『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第四話(20/2/7放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

ねんとな_04
救急医たちの葛藤と情熱がほとばしる!!「病室で念仏を唱えないでください」は、僧侶で医師の主人公が奮闘する異色の医療ドラマです。これまでのストーリーでは、伊藤英明さん演じる主人公・松本が救命医として奔走!日々搬送されてくる急患を情熱的に救う一方、心のケアをする僧侶としても勤務しています。しかし松本はあまりにも情熱的過ぎて、時にはその思いが空回りしてしまうことも…。それでも仲間とともに支え合い、時にはぶつかって最善の方法を模索したりしながら、日々さらなる成長を遂げています。

第四話では、松本と研修医の田中が対立!生意気な田中が「松本のやり方は間違っている!」と言い出し、いつも以上に反抗的な態度を取るようになってしまいます。さらに松本を悩ませるのが、患者さんの家族。現実を直視できない妻が、夫の危機に激しく取り乱してしまい…!?今回はそんな「病室で念仏を唱えないでください」第四話のあらすじをネタバレありでご紹介します!!

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【Paravi】公式サイト⇒

【病室で念仏を唱えないでください】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【G線上のあなたと私】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2020年2月7日(放送終了後)~2020年2月14日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

Paravi
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「病室で念仏を唱えないでください」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「G線上のあなたと私」「逃げるが恥だが役に立つ」「ノーサイドゲーム」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【病室で念仏を唱えないでください】前回までのあらすじ

ねんとな_03
今回は中谷美紀さん、松本穂香さん演じる女医が奮闘!!「病室で念仏を唱えないでください」は、僧侶で医師の主人公が奮闘する異色の医療ドラマです。...
松本は相変わらず何かにつけて説法をしたり、患者さんの対応に熱中。しかしその情熱が空回りしてしまい、イマイチうまく伝わらないようです。ある日、宮島という男性患者が一時行方不明になりますが、後から松本が話を聞こうとしても宮島は心を開いてくれません。そんな松本に、三宅は思わず苛立って「そういうのは医師の仕事じゃない!」と言い放ちました。

一方、児島は毎日濱田に嫌味ばかり言われ続けて、さすがにウンザリ。それでも患者さんを助けたいという思いは人一倍強く、松本と意気投合します。しかし急患の応援に来た時は、さすがに経験値が足りなくて手が震えてしまった児島。松本はもちろん児島を支え、共に難しいオペを乗り切ります。おかげで児島は迷いや不安を乗り越え、大きく急成長できました。この手術の後、濱田は児島に無茶をさせたと言って松本を批判。松本と濱田はさらに険悪なムードになってしまいました。

そんな中、何と退院した宮島が自殺を図って再び搬送されてきます。松本が奮闘したおかげで何とか命を取りとめますが、三宅は「せっかく助かった命なのに…」と大ショック。さらにひと息ついたのも束の間、今度は大火災が発生して三宅の恩師・藤森隊長が死亡してしまいます。松本と三宅は現場に急行して藤森を搬送しましたが、懸命の治療も空しく藤森は死去…。三宅は絶望に打ちのめされてしまいました。

そんな三宅を救ったのは、松本の存在。三宅は松本と同じように宮島に声をかけて励ましてみたところ、同時に自分自身も元気をもらって微笑むことができました。松本も三宅と仲直りして、ようやくホッと胸をなでおろしました。後日、松本はすっかり児島と仲良くなり、「救急に来ないか?」と提案。児島はいきなりの提案に驚いているようでしたが、応援要請が入ると、すぐに駆けつけて松本たちとともに急患の処置に当たっていました…。

【Paravi】公式サイト⇒

【病室で念仏を唱えないでください】第読四話「家族が手術を拒否!?」(2月7日放送分)ネタバレ・あらすじ

今日も急患の手術を無事に乗り越え、救急メンバーはオフィスでようやくひと息。今回の手術が成功したのは、やはり心外から駆けつけてくれた児島のおかげです。松本は児島に「ホント助かった、ありがとう…」と感謝。三宅も「ありがとねー♪」と言って、心外に戻っていく児島を見送りました。

研修医の田中は「あんな患者受け入れちゃって、児嶋先生いなかったらやばかったっすよ!」とチクリ。すると松本は「僕は各科と協力してすべての患者を受け入れたいんだ!すべての命をもらさず救済する千手観音のように…」と情熱的に語ります。三宅は呆れて「私達、腕2本しかありませーん」と抗議。田中も「みんなを救うって、一個人、一民間病院ができることじゃないですよね。救急って結局ブラック労働で支えてるようなもんじゃないすか」と反抗的な態度を取ります。

松本はついカーッとなって田中に食ってかかろうとしますが、理事長が現れて「千手観音の千本の手っていうのは、千本の手を操るだけの度量心がないと…感情的になっているようでは無理でしょうねえ~」とお説教を食らう羽目に…。田中はその隙に「俺、飯行ってきまーす」と言ってそそくさと逃げていきました。

そんな中、また新たな急患が搬送されてきます。その患者さんは、長沢功一さん 58歳。かなりの遊び人でお酒や女遊びも大好き。お酒を飲んでいて、雑居ビルの階段から落ちてしまったらしく、急性硬膜下血腫、外傷性くも膜下出血…とかなり厳しい状態です。手術が成功したとしても、おそらくかなりの後遺症が残ると思われます。それでも、松本は「やろう!すぐにオペしないと助からない!!」と即断。三宅もすぐに「分かった!」と答えて、手術の準備に入ります。

その様子を見ていた田中は、廊下で「よくあの患者、オペしますよね~あれじゃあオペしても寝たきりか、植物状態になる可能性大っすね」とペラペラ。これをタイミング悪く、長沢の妻・菜穂が聞いてしまい、「手術をやめてほしい」と言い出します。菜穂はかなり取り乱しているようで、「手術のあと寝たきりか植物状態になるかもしれないんですよね?私、あの人の介護なんて嫌です!」と主張。

松本は「それで…奥さんは本当に後悔しませんか?」と説得しようとしますが、菜穂は「そんなこと…急に言われても分かんないわよ!あの人まだ58だし、あと何年…」とますます混乱してしまいます。すると娘の沙織が「お母さん!もういい加減にして!!…いいから手術してください!!」とピシャリ。菜穂はまだ戸惑っていましたが、松本たちはすぐに手術を始めることにしました。

そして長沢の手術は無事に成功しますが、やはり意識障害があって目覚めません。しばらくは経過を看ながらの治療になりますが、どうなっても元通りの健康な生活に戻るのは不可能…という状況でした。手術後、松本は田中に「どういうつもりだ!?」と怒りをぶつけます。それでも田中は「ただ俺は自分の考えを話してただけです」と開き直るばかり。松本はますますヒートアップして「患者も家族も!お前のこと研修医だから仕方ないなんて誰も見てくれねえ!」と叱りつけます。

しかし田中もますます頑なになってしまい、「俺は自分の言ったこと間違ってるとは思えません。下手に延命してもあの所見じゃ、機能予後は悪い。この際言わせてもらいますけど、どんな患者も救うって松本先生のわがままです!介護するのは家族ですよ?本当にそれで患者を救ったことになるんですかね!?」と猛反論。

松本は「だったら何であの時家族にそう言わなかった?あのままオペを中止してもいいって覚悟はあったのか!?死ぬか生きるかの現場で、何の覚悟もねえまま命の線引きなんかするんじゃねえよ!お前は医者だろ!!」と叫び、お互いにバチバチと激しくにらみ合います。しかし田中はそれ以上反論できず、無言でスタスタと立ち去ってしまいました…。

松本は田中の言葉を気にして、何だか心がモヤモヤ…。すると長期入院している患者・有賀が「何だよ、シケた面してんな~。何悩んでんのか知んねえけど、俺にしたようにおせっかいすりゃいいんじゃねえか?クソ坊主」と励ましてくれます。松本は「…ありがとうございます!」と手を合わせて感謝。庭には暖かい陽が差し込み、松本も晴れやかな気持ちに包まれました。

一方、濱田はとつぜん児島に「来週のオペ、君には第一助手に入ってもらいます。ということで、今後救急と関わるのはやめるように」と命令。児島はもちろんモヤモヤ…心臓外科で手術ができるのはいいことですが、だからと言って救急の応援に行けなくなると、今すぐ助けが必要な患者さんを救えないからです。

しかし身勝手な濱田は、児島の気持ちなんて全くお構いなし。松本にも「彼女を一流の心臓外科医に僕が育てます」と宣言し、救急への応援を完全に拒絶します。もちろん松本は「何でそんな目の敵にするんだよ。俺に何か文句あんのかよ!?」と猛抗議。それでも濱田は飄々とした態度で「僕の未来予想図を邪魔する者に手は貸せない。恨むならどーぞ、恨んでください。覚悟はあります」と冷たく突き放すだけでした。

その後、濱田は確かに児島を助手に加え、手術中にビシバシ指導。児島もしっかりその指導に応えます。しかし濱田は相変わらず嫌味たっぷりで、「今日の君の点数は64点。60点以上で合格。次はVSDのオペだから。一般総合病院で小児の心室中隔欠損の経験ができるチャンスなんて、そうそうない。ラッキーだよ」とペラペラ。苦しんでいる子供の患者がいるのに…児島は「ラッキー…?」とつぶやいて、首をかしげました。

一方、松本は帰宅中に夜の公園で幼い少年・品川凱斗くんに遭遇。松本は凱斗くんに「もう遅いし、家に帰ったほうがいいよ」と声をかけますが、よく見ると凱斗くんの身体には、不自然なアザが多数。この時間に子供を一人でほったらかしにしていることから考えても、おそらく親による虐待を受けているようです。松本は「これどうした?どっかでぶつけた?ちょっといい?」と言って、服をめくって身体のケガを確認しようとします。

すると偶然通りかかった主婦が、松本を変質者と間違えて警察に通報。警察も松本にあからさまな疑いの眼差しを向けますが、松本は「違いますよ!僕は医者で…あの子の傷を見ようとしただけですよ」と必死に訴えます。しかし身分証明書を病院に置き忘れていたので、警察官たちの疑いはなかなか解けません。それでも運良く児島が通りかかり、「松本先生?」と声をかけてくれたので、松本は「あっ児嶋先生!助けて!助けて〜!!」と必死でSOS。児島はすぐに駆け寄って、松本が医者であることを証明してくれました。

誤解も解けたところで、松本は警察官に「あの子の傷、虐待の恐れがあります。警察で保護して児相に連絡してください」と依頼。凱斗くんにも「僕はお医者さんなんだ。この手は人を助けるための手なんだもし痛かったりつらかったりしたら治させてほしいんだ。…お父さんお母さんに何かされた?」と優しく問いかけます。しかし凱斗くんは「僕が悪いから…」と言うだけで、肝心なことは何も語らずサッサと帰ろうとします。警察官は「あとは我々が」と言って、あわてて凱斗くんの後を追いかけていきました。

後日、警察から話を聞いたという小学校の教師・植木先生が松本を訪ねてやってきます。植木先生は以前から凱斗くんとその姉・愛羅ちゃんを心配していて、松本にも深刻な内情を打ち明けます。凱斗くんたちの母親はだらしないシングルマザーで、再婚した若い男は幼い姉弟を虐待。しかし凱斗くんも愛羅ちゃんも母親をかばっているのか、やはり周囲には何も語らず、ただひたすら耐え続けているようでした。松本は深刻な状況を知り、凱斗くんたちをますます心配します。

一方、長沢は相変わらず意識が戻らず、こちらもかなり深刻な状況でした。娘の沙織は父のお見舞いに来ていましたが、母の菜穂は現実を受け止めきれず、一度も病室に来ていません。松本は何もできない歯がゆさを噛みしめますが、そんな時に偶然、憲治から電話がかかってきます。せっかくなので、松本は年長者である憲治に、長沢さん家族のことを相談。すると憲治は「もしかしたら会うのが怖いのかもしんないねえ。変わっちゃった家族の姿を見るのがさ…」と語り、重要なヒントを与えてくれました。

後日、松本は掃除のおばちゃんから菜穂が毎日病院に来てはウロウロさまよっていることを聞き、あわてて菜穂の元へ。やはり、憲治の言ったことは正しかったようで、菜穂は夫のことが心配で仕方ないのに、変わり果ててしまった夫を見るのが怖くて病室に入れなかったのです。松本はそんな菜穂に声をかけ、「毎日、病院にいらっしゃってますよね…今日はご主人に会っていかれてはどうですか?」と優しく導きますが…!?

↓ 第四話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】報われる思いと、報われない思い…耐え難い現実に直面する松本!!
菜穂は松本の勧めで恐る恐る病室に入り、眠り続ける夫とようやく対面。やはり、色々あっても夫婦です。菜穂は変わらぬ愛しさがこみあげてきて、「あんなにいい格好しいだったのに。情けないねえ~こんな姿、誰にも見せられっこないよねえ!…私以外。これからは食事もトイレも全部私の指示に従ってもらいますからねっ!!覚悟してよ、お父さん……」と言ってそっと手を握ります。

すると、その思いに応えるかのように…何と長沢がとつぜん目を開いて奇跡の復活!身体は全く動けませんでしたが、それでも妻子に目で愛を伝えます。菜穂は夫にすがりつき、「お父さん!お父さん…良かった。生きてくれてありがとう…!」と感謝。娘の沙織も駆け寄って、家族三人、しっかり愛を確かめ合いました。

この感動的な場面に、田中も思わず背を向けて目をウルウル。口では松本にアレコレ生意気なことを言っていましたが、やはり長沢さん家族のことが心配だったのです。その直後、田中は開業医の父に電話して「父さん、俺、もう少しここで研修していこうと思う。救うって何なのか、もう少しここで悩みたいんだ。ごめん…」と報告。プライドの高い父は田中を知り合いの医師の元で育てようとしていたため、怒って電話を切ってしまいました。

松本はそんな田中の通話を背後でコッソリ盗み聞き。そ~っと忍び寄って、「…田中」と声をかけます。田中はあわてて振り返り、またいつも通りの明るいノリで「てことなんで、よろしくお願いします!!」と改めて挨拶しました。

松本も嬉しそうに「おう!」と返事しますが、田中はすかさず「でも!ブラックになるのが救急だ!とかそういう風潮みたいなのは変えていきたいんで。今日非番ですよね、松本先生!帰ってください!」と生意気に命令してそそくさと立ち去ります。松本は田中の背中に向かって、手を合わせて感謝。田中はこれまで誰にも見せたことのない、晴れ晴れとした笑顔を浮かべて意気揚々と駆けて行きました…。

そしてもう一人の悩める医師・児島は…相変わらず答えが出ず、救急か、心臓血管外科か…迷い続けていました。松本にも話を聞いてもらおうとしますが、そのとき松本は不在で会えませんでした。ほかの救急メンバーは相変わらず忙しく患者さんの対応に追われていて、児島は歯がゆさを噛みしめます。

しかし次の瞬間、5歳の娘さんを背負った母親が駆け込んできて、必死に助けを求めます。かなりの高熱が続いているようで、少女は苦しみ、母親もパニック状態。目の前で困っている患者さんがいる…児島はすぐに「私が診ます!!」と叫んで駆けつけ、心臓マッサージを始めます。劇症型心筋炎という深刻な症状でしたが、児島の素早い処置のおかげで無事に命を取りとめました。

三宅は「さすがよね…」と称賛し、戻ってきた松本も「ありがとう、色々大変なのに」と感謝します。児島は「この手は、人を助ける手ですから…」と言ってニッコリ。その目にはもう迷いがありません。児島は松本に「私、このところずっとどんな医師になりたいのか考えてました。…でも今、自然に手が動いて分かりました。先生!私、救急に来ても……」と転科の話を切り出します。

しかし、そこにまた新たな急患が搬送されてきて、松本はバタバタと玄関へ。その急患は…なんと、凱斗くんの姉・愛羅ちゃんでした。付き添っているのはまたしても親ではなく植木先生で、愛羅ちゃんはかなりグッタリしています。あの事件の後、凱斗くんと愛羅ちゃんは児童養護施設に保護されていましたが、久しぶりに登校してきた愛羅ちゃんはずっとお腹を押さえて苦しんでいました。

松本は愛羅ちゃんに優しく「何があった?」と語りかけますが、愛羅ちゃんは健気にも「お父さんは悪くないから…」と弱々しく語るばかり。松本は愛羅ちゃんの頭を優しく撫で、「愛羅ちゃんは悪くない!大丈夫、安心して!…なっ、頑張れ!!」と声をかけて励まします。

松本と三宅はすぐに愛羅ちゃんを検査室に搬送し、症状を詳しく調べます。その残酷な結果に、松本たちは一瞬、思わず絶句。愛羅ちゃんは単なる暴力のうえに性的虐待を受け、子宮外妊娠していたのです。松本は怒りと悔しさで「ちくしょうっ!!」と叫び、すぐに手術室に愛羅ちゃんを運び込みます。そして懸命の処置もむなしく…愛羅ちゃんはこの世を去ってしまいました。

植木先生は泣き崩れ、「ごめん…先生、助けられなかった!」と愛羅ちゃんに謝罪。松本たちも怒りと悲しみをかみしめ、身を震わせます。そのあと警察が駆けつけ、最低の両親も今になってようやくダラダラと登場。母親の結花は「お客さんが飲め飲めって離してくれなくってぇ~」と吞気な言い訳をしています。

植木先生は怒りが頂点に達し、「お母さん!何やってたんですか!お父さん!ご自分が愛羅さんに何されたか分かってますよね!?」と厳しく追及。すると父親の翔はヘラヘラと笑い、「アイツしゃべったのか!?何だよ、子供の言うこと信じてんの?あいつが誘ってきたんだよ」とバレバレの嘘をつきます。松本はついに耐え切れなくなり、次の瞬間、最低の父親を思いっきり殴り飛ばしていました。この手は、「人を助けるための手」だったのに…。

【Paravi】公式サイト⇒

ゲスト出演

長沢 功一役…本並 健治
長沢 奈穂役…中島 ひろ子
長沢 沙織役…美山 加恋
品川 凱斗役…齋藤 絢永
品川 愛羅役…石田 凛音
植木 洋役…松角 洋平
品川 結花役…木本 夕貴
品川 翔役…坂本 慶介

【病室で念仏を唱えないでください】第四話まとめ

今回はちょっと生意気な研修医・田中がひと回り大きく急成長。田中は無茶な働き方をする松本のやり方に不満を持ち、過酷な労働を嫌って、研修が終わっても救急医にはならないと決めていました。しかし、急患の長沢とその家族との出会いが田中を変えます。松本が処置に当たった長沢は、搬送時すでに手遅れに近く、予想通り寝たきりの植物状態で何とか命をつなぐことになりました。

長沢の妻はこの現実を受け止めきれず、毎日病院には来ているのに、夫のお見舞いに行くことができません。松本はそんな妻に優しく声をかけ、夫の病室に導きます。おかげで妻は何とか気力を振りしぼり、植物状態で眠り続ける夫に声をかけることができました。そしてその思いが届いたのか…なんと長沢が目を覚まし、奇跡の生還!泣いて喜ぶ妻子を見て、田中も思わず涙。改めて、この救急で頑張っていこうと決意しました。

一方、児島は濱田に「一流の心臓外科医として教育してやるから、もう救急に行くな」と言い渡されてウンザリ。確かに濱田は難しい手術で的確な指示を出してくれるようになりますが、児島は救急のメンバーや患者さん達のことが気になって仕方ありません。しかし、今にも死にそうな急患が現れた時…児島はすぐに決断。濱田の命令を無視して救急で処置にあたり、今後は転科して救急で人の命を救いたいと決意します。

こうして田中と児島、二人の若手が急成長し、救急もいい雰囲気に。しかしホッと息をつく暇も無く、新たな急患が搬送されてきます。その患者さんは…何と、性的虐待で子宮外妊娠していた小学生の女の子・愛羅ちゃん。松本たちは怒りに震えながら懸命の処置を行いますが間に合わず…愛羅ちゃんはこの世を去ってしまいました。担任の植木先生は号泣して愛羅ちゃんの両親に怒りをぶつけますが、父親はヘラヘラ嘘の言い訳をするばかり。松本は怒りと絶望を抑えきれなくなり、その父親を殴り飛ばしてしまいました…。

【病室で念仏を唱えないでください】次回の展開予想、考察

次回は、松本が逮捕されて無期限謹慎処分に!!理由はやはり、性的虐待の父親を殴ってしまったこと。罪自体は軽いのですぐに釈放されるものの、病院はなかなか厳しい処分を下すようです。

松本はしばらくお師匠の元に戻って反省。そこでもお師匠の古くからの友人のために、何かできることがあるだろうかと頭を悩ませるようです。一方、あおば台病院では、児島がついに心臓血管外科から救急に異動。もちろんみんなに大歓迎されますが、緊急事態が発生してしまい…!?

予告動画では謹慎中の松本が病院に現れ、「助けたいんですよ!」と主張。救急のメンバーたちは「松本先生!?」「謹慎中でしょ!?」と心配しています。次回は、松本がクビすら恐れず大奮闘!おそらくその熱意と功績に免じて、最後は理事長も許してくれる…そんな展開に期待したいところです。

【病室で念仏を唱えないでください】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 11.3%
第二話 10.3%
第三話 8.2%
第四話 8.1%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

ねんとな_08

『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第八話(20/3/6放送)の無料見...

ねんとな_09

『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第九話(20/3/13放送)の無料...

絶対零度_02

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第二話(20/1/13放送)の無料見逃し配信はF...

ゆるキャン_07

ドラマ『ゆるキャン△』第七話(20/2/20放送)の無料見逃し配信サイト、あらす...

ねんとな_06

『病室で念仏を唱えないでください(ねんとな)』第六話(20/2/21放送)の無料...

絶対零度_07

『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』第七話(20/2/17放送)の無料見逃し配信はF...