ドラマ『この世界の片隅に』第八話(18/9/9放送)の無料見逃し配信、あらすじ、ネタバレ、視聴率情報はこちら!!

この世界の片隅に_アイキャッチ_8話



最終回目前!視聴率も番組最高記録に並ぶ10.9%をマークした「この世界の片隅に」。前回のラストでは原爆が投下された広島が未曽有の被害に巻き込まれます。第八話では、すずは広島にある実家を心配して、待つだけの苦しい日々を送ることに。さらに混乱の最中で、ついにその日・8月15日がやってきます。すずは激しく動揺しながらも、周作たちの支えでどうにか前を向いて生きようとしますが…。今回はそんな「この世界の片隅に」第八話のあらすじを完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。
 
アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を見られます。ぜひアプリをダウンロードして、人気のドラマやバラエティー番組を楽しんでみてください。よりドラマの世界観にひたるなら、オンエア日の直前にもう一度前回をおさらいで視聴するのもオススメです!

【この世界の片隅に】を無料視聴する方法

ドラマ『この世界の片隅に』は『TVer』と『TBSFREE』ではテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の第1話が無料で楽しめます。
1週間限定で【この世界の片隅に】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年9月9日(放送終了後)~2018年9月16日(次回話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信

期間限定の見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 視聴前にアンケートへの回答、送信が必要な場合があります。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。

視聴期間、CMを気にせず動画を楽しむならU-NEXTがオススメ!

ユーネクスト
U-NEXT(ユーネクスト)に登録することで視聴期限を気にすることなく【この世界の片隅に】他、最新映画やドラマから過去の人気作品が楽しめます!
月額1,990円(税別)とVODサービスの中では月額料金が高く設定されていますが、約120,000本以上(見放題約80,000本+レンタル約40,000本)の国内最大級の配信数毎月1,200円分のポイントが付与されるのでじつはお得なサービスになっています。

【U-NEXT】サービス詳細⇒【U-NEXT】公式サイト⇒

ドラマ【この世界の片隅に】はポイント購入で視聴可能です

【この世界の片隅に】前回(第七話)の振り返り

この世界の片隅に_アイキャッチ_7話
原爆投下、最も身近な家族の死、ついにその瞬間が…!ドラマ「この世界の片隅に」のストーリーもいよいよ大詰め、時は終戦直前の昭和20年・...
防空壕を出た後、不発弾の爆発に巻き込まれたすずと晴美。晴美はほぼ即死で、すずは何とか命は助かったものの右手の半分近くを失いました。径子は晴美を失った悲しみをすずにぶつけてしまい、すずは大きな喪失感と絶望感で心を閉ざしてしまいます。

軍事教練に行ったはずの周作が無事に帰ってきても、すずの不安はおさまらず、ついには「広島に帰る!」と言ってしまいました。周作は懸命に止めますが、「聞こえん聞こえん!帰る帰る!」と全く聞こうともしないすず。どうすればいいのか分からなくなった周作は、思わず「おおそうか、勝手にせえ!」と言ってしまい、すずは本当に実家がある広島に帰る支度をすることに。

昭和20年8月6日、その日すずは病院の診察を受けた後に、広島に帰る予定でした。径子はすずの帰り支度を手伝いながら「こないだは悪かった、晴美が死んだんをあんたのせいにしたりして」「うちはあんたの世話や家事ぐらいどうもない、むしろ気が紛れてええ…あんたが嫌にならん限り、すずの居場所はここじゃ」と、素直な気持ちを打ち明けました。この言葉にすずの心もようやく救われ、すずは子供のように泣きながら「やっぱり、ここへおらしてもらえますか?」と径子に抱きつきました。

しかし、その瞬間は突然やってきました。ピカッと全てを包み込んだ強烈な光、続いて起きた地震のような強い衝撃。それは広島市への原爆投下でした。何事かと外に飛び出した北條家の面々は、広島市の方角を見て驚愕。見たこともない大きさの雲のようなものが、空を不気味に覆い尽くしていきます。すずは広島の実家に連絡を取ろうとしますが、全くつながらず、何の情報も入ってきません。分かっているのは、「広島に新型爆弾が落とされ、とてつもない被害が出ているらしい」という不安が募る情報だけでした。

そんな中、ご近所に住む元看護師のハルさんが救援トラックで広島に向かうことに。焦ったすずは突然立ち上がり、長くきれいな自分の髪をハサミでバッサリ。「これで結う手間も省ける!迷惑はかけんようにします、連れてってください!」と懇願しますが…!?

【この世界の片隅に】第八話(9月9日放送分)ネタバレ・あらすじ

自分の髪を切ってまで、覚悟を見せたすず。ハルはその思いに心を打たれますが、やはり「ごめんね、乗れる人数は限られとるけえ、医療経験者だけ」と答えるしかありませんでした。ガックリと落ち込むすずに、美津は「安否を確かめたい人の名前と住所をあとで書いて、ハルさんに渡してお願いしたら?」と提案。ハルも「出来るだけのことはやってみるけ」と優しく励まします。すずは「はい、よろしゅうお願いいたします」とようやく気を取り直しました。

径子もひと安心しますが、ふとすずの頭を見て「フフッ、どうするんねあんたその頭、まるで猿じゃね。アホじゃね~すず。しかもほれ、ガタガタじゃ」とからかいます。すると、その場にいた全員が「ガタガタじゃ。ハハハ…」と笑いに包まれました。すずはぐちゃぐちゃになってしまった髪を見て、「はあ~」と大きくため息。親友の志野は「あとで切り揃えようね」と励ましてくれました。

仕事から帰ってきた周作は、すずの髪型を見て少しビックリ。すずは「前の長さの方がお好きでしたか?」と慌てますが、周作は「嫌いじゃなかったけど…えっ?いやいや」とあわてて否定。どうやらどんな髪型でも、すずがいてくれるだけで十分なようでした。ふと周作が「……心配じゃのう江波」とすずの心中を気づかうと、すずは「はい、ハルさんもタキさんも息子さん広島で連絡取れんのに、泣き言言わんと頑張ってらっしゃいますけえ」と明るく答えました。

その夜…火傷で真っ黒になった男性が、ボロボロになりながら坂道の下で命を失いました。最後の瞬間まで、坂道を登ろうと体をひきずり、力尽きてしまった男性。その遺体は翌朝、静かに運ばれていきました。ハルはタキとともにその悲しい遺体を見て、「広島から歩いて来んさったんじゃろうか。どこの誰か顔も服もベロベロで分かりゃせんねえ」と同情し、せめてもの弔いに合掌して冥福を祈りました。

広島市の状況が心配される中、呉にもまだ空襲警報が発令されていました。すずは空を切り裂く戦闘機を強い眼差しで睨みつけ、「ああうるさいねえ、ウチは負けんよ!!」と威勢よく叫びます。この頃になると、戦闘機からは爆弾だけではなく、大量の伝単(チラシ)が投下されていました。そこには「戦争が継続すればその結果は、故国日本の破壊である。戦争に結末をつけ、国家の再建に努力するのが真の忠である」という、降参を呼びかけるメッセージが。すずは「冗談じゃない!何が降参じゃバカにしくさって!!」と怒りをあらわにしました。

その夜、周作は剣道の練習をしながら「そういやすずさん、ゴタゴタして忘れちょったけど、ここを出る言うちょったよのう。ずっとおることにしたんか?」とすずに尋ねます。すると、すずは気まずそうに「…はい、おらしてください、お願いします」とモゴモゴ。周作は本当は嬉しくて仕方ないのに、「アホ、心配かけおってから」と照れ隠し。すずは思わず「すんませんでしたっ、ほんまにすみませんでした!ほんまにほんまにすみませんっ!」と言って、拾ってきた伝単の紙を丸めてポイポイと周作に投げつけます。径子はそんな二人のじゃれあうようなケンカを見て、「何やっとるん?あんたら…」と呆れ顔でした。

そして数日後…その日・8月15日もまた、唐突にやってきました。ラジオがある北條家には、ご近所の人たちもみんな集まり、畳に正座してその瞬間を待ちます。周作と円太郎は仕事に出ていて、不在でした。ラジオから聞こえてきたのは、初めて聞く天皇陛下の声。「…堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、以って萬世の為に太平を開かんと欲す…」という、終戦を告げる「玉音放送」でした。

集まった人々は、雑音混じりの難しい言葉に「えっ?どういうこと?」としばし混乱。「負けたいうことかね?」「ああ負けた、戦争は終わりじゃ」とようやく理解できても、「負けたらどうなるん?」と何も分からず呆然とするばかり。そんななか、すずは「ウチは、ウチは納得できん!絶対できん!」と激怒。畑に飛び出したすずは、亡くなった要一や晴美のことを想い、膝をついてわあわあと叫んで泣き崩れます。

仕事から戻ってきた周作は、そんなすずを探して迎えに来てくれました。ふたりは静かにうなずき合い、涙ぐみます。しかし周作は「すずさん…腹減ったわ」と一言。ようやく、すずに笑顔が戻りました。

その後、9月に入っても広島からの情報は乏しく、実家からの連絡も途絶えたままでした。周作は、すずの右腕の経過を診に来た医師に「本人は口にはしませんが、広島まで行くいうんは無理でしょうか?先生行かれたんですよね?広島そがいにひどいですか?」と尋ねます。すると、医師は「汽車もぎゅうぎゅう詰めじゃし、あの腕で何遍も乗るのは無理じゃ。広島生まれなんじゃろ?嫁さんは。広島の人は見ん方がええ…」と暗い表情で答え、去っていきました。

そんな矢先、すさまじい豪雨の中で北條家にやってきた訪問客は、女性の郵便配達員でした。すずは受け取ったハガキを見て驚愕。雨に濡れてほとんど読めなくなっていましたが、右端に書かれた「北條すみ」の名前だけはハッキリと読み取れたのです。わずかに残った消印の文字には「草津」と書かれていました。すずは「ばあちゃんのとこに、おるんじゃろうか…すみちゃん」とつぶやき、大事そうにハガキを胸に抱きしめました。

さらに豪雨の中、玄関戸を叩く二人目の訪問客がやってきて…と思ったら、それは久しぶりに帰ってきた父・円太郎でした。円太郎はやたらと興奮していて、「どうじゃこれ新品の鍬じゃ!ええ出来じゃ。工場は閉鎖解雇じゃ言うけのう、いきなり腹立つけえ、勝手に原料使うて鍬作ってみんなに配っちゃったわ!退職金の代わりじゃハハハハ、立派な横領じゃ!ハハハ…」と大爆笑。北條家の人々は呆れながらも、そんな円太郎の帰宅にホッと胸を撫でおろしました。

数日後、北條家にはたくさんの人々が集まっていました。主賓は刈谷幸子と成瀬。いよいよ二人の結婚が…!?というところで、急にタキは表情を曇らせます。「一回で済まそう思うてね、何遍も話したら頭おかしゅうになるけん。…みんな知らんかね、広島に新型爆弾が落ちてすぐ隣保のところで男の人が行き倒れとったんじゃ。体も服も何もかも溶けたようになっとってねえ。」「…どうやらウチの息子じゃったらしいんじゃ。手紙で分かった。ウチの子のことを心配して、友達が手紙くれたんよ。広島から呉に向けて帰ったが無事じゃろうか、って。息子じゃったんじゃあの人、ウチの…息子じゃったんじゃ。ウチ分からんかった、気付いてやれんかったんよ…母親なのにウチ、あの子はどんな思いで呉まで…」

タキは耐えきれなくなって号泣し、サンは「タキさん」と優しく抱きしめます。幸子はもう枯れるほど泣いたのか、涙も流さずうつむいていました。一同がしんと静まり返る中、とつぜん成瀬が「あの…お義母さん、ゆうべの祝言の話はいったん無しにしてください。幸子さんに吉浦に来てもらう話です」と言い出します。幸子とタキは「ええっ!?」とショックを受けて、成瀬の顔を信じられないという眼差しで見つめます。見かねた周作も「…おい!」と、成瀬を制止しますが…!?
↓ 最終話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】成瀬の決断に一同驚愕!!そして再び旅立つ周作の計らい…瓦礫の中ですずが見たものとは…!?

成瀬は声を詰まらせながら、「わしには兄がおりますけえ…じゃけえ、わしがこちらに来ます。息子になりますけえ、幸子さんも出て行かんですみますけえ。じゃけえ…幸子さんと一緒におれりゃ、わしはどこでもええんです。じゃけえ、寂しゅうないですけえ」と精いっぱいの笑顔を見せます。幸子も泣き出し、成瀬とともに顔を見合わせて強く頷き合いました。

円太郎も涙ぐみながら「ほうか、じゃ成瀬君お隣さんになるんか」と笑うと、周作も「えっ、ほいじゃ一緒に通勤か?一緒に行って、一緒に帰ってくるんか?」と声を震わせながら笑います。成瀬はようやく泣き止み、「おう、何嫌そうな顔しとるんじゃ!」と笑い、すずは「仲良しですねえ」と一言。一同はあたたかな笑顔と希望に包まれました。

翌10月、周作は任務でしばらく大竹海兵団へ旅立つことになります。その任務とは、敗戦に反対する反乱軍の制圧。周作は「嫌じゃ、同じ日本人同士で反乱じゃ制圧じゃいうて、ほんまに嫌じゃ。嫌でたまらん。そがいなことでケガやらしとうないしの。せっかく生き残ったのに」と、心底気が進まない様子でした。

すずは周作の見送りで駅の近くまでやってきますが、周作はふいに角で立ち止まります。周作は少し戸惑いながら、「すまんかったここで…、元気での。……すずさん、いつか言うちょったよな。様子を見に行ってくれ、って。知っとろう、そこの2つ目の角を左じゃ。自分で行ってみ、占領軍が上陸せんうちにな。早う」と告げました。急かされたすずは「あ…、は、はい!」と気づいて、一目散に走り出します。そこは、闇市のあった場所…親友になったリンが働いている二葉館の近くだったのです。

二葉館があった場所には、ほとんど何も残されていませんでした。何もかも焼き尽くされ、瓦礫や柱がバラバラと散らばっているだけ。すずは瓦礫の中に割れたリンドウ柄の茶碗を見つけ、しゃがみこみます。すずの脳裏に浮かぶのは「死んだら秘密も何もかも消えてしまう」と笑っていたリンの姿。すずは「リンさん、ごめんリンさん。リンさんのこと秘密じゃあなくしてしもうた。でもリンさん、それはそれで贅沢な気がするよ」と静かにつぶやきました…。

一方、時は流れて平成30年8月・呉市。佳代と浩輔は、節子とともに北條家を訪れていました。北條家に着くと、佳代と節子はビックリ。長年放置され、荒れ放題だった空き家の北條家が、きれいに片付けられてピカピカになっていたのです。驚く佳代に、浩輔は「週末にちょっとね。来てみた。佳代ちゃんが暮らそうとしてる家だから何か心配で。そん時にちょっと片付けてたら近所の人みんな手伝ってくれて、みんなそれどころじゃないのに」とニッコリ。節子も「ええ人らでしょ?」と嬉しそうにほほ笑みました。

浩輔は浩輔で何かと思い悩んでいたようでしたが、「難しく考えないでも、好きな人の好きな場所は好き。それでいいんですよね」と今は晴れ晴れとした表情。佳代は感心しているような表情でしたが、浩輔は「佳代ちゃん、何?そのこいつそんなこと考えてたか意外、みたいな顔?」と茶化しながら鋭くつっこみました。佳代も「えっ分かっちゃった?」と笑い、浩輔は少し拗ねながら「認めるとこじゃないよ普通~違うよ?」と答えます。そんな二人のじゃれ合いを見た節子は「仲のええケンカじゃね」と笑い、一息ついてから「さあ、ちいと中片付けてから…会いにいきましょう!フフッ」とほほ笑みました。

【U-NEXT】サービス詳細⇒【U-NEXT】公式サイト⇒

ドラマ【この世界の片隅に】はポイント購入で視聴可能です

【この世界の片隅に】第八話まとめ

ついに、長く過酷だった戦争が終わりました…。唐突であっけない幕切れに、だれもが呆然としたその瞬間。ラジオの玉音放送を聞いても何が起こったのか理解できないのも、無理はありません。その意味を知った時、すずは大きな敗北感、喪失感を味わって激怒し、号泣します。これまで戦ってきた意味は何だったのか、もっと早く終わっていれば…、とてもすぐに受け入れられるものではありませんでした。

しかし、すずは戻ってきた周作と仲直りし、次第に落ち着きを取り戻していきます。ずっと心配していた広島の実家からも、ようやく一ヶ月以上過ぎてから便りが届きました。すみが祖母の家から送ってくれたハガキを大事そうに抱きしめたすず。まだ広島は混乱が続いていて見に行くことはできませんが、すずの心には大きな安心と希望が広がりました。そして円太郎も無事に帰宅し、長男を失った刈谷家には新たな婿・成瀬がやってくることに。成瀬の思いに、思わず涙ぐむ周作たちの姿がとても感動的でした。

こうして人々が希望を持って再生していく中、周作はまた仕事で家を空けることになります。周作を見送る為、駅の近くまで一緒に歩くすず。周作は二葉館が近くにあると分かっていて、すずをその場所まで連れてきてくれたようでした。一目散に駆け出したすずが見たものは、何もかも燃え尽きた抜け殻のような空白。もしかしたら逃げのびているかもしれない…という希望も残る、印象的なシーンでした。

そして現代編では、空き家になった北條家をカフェとしてオープンする計画が本格化。佳代には内緒で自ら片付けを引き受けた浩輔、サプライズに感動しながらも照れ隠しでごまかそうとする佳代…なかなかお似合いの2人です。ラストでは、節子が「会いに行きましょう」と佳代たちを誘いました。一体、誰に会いに行くのでしょうか…。

【この世界の片隅に】次回(第九話)の展開予想、考察…


次回はいよいよ、最終回。「行ってきんさい」という径子の言葉で、すずはようやく広島を訪れることに。予告動画では満員電車の中でほほえむ周作とすずの姿が。どうやら夫婦ふたりで小旅行となるようです。妹のすみ、祖母のイトと再会を喜ぶシーンもあり、かなり明るい兆しが見えてきました。

そしてすずと周作のラブラブぶりもこれで見納め!「すずさんに早よう会いたいんじゃ…」「すずさんと一緒に生きていけるんが、幸せじゃと思うとります」とのろけを連発する周作、「ありがとう、うちを見つけてくれて…」とほほ笑むすず、肩を寄せ合う二人…と、素敵なシーンが盛りだくさんです!

さらに現代編では、佳代たちが広島カープのユニフォームを着たたくさんの人々とともに歩く姿が。これは現地エキストラの方々なのでしょうか?試合前の球場近くでかなり盛り上がっているような雰囲気です。戦後と現代…そして、すずと節子をつなぐものもラストでようやく明らかになりそうです。

【この世界の片隅に】第八話の視聴率

第八話:10.9%

各話毎の視聴率
第一話 10.9%
第二話 10.5%
第三話 9.0%
第四話 9.2%
第五話 8.9%
第六話 8.5%
第七話 9.8%
第八話 10.9%
第九話

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

日テレ版ドラマ【この世界の片隅に】はHuluで視聴可能!

動画配信サービスHulu(フールー)であは2011年に日本テレビで放送された「この世界の片隅に」が視聴可能です。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】作品ページ⇒

新規登録は2週間の無料トライアルが利用可能!

【この世界の片隅に】関連商品

               

関連記事

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第四話(18/7/30放送)の見逃し配信はFODが...

この世界の片隅に_アイキャッチ_9話

ドラマ『この世界の片隅に』最終話(第九話)(18/9/16放送)の無料見逃し配信...

グッドドクター_メイン

グッド・ドクター第一話(18/7/12放送)の見逃し配信はFODがおすすめ!あら...

dele_アイキャッチ_5話

ドラマ『dele(ディーリー)』第五話(18/8/24放送)の無料動画見逃し配信...

この世界の片隅に_アイキャッチ_5話

ドラマ『この世界の片隅に』第五話(18/8/12放送)の無料見逃し配信、あらすじ...

dele_アイキャッチ_6話

ドラマ『dele(ディーリー)』第六話(18/8/31放送)の無料動画見逃し配信...