海外ドラマ「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」ネタバレとあらすじ

海外ドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』の全シリーズのあらすじや魅力を紹介します!

まだ見ていない方もこれから見る方も、Huluの無料トライアルなら全話見放題!
クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪はHuluの無料トライアルで見放題

【注意】この先は「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪」のネタバレが掲載しています。映像で見たい方は退室してください。

海外ドラマ【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】とは?

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪
クリミナル・マインドとは、2005年からアメリカのCBCで放送されているFBIの行動分析課を舞台にしたテレビドラマです。
2017年現在シーズン13まで放送の継続が決まっています。
一話完結型のドラマですが、犯罪者に立ち向かう行動分析課のチームはレギュラーとして出演しており、中には初期から長期で出演を継続しているメンバーもいます。
行動分析課はBAUと呼ばれており、犯罪者達をプロファイリングすることでその行動を分析し、犯罪に至る心理や潜伏場所を暴きます。
BAUが担当する事件は凶悪なものが多く、中にはシリアルキラーの恨みを買ってBAUのメンバーやその家族が狙われることもあり、スリリングな展開で人気を博しています。
Huluの無料トライアルでクリミナル・マインドを視聴する

海外ドラマ【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】シーズン1~3のあらすじと簡単なネタバレをご紹介

バージニア州クワンティコにあるFBI。その中で重要な役割を担うBAU。FBI捜査官にしてプロファイリングのエキスパートであるプロファイラー達が集うそのユニットには、通常の捜査では追い詰められない凶悪な犯罪者達の捜査依頼が日々舞い込みます。
FBIが捜査対象とするのはアメリカ全土に渡り、アメリカで発生する凶悪事件を解決に導くために、BAUのプロファイラー達は専用の飛行機を使ってアメリカ全土を飛び回っています。
異常な犯罪を繰り返す犯罪者はシリアルキラーと呼ばれており、歪んだ欲望を殺人という行動で満たそうと日々善良な市民を狙っています。
不幸にもその犠牲者となってしまった被害者が発見されると、BAUはその現場に残された証拠を手がかりに捜査を開始します。

どんな時でも冷静沈着なリーダー・ホッチナーを中心とするBAUですが、ギデオンという捜査官が復帰することにより、メンバーの中にも変化が訪れます。
ギデオンは過去の事件でミスを犯してしまい、部下を死なせてしまっていました。
そのことを悔み捜査の現場から離れていたギデオンですが、後輩であるホッチナーの元で、再びBAUで捜査官として復帰することになりました。
現場から離れていたとは言え、ベテランのギデオンのプロファイリングは健在で、BAUは次々に犯人を追い詰めていきます。

そんな中、女性捜査官であるエルが捜査対象の犯人に撃たれ、生死の境をさまようことに。
幸い命は助かり、BAUに復帰することも叶ったものの、犯人に撃たれた恐怖がトラウマとなり過剰に犯人を追い詰めようとしてしまいます。
ホッチナー達の支持にも背き捜査に支障をきたしてしまったエルですが、とうとう自らの恐怖心を犯人に重ね、操作中の犯人を射殺してしまいます。
殺人犯とは言え人を射殺してしまったエルですが、そのことに罪悪感を抱けないこと、犯罪者を憎むあまりまた同じ状況に陥れば同じように犯人を殺してしまうだろうと思ったエルは、BAUを去る決断をします。

一方BAUのリーダーであるホッチナーはその激務により家庭に寄り添うことができず、息子の面倒を見られないことに対して妻から責められてしまいます。
生真面目な性格で、妻ヘイリーと交際したいがために演劇部に入部したというロマンチストな過去も持っているホッチナーですが、幸せな結婚生活は過酷なBAUでの仕事との両立は難しかったのです。

そしてエルが去ったBAUは新たなメンバーを迎えることになりました。
良家の子女であるプレンティスは過去にホッチナーとも面識がありましたが、BAUに異動になった、とホッチナーの元を訪れることに。
最初は間違いだと一蹴していたホッチナーでしたが、語学にも堪能で捜査官としてのプレンティスの手腕を認め、プレンティスはBAUのメンバーとして迎えられることになります。

最年少メンバーにして天才的な頭脳を持つ捜査官のリードは捜査中の犯人に捕らえられ、薬を打たれて拷問されてしまいます。
BAUメンバーに救出されたリードですが、その後はしばらく薬の後遺症に苦しむことになりました。
後遺症を克服したリードはその後もその頭脳で捜査を進展させますが、飛び級で進学しその頭脳故に特例でFBI捜査官になれた彼は肉体的技術にはやや欠けており、その後も何度か犯人に捕らえられてしまう場面に直面します。

過去の過ちを悔やんでいたギデオンは、ある日親友のサラをシリアルキラーに殺害されて大きなショックを受けます。
その心の傷を埋めるべく精力的に捜査に取り組むギデオンですが、唯一の心の拠り所までも殺人犯に奪われてしまい、精神的に参ってしまったギデオンは書き置きを残してBAUを離れてしまいます。

海外ドラマ【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】シーズン4~6のあらすじと簡単なネタバレをご紹介

Huluの無料トライアルでクリミナル・マインドを視聴する
ギデオンが去ったBAUに、伝説のプロファイラー、ロッシが加入します。
BAUを創立した彼は現場を離れ講演などを行っていましたが、自ら現場への復帰を望みBAUへと戻ることになったのです。
ギデオンが抜けたベテランプロファイラーの穴をロッシが埋める形となり、BAUはまた新たなチームとなって捜査を開始します。

幼児誘拐・殺人事件の捜査を始めたリードは、現場であるラスベガスに向かう飛行機の中で悪夢にうなされます。
夢の中では6歳の男の子が殺されてしまうのですが、リードはもう何度もこの悪夢を繰り返し見ていました。
幼児を殺した犯人を捕まえた後、リードはその夢の中で男の子を殺したのが自分の父親であることに気付き、真相を究明するためにラスベガスに残ることにしました。
リードを心配したモーガンとロッシもそれに付き合い、三人はしばらくラスベガスに滞在します。

そしてホッチナーは過去に捜査していたリーパーと呼ばれるシリアルキラーと再び相まみえることになります。
10年前に21人もの人間を殺したリーパーですが、その殺人が突然止まったのは、当時事件を担当していた刑事ショーネシーとある契約を交わしたからだったのです。
ボストンの死神と呼ばれたリーパーことジョージ・ホイエットは「自分を探さなければ殺人はやめる」とホッチナーに取引を持ちかけますが、ホッチナーはそれを拒否します。
結果、さらに8人もの犠牲者を出してしまい、自責の念に駆られます。
しかし戦意喪失しかけていたホッチナーにロッシが叱咤したことで、BAUは再びリーパーの逮捕に全力を注ぐことになりました。
リーパーはホッチナーの自宅まで襲撃し、家族の身にも危険が迫りホッチナーの妻と子供はFBIの証人保護プログラムを受けて逃げることになり、ホッチナーとは会うことができなくなってしまいます。
それでも家族が無事であるならとホッチナーはそれを受け入れますが、リーパー事件の捜査方法に上層部が懸念を示し、ホッチナーはBAUリーダーの座を信頼している部下のモーガンに託し降格します。
それでもリーパーの手は緩むことはなく、証人保護プログラムで隠されているはずのホッチナーの家族の身に再び危険が迫ります。
ホッチナーは家族を守るためにリーパーに立ち向かいますが、家族の警護をしていた捜査官も殺害され、妻ヘイリーはリーパーに銃を突きつけられて最後の言葉を残そうとホッチナーに電話をしました。
現場に急行していたホッチナーですが、もうどうあってもヘイリーを救うことはできないと涙しながらも妻との最後の会話を交わし、電話越しにヘイリーが撃ち殺されたことを知ってしまいます。
失意のまま、それでも自宅で隠れているはずの息子を救うべくホッチナーは以前家族三人で暮らしていた家に急行します。
まだ潜んでいたリーパーを見つけると、ホッチナーとリーパーは激しい銃撃戦の末、ホッチナーはリーパーを殴り殺してしまいました。
しかしそのお陰で隠れていた息子だけは救うことができ、ホッチナーの行動も正当防衛として認められ、ホッチナーはBAUに残ります。

JJには昇進の話が舞い込んでいました。国防総省からの引き抜きの誘いがあったのです。
息子が生まれ、キャリアとしても出世となる話ですが、JJはBAUのメンバーでありたいとその誘いを断ります。
しかしJJの才能を見込んだ国防総省からの強い要請についには逆らえず、BAUを去り引き抜きの話を受け入れることになりました。
国防総省で勤めるようになってからも、プレンティスの身に危機が及んだ際にはBAUの捜査に協力するなど、BAUのことは忘れておらず、渉外担当として優秀なメンバーであったJJはプロファイラーとしての研修を積んで、プロファイラーとして後にBAUに復帰します。

海外ドラマ【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】シーズン7~9のあらすじと簡単なネタバレをご紹介

Huluの無料トライアルでクリミナル・マインドを視聴する
FBIに入る以前に国際刑事警察機構で潜入捜査を行っていたプレンティスは、潜入捜査先のイアン・ドイルと再び相まみえることになります。
国際指名手配されているテロリスト、ドイルの恋人として捜査を行っていたプレンティスですが、その捜査によって7年間拘置されていたドイルに逆恨みを受けており、脱獄したドイルに狙われてしまいます。
ドイルの恋人として使っていた偽名ローレン・レイノルズがプレンティスであることをドイルに暴かれてしまい、ドイルはBAUメンバーを皆殺しにするとプレンティスを脅迫します。
BAUを守るために姿を消そうとしたプレンティスですが、危機一髪のところをBAUメンバーによって救われます。しかしドイルは逃亡しており、まだプレンティスの身には危機が迫ったままであると判断され、表向きプレンティスはドイルによって重傷を負い、手術の甲斐なく死亡したとBAUメンバーに伝えられました。
プレンティスが死んだと聞かされ悲しみにくれるBAUのメンバーですが、ホッチとJJだけは彼女がパリでFBI捜査官として生きていることを知っています。
モーガン達がドイルの行方を捜査している中、ドイルとの決着をつけるためにパリからアメリカに戻ったプレンティスはBAUにも復帰し、生きていたことを喜ばれます。
ドイル事件を解決した後、ロンドンのインターポールに転職することとなり、結局プレンティスはBAUを離れることになります。

そして、リードには恋の兆しが見え始めていました。
天才であるが故に飛び級を繰り返し、同級生からはいじめられ、人との付き合いがうまくいかないリードでしたが、ある日リードの論文を読んで興味を持ったメイヴという女性と文通を始めます。
お互いに文字のみでのやり取りで、声も顔も知らないままの関係でしたが、次第に惹かれ合う二人は電話をすることになり、そして会う約束を取り付けます。
メイヴはストーカーに狙われており、リードに会うところをストーカーに見られるのを恐れていました。
不安は的中し、メイヴはリードと会う前にストーカーによって誘拐されてしまいます。
まだ見ぬメイヴを救うためにリードは捜査を始めますが、リードがようやく犯人の元にたどり着くと同時に、メイヴはリードの眼の前で殺害されてしまいました。
ようやく心を許せる女性と出会えたのにそれが目の前で殺害されてしまい、救えなかったことにリードは大きなショックを受けてしばらく休職することになります。

BAUの中心人物であるロッシは最初の妻キャロラインと再会しますが、キャロラインは病に侵されていました。
余命僅かな身となったキャロラインは、病の苦痛から逃れるべく、ロッシに自分を死なせてほしいと頼みます。
その役割を引き受けることができなかったロッシですが、キャロラインはそれを見越していたかのように、自ら薬を大量に飲み、過剰摂取によって自ら命を断ってしまいます。
キャロラインの最後を看取ったロッシは亡くなった息子の隣にキャロラインを葬り、家族の死を悼みます。

同じく家族を亡くしたホッチナーには殉職した上司の代わりに昇進の話が来ていました。
殉職したストラウスはBAUのユニットチーフでしたが、アルコール依存症に悩んでいたところをレプリケーターと呼ばれるシリアルキラーによって誘拐されてしまい、致死量のドラッグが混入されたアルコールを飲まされてしまったのです。
ストラウスがいなくなったことに気付いたBAUは彼女を救うべく捜査を開始しますが、レプリケーターからの連絡を受けたときにはすでにストラウスは助からない状態でした。
ホッチナーと対立することも多かったストラウスですが、その悲痛な最後にホッチナーは息を引き取ろうとしているストラウスに謝罪をします。
そして殉職となってしまったストラウスですが、仇を取るようにBAUはレプリケーターを追跡します。
ストラウスを愛していたロッシは彼女の死に深く悲しみますが、仲間たちと共に捜査に加わり、やがてBAUはレプリケーターの正体へとたどり着きます。

海外ドラマ【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】シーズン10~11のあらすじと簡単なネタバレをご紹介

Huluの無料トライアルでクリミナル・マインドを視聴する
レプリケーター事件の捜査が認められ、ホッチナーはデスクワークよりも現場での活躍を期待され昇進の話は見送られることとなりました。
一方、凄腕ハッカーとしてBAUでも活躍しているガルシアは自分が死刑執行される悪夢にうなされていました。
まもなく死刑が執行されようとしている殺人犯・ベイカーは、一年前にガルシアの銃弾が命中して逮捕されており、それが悪夢の原因であることに気付いたガルシアはベイカーに会いに行こうと休暇を取ります。
ベイカーは捜査中のリードを殺害しようとしており、ガルシアはリードを守るためにベイカーに銃を向けたのです。
しかし彼女はベイカーの死刑を望んでおらず、直接会って話そうと収監されているベイカーの元を訪れます。
ガルシアの親友であるモーガンは彼女の行動を理解できないと批判しますが、ベイカーと会って話しても殺人犯と理解しあうには至らなかったガルシアが戻ってきた際には彼女を慰め、支えとなりました。

そんなモーガンはかねてより交際していた恋人と結婚します。
息子を授かり、親友であるリードの名前をもらって息子にスペンサーというミドルネームを与えます。
モーガンはサバンナと結婚した後、何者かにサバンナを撃たれ、お腹の中にいた息子ともども危機にさらされるという経験をしていました。
幸い息子もサバンナも一命をとりとめたものの、その銃撃犯が自分を逆恨みしていたことを知ったモーガンは、事件解決後、BAUを退職する決断をします。
BAUにいて凶悪犯を追い詰めるということは、異常な手口で人を殺す殺人犯から恨みを買い、自分だけでなく家族までも危険に晒すことがありえてしまいます。
生まれたばかりの息子と最愛の妻を守るために、モーガンはBAUを去り、そして仲間達はモーガンを惜しみつつも見送ります。
単なる仕事仲間という枠を超えて、親友でもあったガルシアは涙しながらもモーガンの新たな旅立ちを祝福します。
BAUから離れても、ずっとガルシアは俺のBABY GIRLだと優しく話すモーガンはガルシアに優しく語りました。
そしてモーガンが弟のようにかわいがっていたリードは、モーガンがBAUを去ってしまうことをなかなか受け入れられずにいます。
しかし家族を思う以上、モーガンがここにいられないこともわかっている、と別れを受け入れ、そしてモーガンの息子につけられた名前を知って驚きます。
最高の弟から名前をもらったんだとモーガンから聞かされ、リードも涙しながらも、モーガンを笑顔で見送ることにしました。

初期からのメンバーであったモーガンとの別れを迎え、大きな喪失感と仲間への祝福を抱えながら、BAUはまた新たな局面を迎えることとなります。

海外ドラマ【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】シーズン12のあらすじと簡単なネタバレをご紹介

モーガンという仲間が抜けた穴を埋めるべくしているBAUに、また新たな別れがやってきます。
一人別の任務でBAUを離れていたホッチナーですが、以前妻を殺害され残された唯一の家族である息子とともに証人保護プログラムを受ける決断をしていました。
名前も身分も変え、違う土地で暮らすことになる以上、BAUでの仕事も続けることができません。
それでも息子を、今度は自分自身で守るため、ホッチナーは自分も証人保護プログラムを受けることにしたのです。
以前妻と息子がこのプログラムで身を隠していましたが、凶悪犯にその居所を捕まれ、ホッチナーは妻が殺されてしまうのに間に合いませんでした。
その苦い経験から、今度は二人で身を隠す決断をして、BAUを去ります。

また一つ大きな穴が空いてしまったBAUですが、懐かしい顔ぶれが戻ってくることにもなりました。
ホッチナーの推薦でインターポールへ転職したプレンティスが戻ってきたのです。
優しく、思いやりがある彼女を中心し、BAUは再び結束を強めます。

そしてリードの身にも変化が訪れます。アルツハイマー病を患っている母親を自宅で介護していたリードですが、母親の病状は重く、介護は困難を極めています。
そんなある日、リードがメキシコで麻薬を使用したとして逮捕されたという知らせがBAUに届きます。
BAUメンバーはリードに会いに行きますが、薬の影響でリードはBAUのこともわからない状態です。
リードが介護していた母親のために、アルツハイマーの治験について調べていたことを突き止めたBAUは、リードがメキシコで試験薬を入手しようとしていたことにたどり着きます。
しかしその試験薬を開発していた医者は殺されており、その部屋にはリードの所持品が多数残されていたことから、リードは殺人容疑で起訴されてしまいます。
プレンティスの働きでリードをアメリカに送還させることには成功したものの、リードは連邦刑務所に収監されてしまうことになり、さらに仕事外でメキシコへ飛んでいたことからFBIの弁護士もつけることができず、孤立無援の状態に陥ります。
リードの容疑を晴らすために、BAUは医者を殺した犯人を捜査し始めます。
しかしリードは刑務所の中で苦しい生活を余儀なくされ、さらにリードの母親が誘拐され、犯人はリードの子供を妊娠しているとも話し、事態は悪くなる一方です。
リードを刑務所から出すことに成功した後も、誘拐犯はリードを執拗に狙い、リードを苦しめます。
リードの親友、モーガンがBAUに顔を出して束の間リードは喜ぶものの、事態の解決には至っていません。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪はHuluの無料トライアルで見放題

【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】主要キャスト紹介

トーマス・ギブソン(アーロン・ホッチナー役)

トーマス・ギブソン
1962年7月3日生まれのアメリカ人俳優です。
テレビドラマ「ふたりは最高! ダーマ&グレッグ」で人気を博し、2005年から本作へ出演。ドラマの中心人物として、また監督としても本作の制作に加わっていたトーマスですが、暴力事件を起こし本作を降板した後も、彼の復帰を望む声が未だ多く寄せられています。

マシュー・グレイ・ギュブラー(スペンサー・リード役)

マシュー・グレイ・ギュブラー
1980年3月9日生まれのアメリカ人俳優です。
ニューヨーク大学で映画を学び、短編映画の制作・監督を努めながら、ファッションモデルとしても活動していました。
ウェス・アンダーソンの紹介で俳優デビューを飾ると、その演技が評価され俳優の道に進みます。
本作のオーディションでリード役を射止め、10年以上の長期に渡ってリード役を演じています。
また声優としても活動しており、「アルビン 歌うシマリス3兄弟シリーズ」ではサイモン・セヴィル役で3作に渡り出演しています。

パジェット・ブリュースター(エミリー・プレンティス役)

パジェット・ブリュースター
1969年3月10日生まれのアメリカ人女優です。
本作への出演以降は「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」「モダン・ファミリー」などの人気ドラマへのゲスト出演の他、「コミ・カレ!!」にはレギュラーとして出演するなどテレビドラマを中心に役者としての活動を続けています。
本作への出演は一度降板していますが、ホッチナー役のトーマスが降板する際にプレンティス役として復帰。ホッチナーに代わりリーダー役を果たしています。

A・J・クック(ジェニファー・ジャロウ役)

A・J・クック
1978年7月22日生まれのカナダ人女優です。
1997年にマクドナルドのCMでデビューを果たした後、テレビ映画に出演。その後は「ヴァージン・スーサイズ」という作品でメインキャラクターに抜擢され、映画「デッドコースター」にも出演しています。
末日聖徒イエス・キリスト教徒で、信心深かった彼女は信仰に反しない役しか演じなかったというエピソードもあります。
現在は二児の母でありながら。本作への出演も継続中です。

ジョー・マンテーニャ(デヴィッド・ロッシ役)

ジョー・マンテーニャ
1947年11月13日生まれのアメリカ人俳優です。
演劇学校を卒業した後、舞台俳優として演劇の場で役者として活動していたジョーですが、一度映画デビューを果たすもなかなかブレイクには至らず、一度シカゴへと戻り、劇団で演技を続けていました。
出演している舞台の演出家が手がける映画に出演したことをきっかけに注目を浴び、映画「スリル・オブ・ゲーム」でその名前を世間に知らしめました。
1989年には「ゴッドファーザー PART III」に重要な役で出演し、ゴールデングローブ賞やヴェネツィア国際映画祭では男優賞、トニー賞も受賞しています。
声優としても活動しており、「シンプソンズ」に出演するなど、声・舞台・ドラマ・映画と幅広く活動を続けています。
本作にはギブソン降板の後に加わって以来、チームの中心として出演を続けています。

シェマー・ムーア(デレク・モーガン役)

シェマー・ムーア
1970年4月20日生まれのアメリカ人俳優です。
サンタクララ大学に通いながらモデルとしても活動し、本作にはシーズン1から11までの長期に渡りレギュラー出演していました。
モーガン役は私生活の事情で本作を降板した後もシーズン12で一度復帰するなど、今後もレギュラーで戻ってきてほしいという声が強い人気キャラクターです。
シェマーの母親は多発性硬化症を患っており、本作の他のキャスト達と多発性硬化症の啓発イベントを何度か開いています。
他には「スーパー・リッチと結婚する方法」「死刑判決」などの映画に出演しています。

【クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪】監督の紹介

マーク・ゴードン
クリミナル・マインドの監督マーク・ゴードンはニューヨーク大学で映画を学んだ後、1980年代よりテレビ番組のプロデューサーとして活動を始めました。
「悪魔のジャンクハンター」で映画プロデューサーとしてデビューした後、映画「スピード」がヒットを記録。
「デイ・アフター・トゥモロー」や「2012」などの人気映画も制作しており、またテレビドラマにおいても「グレイズ・アナトミー」「プライベート・プラクティス」などの人気番組をヒットに導き、どれもとても人気の高い作品です。
本作「クリミナル・マインド」もシーズン13まで続く長寿人気ドラマとなっており、テレビ・映画共にヒット作が多く、製作として加わった「プライベート・ライアン」ではアカデミー作品賞にもノミネートされています。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪はHuluの無料トライアルで見放題

関連記事

LOST

海外ドラマ「LOST」ネタバレとあらすじ

ゲーム・オブ・スローンズ

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」ネタバレとあらすじ

ウェントワース女子刑務所の概要

海外ドラマ【ウェントワース女子刑務所】ネタバレとあらすじ

スニッファー ウクライナの私立探偵

海外ドラマ【スニッファー ウクライナの私立探偵】ネタバレとあらすじ

ウォーキング・デッド

海外ドラマ「ウォーキング・デッド」ネタバレとあらすじ

ビッグバンセオリー

海外ドラマ「ビックバンセオリー」ネタバレとあらすじ