2回目の挑戦へ。君嶋は島本社長の助けを借りて、何とか昨年度と同じ予算を守り抜きます。チーム内では激しいレギュラー争いが繰り広げられ、ベテランの浜畑は新人の七尾に全てを託してチーム全体の強化をバックアップ。里村がライバルのサイクロンズに引き抜かれるという予想外の事態もありましたが、急成長した佐々たちを中心にチームは完成度を高めていきます。

そして君嶋は、何度もアストロズのリストラをチラつかせてきた本社の滝川常務と直接対決。カザマ商事の不正を暴き、滝川常務が進めてきた買収話を食い止めました。しかし、実は裏で糸を操っていたのは滝川常務ではなく、君嶋の元上司・脇坂だったことが後になって発覚。

しかも脇坂は滝川に代わって自分だけ昇進し、いきなり有無を言わさずアストロズを廃部に追い込もうとしてきます。君嶋はずっと信頼していた脇坂の裏切りに打ちのめされますが、今度は滝川の力を借りて脇坂の悪事を追及。本社の理事会で脇坂を圧倒し、アストロズ継続の承認を勝ち取りました。

そして2年目の新生アストロズは、プラチナリーグ開幕と同時に快進撃を開始。怒涛の連勝で突き進み、ついにサイクロンズとの頂上決戦の日を迎えます。序盤は七尾や佐々が徹底的にマークされ、アストロズが大苦戦。

それでも後半は、まだ足のケガが完治していない浜畑が入り、七尾とともにダブルスタンドオフとして活躍します。勢いづいたアストロズは一気に点差を縮めていき、最後は浜畑渾身のパスを七尾がつないでゴールへ。見事な逆転勝利を飾り、ついにこれまでの雪辱を晴らしました。

その後、君嶋は本社に呼び戻されて重要なポストに就きますが、引き続き「部長」としてアストロズを応援していくことに。そして君嶋に代わって、なんと浜畑がアストロズのGMに就任。チームもファンもますます盛り上がり、君嶋と滝川も同じチームを応援する仲間として、誇らしげにメンバーたちを見守っていました…。

【ノーサイド・ゲーム】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 13.5%
第二話 11.8%
第三話 10.9%
第四話 10.6%
第五話 11.4%
第六話 13.0%
第七話 9.7%
第八話 11.3%
第九話 12.2%
最終回 13.8%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

ノーサイドゲーム_06

『ノーサイドゲーム』第六話(19/8/18放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...

偽装不倫_02

『偽装不倫』第二話(19/7/17放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視...

ルパンの娘_04

『ルパンの娘』第四話(19/8/1放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!あら...

偽装不倫_01

『偽装不倫』第一話(19/7/10放送)の見逃し配信はHuluがおすすめ!無料視...

ボイス_04

『ボイス 110緊急指令室』第四話(19/8/3放送)の見逃し配信はHuluがお...

ボイス_07

『ボイス 110緊急指令室』第七話(19/8/31放送)の見逃し配信はHuluが...