dアニメストアの評判お試し口コミ調査

dアニメストア公式
dアニメストアは、通信事業を営む大手企業のドコモが大手メディアKADOKAWAと手を組んで始まった動画配信サービスです。
運営会社はドコモ系列のドコモ・アニメストアで、所有している株の割合はドコモが60%、KADOKAWAが40%となっています。同社は2012年に設立し同年サービスを開始しました。

dアニメストア
コンテンツの内容はサービス名にもあるように、アニメーション作品が中心となっています。
当初はドコモのキャリア限定のサービスでしたが、2014年からはドコモのユーザーでなくても利用できるようになりました。
また2016年にアニメーション作品のみならず、アニメソングやアニメーション関連グッズを取り扱うようになり、総合的なコンテンツを擁する形となっています。

他の動画配信サービスでは映画やバラエティ、音楽映像など広いジャンルに渡ってサービスが展開されています。
ですが、dアニメストアではあくまでもアニメ及びアニメ関連のコンテンツに限って展開している形なので、相対的にコンテンツ量は少なめといえるかもしれません。
ですがアニメに特化しているため、アニメを目的として動画配信サービスを選ぶ方にとっては最適な動画配信サービスといえます。
反対に、海外ドラマやテレビで放送されるような日本のバラエティなどのコンテンツは存在しないので、そうしたものを視聴したい場合は他のサービスを利用するようにすると良いでしょう。

また、コンテンツとして展開しているアニメの種類は豊富で、古いものからテレビで放送中のものまで揃っている形です。


小公女セーラ


山ねずみロッキーチャック

例えば1985年に放送された悲劇の女の子を巡る物語『小公女セーラ』やそれよりも古いアニメーション作品『山ねずみロッキーチャック』といったものから、2018年3月現在、冬アニメの中でも特徴的な演出が物議をかもしている『ポプテピピック』まで自由に視聴することができます。
もちろんこれらの作品に視聴制限はなく、月額料金を支払う限り何回でも見ることができる形です。

ただ有料コンテンツとしてレンタルサービスが展開されているため、全ての作品を自由に視聴できるわけではありません。
特に劇場版のアニメ作品はレンタルサービスとなっており、料金はそれぞれ作品ごとに設定されている形です。
購入後は30日以内に視聴を開始する必要があり、視聴開始から3日間は見ることができるという制限がつくため注意が必要となるでしょう。


GANTZ:L


宇宙戦艦ヤマト2002愛の戦士たち

ですが、レンタルサービスとして提供されているものは長尺な映画や劇場版といった特別なアニメーション作品であり、テレビ放送をしているものは基本料金で見られるので、過度に懸念する必要はありません。
基本的には、月額を支払うだけで多くの作品を見ることができるサービスとなっています。

dアニメストア公式
dアニメストアでアニメを無料視聴する

dアニメストアの料金

dアニメストア
dアニメストアの利用料金は、動画配信サービスの中でも特に安いといえるかもしれません。
その月額はなんと400円です。
たった400円で豊富なアニメーション作品を見られるサービスは、dアニメストアだからこそできるサービスといえるかもしれません。
通信事業者としてのノウハウを蓄えたドコモと、古くからアニメーション作品を手がけてきたKADOKAWAの両社がタッグを組んだからこそ実現できたサービスといえるでしょう。

料金の支払い方法は、ドコモケータイ払いやドコモ口座からの引き落としといった携帯キャリアならではのものと、クレジットカードによる支払い方の2つが存在する形です。
利用できるクレジットカードは「VISA・American Express・JCB・MasterCard」となります。
HuluやNetFlixといった動画配信サービス大手では他にもPaypalやiTunesStoreや独自のチケットやギフトカードを使って支払うことができますが、dアニメストアではキャリア決済サービスかクレジットカードしか使うことができません。
なお、デビットカードでも支払うことができないという点には注意しておきましょう。

料金体系は見放題サービスが400円で、レンタルサービスのものは作品ごとに個別にかかります。
また、レンタルサービスは見放題サービスの利用者に限って使う事ができる形です。
そのためレンタルサービスの作品だけ見たいという場合であっても、見放題サービスへの加入を避けることはできません。
またレンタルサービスは決済後30日以内に視聴をしなければ、その後は見れなくなってしまいます。
dアニメストアレンタル
もちろん決済時に直ぐに見てしまえば良い問題なのですが「気になったからレンタルしておいていつか見よう」というときにはこの点に気をつけておきましょう。

注視してみると不便そうに思われるかもしれませんが、dアニメストアの料金体系はシンプルですし、基本的には低額です。
一言で表現するなら「基本月額400円で特別な作品の視聴には別途料金がかかる」というだけなので、劇場版の作品を見ないなら単に「基本月額400円で利用できるサービス」といえるでしょう。
そのため、劇場版の作品をメインとして視聴しないなら、低額で利用できる利便性の高いサービスとなります。

また支払い方法についてもドコモと回線の契約をしていればそれで済みますし、そうでなくてもクレジットカードがあれば問題ありません。
他の動画配信サービスが多様な支払い方法に対応しているだけで、特別視聴のハードルが高いというわけではないのです。

dアニメストアを今すぐ無料おためし!

dアニメストアのオリジナルコンテンツ

dアニメストア声優コンテンツ
dアニメストアでは、特に声優ファンに特化したコンテンツに力を入れています。
アニメーションではなく、声優独自のコンテンツを独占配信しているのです。
例えば俳優から声優に転進した黒田崇矢さんの番組『声優バラエティ 黒田崇矢のかかってこんかい!』や『らき☆すた』で一躍有名になった白石稔さんをMCとした『怪獣娘~ウルトラ怪獣ラジオ化計画~』というラジオ番組を独占配信しています。
他にも南條愛乃さんのライブ『Yoshino Nanjo 1st LIVE TOKYO 1/3650 ミンナとつながる365日×???』や『南條愛乃 LIVE TOUR 2016 “N”』といった声優アーティストの方のライブ映像もdアニメストアで配信されました。

また、アニメーション作品の先行独占配信も行われることがあります。
これは後々他のメディアでも放送される作品をdアニメストアが先駆けて配信するというもので、いち早く作品を視聴したいというニーズに答えたサービスといえるでしょう。
過去には『魔法科高校の劣等生』や『ソードアート・オンラインII』といった作品が先行配信されました。
レンタルサービス向けの作品としては『劇場版トリニティセブン -悠久図書館と錬金術少女-』が配信されたこともありますし、実際の俳優によるミュージカル作品『「刀剣乱舞」 ~阿津賀志山異聞~』も独占配信された形です。
見放題、レンタルサービス、アニメーションか否かを問わず独占先行配信という形で作品が扱われる機会は多いといえるでしょう。

アドベンチャー・タイム独占配信
少し変わったところでは、奇想天外な展開が魅力の『アドベンチャー・タイム』のオーディオコメンタリーが独占配信されたことがあります。
この作品は海外のアニメーション制作会社のカートゥーンネットワークが製作したもので、KADOKAWAは翻訳本の出版に関わっている形です。
オーディオコメンタリーの内容、は主人公であるフィン役をつとめる朴璐美さんとフィンの相棒である犬のジェイク役をこなしている斎藤志郎さんの2人がコメントしていくというものになります。
なおオーディオコメンタリーは24話のみなのですが、同作のファンにとっては「一体この作品について声優さんはどう考えているのか」という疑問を知ることができるかもしれない貴重な機会といえるでしょう。
作品の視聴欲をかきたててくれるコンテンツです。

ここまで見てきたように、dアニメストアではアニメーション作品に限らずアニメーション関連のコンテンツの独占配信ないし先行独占配信が豊富です。
danime09dアニメストア
作品や声優のファンにとって魅力的な動画配信サービスといえるでしょう。
テレビやインターネット上の無料コンテンツでは満足できない方にとって、相応しいサービスとなっています。
また月額400円という低額で利用できる点も見過ごせません。
アニメが好きな方は利用を検討してみると良いかもしれません。

dアニメストアを無料で視聴する

他のビデオオンデマンドサービスを見る