『グッドワイフ』第九話(19/3/10放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オススメVOD「Paravi(パラビ)」をご紹介!

グッドワイフ_アイキャッチ9話

裏切者の正体が発覚し、衝撃の新展開へ!!常盤貴子さん主演「グッドワイフ」は、孤高な弁護士ママが活躍する法廷ドラマです。これまでのストーリーでは、常盤貴子さんが演じる主人公・蓮見杏子が16年ぶりに弁護士に復帰。持ち前のひたむきさと純粋さで多くのクライアントの危機を救ってきました。

しかしプライベートでは夫・壮一郎の不倫スキャンダルと汚職疑惑に揺れる杏子。離婚すべきかどうか、夫をどこまで信じていいのか、なかなか答えが出ません。そこで杏子は自分の心に決着をつけるため、みずから壮一郎の弁護を引き受けて真相を追及することに。壮一郎の裁判は非常に不利な状況でしたが、活発に動き始めた裏切者の正体がいま発覚しようとしています。

第九話では、その裏切者が真相を暴露したあと、とんでもない行動に出ます。さらに夫婦を揺るがす過去の秘密が暴かれ、杏子は絶望的なショックに打ちのめされることに。それでも杏子に残された希望はありましたが、そこにも新たな魔の手が忍び寄っていて…!?今回はそんな「グッドワイフ」第九話のあらすじを、完全ネタバレありでご紹介します。

テレビ放送を見逃してしまった方や、ストーリーをじっくチェックしたい方、豪華キャストの活躍を何度も繰り返し楽しみたい方には、気軽にドラマを楽しめるアプリがオススメです。パソコンにも対応していますが、イチオシはスマホ・タブレット用のアプリ。

アプリならいつでもどこでも、気軽に動画を楽しめます。ぜひアプリをダウンロードして、人気の最新ドラマやバラエティー番組をチェックしてみてください!番組によってはダイジェストや特集などもありますので、ぜひ、お見逃しなく!

【Paravi】公式サイト⇒

【グッドワイフ】を無料視聴(見逃し配信)する方法

『TBSFREE』『Tver』でテレビ放送後すぐに最新話が配信される「見逃し配信」で他ドラマ作品の最新話が無料で楽しめます。
1週間限定で【グッドワイフ】の最新話が無料視聴できます!

最新話配信期間[2019年3月10日(放送終了後)~2019年3月17日(最新話の放送前)]

Tver 最新話無料見逃し配信
TBSFREE 最新話無料見逃し配信
Paravi(パラビ) 会員登録で全話視聴可能!

無料見逃し配信の注意点

  • 最新話終了時から1週間限定配信なのでまとめて視聴することが出来ない。
  • TVを録画した時のようにCMを飛ばせない。30秒~1分程度のコマーシャルが入ります。
  • 視聴前にアンケートの入力を求められる場合があります。

見逃した回の視聴はParavi(パラビ)がおすすめ!見放題のVODサービス!

Paravi
Paravi(パラビ)はTBSの人気ドラマが見放題で視聴できるVOD(ビデオオンデマンド)サービスです。
毎期話題になるTBS系の最新ドラマの見逃し配信、過去の人気ドラマも見放題!
見逃してしまった「グッドワイフ」もParaviなら全話見放題!

Paravi(パラビ)のおすすめポイント!

  • 月額料金:925円(税別)
  • 視聴環境:スマホ、タブレット、PC、TV
  • 無料期間:登録初月は無料
  • ドラマ:「下町ロケット」「逃げるが恥だが役に立つ」「義母と娘のブルース」等…
  • バラエティ:「キングオブコント」「マツコの知らない世界」「水曜日のダウンタウン」等…
  • 特徴:話題のTBSドラマが見放題!ディレクターズ・カット版の独占配信、Paraviオリジナル作品も多数配信中!

※サービスは変更になる場合があります。サービス内容、特典の詳細は公式サイトからお願いします。

【Paravi】公式サイト⇒

【グッドワイフ】前回のあらすじ

ついに壮一郎の裁判が始まりますが、検察側は証拠をガッチリ固めています。このまま行くと壮一郎の敗北は確実です。そうなると、杏子が弁護士としての本採用の勝負でも負けてしまい、事務所を去ることになるかもしれません。多田は追い詰められる杏子を見かねて、自分も壮一郎の裁判へ協力することを申し出ました。

みちるはDVのせいで別れた元夫・木内幸久に再会し、激しく警戒します。しかし木内はみちるが検察を退職した本当の理由を知っているようで、脇坂にもその件をリーク。脇坂はそれをネタに、みちるに何やら脅しをかけてきました。

杏子は亜紀が証拠を握っていると確信し、亜紀の周辺を調査。すると、亜紀が心臓病を患った娘のため、多額のお金を工面していたことが発覚します。もちろんそのお金の出所は南原です。壮一郎を貶めるため、ハニートラップをしかけることが見返りの条件でした。亜紀は睡眠薬を使って壮一郎をワナにはめ、不倫したかのように装っただけだったのです。亜紀は杏子に心から謝罪し、後日改めて南原の不正の証拠を渡すと約束してくれました。しかしその前に何者かの手によって階段から突き落とされ、意識不明の重体に陥ります。

その後、多田の協力もあって南原に加担していた内閣府の局長・宮前の存在が浮上。多田は宮前から証拠文書を引き出しますが、滝藤がこの証拠に疑問を投げかけます。壮一郎も滝藤の意見を聞き入れ、この証拠は処分されることになりました。しかしその直後、壮一郎は一連の事件をしかけた「裏切者」に会いに行くと宣言。ついにその「裏切者」の正体が、明らかになろうとしていました…。

グッドワイフ_アイキャッチ8話
いよいよ事件の核心へ!!常盤貴子さん主演「グッドワイフ」は、孤高な弁護士ママが活躍する法廷ドラマです。これまでのストーリーでは、常盤貴子さん...

【グッドワイフ】第九話「堕ちた正義」(3月10日放送分)ネタバレ・あらすじ

壮一郎と杏子の前に姿を現した裏切者…それは味方だったはずの滝藤でした。壮一郎は「お前が罠を仕掛けようとしていたのか…」と嘆き、滝藤を問いただします。壮一郎は南原側に情報が洩れていることを警戒し、必要以上の情報を知っていた滝藤に疑いを持ちました。そこで多田に頼み、南原の不正の証拠の偽物を用意。案の定、滝藤はまんまとうまい事を言って不正の証拠を横取り。南原にそれを差し出していた証拠写真を突きつけられ、もう言い訳はできません。

滝藤は「まさか疑われていたとは…さすが蓮見さんだ」と潔く降参。壮一郎はずっと味方だった滝藤が、自分を陥れたことにショックを受けていました。最初に検察の捜査情報を南原に流したのも、遠山亜紀に金を渡したのも、滝藤の仕業。壮一郎は「最初から全てお前が裏で関わっていたんだな…だがなぜだ?どうして罪を犯した南原を守ろうとした?」と滝藤を問い詰めます。

すると滝藤は「うちに有利な司法改革をしている南原は、検察にとって必要な政治家なんです!南原を失えば、蓮見さんと私が目指してきた強い検察はまた10年遅れます。私は検察の、ひいては日本の未来のために正しい決断を下しただけです」と、もっともらしい信念を語りました。

しかし壮一郎は「国のために不正を見逃すのが正しいと思うなら、お前はもう検事じゃない!正義のためにどんな手を使ってでも粘り抜く、真に強い検察魂を持つのが検事だ!」と一喝。滝藤は「蓮見さんならそう言うと思ってました…あなたのことは尊敬してました。好きでしたよ、ただ道が違っただけです。蓮見さん、見せてください。あなたがつくる強い検察を…」と切なく微笑み、いきなりフェンスの向こうに飛び降ります。

少し離れたところに立っていた壮一郎は間に合わず、滝藤を止めることができませんでした。滝藤はそのまま死亡し、壮一郎は悲しみに打ちひしがれて家に戻ります。そこからは一気に事が進み、東京地検は南原をインサイダー取引の容疑で逮捕。多田が苦労して手に入れた証拠文書が大きな決め手となりました。滝藤が南原の不正に関与し、発覚後に自殺したことも大きく報道されました。

この件で脇坂は責任を取らされて失脚が決定。上司の検事正・御手洗は脇坂を更迭して、壮一郎を復帰させると決断します。壮一郎の起訴はすぐに取り消され、異例の昇進で検事正に就任することが決定。御手洗はこの件を上手く処理し、検事正からさらに上の役職・次長検事へと昇進しました。

しかし、壮一郎は御手洗が脇坂をけしかけていたことを知っています。あまりにもずる賢い御手洗に、壮一郎は「悪しき習慣まで継承しないように…精進しますよ」と警告しました。

いっぽう、惨敗した脇坂はくやしくて仕方ありません。最後に壮一郎に復讐すべく、杏子の元へやってきます。そこで脇坂が暴露したのは、なんと壮一郎とみちるが3年前に不倫していたという事実でした。もちろん杏子は「まさか、そんなことありえませんよ。そうまでして夫を陥れたいんですか」と笑って否定します。

しかし脇坂は木内から得た興信所の調査書類を差し出し、「円香はこれをネタに、前のご主人から脅されてました。まあ~結局のところ、そういう人間なんですなあ。蓮見という男は…」とニヤリ。調査書類にはホテルに入っていく2人の姿がバッチリと写っていました。

杏子は大きなショックを受けて家に戻り、壮一郎の荷物をすべて段ボール箱の中へ。帰ってきた壮一郎に密会の現場写真を突きつけ、「円香さんのご主人が興信所に調べさせたんだって…これも濡れぎぬ?違うよね!?」と問いただします。

壮一郎は潔く認め、「すまなかった…」と謝罪しますが、もう杏子の気持ちが戻ることはありません。杏子は冷ややかな表情で壮一郎をにらみ、「この数カ月、あなたを信じられるかどうか、そればっかり考えてた。でもそんなの何の意味もなかったね。3年も前にあなたは家族を裏切ってたんだから。子供達が帰る前に出て行って!」と言い渡しました。

その後、壮一郎は正式に検事正に就任。華々しく記者会見を行い、見事に汚名を返上しました。さらに壮一郎は改革を掲げて特命チームを編成。まるで取りつかれたかのように、過去の膨大な捜査資料を調べ始めます。

綾香は記者会見で堂々と話す父を見て、「まだお父さん帰ってこないの?帰ってきたら、おめでとうパーティーしようね!楽しみだな~」と大はしゃぎ。引き出しにしまっておいた家族写真を取り出して飾り、「ケーキ作ろうよ」と張り切っています。しかし、壮一郎はすでに家を出て、ホテル暮らしです。もう、家族の元に帰ってくることはありません。杏子は綾香がショックを受けることに心を痛め、まだちゃんと説明できずにいました。

そんな中、ついに杏子と朝飛、どちらを本採用するかの決断が下ります。多田と神山所長は最後まで悩みぬいた末…杏子を選びました。杏子は勝ったからと言って手放しで喜べず、複雑な表情です。この数カ月、朝飛も一緒に戦ってくれた仲間だったからです。

多田は朝飛を気づかって励ましの言葉をかけますが、朝飛は希望を絶たれて冷たい表情。「事務所が必要としたのは実力ではなく、検事正の妻っていうステータスだったんですね」と言い放ち、その日のうちに事務所を辞めて立ち去っていきました。

杏子は壮一郎とみちるの不倫を知ってしまい、もうみちると楽しく話すことはできません。とつぜん事務的な態度になった杏子を見て、事情を察したみちる。家に帰ろうとする杏子にすがり、「脇坂さんからお聞きになったんですね…二度と話しかけません、最後に聞いていただけませんか?」と話を切り出します。

「好きになったのは私の方です。元の夫との仲裁をしていただいたのがきっかけでした。あの頃は自分の思いしか見えてなくて、最後は私が押し切る形で一度だけそうなりました。元の夫に知られてゆすられたので、貯金を渡して検察を辞めてご主人にも黙って消えました。1年後にまた元の夫が現れてまた逃げて今の事務所に入ったんです。一緒に働いて、あなたを知って後悔しました…」

それはみちるの心からの懺悔でした。しかし杏子にとっては、夫と友人による重大な裏切りでしかありません。杏子は悲しそうな眼差しで「私蓮見のことで人間関係を全部失って…ここに来て何が嬉しかったって…あなたっていう友達ができたことだと思ってました。でもあなたにとっては罪悪感だったんですね」と答えました。

すると、みちるも悲痛な表情で「それは違います!私には本当の友達はいませんいらないと思って生きてきました。でもあなたと会って、人生はもしかしたらもっと楽しいものなのかもしれないと思えました…」と叫びます。みちるにとっても、杏子と共に戦い、励まし合った日々は大切な思い出になっていたのです。杏子と親しくなればなるほど、過去の過ちが重くみちるにのしかかっていました。

それでも杏子は、心から信頼していた友人の裏切りをどうしても許すことができません。「後悔していることは信じます。でも過去は変えられない…そう言ったのはあなたです。私には仕事が必要で、どんな状況でも事務所を辞めることはできません。これからもお互い仕事上では、今までどおりお願いします」とキッパリ決別を告げました。

みちるはもう何も言わず、「分かりました…申し訳ありませんでした」と謝罪して立ち去っていきます。杏子は大切な支えだった友人を失い、その場でガックリと崩れ落ちて号泣。みちるも階段で膝を抱え、ひとりで涙を流していました。その直後、みちるは事務所を辞める決意を固め、多田に「ここを辞めます。できるだけ早くお願いします」と告げます。

驚いた多田は杏子にみちるのことを相談しますが、杏子は何も知らないフリをしてごまかします。しかしやはり杏子はショックが大きく、いつものような元気が出ません。多田はそんな杏子の微妙な変化を察し、「…あのさ、元気?」と声をかけて気づかいます。

すると杏子はあわてて「神山先生に聞いた?離婚のこと」と気まずそうな表情。多田も思わずあわててしまい、「まあ…あっ、これは純粋な心配だから。別にあわよくばとか思ってるわけじゃないから!いや、さすがにさ、はっきりフラれたんだからさ…」と苦笑します。

しかし杏子は何のことか分からず、「ちょっと待ってフラれたって何?」と質問。多田は「そう来る?だってあの時来なかったでしょ」とちょっとスネたような表情を浮かべ、杏子に留守電で告白した時のことを語ります。しかし杏子がその留守電を聞く前に壮一郎がメッセージを削除してしまったので、杏子は電話があったことすら知りません。

杏子は「そんな電話知らない、聞いてない…」と呆然。多田も驚いて「じゃあ…誰かが消した?」と答えます。そんなことができる人物と言えば…心当たりはひとつです。その直後、杏子は壮一郎を呼び出してカフェへ。「出すからサインして」と告げ、ついに離婚届を突きつけますが…!?

↓ 第九話の結末、ネタバレはこちらをタップで表示されます…! ↓

【ネタバレ注意】ついに離婚へ…壮一郎の暴走が始まる!?さらに改めて杏子に告白する多田、杏子の答えは…!?

壮一郎は「悪かったと思ってる、ホントに。大事なのは君と子供達なんだ」と杏子に謝罪しますが、杏子の気持ちはもう戻りません。杏子は「多田君の留守電を消したのもあなた?どうして!?これも隠し通そうと思ってたの?もうあなたのことがホントに全然分からない!!」と激しく怒りをぶつけます。

それでも壮一郎は「弱ってるところにつけ込んで人の妻に告白するような男だぞ!?それは許されるのか」と多田を批判して反論。杏子はますます怒りを募らせ、「あなたに多田君のことをどうこう言う資格なんてない!!子供達と多田君がいなかったら、私はもうとっくにダメになってた」と叫びます。

すると壮一郎も「多田は君が思ってるような人間じゃない!!」とヒートアップ。杏子は冷たい表情で「…あなたもね」と言い放ち、壮一郎をにらみつけます。そのままにらみあう二人…夫婦の間にはあまりにも大きな溝ができてしまいました。

その直後、壮一郎は脇坂を呼び出して「多田を調べてください、徹底的に」と指示。壮一郎が調べていたのは、実は多田を追いつめる材料だったのです。多田は小宮裁判官が担当する裁判での勝率が高く、ふたりには個人的な付き合いがありました。そこで壮一郎は多田と小宮が癒着しているという疑いをかけ、妻を奪った多田を追いつめるつもりです。

多田を潰すためなら、脇坂すら利用しようとする壮一郎。「協力してくださるなら、ここに残れるように手配します。あなたにも悪い話じゃないでしょう。返り咲きたいなら、これが最後のチャンスですよ」と囁き、脇坂を取り込みます。すでに降格処分となる異動の内示が出ている脇坂には、もちろん選択の余地はありません。この皮肉な展開に大笑いして、壮一郎の依頼を引き受けました。

杏子が事務所に戻ってくると、多田は改めて杏子への思いを告白します。「再会して思い知った…俺は君を忘れられない」と告げ、杏子の手を取る多田。そのまま顔を近づけてキスをしようとします。しかし…杏子は思わずパッと顔をそらしてしまいました。

壮一郎との離婚は確定的ですが、だからと言って気持ちをすぐに切り替えられません。多田は何も言わず、呆然とうつむいたままです。杏子はそのまま事務所を立ち去り、家へ戻ります。しかし、杏子の胸に押し寄せてくるのは…多田との楽しい思い出ばかり。どこの事務所にも相手にされなかった杏子を救ってくれたのも、この数か月間の激しい日々をずっと一緒に励まし、笑い、戦ってくれたのも、多田でした…。杏子は改めてその存在の大きさを噛みしめます。

後日、出張に行っていた多田が事務所に戻ってきます。思わず多田に目を奪われる杏子。多田は何事もなかったかのような顔で、杏子に話しかけようとします。杏子も多田に何か言いたそうな表情です。しかしその時、ふいに事務所内がザワザワ。なんと脇坂が検察の部下たちを大勢引き連れて乗り込んできたのです。

脇坂は「検察です!多田征大さん、贈賄容疑で逮捕状が出てます。え~捜索差押許可状が出ておりますので、事務所内を捜索させていただきます!…始めろ!」と宣言し、部下たちが一斉に事務所内の書類を調べ始めます。杏子も多田も、とつぜんの事態に呆然。

多田はそのまま検察に連行され、取調べを受けることになります。多田を聴取するのはもちろん、脇坂の役目。そしてその脇坂の隣には、多田を追いつめようとする壮一郎の姿がありました…。

【Paravi】公式サイト⇒

ゲスト出演

面接官役…住田裕子
面接官役…清原博
面接官役…角田龍平

【グッドワイフ】第九話まとめ

今回は裏切者が滝藤だった…という衝撃の展開からスタート。さらに壮一郎とみちるの裏切り、多田の告白にドキドキのキス目前シーン、まさかの逮捕劇など怒涛のストーリーでした。滝藤は完全な理想にこだわるあまり、かなり以前から壮一郎や検察を裏切っていました。脇坂と戦い、壮一郎とともに戦っていたはずの滝藤。壮一郎に全てを知られ、あっけなく自殺の道を選んでしまいました。

そのあと壮一郎は南原を追いつめて無実を晴らしましたが、ふたたび過去の過ちがよみがえってきます。それはみちるとの一度きりの不倫。DV夫の相談に乗ってもらっているうちに、壮一郎にホレてしまったみちる。どうしても思いを抑えきれず、壮一郎に強く迫って一度だけ関係を持ってしまいました。壮一郎もみちるも杏子に誠心誠意謝りますが、もう杏子の気持ちは戻りません。杏子は離婚を決意し、みちるとの友情にも決別しました。

そんな中、杏子は朝飛との勝負を制し、めでたく本採用が決定。しかし朝飛は多田や杏子を深く恨んだまま、その日のうちに事務所を辞めていきました。多田は何かと大変な杏子を気づかい、改めて思いを告白します。杏子の手を取り、そっと顔を寄せる多田。ついに!?と思わせるキス寸前のシーンです。杏子は驚いて思わず多田の前から逃げ出してしまいますが、やはり多田のことが気になって仕方ありません。

後日、杏子は改めて多田に話しかけようとしますが、そこになんと検察の捜査が入ります。やってきたのは脇坂とその部下たちでしたが、仕向けたのは壮一郎。あれだけ多田に世話になっておきながら、杏子を奪った多田に嫉妬しているのです。検察は多田と小宮裁判官による癒着と贈賄を指摘し、多田を逮捕。多田は脇坂と壮一郎の取調べを受けることになってしまいました。杏子はとつぜんの事態に呆然。しかし、ここからは多田を守るため、新たな戦いに挑んでいくようです…。

【グッドワイフ】次回の展開予想、考察


次回はいよいよ最終回!杏子と壮一郎、夫と妻の全面対決が始まります!!予告動画では杏子が壮一郎をにらみつけ、「あなたの思い通りにはさせない、多田君の疑いは必ず私が晴らす!!」と宣言。多田は脇坂に追及され、弁護士失職の大ピンチです。しかも朝飛が裏切って検察側につくようで、ますます厳しく追い詰められてしまいます。

共同経営者でもある多田がピンチに陥り、神山多田法律事務所も存続の危機です。神山は「必ず勝とう!!」とスタッフたちを励まし、杏子も「無実を証明したい。弁護士としてやり直させてくれたのは多田君だから…」と語っています。壮一郎と決別し、完全に敵対する杏子。多田を守る裁判の中で、杏子自身の心にも変化と決着が訪れるようです。

そして予告動画のラストでは「ありがとう…本当に…」と万感の思いを語る杏子。最後に多田を選ぶのか…それとも一人で生きていくのか…もしくは海外ドラマにありがちな思わせぶりなシーンで終わってしまう、なんてこともあるかもしれません。いよいよグッドワイフも最終回、杏子の決断に期待が高まります!!

【グッドワイフ】視聴率

各話毎の視聴率
第一話 10.0%
第二話 11.5%
第三話 9.6%
第四話 9.0%
第五話 8.5%
第六話 9.5%
第七話 8.9%
第八話 8.7%
第九話 9.7%

(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

関連記事

グッドワイフ_アイキャッチ8話

『グッドワイフ』第八話(19/3/3放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オス...

QUEEN_アイキャッチ8話

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第八話(19/2/28放送)の無料見...

トレース_アイキャッチ1話

ドラマ『トレース 科捜研の男』第一話(19/1/7放送)の無料見逃し配信はFOD...

QUEEN_アイキャッチ4話

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第四話(19/1/31放送)の無料見...

QUEEN_アイキャッチ6話

ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第六話(19/2/14放送)の無料見...

グッドワイフ_アイキャッチ4話

『グッドワイフ』第四話(19/2/3放送)の無料見逃し配信サイト、あらすじ、オス...