Hulu(フールー)の評判お試し口コミ調査


Huluはアメリカで2007年に設立し、2008年からサービスを開始した動画配信サービスです。

出資元にはディズニー作品を手がけるThe Walt Disney Companyや、アメリカのメディア業界の中心的な存在である21st Century Fox、それからアメリカの通信事業大手のComcastなど大手企業が名を連ねています。

それぞれ30%ずつ出資している形でしたが、2016年にニュース事業を営むCNNや映画会社のWarner Brosを含むコングロマリットのTime Warnerが10%を出資、また2017年にはディズニーが21st Century Foxの部分的所有権を取得するようになりました。

ともかく巨大な資本をもつ企業のバックアップを受けたベンチャー企業といえるでしょう。

そんなHuluのコンテンツはアメリカのメディア系企業の後ろ盾もあり、特に海外ドラマ作品が豊富に揃っている形となります。

hulu×日テレ
特にサービス開始直後はその色も濃かったのですが、2014年には日本テレビとライセンス契約をすることにより日本のテレビ番組のコンテンツも増えるようになりました。

さらに2015年になるとフジテレビと相互にコンテンツの提供を行うようになり、ますます日本向けのコンテンツが充実するようになったのです。

hulu×HBO
2016年にはアメリカの大手ケーブルテレビHBOのコンテンツを日本で独占的に配信できる権利を獲得することに成功しました。

HBOは出資元であるTime Warner傘下の企業で、1972年からアメリカで放送を続けていることから同国におけるケーブルテレビ業界の老舗でもあります。

オリジナルのドラマとしては『ゲーム・オブ・スローンズ』や『セックス・アンド・ザ・シティ』といった日本でもお馴染みのものを製作してきました。

またボクシングやアメリカンフットボールといったスポーツのほか、ドキュメンタリーなどのコンテンツも有しています。

Huluはアメリカを中心とするメディアをバックボーンとしてもち、徐々に勢力を拡大し続けているサービスです。

コンテンツの内容はアメリカのものが中心でしたが、ここ数年で日本の企業ともライセンス締結を行うようになったため、日本向けのコンテンツも揃うようになってきました。

hulu マルチデバイス
またマルチデバイスに対応していたり、低額で利用できるといった点も魅力的です。
利用者数も増加しているので、これからもより豊かなサービスを展開していくでしょう。

【Hulu】公式サイト⇒

Huluの料金プランと決済方法

サービス概要
無料期間 :2週間
月額利用料:933円(税込み1,007円)
決済方法 :クレジットカード、携帯キャリア決済、他…

Huluの料金システムは単純明快で、何と月額933円(税別)のコースのみしか存在しません。
そして933円しか支払わないからといって何かデメリットがあるかというと、そんなことは無く全ての番組を好きなだけ見ることができるのです。

スマートフォンの料金設定やケーブルテレビの契約コースなどよりも遥かに理解しやすく、それでいて低額であるという点はHuluならではのサービス内容といえるでしょう。

利用料金を支払う方法は多岐に渡っています。
利用する側としては利便性の高い形といえるでしょう。

具体的にはクレジットカード(VISA・JCB・MasterCard・Diners・AMEX)やその支払いを代行するPaypal、それに楽天銀行やスルガ銀行を始めとした各種デビットカードでも支払えます。

また携帯キャリアの決済サービスであるドコモケータイ、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払いも使えますし、変わったところではiTune Storeの決済や独自チケットのHuluチケットによる支払いもできる形です。
huluチケット

特にHuluチケットは、試しにHuluを利用してみたい方にぴったりの決済方法といえるでしょう。

このチケットはいわゆるプリペイド式のコードで、コンビニやオンラインショップを通して手に入れることができます。

取り扱っているコンビニはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクスK、ミニストップ、デイリーヤマザキで、オンラインショップとしては楽天ブックス、アマゾンなどにも対応している形です。

特にHuluチケットは現金で購入することができるので、クレジットカードをもっていない方にとって便利な決済方法となっています。

またHuluのサービスは先述したようにマルチデバイスに対応しているため、AquosやBravia、Vieraといったテレビで視聴することもできますし、PlayStation4といったゲーム機を通して視聴することもできればもちろんPCでも見ることが可能です。

そしてどのデバイスで見たとしても料金は月額933円。
いくら見ても、もしくは見なかったとしても月々支払う料金は変わりません。

【Hulu】公式サイト⇒

契約する前にHuluを試してみたいという方には、トライアルサービスも用意されています。
これは2週間限定でHuluが展開しているコンテンツを自由に見ることができるというサービスで、この2週間の間にじっくりと利用するかどうかを考えることができるわけです。

無料で2週間もコンテンツを見放題なので、利用者にとって優しいサービスともいえるでしょう。

Huluでしか見れないコンテンツ

hulu ウォーキングデッド
Huluでは主に海外ドラマ日本のアーティストの映像を独占的に配信している状況です。

例えば、定額動画配信サービスとしては初となるゾンビアポカリプスなドラマ『ウォーキングデッド』のシーズン1からシーズン5までを一挙に配信したり、魔術学校を舞台としたドラマ『マジシャズ』の独占配信などを行ってきました。
このあたりは海外のメディア資本ならではといえるでしょう。

日本のアーティストの映像としては、2016年にロックバンドのイエローモンキーが再始動したときのライブ映像を放送したり、2017年にはドリームズカムトゥルーの「LIVE MONSTER LIVE 2017 DREAMS COME TRUE SPECIAL LIVE at UNIVERSAL STUDIOS JAPAN」の独占配信に成功しました。

このように日本のメジャーなアーティストのライブ映像にも力を入れているので、音楽好きの方はチェック必須です。

他にもこれまでライブを独占配信したことのあるアーティストとしては、ももいろクローバー、ZARD(映像と生バンドのシンクロにより実現)、B’zの稲葉浩志さん、UVERWorld(250人限定のスペシャルライブ)、氷室京介さんといったラインナップが揃っています。

通常のライブではなく、限定ライブや特殊なライブも取り扱っているため、アーティストのファンとしては見逃せないプログラムといえるでしょう。

hulu 安室奈美恵
特に2017年から2018年における大きなコンテンツとしては、デビューから25周年を迎える安室奈美恵さんに密着したドキュメンタリー映像を配信する「NAMIE AMURO CHANNEL」の存在は大きく、引退宣言直前の沖縄でのライブ、その後のロングインタビュー、またレコーディングの様子など安室奈美恵さんの魅力が詰まった独占配信となっています。

安室奈美恵 独占映像はコチラ!⇒

hulu MARVEL
他にも、アメリカのマーベル社と契約を結びマーベル系の映画を独占配信しているため、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』や『アベンジャーズ』といった大ヒット作品から1992年に放送されたテレビアニメの『X-メン』やスタイリッシュなアニメーションが魅力の『マーベル・ナイツ・アニメーション』などのコンテンツも充実している形です。

Huluは他のサービスでは見ることのできない独占配信をしているコンテンツを多数抱えています。

またそれ以外のコンテンツもたくさんありますし、料金設定が月額933円と低額な点も大きな魅力です。
動画配信サービスとしては定番といえるサービス内容となっています。

Huluの詳細、配信コンテンツは公式サイトをチェック!⇒

他のビデオオンデマンドサービスを見る