『グランメゾン東京』第六話(19/11/24放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

グランメゾン東京_06

今回はサワラを使った新メニューが登場!木村拓哉さん主演「グランメゾン東京」は、フランス料理のシェフたちが夢を追う情熱的なドラマです。才能はあるのに夢破れたシェフたちが、東京で新たな店を立ち上げて三ツ星レストランを目指します。数々の名作を放ってきたTBS日曜劇場に相応しく、キャストには鈴木京香さん、沢村一樹さん、尾上菊之助さん、及川光博さん、玉森裕太さん…と豪華な顔ぶれがズラリ。心を揺さぶる熱いストーリーと、彩り豊かなフランス料理の数々も大きな見どころです。

これまでのストーリーでは、天才シェフ・尾花と、努力家の女性シェフ・倫子がひょんなことから一緒に東京でフレンチレストランを作ろうと決意。尾花のかつての仲間・京野と相沢も仲間に加わり、いよいよプレオープンの日が迫ってきています。

第六話では世界の頂点をめざして、ライバルと激突!!東京で優れたレストラン50店舗を表彰するイベントが開催されることになり、尾花たちは新たな魚料理に挑戦。しかしライバル店のgakuには祥平がつき、グランメゾン東京では不満を感じていた芹田が「店を辞める」と言い出して…!?今回はそんな「グランメゾン東京」第六話のあらすじをネタバレありでご紹介します!!

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくりチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめる動画配信サービスがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!

【グランメゾン東京】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【グランメゾン東京】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年11月24日(放送終了後)~2019年12月1日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

Paravi
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「グランメゾン東京」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「ノーサイドゲーム」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【グランメゾン東京】前回までのあらすじ

グランメゾン東京_05
3年前の事件をめぐり、ついに衝撃の真相が判明!木村拓哉さん主演「グランメゾン東京」は、フランス料理のシェフたちが夢を追う情熱的なドラマで...
尾花の過去が改めて世間に知れ渡ってしまい、グランメゾン東京は初日から大ピンチ。前日までいっぱいだった予約はキャンセルが相次ぎ、初日はなんと外国人のお客様が2組だけ…という散々な結果でした。

さらに2日目もキャンセルが相次ぐなか、尾花は「フードフェスに出よう!」と提案。強引に祥平を誘って、カレー作りを始めます。この作戦は大成功で、尾花たちのカレーはあっという間に大評判に。調子づいた尾花たちは、昼も夜もハードな仕事をこなし、次々にフードフェスで成功をおさめて行きます。

しかし、ここでまたしてもライバル店のオーナー・江藤が、尾花たちを妨害。尾花たちはフードフェスにも出られなくなってしまい、窮地に立たされます。そこで京野は何とか店を守ろうとして、「ナッツ混入事件は自分がやった」とウソの激白。すると、本当の犯人…祥平がようやく「俺のミスです」と打ち明けて謝罪します。尾花は「おまえの作る料理には人を動かす力がある。フレンチ辞めるんじゃねえぞ」と言って、祥平を許しました。

そして後日…グランメゾン東京には新規の予約が次々に入り、たくさんのお客様が来店。尾花たちの料理と、真剣な思いは、ちゃんとお客様に伝わっていたのです。さらに、祥平はホテルを辞めてライバル店「gaku」へ。折しも近々「トップレストラン50」というランキングが発表されるとあって、尾花たちも丹後たちも熱い火花を散らしていました…。

【グランメゾン東京】第六話「サワラのロースト 水晶文旦のソース」(11月24日放送分)ネタバレ・あらすじ

尾花たちは、卸売市場でライバル店「gaku」の丹後たちと遭遇。丹後が祥平を自分の店のスタッフとして紹介すると、尾花は「面白くなってきたじゃん。お前らがどんな料理を作るのか…ちょっとは期待してるよ!」とニヤリ。正々堂々とライバル宣言をしました。

しかし、萌絵や芹田たちは「あれだけ一緒にやってきたのに…」「とんでもねえ裏切り者」と憤慨して、祥平を裏切り者扱い。しかし尾花や京野、相沢たちは「祥平がフレンチに戻ってくる」と言ってニッコリ。パリで苦楽を共にした後輩・祥平の新たなる活躍を、心から喜んでいるようでした。

今回、尾花たちの店「グランメゾン東京」と、丹後の店「gaku」が対決するのは、「トップレストラン50」という有名ランキング。それはミシュランの前哨戦とも言われるくらい、世界で最も権威のあるショーレースの一つです。もしランキングに入ったら、そのレストランはあっという間に人気店の仲間入り。世界中からグルメ愛好家や飲食店関係者がやってくるような、有名店になることができます。

まずはトップレストラン50の会員たちがめぼしい店をノミネート。次にトップレストランの会員たちが1ヶ月をかけて各レストランを訪問し、採点・審査します。その結果はランキング形式で発表され、今年は東京で発表セレモニーが開催される予定です。

倫子はグランメゾン東京も一気に世界的な人気店になるかも…と期待でワクワク。尾花たちに「オーナーシェフからの命令です!うちは全力でトップレストラン50を狙います!!」と宣言します。すると尾花は「だったら、魚料理を変える。日本の鮮魚って世界一でしょ。うちの店から世界に発信したい」と提案。倫子は「だったら、生の魚のおいしさを最大限に前面に押し出した料理…」と答えて、旬のサワラを食材にした新メニューに取り組みます。

トップレストラン50の発表まで、あと25日。店の知名度も広がってそれなりに忙しくなってきました。そこで京野は、新しいホールスタッフとして、WEBライターの栞奈を雇うことにします。栞奈は仕事柄料理に詳しく、語学も堪能。さっそくバリバリと働く栞奈を見て、倫子は「良い人が来てくれて良かったね」と感激します。

しかし、栞奈にはどうやら何か他の目的がある様子。栞奈は店ではにこやかに勤務していましたが、密かに尾花に探りを入れるような、見定めるような、厳しい表情をすることがあります。一人になるとますます別人のような冷たい表情になり、リンダから言われた「本当はあなたのほうが恨んでるんじゃないの?犯人のこと…」という言葉を回想していました。

そんな栞奈の秘密に、今はリンダ以外誰も気づいてないようです。しかし、京野はふと栞奈の履歴書を見て「久住壮次郎…?」とポツリ。それは栞奈の父親の名前ですが、京野は何となくその名前をどこかで聞いたことがあるような、ないような…そんな表情を浮かべていました。

尾花と倫子、相沢たちはサワラを使った新メニューを何度も試作。芹田は自分も店の力になりたくて、魚や肉の下ごしらえだけでも手伝おうとします。しかし尾花は「芹田にはまだ早い」とバッサリ。それでも芹田はせめてまかないだけでも作ろうとしますが、研いだばかりの包丁を使ってしまって大失敗。みんなに「不味い」「片づけといて」と責められて、思わず「どうせ俺はダメっすよ…」と不貞腐れてしまいます。

京野はそんな芹田を飲みに誘って、力強く激励。「尾花も倫子さんも何も言わないけど、ちゃんと芹田君のことを見てる。きっと、言われたことをやるだけの料理人にはなってほしくない。…そう思ってんじゃないのかな?だってほら、あの二人は、誰よりも自分で考えて努力してきたから…」

この励ましで、芹田は気を取り直して心機一転。まずは、いつも仕入れに行っている魚市場の大将に「サワラがさばけるようになりたいんです!!」と願い出て、魚市場でバイトを始めます。もちろん夜は夜で、いつも通りグランメゾン東京で野菜の下ごしらえ。「勉強ノート」を作って、自ら学んで技術と知識をバリバリ磨いていきます。

トップレストラン50の発表まで、あと15日。ついに尾花と倫子、相沢たちが新メニューを完成させます。その自信作は、「サワラのロースト水晶文旦(ぶんたん)ソース」。さっそく試食した芹田や萌絵たちは「マジで美味い!」と大感激。京野も「これは自信を持ってお客様にお届けできる!」と、嬉しそうに胸を張りました。

しかしそんな中、大きなトラブルが発生。なんと自信をつけた芹田が勝手にサワラをさばき、台無しにしてしまったのです。見た目は確かにキレイにさばけていますが、尾花は「ふざけんな!全然違う。どのナイフでさばいた?お前はまだうちの店のレベルじゃない!!」と大激怒。芹田は自分のミスが分からず、「俺だって一生懸命頑張ってんだよ!もういいよ!こんな店こっちから辞めてやるよ!」と叫んで、店を飛び出してしまいます。

しかも芹田は、その足で「gaku」へ直行。「さっき…あんなクソみたいな店辞めてきましたよ」と言って、オーナーの江藤に勉強ノートを差し出します。そこにはもちろん、尾花たちが完成させた新メニューのレシピも詳しく書かれていました。芹田はスパイとしての謝礼金を受け取り、尾花たちを裏切ってレシピ情報を流してしまったのです。江藤は尾花のレシピを受け取り、腹心の柿谷に渡しました。

トップレストラン50の発表まであと10日。丹後と祥平は自信作「レモンタイムとバターで焼いた骨つきあんこうとあん肝のポシェ」を完成させます。すると、柿谷も尾花のレシピを密かに使って新メニューを提案。丹後と江藤は柿谷の料理を食べて、「これは…!!」と驚きの表情を浮かべていました。

一方、京野は店を辞めた芹田を、改めて客として招待。すると尾花は芹田がさばいたサワラを使って、新メニューを出します。それを一口食べた芹田は…ようやく自分のミスに気づいたようです。そのサワラは試作品の時より臭みがありました。芹田がアクの強い野菜を切った包丁で魚をさばいたため、そのアクが魚について風味を劣化させていたのです。

コース料理を食べ終わったあと、芹田は自分のミスと裏切りを深く反省。潔く尾花たちに頭を下げ、「すいませんでした!俺…みんなを裏切って魚料理のレシピをgakuの江藤さんに渡してました…金もらってスパイしてました。すいませんっ!!」と謝罪しますが…!?

↓ 第六話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】芹田の謝罪に、尾花の出した答えは…!?さらに祥平の真意や、謎めいた栞奈の目的も明らかに!!

潔く謝罪した芹田を前に、尾花は「…お前、ホントなめてんな。俺達が本気で考えた料理、マネできるわけねえだろ」とアッサリ。倫子も「乾燥の時間とかオーブンの温度とか、その日の気温や湿度で変えてるんだから。マネできるもんならやってみろっていうのよ」と、自分たちの技術に自信満々です。事実、ライバル店の「gaku」では、柿谷がマネした料理が却下されていました。

尾花は芹田の裏切りを責めたりはせず、代わりに「三つ星狙うんだったら自分で本物を生み出すしかねえんだよ。芹田、お前どっちだ?お前はどんな料理人になりたいんだ?自分で決めろ!」と問いかけます。すると芹田はすぐにエプロンを手に取り、「もう一度俺にまかない作らしてもらえませんか?」と言ってキッチンへ。今度こそ気持ちを入れ替えて、以前失敗したまかないチャーハンを作ります。

そのお味は…「うまいよ!」「おいしい!サワラの身の味もよく出てる」と大好評。尾花も「味はイマイチだけどな…片づけ終わったら、サワラやっとけよ…仕込みはお前の仕事だろ」と言って、ようやく芹田の努力を認めます。芹田は「あざっす…」と感謝して、また「グランメゾン東京」の一員として働くことになりました。

一方、ライバル店の「gaku」では、丹後が祥平に今の気持ちを熱弁。「祥平、お前が本当は尾花のところに行きたいのは分かってる。gakuに来たのも、ここで最高の料理を作ることが尾花への恩返しになると思ったからなんだろ?尾花には人をひきつける何かがあった。…だけど、3年間逃げ回ってたやつに負けるわけにはいかない…」

丹後は祥平の気持ちを全て分かったうえで自分の店に迎え、尾花と実力で勝負しようとしているのです。祥平は、自分をここまで気づかってくれて、しかも尾花と果敢に戦おうとしている丹後に、感謝と尊敬の念を抱いているようでした…。

そして後日…ついにトップレストラン50の発表セレモニーの日がやってきます。リンダは、挨拶のためやってきた栞奈に「グランメゾン東京で働いてるそうね。何をするつもりなの?」と問いかけます。すると栞奈はまた冷酷な表情を浮かべ、「あの店がこれからどうなるか次第です。尾花さんやエスコフィユのメンバーがグランメゾン東京で復活するなんていうことは、絶対に許せません…!」と答えました…。

トップレストラン50の会場では、ノミネートされたお店のシェフたちが緊張と期待の面持ちで続々と集結。司会者が華々しく開催の時を告げ、いよいよランキング発表の時を迎えます。尾花は少し離れた席にいる丹後と顔を見合わせ、お互いに熱い火花を散らしていました…。

【Paravi】公式サイト⇒

ゲスト出演

魚市場の大将役…六平直政
司会者役…クリス・ペプラー

【グランメゾン東京】第六話まとめ

今回は、不満を抱えていた芹田が暴走してしまうものの、尾花たちが力強くそれを受け止め、導いていく展開でした。「グランメゾン東京」では、「トップレストラン50」の審査に向けて、新しい魚料理を作ることになります。さらに新しいホールスタッフとして栞奈を迎え、「グランメゾン東京」はようやく軌道にのりつつありました。

しかし芹田だけはなかなか料理をさせてもらえず、ついに不満が爆発。京野が思いつめた芹田にアドバイスしますが、それでも芹田は自分の努力を過信して勝手に大切な魚をさばいてしまいます。これを知った尾花は、「お前はまだうちの店のレベルじゃない!!」と大激怒。思いつめた芹田は「こんな店、こっちからやめてやるよ!!」と叫んで店を飛び出し、なんと尾花の新メニューのレシピをライバル店のオーナー・江藤に渡してしまいました。

後日、京野はこの事態を解決するために、なんと芹田を改めて店に招待。尾花は、芹田がさばいたサワラを使って新メニューを出します。それを一口食べた芹田は、自分が基本を間違えて魚をさばいてしまったのだとようやく自覚。尾花たちに自分のミスと裏切りを全て打ち明け、潔く謝罪します。尾花たちは深く反省した芹田を寛大に許し、今後は大事な食材の下ごしらえも任せていくことにしました。

また、ライバル店「gaku」では、オーナー・江藤の腹心・柿谷が尾花のレシピをパクッて新メニューを提案。しかしそのレシピは真似しようと思っても真似できるようなものではなく、イマイチな出来映え。結局、丹後と祥平が一緒に考えた「あんこうとあん肝のポシェ」が新メニューに選ばれました。

そんな慌ただしい一カ月が過ぎたのち…ついに「トップレストラン50」の発表セレモニーの日がやってきます。有名店のシェフたちが東京の会場に集い、もちろん尾花や丹後たちも参加。緊張と期待が高まる中、司会者がランキングを発表しようとしていました…。

【Paravi】公式サイト⇒

【グランメゾン東京】次回の展開予想、考察


次回は相沢と娘のアメリちゃんにスポットライト!!実は「トップレストラン50」発表日の一週間前…相沢の元妻がとつぜんやってきて、「アメリを引き取りに来た」と主張していました。もちろん相沢は「アメリは渡さないから!!」と言って、猛反発します。

ところが相沢の元妻は「グランメゾン東京がランキングでトップ10を超えること」という条件を提示。それができなければ、自分が娘を連れてフランスへ帰るというのです。

そこで相沢もこのトップレストラン50の発表に向けて、尾花たちとともに奔走します。娘のアメリは「パパ、がんぱってね!」とかわいらしく応援。尾花も「俺たちは三つ星を獲る!!新メニューを作る」と言って、相沢とアメリを優しく見守ってくれました。そして満を持して迎えたトップレストラン50の発表…次回は尾花や相沢たちの努力がまた大きく認められる展開になりそうです。

【グランメゾン東京】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 12.4%
第二話 13.2%
第三話 11.8%
第四話 13.3%
第五話 12.6%
第六話 11.8%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

シャーロック_02

『シャーロック』第二話(19/10/14放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ...

G線上のあなたと私_07

『G線上のあなたと私』第七話(19/11/26放送)の無料見逃し配信サイト、あら...

シャーロック_09

『シャーロック』第九話(19/12/2放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ!...

グランメゾン東京_03

『グランメゾン東京』第三話(19/11/3放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ...

G線上のあなたと私_05

『G線上のあなたと私』第五話(19/11/12放送)の無料見逃し配信サイト、あら...

シャーロック_08

『シャーロック』第八話(19/11/25放送)の無料見逃し配信はFODがおすすめ...