ドラマ『この世界の片隅に』第七話(18/9/2放送)の無料見逃し配信、あらすじ、ネタバレ、視聴率情報はこちら!!

この世界の片隅に_アイキャッチ_7話



原爆投下、最も身近な家族の死、ついにその瞬間が…!ドラマ「この世界の片隅に」のストーリーもいよいよ大詰め、時は終戦直前の昭和20年・6月に差しかかっています。

前回のラストでは、すずと晴美が外出先で空襲に襲われました。なんとか防空壕に避難して一命を取りとめたのも束の間、今度は不発弾が爆発。周囲の何もかもが真っ白な閃光に包まれてしまいます。第七話は、すずの身に起きたあまりにも無情な運命からスタート。すずは混乱と絶望のあまり我を失ってしまいますが…!?今回はそんな「この世界の片隅に」第七話のあらすじを完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。
 
アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を見られます。ぜひアプリをダウンロードして、人気のドラマやバラエティー番組を楽しんでみてください。よりドラマの世界観にひたるなら、オンエア日の直前にもう一度前回をおさらいで視聴するのもオススメです!

【この世界の片隅に】を無料視聴する方法

ドラマ『この世界の片隅に』は『TVer』と『TBSFREE』ではテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の第1話が無料で楽しめます。
1週間限定で【この世界の片隅に】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年9月2日(放送終了後)~2018年9月9日(次回話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信

期間限定の見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 視聴前にアンケートへの回答、送信が必要な場合があります。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。

視聴期間、CMを気にせず動画を楽しむならU-NEXTがオススメ!

ユーネクスト
U-NEXT(ユーネクスト)に登録することで視聴期限を気にすることなく【この世界の片隅に】他、最新映画やドラマから過去の人気作品が楽しめます!
月額1,990円(税別)とVODサービスの中では月額料金が高く設定されていますが、約120,000本以上(見放題約80,000本+レンタル約40,000本)の国内最大級の配信数毎月1,200円分のポイントが付与されるのでじつはお得なサービスになっています。

【U-NEXT】サービス詳細⇒【U-NEXT】公式サイト⇒

ドラマ【この世界の片隅に】はポイント購入で視聴可能です

【この世界の片隅に】前回(第六話)の振り返り

この世界の片隅に_アイキャッチ_6話
ストーリーはついに激動の後編へ…!ドラマ「この世界の片隅に」はクライマックスに向けて、過酷なシーンとささやかな幸せのシーンの対比、明...
昭和20年3月、B29の空襲がついに呉にもやってきました。北條家は何枚か瓦が吹き飛んだだけの被害ですみましたが、空襲にそなえて防空壕や非常持ち出し袋などの準備を強化します。そんな非常時ではありましたが、4月には家族総出で二河公園の桜を見に行きます。非常時だからこそ「見ておけるうちに行かなければ」という思いが高まり、足が悪いサンも家族に支えられて一緒に花見を楽しみました。

しかし5月に入ると、円太郎が勤務先の工場で空襲にあって行方不明に。周作と径子は円太郎を探し回りますが、まったく手がかりがなく、途方にくれます。さらに悪いことは続き、円太郎が見つからないまま、周作が3か月の軍事教練で家を空けることになります。敗戦続きでいよいよ追い詰められた軍は、文官を武官に徴収してでも戦地に送り出そうとしているようでした。すずは不安で泣き叫びますが、周作のため、絶対に北條家を守ると決意。周作も不安を押し隠して「頼むな、すずさん」と言って旅立っていきました。

6月に入ると、円太郎が海軍病院に入院していたという知らせが届きます。一ヶ月近く意識不明の重体だった円太郎は、無事に意識を取り戻して生還。径子は晴美とすずを連れて、入院中の円太郎と下関に疎開している息子・久夫に会いに行くことにします。しかし、切符の購入待ちは長蛇の列。径子は自分が切符を買っている間に、晴美とすずに円太郎のお見舞いに行ってくるよう勧めました。

すずは晴美を連れて歩き出しますが、直後に空襲警報が。ぐうぜん近くにいた親切な夫婦のおかげで、防空壕に避難して事なきを得ますが、外は煙と瓦礫に包まれた悲惨な状況に。すずは瓦礫に刺さった不発弾を発見して「危ない!こっち!」と急いで晴美の手をひいて逃げ出します。しかし無情にも不発弾は炸裂し、その閃光が周囲を真っ白に包んでいきました…。

【この世界の片隅に】第七話(9月2日放送分)ネタバレ・あらすじ

すずは「晴美さん!晴美さん!」と何度も名を呼びますが、晴美は何も答えません。周囲の人々は「かわいそうに、こがいに小さいのに…」と大きなため息をもらしていました。そして重傷を負ったすずは病院に運ばれ…ふたたび意識を取り戻した時は北條家に戻っていました。

「お義姉さん…」とつぶやくすずに、径子は「あんたがついておりながら…!!何で?何で!?人殺し!!返して、晴美を返して!返してや!晴美を返して!何で…何で、晴美が死なにゃならんの!何でよ!!!」と激しく詰め寄ります。あの日、不発弾の爆発に巻き込まれた晴美は…むごいことに即死でした。すずは何とか命だけは助かりましたが、右手の肘から先まで半分近くを失っていました。

すずはただ「ごめんなさい…」と縮こまり、晴美を失った絶望と径子への申し訳なさで精神的に追い詰められていきます。義母のサンはそんなすずに「ごめんねすずさん、あの子も訳分からんようになってしもうとってね、無理もないんじゃけど…。ほんまにあんたが助かっただけでも、えかった思うとるんよ、私らは。早う元気になってね」と優しい言葉をかけました。

径子は晴美のことで頭がいっぱいでしたが、それでも心の奥ではすずのこともちゃんと気にかけていました。配給で幸子と志野に会った径子は「正直、あの子が悪いんじゃないのは分かっとるけど…何であんただけ生きとるんって、何で逆じゃないんって思うてしまう。じゃけえ…、あんたらが何とかせえ、すずのこと」と、憔悴しきった顔でぶっきらぼうに伝えました。

すずの親友である二人は、径子の願い通りすずを散歩に誘い出します。やはりすずは「何もできんけえ、あの家におっても、居場所が無い、いうか…何でうちも一緒に死んでしまわんかったんじゃろう?何で晴美さん守れんかったんじゃろう」と大きな喪失感にさいなまれていました。幸子はそんな悲しいことを言うすずをポカッと殴り、「悔しかったら殴り返しんさい!ほれ!」と挑発。すずはムキになって幸子を殴り返し、なぜか志野も参戦。ひとしきり殴りあっているうちにバカバカしくなって思わず笑顔がこぼれ、3人は泣きながら抱きしめあいました。

7月に入ると、呉市への空襲はますます激しくなります。呉には軍港や工場があった為、集中して空襲のターゲットになっていたのです。ある日、北條家にも焼夷弾が落ちてきますが、すずは大パニックになりながら座布団で叩いて消化。さらに径子が急いでバケツの水をかけた為、なんとか畳が焦げただけで済みました。しかし、呉市内は100機以上のB29による空襲で炎に包まれ、一夜にして市街地の大半を焼失してしまったのです。

数日後、訓練に行ったはずの周作が血相を変えて北條家に戻ってきます。戦局の悪化と本土への空襲で、軍ももはや呑気に訓練をする余裕も必要も無くなったのです。周作はボロボロに傷ついたすずを見て…、仏壇に置かれた小さな白い箱を見て…全てを察しました。

それでも周作は「あんたが生きとって…えかった」と無事を喜びますが、すずはどうしても立ち直れず「すみません…」と喪失感と罪悪感を背負ったまま。取り乱したすずは「お願いがあります、二葉館の白木リンさんを見てきてくれんじゃろうか?友達なんです、お願いします!」と言い出し、周作を困らせてしまいました。

数日後、すずを心配した妹・すみが北條家にやってきます。すみはすずを思って「お姉ちゃん、手、家のことできんかったら北條の家おりづらいじゃろ?広島へ帰っておいでえや。広島は空襲もないし、帰っておいでえや、ねっ」と優しく勧めます。その時すずは何も答えませんでしたが、その言葉に引き寄せられるような救いを感じていました。

7月中旬に入ると、呉への空襲はさらに激化。7月15日11:12、20:50、23:27、7月18日12:20、7月22日23:53、7月24日6:10、8:15、12:30、13:38、14:24、14:55、15:50、7月25日7:50、9:30、7月26日23:10…朝昼晩を問わず、断続的に空襲警報が発令され、その度に人々は防空壕へと非難しました。そして7月28日…またもや発令された空襲警報の中、北條家の面々は急いで防空壕へ向かいます。しかし、すずは庭にいた美しい白鷺の姿を見て「いけん、ここはいけん!そうじゃ 飛びんさい!そうじゃ!そっちへずっと逃げ!山を越えたら広島じゃ!」と飛んでいく白鷺を追って外に飛び出してしまいました。

白鷺は無事に広島市の方角へ飛んでいきましたが、すずの目の前には爆撃機が迫ってきます。坂道が爆撃され土煙が上がる中、すずは呆然と立ち尽くしたまま動きません。…間一髪、周作が「アホが!死ぬ気か!」と言って助けに来なければ、危うく死んでしまうところでした。周作は長時間の爆撃から必死ですずを抱きしめてかばいますが、すずはもう苦しみから逃れたい一心で「うち…広島へ帰ります」と言ってしまいます。

周作はショックを受けながらも「この一年あんたのおる家に帰れて、楽しかったで。あんたは違うんか?すずさん、ずっとここは知らん男のよそん家のまんまか?のう、すずさん!」と懸命にすずを引き止めます。しかしすずはますます取り乱し、「聞こえん!聞こえん、いっこも聞こえん!帰る!帰る!広島へ帰る!」と絶叫。周作もどうしていいか分からず、思わず「おおそうか、勝手にせえ!」と言ってしまいました。

一方、時は流れて現代・2018年の広島市。佳代と浩輔は節子と一緒に、すずの故郷・広島市江波地区を訪れていました。「せっかくじゃけえ、すずさんがおった所二人に見てもらおう思うてね」と語る節子。佳代が「節子さんは呉で生まれたの?」と尋ねると、節子は「ううん広島、たぶんね。よう分からんの私は。いつどこで生まれたんか」と打ち明けました…。

そして再び場面は変わり、昭和20年8月6日…。すずは周作と仲たがいしたまま、実家に帰る為の荷造りをしていました。すずは10時から予約していた病院の診察を受けた後、本当に北條家を出ていくつもりでしたが…!?
↓ 最終話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】広島に帰ろうとするすずを制止!しかし、やっと立ち直りかけたすずに無情な知らせが…!?

荷造りをするすずの横で、径子はすずの為にモンペを作っていました。「モンペじゃ、ゴムひも通したけ。一人でも着られよう。ゴムひもが寄せ集めで申し訳ないけど」と言って餞別がわりに差し出す径子。少し驚いた様子のすずに、径子は素直な今の気持ちを打ち明けます。

「こないだは悪かった、晴美が死んだんをあんたのせいにしたりして」「うちはあんたの世話や家事ぐらい どうもない、むしろ気が紛れてええ。なくしたもんをあれこれ考えんで済む。くだらん気兼ねなぞせんと、自分で決め」「…あんたが嫌にならん限り、すずの居場所はここじゃ」

優しく本心を語った径子に、頑なだったすずの心は解きほぐされていきます。しかし、その瞬間…それは唐突にやってきました。ピカッと全てを包み込んだ強烈な光、続いて起きた地震のような強い衝撃。広島市への原爆投下でした。

そんな事情を全く知る由もないすずは、本心を打ち明けてくれた径子に飛びつき、「やっぱり、ここへおらしてもらえますか?」と言って泣き出します。径子もようやくホッと安心して「分かった、分かったけ。離れ!暑苦しい!」と言いながらも、すずを抱きしめました。

その直後、庭にいた円太郎が「お~い!おい!外に出てみい!見てみい、あれ」とすず達を呼び寄せました。すずと径子、サンも不安げに外に飛び出し、ご近所の人々もみな、不安げに空を見つめます。空に広がっていく、見たこともない不気味な形の雲。すずは「何ですか?あの雲…雲ですか?あれ…」と、漠然とした恐怖におびえることしかできませんでした。

翌日の8月7日、円太郎は「どうやら広島に新型爆弾が落ちたいうのが、正しいようじゃの」と結論づけます。すずは江波の実家に電話をかけてもつながらず、ただただ不安と焦りが募っていきました。しかし、広島へ行く手段も限られる中、何もできないすず。そんな中で、隣家の刈谷家に避難していたハルさんという元看護婦の女性が、広島の病院にトラックで救援に行くことになります。

すずは思わず「うちも乗してってもらえませんか?お願いします!」と懇願。ハルには「悪いけど、すずちゃん。それは無理じゃ」とやんわりと断られ、径子にも「気持ちはわかるけどね…あんた自分のことも一人でようせんじゃろ?ケガ人は足手まといじゃ」と止められてしまいます。それでもすずは諦めず、突然ハサミで髪をザクッと切って「これで結う手間も省ける、迷惑はかけんようにします!連れてってください!」と大声で叫びますが…!?

【U-NEXT】サービス詳細⇒【U-NEXT】公式サイト⇒

ドラマ【この世界の片隅に】はポイント購入で視聴可能です

第七話 追加キャスト/h3>
知多ハル役…竹内都子(ピンクの電話)

【この世界の片隅に】第七話まとめ

すずは自分の子供のようにかわいがっていた晴美を失い、右手の半分も失い、大きな喪失感と絶望感に打ちのめされました。径子も取り乱してしまい、すずは一人で心を深く閉ざしてしまいます。せっかく周作が無事に帰ってきたのに、その言葉すら届かないほど混乱していたすず。本当に実家に帰るつもりで、身支度までしていました。

しかし、時間がたってようやく落ち着いた径子のおかげで、すずは北條家にとどまることを決意。すずはようやく安心と冷静さを取り戻しますが、今度は原爆投下で広島市の実家と連絡が取れなくなってしまいました。どうしても実家の様子を知りたいすずは、髪を切ってまで救援トラックに乗ろうとしますが…、というところで次回へ続くことに。

一方、現代編パートにもまた動きがありました。佳代・浩輔・節子はすずが育った場所、眺めていた景色を求めて広島・江波を訪れます。節子はニコニコしながら「自分がどこで生まれたのか分からない」と驚きの出生を明かしました。前回、すずを「お母ちゃん」と呼んでいた節子ですが、すずが母親ならどこで生まれたのかはわかるはず。節子にもまた、深い事情があるようでした…。

【この世界の片隅に】次回(第八話)の展開予想、考察…


すずは広島市で暮らす実家の家族が心配でたまりませんが、何もできることはなく、何も情報も得られず、不安な日々だけが過ぎていきます。そして数日後には玉音放送が行われ、ついに終戦の時を迎えます。北條家は家族やご近所さんとともに集まって、ラジオを聞くことに。

失って、失って、その先に告げられた過酷な現実……すずは大きな絶望感に襲われて号泣しますが、それでもまた「うちは負けんよ!」と言って周作とほほ笑み合います。

どんな絶望が立ちはだかろうとも、再び立ち上がる人々と、動き出していく時間。さらに強く、たくましく生きようとするすず達…彼らの新たな希望と再生の日々が始まろうとしているようです。

【この世界の片隅に】第七話の視聴率

第七話:9.8%

各話毎の視聴率
第一話 10.9%
第二話 10.5%
第三話 9.0%
第四話 9.2%
第五話 8.9%
第六話 8.5%
第七話 9.8%
第八話
第九話
第十話

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

日テレ版ドラマ【この世界の片隅に】はHuluで視聴可能!

動画配信サービスHulu(フールー)であは2011年に日本テレビで放送された「この世界の片隅に」が視聴可能です。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】作品ページ⇒

新規登録は2週間の無料トライアルが利用可能!

【この世界の片隅に】関連商品

               

関連記事

グッドドクター_アイキャッチ5話

グッド・ドクター第五話(18/8/9放送)の見逃し配信はFODがおすすめ!あらす...

グッドドクター_アイキャッチ3話

グッド・ドクター第三話(18/7/26放送)の見逃し配信はFODがおすすめ!あら...

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第二話(18/7/16放送)の見逃し配信はFODが...

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第三話(18/7/23放送)の見逃し配信はFODが...

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第四話(18/7/30放送)の見逃し配信はFODが...

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第七話(18/8/20放送)の見逃し配信はFODが...