『メゾン・ド・ポリス』第八話(19/3/1放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

メゾンドポリス_アイキャッチ8話
クライマックスへ向けて、怒涛の展開!!TBSの金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」は、可愛い新人女性刑事と元警察OBのおじさま達が活躍する刑事ドラマです。これまでのストーリーでは高畑充希さん演じる牧野ひよりと、渋くてお茶目なおじさま達が捜査チームを結成。絶妙なチームプレイで数々の難事件を解決してきました。

しかし、おじさま達はひよりの事故死した父の秘密を知っている様子。そしてひよりもまた、おじさま達が隠している秘密に気づきはじめています。第八話では藤堂が誘拐され、犯人は1億円の情報を寄こせと要求してきます。メゾン・ド・ポリス最大の危機に、さすがのおじさま達も険しい表情。しかも事件の犯人はすぐ近くにいる、あの人物で…!?今回はそんな「メゾン・ド・ポリス」第八話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。

アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!番組によってはダイジェストや特集などもありますので、ぜひ、お見逃しなく!

【Paravi】公式サイト⇒

【メゾン・ド・ポリス】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【メゾン・ド・ポリス】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年3月1日(放送終了後)~2019年3月8日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

Paravi
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「メゾン・ド・ポリス」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【メゾン・ド・ポリス】前回のあらすじ

伊達の幼いころからの親友・本郷は裏世界を仕切るフィクサー。警察官になった伊達とは長らく会っていませんでした。しかし自宅が盗難被害にあったため、本郷は警察OBの伊達に直接捜査を依頼。ひよりとおじさま達は一緒に捜査を進めることになります。

本郷の金庫からは500万円が盗まれていて、金庫には蝶の鱗粉が付着していました。これは昭和に世間を騒がせた伝説的な盗人・アゲハの手口と全く同じです。その後、本郷の家で働く家政婦・カレンまで襲われ、本郷は急に焦り始めます。しかしその直後、愛人たちがアッサリ自首。本郷の遺産を狙い、金庫の中の遺書を確認するためという同期でした。

それでもひよりは伊達の助けも得て、本郷が伝説の盗人・アゲハであることを見抜きます。本郷の目的は、何よりもカレンを守ること。カレンに相続させるという遺書を見られてしまい、愛人たちに大金を渡して自首を勧めたのです。盗難の時効はもう過ぎているので、本郷がアゲハだと分かってもおとがめは無しです。本郷はカレンと無事を喜び、伊達と思い出話を楽しみました。

一方、ひよりは夏目が数年前に高遠建設の社員・池原慎吾を事情聴取したことを知ります。池原はその直後に自殺し、夏目は遺族の美砂から「人殺し」と深く恨まれていました。ひよりは夏目に「私の父と池原さんは本当は誰かに殺されたんじゃないんでしょうか」と迫りますが、夏目は「…何も知らない」と言って目を伏せます。そんな二人の会話を、草介が車の中で盗聴していました…。

メゾンドポリス_アイキャッチ7話
高畑充希さんのフレッシュな魅力が週末の癒し♪TBSの金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」は、可愛い新人女性刑事と元警察OBのおじさま達が活躍する...

【メゾン・ド・ポリス】第八話「最終章へ!藤堂誘拐に隠された真実」(3月1日放送分)ネタバレ・あらすじ

ひよりは父の死の真相、そして高遠建設の情報を求めて池原美砂に会いに行きます。美砂の夫・池原慎吾は高遠建設に勤務していましたが、3年前に自殺。池原は自殺の直前に夏目の事情聴取を受けていて、美砂は夏目が慎吾を追いつめたと考えているようです。みさはひよりが警察の人間だと聞き、「警察の方にお話しすることは何もありません」と不快感をあらわにします。

しかし、ひよりが「私の父も高遠建設の社員でした。ご主人の池原慎吾さんと同じように私の父も…建設中の建物から落下して亡くなりました」と説明すると、美砂の表情がハッと変わります。ひよりは真っすぐな瞳で「私は今、元捜査一課主任の夏目惣一郎さんと行動を共にしています…」と伝えました。

草介はそんなひよりの動向をすべて調べ上げ、上司らしき男に報告します。「牧野ひよりが自分の父親と夏目惣一郎のつながりに気づきました。池原美砂とも接触しています」と語る草介に、「伊達有嗣は?」と尋ねる男。

草介が「動きはありません」と答えると、その男は「これ以上、牧野ひよりに首を突っ込まれると面倒だ…こちらから動こう。組織を守るためだ、手段を選ぶな」と何やら企んでいるようです。草介は何か思うところがあるようでしたが、「対処します」と静かに答えました。

…後日、藤堂は講演会を開催し、マダム相手にお得意の甘いトークを披露。もちろんマダムたちからは大好評で、藤堂はモテモテです。みんな藤堂に感謝のあいさつをしたり、アンケートを書いたりして大満足で帰っていきました。アンケートの中には(お話があります、ロビーでお待ちしています)という嬉しいメッセージもあり、藤堂は「おっと♪これはお誘いか?」とホクホクしながら出かけていきます。

いっぽう、メゾン・ド・ポリスでは、おじさま達が可愛いお客様・館林桃香を迎えていました。まだ小学生の桃香は、おじさま達から見れば孫世代。おじさま達ははつらつとした桃香にメロメロで、桃香と楽しくおしゃべりをします。しかし夏目だけは子供になれていないせいか、相変わらずの無愛想です。

桃香はフリージャーナリストの女性で、桃香は母からメゾン・ド・ポリスの評判を聞いてやってきました。桃香のお願いは「おじいちゃんがオレオレ詐欺に遭ったから、犯人を見つけてほしいんです」というもの。おじさま達はもちろんやる気満々で桃香のお願いを引き受け、「心配だよね~ゆっくりお話をして、一緒におじいちゃんを助けようね!」と桃香を勇気づけます。

しかしそんな中、とつぜんメゾン・ド・ポリスに謎の小包が届きます。中身は2台のスマホ。そのうち1台のスマホが鳴り、謎の男が「藤堂雅人を誘拐した。夕方の5時までに1億円用意できなければ藤堂の命はない」と脅しをかけてきます。タイムリミットの5時まで、あとわずか30分しかありません。もう1台のスマホには血を流して拘束されている藤堂の画像も送られてきて、かなり危うい状況のようでした。

犯人はおじさま達全員をスマホ越しに監視し、外部との接触を禁止。家の周囲も監視されているので、桃香を外に出すこともできません。桃香の存在は犯人にバレていないので、高平が桃香をキッチンにかくまうことにしました。桃香はとてもおびえていましたが、高平の言うことをよく聞いて静かに待ち続けます。

しかし家の中にいるだけでは1億円を用意することもできません。伊達は「美術品や宝飾品にしてもそれだけの価値のあるものはありません」と犯人に問いかけます。すると犯人は「現金じゃない。1億円の価値があるものがあるだろう。よく考えろ、時間がないぞ」と言い出します。

さらにその直後、ひよりが美砂を連れてメゾン・ド・ポリスにやってきます。ひよりは「大事なお話があります」と神妙な面持ちで、夏目に高遠建設のことを聞こうとしているようでした。しかし、夏目たちは今それどころではありません。犯人に監視されているので、夏目はしかたなく「とにかく中へ、人の命がかかってる!」と言ってひより達を家の中に迎えます。

状況を知ったひよりは、まさかの緊急事態にビックリ。とつぜん巻き込まれてしまった美砂も、不安そうな表情です。そうこうしているうちにもタイムリミットは刻一刻と迫ってきますが、犯人は「物ではない、それだけの価値がある情報だ。それを出せば藤堂雅人を助けてやる」とどうも目的がハッキリしない要求ばかりです。

そんな中、桃香が機転を利かせ、持っていた子供用の携帯電話をかざしてくれます。ひよりは隙をついて桃香の元に行き、桃香の母に電話をかけて助けを求めることにしました。藤堂の監禁場所は迫田が密かにスマホの画像を確認し、窓の外に映ったタワーマンションから大体の予想はついています。電話に出た桃香の母はすぐに状況を察し、警察に連絡すると約束してくれました。

しかしその直後、こんどは犯人が桃香の携帯に電話をかけてきます。犯人は「約束を破ったな、警察に通報させただろう」と激怒し、桃香の母が監禁されている画像を送ってきました。桃香の母は警察に通報したあと、心配して自らも藤堂の監禁場所近くに来てしまったようです。犯人は「藤堂の代わりになってもらう」と冷たく言い放ち、死んだ藤堂の画像を送りつけてきます。

「藤堂さん!!」と息をのみ、嘆くひよりとおじさま達。それでも犯人は冷酷に「次は母親を殺す」と脅しをかけてきます。タイムリミットの5時まで残り4分。もう時間がありません。そこで夏目が「分かった、言うことを何でも聞く!どうすればいいんだ!?」と尋ねると、犯人は「高遠建設の資料を出せ!事件の真相が分かる証拠がその家にあるはずだ。その情報は大きな金になる」とようやく具体的な要求を明かしました。

ひよりは「本当は皆さん、高遠建設の事件について何か知ってるんじゃないんですか!?」と悲痛な声で訴えます。桃香も母を心配し、「ママを助けて!」と懇願。それでもおじさま達は何も答えず、悲しそうに佇んでいるだけです。ひよりはしびれを切らし、「探します!」と言って手当たり次第に資料を探し始めます。

ひよりが談話室にある棚に手を触れようとした時、「そこはダメ!」と叫ぶ高平。しかしひよりは「ここには何が?」と言い、棚をこじ開けようとします。すると伊達が進み出て、「…私です。高遠建設と関わっていたのは私です。ほかの皆さんは何の関係もありません資料持ってきます」と静かに告げ、資料のファイルを持ってきました。

「私がずっと集めてきたものです。私が知っているのはこれがすべてです」と打ち明け、ファイルを犯人に見せる伊達。しかし犯人は「ふざけるな!警察資料と雑誌や新聞記事だけじゃないか!もっとほかにあるはずだ!母親を殺す!!」と激怒します。桃香は「やめて! ママ!」と泣き叫び、ひよりは「伊達さん!!」と助けを求めます。

すると伊達は「ホントにもう何も持ってません。お疑いなら、あなたがここへ直接来てお調べになったらどうですか?館林真琴さん…あなたなんですよね?」と犯人に語りかけました。タイムリミットはついに5時を過ぎたところです。

ひよりは「何言ってるんですか?」と声を震わせますが、おじさま達はもうすべて理解していました。高平は「狂言誘拐なんでしょ」と言い、夏目は「お前と美砂さんが来たとき、バロンの吠えた声が犯人のスマホから聞こえた。あれでボイスチェンジャーを使っている犯人がすぐ近くにいると分かった…」と語り出します。

藤堂を講演会の後に呼び出したのは、館林真琴。講演会の参加者リストにもその名前がバッチリ残されていました。館林真琴は高遠建設の事件を追っているフリージャーナリストであり、なんと桃香の実の母親でもありました。桃香は母に頼まれ、今まで迫真の演技をしていたのです。

伊達は「高遠建設の事件を追っているフリージャーナリストがいることには気がついていました。とても素晴らしい取材をなさる方なんでよく覚えています」と語り、ファイルの中の記事を見せます。そこには「MT」という記者のイニシャルが記されていました。

電話の向こうの犯人…館林真琴はここでついに観念。「もういいよ桃香。ごめんね、せっかく協力してもらったのに…」とため息をつきました。おじさま達は「お母さん、少し冗談が過ぎませんか?いくら狂言とはいえ、脅迫や監禁罪になりかねませんよ」と真琴を問い詰めます。

しかしひよりは「待ってください!館林真琴さんは犯人なんかじゃありません」と猛抗議。夏目はそんなひよりを厳しい眼差しで見据え、「ああ分かってる…おまえが犯人なんだろ、牧野」と言い放ちます。伊達も美砂に「あなたも協力者だったんですね」と語りかけました。するとひよりもそこでようやく観念し、真相を打ち明けますが…!?

↓ 第八話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】首謀者はひより…!!いま試される、おじさま達とひよりの絆!さらに草介と謎の男も加わって大混戦へ!?

夏目の言う通り、この藤堂の狂言誘拐を計画した首謀者はひよりでした。2週間前、美砂に会ったひよりは、「会って欲しい人がいる」と言われてフリージャーナリストの館林真琴を紹介されました。真琴はずっと以前から高遠建設の事件を追っていて、美砂にも何度か取材を頼んでいます。

真琴はひよりに自身が調べた事件の資料や記事を見せ、新たに「市野沢譲」という人物のことを教えてくれました。市野沢譲も高遠建設に勤務していた経理部長で、美砂の夫・慎吾の直属の上司でした。市野沢は3年前の2月に川で水死体で発見され、当時の夏目は殺人だと疑っていた様子。高遠建設をめぐってはひよりの父、池原慎吾、そして市野沢譲…と3人も不審死が相次いでいたことになります。

真琴は「高遠建設は毎年10人以上の警察OBを受け入れています。高遠建設は何か大きな闇を抱えていて、それを隠すために警察の力を使っているのではないでしょうか?」と語り、高遠建設に天下りした人物の名簿も見せてくれました。ひよりはその中に伊達の名前を見つけ、目を見開きます。

20年前、ひよりの父が建設中の建物から落ちて死亡したとき、伊達は刑事部長でした。その当時、事件の資料にももちろん目を通しています。副総監にまで登りつめて退官した後は、高遠建設の社外取締役として天下りをしました。

ひよりは「伊達さんは高遠建設の闇も私の父や美砂さんのご主人が亡くなった理由も知っていると思いました。それを聞き出すためにこの計画を練ったんです」と思いつめた表情。藤堂の写真は講演会のあとに真琴が呼び出し、「エイプリルフールのドッキリ」ということで協力してもらったものでした。

迫田は「警察官がそんなことして覚悟はできてんだろうな!」と厳しくひよりを叱り、いつもは優しい高平も「もう少しやり方があったでしょ」と責めるような眼差しです。何も言い返せず、黙り込んでしまうひより。

すると美砂が割って入り、「時間がなかったんです。私は医師から余命宣告を受けています。死ぬ前に夫が死んだ真相を知りたくて、それでひよりさんがいろいろ無理をしてくれました…」とひよりをかばいました。夏目は美砂がそんな重病だったとは知らず、大きなショックを受けます。

ひよりは改めて伊達に向き直り、「伊達さん、なぜ高遠建設に天下りしたんですか?高遠建設を守るために何か後ろめたいことに加担していたんじゃないんですか?池原慎吾さんや私の父が死んだ本当の理由を知ってるんですよね?お願いします、教えてください!」と懇願。

すると伊達は「事件の真相を探るために、高遠建設に天下りました。でも2年で退職…何も分かりませんでした」と明かします。ひよりはにわかにはそれが信じられず、「だったら何でさっき戸棚の中を見せてくれなかったんですか?何か隠してましたよね?伊達さんだけじゃなくて、本当は全員で何か隠してるんじゃないんですか!?」と声を震わせて抗議。

すると夏目が棚の鍵をあけ、中を見せてくれました。しかし中に入っていたのは…お雛さまとお内裏さまのお人形。もちろんそれは、おじさま達がひよりの為に買ったものです。高平は「ひよこさんに喜んでもらおうと思って…」とほほえみ、迫田も「高平以外、俺達は娘がいなかったからな。小遣い出し合って買ったんだよ」と照れくさそうな表情。夏目も「俺まで払わされた」とほほ笑んでいます。

そして伊達も「このチームなら、いつか高遠建設の闇を暴くことができる。そう思って今日まで来ました。一緒に真相を追ってくれませんか?牧野ひよりさん」と改めてひよりに協力を提案します。しかしひよりは「分かりません。どうしたらいいのか…だって…最初に会ったとき人を疑えって言ったのは皆さんじゃないんですか!!」と取り乱し、逃げるように外へ飛び出してしまいました。

しかしその直後、ひよりは帰り道で襲われ、むりやり車の中に押し込まれてしまいます。しかしその犯人はよく見慣れた人物…草介でした。草介は「ちわっす。つきあってください♪」と明るく笑い、ひよりをひと気の少ない港に連れて行きます。

ひよりを待っていたのは、草介の上司の男・鴨下でした。鴨下は自分の警察手帳を取り出し、「警察組織の内部調査をする部署があることは知ってるな?」と言い放ちます。驚いたひよりが「草介さん、まさか…」と尋ねると、草介も警察手帳を取り出してニッコリ。「警視庁人事第一課の…瀬川草介です。警察の警察、通称ヒトイチ。こちらは人事第一課の監察官鴨下警視正。俺はその下で働く監察係!」と打ち明けました。

鴨下や草介の目的は、高遠建設と警察の癒着を探ることです。草介がメゾン・ド・ポリスに買い物係として出入りしてたのも、実は2年間に及ぶ潜入捜査の一環でした。そこでひよりは「草介さんはどう思いますか?あの人達は…本当に高遠建設の事件に関連してると思いますか?」と尋ねます。

草介は「もちろん疑ってる。特に伊達有嗣元警視庁副総監や、夏目惣一郎元捜査一課主任をね。ほかのメンバーにも疑いの余地がある…君もそう思うだろう?」と険しい表情。いつものような明るさは一切ありません。

さらに鴨下はひよりが持っていた辞職願を破り捨て、「尻尾は我々がつかむ。君はこれ以上やつらに関わるな。こっちは警察組織と巨大企業の闇を探ってるんだ。新米刑事の個人的な思いなど、どうでもいい。それと我々の存在は秘匿だ。警察の人間なら分かるな?」と厳しく言い渡しました。

家に戻ったひよりは、疲れ切った表情。今日はあまりにも多くのことがありすぎました。仏壇の前に座り、父と母の写真を見つめるひより。大切な両親の顔を見ていると、同じくらい大切な人達の思い出も次々に浮かんできます。

ひよりをメゾン・ド・ポリスに迎え、一緒に事件を捜査し、いろんなことを教えてくれたおじさま達。先輩刑事としてひよりを導き、一緒にご飯やおやつを食べ、一緒に笑いあってきた…どれもこれも大切な思い出ばかりです。

いつの間にか、ひよりにとっておじさま達のいるメゾン・ド・ポリスが大きな支えになっていたのです。そしてもちろん、その思いはおじさま達も同じです。今、おじさま達はひよりがもう来ないかもしれないと思い、みんな大きなショックを受けていました。

しかし、ひよりは決意の眼差しで立ち上がり、家の中の盗聴器を探し出します。そして盗聴器の向こうにいる草介に「草介さん、聞いてますよね?私はメゾン・ド・ポリスのリーダーでもあります。…だからやっぱり仲間を信じます。あの人達と一緒に…必ず事件の真相を突き止めますから!!」と言い放ち、盗聴器を壊しました。草介は「宣戦布告かよ…」とため息をつき、何とも言えない複雑そうな表情を浮かべていました。

翌朝、メゾン・ド・ポリスではいつものように朝ごはんの時間。おじさま達はみんな昨日のひよりのことがショックで、いまいち元気が出ません。しかしそこにひよりが「おはようございます!」とやってきて、「昨日は大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした」と深々と頭を下げて謝罪。それだけで、もうひよりがここには来ないと思っていたおじさま達に、みるみるうちに活気が戻ってきます。

そして顔を上げたひよりは、「お詫びにひなあられを持ってきました!今日のおやつです。捜査会議をしながら一緒に食べてもらえませんか?このチームで高遠建設の事件を追うことにしました!異論はありませんか!?」と高らかに宣言。おじさま達は笑顔で「無し!!」と声をそろえ、ひよりも「ヨシ!!」と満足そうに答えます。飛びっきりの笑顔を見せるひよりを、おじさま達はいつもの優しい笑顔で歓迎してくれました…。

【Paravi】公式サイト⇒

ゲスト出演

池原美砂役…荻野友里
館林桃香役…住田萌乃
館林真琴役…東風万智子
鴨下篤役…ヨシダ朝

【メゾン・ド・ポリス】第八話まとめ

今回は、藤堂の誘拐から過去の核心へと迫っていく怒涛の展開でした。ある日、藤堂が講演会のあとに誘拐され、犯人はおじさま達に「一億円の価値がある情報」を要求してきます。全員をその場に閉じ込め、制限時間の30分以内に情報をよこせと言う犯人。ぐうぜんその場に居合わせた少女・桃香や、後からメゾンドポリスにやってきたひよりと美砂も事件に巻き込まれてしまいますが、オロオロと何もできないまま時だけが過ぎてしまいます。

しかし、おじさま達はかなり最初の段階でこの誘拐がひより達による狂言誘拐だと気づいていました。桃香とその母・真琴も、美砂もみんなグルで、高遠建設を巡る事件の情報を聞き出そうとしていたのです。おじさま達に全てを見抜かれてしまったひよりは、メゾンドポリスから逃げるように飛び出して行きました。

その直後、ひよりは草介に車の中に押し込まれ、鴨下の元に連れて行かれます。何だか思わせぶりな行動をしていた鴨下たちでしたが、実はその正体は警察内部の調査組織。ひよりは勝手な捜査をするなと厳しく叱られてしまいます。しかし家に戻ったひよりは、自宅の中の盗聴器を発見。そこからおじさま達と事件を追う!と宣言し、盗聴していた草介を驚かせます。

そして翌日…ひよりは改めてメゾンドポリスへ。もうひよりが来ないのではと思っていたおじさま達は大感激。このチームで一緒に事件を解決したいと宣言するひよりを、笑顔で迎えます。次々に新たになる事実、そしてフリージャーナリストの真琴や警察内部組織・鴨下の登場など、どうなることかとハラハラさせられた今回。それでも改めてひよりとおじさま達の絆が深まり、ラストにはとびっきりの笑顔を見ることができました。

【メゾン・ド・ポリス】第九話の展開予想、考察


次回からはいよいよ最終章突入!今回の第八話で登場した美砂、真琴、桃香、そして鴨下も引き続き登場します。予告動画のラストにはメゾン・ド・ポリスで一緒にワイワイ楽しく食事をしているシーンもあり、メゾン・ド・ポリスらしい温かな雰囲気がステキです。

ひよりとおじさま達は真琴たちと改めて捜査に取り組み、事件の黒幕らしき男・野間仁の存在に行き当たります。野間は警視庁から天下りして、暴力団の関連企業とつながっている様子。その不正会計を市野沢や池原に押しつけ、抹殺した可能性が浮上してきます。

ひより達は徐々に真相に近づきますが、その先には大きな罠が。予告動画では市野沢の妻が襲われたり、ひよりが「君は夏目壮一郎と同じ罪を犯した…」と宣告されています。この声は、おそらく捜査一課管理官の間宮です。

間宮は以前、ひよりに「メゾン・ド・ポリスには裏切者がいる。夏目には気をつけろ」と警告してきた人物です。しかし、この間宮こそどうもアヤシイ雰囲気が漂っています。次回はクライマックス直前!大攻勢をかけるひより達の活躍、そこに待ち受ける手ごわい敵の存在が大きな見どころになりそうです。

次回のあらすじ、ネタバレ解説ページはこちら

メゾンドポリス_アイキャッチ9話
裏切者の正体に驚愕!!TBSの金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」は、可愛い新人女性刑事と元警察OBのおじさま達が活躍する刑事ドラマです。これま...
                       

【メゾン・ド・ポリス】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 12.7%
第二話 12.4%
第三話 10.7%
第四話 10.2%
第五話 9.6%
第六話 9.6%
第七話 8.3%
第八話 9.1%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

QUEEN_アイキャッチ7話

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第七話(19/2/21放送)の無料見...

メゾンドポリス_アイキャッチ4話

『メゾン・ド・ポリス』第四話(19/2/1放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...

家売るオンナの逆襲_アイキャッチ2話

『家売るオンナの逆襲』第二話(19/1/16放送)の見逃し配信はHuluがおすす...

QUEEN_アイキャッチ3話

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第三話(19/1/24放送)の無料見...

QUEEN_アイキャッチ2話

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第二話(19/1/17放送)の無料見...

メゾンドポリス_アイキャッチ5話

『メゾン・ド・ポリス』第五話(19/2/8放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...