ドラマ『この世界の片隅に』第四話(18/8/5放送)の無料見逃し配信、あらすじ、ネタバレ、視聴率情報はこちら!!

この世界の片隅に_アイキャッチ_4話



朝ドラのようなクオリティーで話題集中!「この世界の片隅に」は広島エリアの視聴率が22.5%で最高記録を更新、全国エリアでもおおむね好視聴率をキープしています。

第三話では戦時色が強まる中、ヒロイン夫婦がまるで恋愛ドラマのような微笑ましい雰囲気に。そこに昔の切ない恋愛が絡んできて、ちょっと微妙な関係にヒロインが動揺してしまいます。

第四話では戦争の影響がますます重くなっていくなか、さらに夫婦の関係を揺さぶる出来事が発生。すずの悩みはなかなか尽きません。今回はそんな第四話のあらすじを完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。
 
アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を見られます。ぜひアプリをダウンロードして、ドラマやバラエティー番組を楽しんでみてください。よりドラマの世界観にひたるなら、オンエア日の直前にもう一度前回をおさらいで視聴するのもオススメです!

【この世界の片隅に】を無料視聴する方法

ドラマ『この世界の片隅に』は『TVer』と『TBSFREE』ではテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」や、他ドラマ作品の第1話が無料で楽しめます。
1週間限定で【この世界の片隅に】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2018年8月5日(放送終了後)~2018年8月12日(次回話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信

期間限定の見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • 視聴前にアンケートへの回答、送信が必要な場合があります。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。

視聴期間、CMを気にせず動画を楽しむならU-NEXTがオススメ!

ユーネクスト
U-NEXT(ユーネクスト)に登録することで視聴期限を気にすることなく【この世界の片隅に】他、最新映画やドラマから過去の人気作品が楽しめます!
月額1,990円(税別)とVODサービスの中では月額料金が高く設定されていますが、約120,000本以上(見放題約80,000本+レンタル約40,000本)の国内最大級の配信数毎月1,200円分のポイントが付与されるのでじつはお得なサービスになっています。

【U-NEXT】サービス詳細⇒【U-NEXT】公式サイト⇒

ドラマ【この世界の片隅に】はポイント購入で視聴可能です

【この世界の片隅に】前回(第三話)の振り返り

この世界の片隅に_アイキャッチ_3話
夏ドラマの中でも特に名作と評判の「この世界の片隅に」。ドラマの舞台・広島エリアでの視聴率は20%、全国エリアでも10%台の好視聴率を...
昭和19年・6月。とうとう呉市に初めての空襲警報が鳴り響き、砂糖の配給が停止になるなど、人々の生活はますます追い詰められていました。

しかし、切迫していく生活も何のその、すずは改めて周作にホレボレ。「なんか、改めてええ男じゃなと思うておりまして…へへっ」とデレデレして、義嫁の径子や友人の幸子など周囲に呆れられてしまいます。

さらに径子のちょっとしたイジワル心から、周作に結婚を考えるほどの恋人がいたことを知ってしまったすず。偶然にもすずは、その相手・遊女のリンと出会いますが、まさかリンが周作と恋仲だったとは知らずに親しくなります。

一方、周作は頑張ってくれているすずの為に、サプライズデートを企画。すずが食べたがっていたアイスクリームをご馳走し、日頃の苦労をねぎらいます。すずは幸せいっぱいな気持ちで満たされ、2人はお互いに感謝の気持ちを伝えあいました。

そんな幸せな日々のなか、すずは忙しい家事の合間をぬって趣味のスケッチをすることに。しかし、お気に入りの畑で呉湾の風景をスケッチしていると、とつぜん憲兵に怒鳴られて北條家まで強引に連れ戻されてしまいます。なんと、すずが描いた絵にスパイ疑惑がかかってしまったようでしたが……!?

【この世界の片隅に】第四話(8月5日放送分)ネタバレ・あらすじ

ある日、憲兵に突然怒鳴られて家に連れ戻されてしまったすず。憲兵は物凄い剣幕で「この女は海岸線の絵を写生しよった!軍の機密を守る為、湾の様子を写生したり撮影したらいけんことを知らんのか!」と大激怒。すずは縮こまって「すみませんでした、すみませんでした」とひたすら平謝りします。

何とかその場はスケッチ帳を取り上げられただけで収まり、憲兵は威張り散らして帰っていきました。サンと径子たちは「すずさんが間諜(スパイ)行為ってねえ」「なんぼなんでもねぇ」と笑いますが、すずは心労とショックで寝込んでしまいます。

夜には少し良くなって起きてきたすずを、周作は「おう、大丈夫か、すずさん」と優しく労りました。すずが「ほんま、すみません。なんかフラッとしてしまって。もう大丈夫ですけぇ」と言うと、義父・円太郎は「アレじゃないか?子供ができたんと違うか?」と笑います。

すずと周作は顔を見合わせて「もしかしたら…?」という期待に胸を躍らせるのでした。翌日、すずは婦人科へ行って診察を受けますが、残念ながら結果は栄養不足と環境の変化による体調不良でした。

すずはガッカリして家に戻るのが辛くなり、先日知り合った遊女のリンがいる二葉館へと足を運びます。リンはすずの姿を見ると、「会いに来てくれたん」と嬉しそうにすずを歓迎。

すずが「ほんまは長ノ木から見える海の絵をかいて、リンさんに持ってこよう思うとったんじゃけど…」と憲兵に絵を取り上げられてしまった話をすると、リンはその気持ちだけでも嬉しいと答えます。さらにリンは、妊娠していなかったすずが気落ちしていることを知り、「誰でも何か足らんぐらいで、この世界に居場所のうなりゃせんよ、すずさん、な、すずさん」と優しく励ましました。

すずはリンの言葉に救われ、「ありがとう、リンさん……リンさん、名字は?」と気を取り直して尋ねます。リンは大切そうに首に下げている袋から小さな紙を出し、「白木リン、いうんよ。うちのことはここに全部書いてある。優しいお客さんが書いてくれたんよ。うちの宝物なんよ」と言ってすずに見せてくれました。

少し古ぼけた名刺サイズぐらいの厚紙に、丁寧に書かれた「白木リン・二葉館従業員・A型」というリンのプロフィール。リンは「字書くのが仕事じゃ、言うとった」とほほ笑み、また大事そうにその紙を袋にしまいこみました。どうもそれは、周作がリンとつきあっていた頃に書いたもののようでしたが、その時のすずにはまだ想像もつかないことでした。

すずが妊娠していなかったことを知った径子は、「は~良かった、嫌いなんよ水汲み」と言ってすずに苦手な家事を任せます。口調はいつも通りの意地悪な感じでしたが、特に気にしていないフリをしていたのです。

義両親たちも少しはガッカリしたようでしたが、特に落ち込む様子もありません。すずもこれ以上は気に病むことなく、周作に優しく見守られながら家族団らんで食卓を囲みました。

すると、そこに夜だと言うのに「こんばんは。」という少年の声が。径子が慌てて出迎えに行くと、そこには広島から一人でやってきた息子・久夫がいました。「一人で来た。ちゃんと言うてきたよ。お母ちゃんに会いに行く言うて。」とハキハキ答えます。

サンが久夫の為に牛肉の大和煮の缶詰を持ってくると、径子は大感激。自ら腕を奮い、何かと久夫の面倒を見て幸せそうに微笑みます。北條家は大事な家族との再会はもちろん、とびきりのご馳走に楽しく盛り上がりました。

しかし、夕食後…。久夫がとつぜん改まった態度で「お母ちゃん、聞いてくれ。話があるんじゃ」と言い出します。何となくイヤな予感がしていた径子でしたが、意を決して久夫の話に耳を傾けました。

「このままじゃいけんと思うんじゃ、お母ちゃん。お母ちゃんは家を出て離縁する言うとる。それは僕はどうしようもないことじゃ思うとる。お母ちゃんの黒村のおばあちゃんは一緒におるとうもういかん。どっちかが悪いいうわけじゃない。むしろどっちも悪い。じゃけえ、一緒には生きられん。僕はそう思う。」「ただお母ちゃんが僕も晴美も連れて、あの家を出ていくわけにはいかんじゃろ。黒村の家を継ぐ人間がおらんようになってしまうけん。」

まだ幼いのに、しっかりと自分の気持ちを語る久夫。北條家の面々は誰しもが黙り込んでしまいますが、径子だけは「そんなん納得できん。うちは例え裁判になってでも、あんたを取り戻すつもりなんよ」と必死に食い下がりました。

しかし、悩んだ末に気持ちを固めてきたらしい久夫は「僕は黒村の家に残る、あの家で生きていく。お母ちゃんと晴美とは別れて生きていく。そう決めた!その気持ちを伝えに来たんじゃ!」とまっすぐな目で力強く答えました。その決意に径子は圧倒され、「何で、あんたはそがいに…、お父ちゃんそっくりじゃ。」と言ってうなだれるしかありませんでした。

翌朝、久雄は「では、失礼します。おばあちゃん、晴美さん、母と晴美をよろしゅうお願いします」と礼儀正しく挨拶して黒村の家へ帰っていきます。径子は「気つけて帰るんよ」と言って帰っていく久夫の姿をじっと我慢して見送りました。

しかし、すぐに耐えきれなくなった径子は、急に走り出して久夫の後を追います。久夫はしっかりした足取りで歩きながら……実は静かに一人で泣いていました。径子は「電停まで一緒に歩こう」と声をかけ、ふたりは手をつないで歩き出します。

帰ってきた径子はまだ少し暗い表情でしたが、口を開くと「勤めに出よう思うわ。ここでずーっとすずの顔見ててもつまらんし」といつもの強気な口調に戻っていました。勤めに出ることになったら「晴美の事を頼むね」と径子が言うと、急に晴美が泣き出します。

「お兄ちゃんの取り合いしとるけど、うちはええんやね…?」と泣きじゃくる晴美。自分はどうでもいい存在なのかもしれない、と幼い心を痛めているようでした。径子は慌てて駆け寄り、「そういうことじゃないんよ。馬鹿やねえ、あんたは」と泣きながら晴美を強く抱きしめました。

時は流れて昭和19年10月。径子は予告通り勤めに出ることになり、阿賀の作業場での奉仕に通っていました。ある日、北條家の親戚、小林さんが荷物疎開のためにやってきます。荷物疎開とは、空襲に備えて前もって荷物だけ安全なところに避難させることです。

衣類などそれなりに量があったため、すずは納屋に荷物を運び込む手伝いをして、ついでに冬物の服の整理をして…、と大忙し。その合間に、ふと「ええ子じゃないの~、すずさん」と楽しく談笑する小林夫妻と義母のサンの会話が聞こえてきます。

すずは少し照れながら嬉しそうな表情を浮かべ、ひそかに物影でその会話に聞き入りました。すると、小林夫妻が「えがったのお~、あん時、一時の気の迷いで変な子に決めんで、ほんま良かった」「ほうじゃねえ~ハハハ…」と何やら気になる言葉を口にしました。きっと周作が結婚直前であきらめた恋人のことを話しているに違いない…すずは何となくモヤモヤとした不安に駆られてしまいます。

納屋を片付けていた時、すずはリンドウの花の絵が描かれた美しい茶碗を発見していました。しかし、それは径子やサンに聞いても、あったことすら知らないものだと言われます。そこですずが「これなんですけど…」と茶碗を見せて周作に尋ねると、周作は少し驚いた顔で「ああ、それか。いつか、嫁さんになる人が使やあええ、思うてな」と答えました。

「じゃあ、うちが使うてええんですか?」とすずは嬉しそうにはしゃぎますが、すぐに「あっ…、でも、使うんは何かもったいないです…とっとこ。」と思い直して、大事そうに棚の上に茶碗を飾りました。

後日、すずは森で歌を口ずさみながら作業をしていました。そこに咲いていた満開のリンドウの花を見ているうちに、すずは急にこれまでの記憶を思い出して不安に駆られます。「いつか、嫁さんになる人が使やあええ思うてな」と言っていた周作。茶碗に描かれたリンドウの花。その同じリンドウが描かれた着物がよく似合う人…リンさん。

「あん時結婚せんでよかった」という径子や小林さんの言葉。「優しいお客さんが書いてくれたんよ、字を書くのが仕事じゃ言うとった」といういうリンの言葉。…鈍感なすずも、ようやく周作がかつて結婚したいと願いながらも叶わなかった相手が、あの優しい白木リンだということに気づいてしまいました。

家に戻ったすずは、周作の引き出しを開けて中に入っていたノートをめくります。ノートは裏表紙の右端が四角く切り取られ、その上には周作の文字が。リンが宝物だと大事にしていたあの紙と同じ紙質、同じサイズ、同じ文字…。すずはショックを受けてその場にペタンとへたりこんでしまいました…。
↓ 最終話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】すず大ショック!周作に何も言い出せず過ぎていく日々…そこに突然の訪問客が現れて!?

すずは周作にはもちろん、誰にも相談できず一人で悶々と思い悩みます。憲兵による厳しい竹やり訓練に駆り出されている間も、すずは一人で「そりゃ元々知らん人じゃし、四つも上じゃし、色々あってもおかしゅうないし、ほいでも何で?何でリンさん?何で?」とブツブツ文句を言い、またもや憲兵に「くらぁーーーつ!!」と怒鳴られてしまいました。

さらに一ヶ月の時が流れて、昭和19年11月。ついに米までが手に入りにくいという厳しい状況になり、すずは晴美と代用品の水とんを作ることに。すずは「代用品か…うちもそうなんかな。」としょんぼり、肩を落としてつぶやきます。

その日の夜、周作はすずの様子が少しおかしいことに気づき、「もしかして、子供ができんこと気にしとるんか、すずさん」と話しかけます。すずは何でもないフリをしますが、周作も何かを悟っているのか、「のう…すずさん…」と何か言いたげな様子。

しかし、周作はすぐに「…いや…。」と言って微妙な空気が漂います。ふたりはそのまま黙ってしまい、夜はふけていきました。

さらに一ヶ月の時が流れて、昭和19年12月…季節はすっかり冬になっていました。すずはいつも通り、寒さを我慢しながら水汲みへ。するとそこに「おお~がんばっとるのう」という懐かしい声が。

すずが驚いて「えっ!?」と顔をあげると、なんと目の前に海軍の制服姿でにこやかにほほ笑む水原哲がいました。「水原さん!?」と驚くすずに、哲はさらに顔をほころばせて「おう!」と嬉しそうに返事をします。すずは目を丸くして、まだ信じられないといった顔で哲を見つめ返しますが…。

【U-NEXT】サービス詳細⇒【U-NEXT】公式サイト⇒

ドラマ【この世界の片隅に】はポイント購入で視聴可能です

第四話ゲスト出演

黒村久夫役…大山蓮斗

【この世界の片隅に】第四話まとめ

前回のラストで、すずが憲兵に引っ立てられた時はどうなることかと思いましたが、今回は案外あっさりすずが解放されて一安心…というところからスタートしました。さらにここから寝込んでしまったすずが妊娠!?という嬉しいニュースになりかけたところで、やっぱり違っていた…というちょっと残念な結果に。

しかし、相変わらず口調が悪い径子が、すずを気づかっているような、認めているようなシーンも増えてきました。義父母のサン・円太郎、晴美とも和気あいあいとしていて、すっかり北條家の嫁になったすずが微笑ましいです。

そしてて径子と久夫の切ない別れも感動的でした…径子と晴美・久夫たちがまた再会できる日が来るよう願わずにはいられません。

一方、周作の過去の相手がどうしても気になってしまうすず。今回、ついにその相手がリンだということに気づいてしまい、リンを友達のように思っている分、複雑な気持ちで思い悩むことに。

周作も何となく不穏な雰囲気に気づいて何か言いたげでしたが…次回へ持ち越しです!しかもラストでは、昔すずと淡い恋心を抱いていた水原哲が登場。

すずだけではなく、周作もすずの過去の相手にモヤモヤしてしまうことになりそうです。また、今回は初めて現代のシーンがありませんでしたが、次回は少し進展があるようです。

【この世界の片隅に】次回(第五話)の展開予想、考察…


次回「この世界の片隅に」第五話では、なんと水原哲が北條家に泊まることに!!周作と哲が二人で語り合ったり、哲がすずを抱き寄せたり…など、気になる展開が怒涛のように押し寄せます。

公式の予告動画では「ほんまはあの人と結婚したかったくせに」とちょっとスネている周作、「はあ~~~っ!?」と逆ギレ気味のすずなども登場。これはもしかすると…初めてのケンカ!?になってしまうのかもしれません。

さらに、北條家の風呂に入って「すずも入るか?」などと、だいぶ調子にのっている哲に、「アホか」と昔のようなケンカ口調で答えるすず。ふたりとも少し子供っぽくて微笑ましいです。

しかし、哲がやってきたのは、激化する戦争を前にした覚悟と挨拶の可能性が高そうです。海軍勤務で軍艦に乗っている哲は、常に命の危険にさらされています。もしかするともう会えないかもしれないから、最後にひとめ会っておきたいと思ったのではないでしょうか。

そして、ついに次回は空襲の戦闘機らしき複数の機体が空を飛んでいくシーンが。空襲が始まってしまうと、市民も常に命の危険にさらされ、必然的に辛く重いエピソードが増えることになります。それでも、すずや北條家の人々はひたむきに生きていくに違いありません。

さらに、第四話ではお預けだった現代パートも再登場。予告動画では、佳代が「世界でいちばん好きな人!」と言って老婦人に会うシーンがチラリ。この老婦人こそ、もしかすると北條家に関わりのある人物かもしれません。

【この世界の片隅に】第四話の視聴率

第四話:9.2%

各話毎の視聴率
第一話 10.9%
第二話 10.5%
第三話 9.0%
第四話 9.2%
第五話
第六話
第七話
第八話
第九話
第十話

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

日テレ版ドラマ【この世界の片隅に】はHuluで視聴可能!

動画配信サービスHulu(フールー)であは2011年に日本テレビで放送された「この世界の片隅に」が視聴可能です。

【Hulu】サービス詳細⇒【Hulu】作品ページ⇒

新規登録は2週間の無料トライアルが利用可能!

【この世界の片隅に】関連商品

               

関連記事

グッドドクター_アイキャッチ6話

グッド・ドクター第六話(18/8/16放送)の見逃し配信はFODがおすすめ!あら...

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第八話(18/8/27放送)の見逃し配信はFODが...

グッドドクター_アイキャッチ9話

グッド・ドクター第九話(18/9/6放送)の見逃し配信はFODがおすすめ!あらす...

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第七話(18/8/20放送)の見逃し配信はFODが...

絶対零度_10話アイキャッチ

絶対零度~未然犯罪潜入捜査~ 第九話(18/9/3放送)の見逃し配信はFODがお...

dele_アイキャッチ_7話

ドラマ『dele(ディーリー)』第七話(18/9/7放送)の無料動画見逃し配信、...