ナマイキ!あらびき団の動画を見るならU-NEXTで!ブレイクした芸人をご紹介!!

ナマイキ!あらびき団
2011年に地上波での放送が終わった「あらびき団」ですが、いまだに根強い人気があり2017年にも年末SPとして4時間も放送されていましたね。

今の若い世代は知らない方も多いと思いますが、今回たまたま観て気になった!!という方に向けて本記事を作成してみました。

以下は「あらびき団」の概要・MC紹介・この番組がきっかけでブレイクした芸人を紹介していくので気になった方は是非チェックしてみてくださいね。

あらびき団の動画を視聴したい方はこちら

ナマイキ!あらびき団とは?

ナマイキ!あらびき団
あらびき団とはあらけずりな一芸を持ったパフォーマー達が芸を披露し、それを観たMCライト東野とレフト藤井がいじり倒していく番組です。

ちょうどこの番組が放送されていた当時はゴールデン番組「エンタの神様」や「レッドカーペット」等若手芸人がネタを披露できる番組が多数あり、その登竜門的な役割を果たしていたのが深夜23:59~0:29分の時間帯に放送されていた「あらびき団」でした。

下記で詳しくご紹介していますが、ここで爪痕を残した芸人が上記の番組でもネタを披露しブレイクしていきました。

上記の番組が終わっていく中「あらびき団」も同様に引っ張られる形で2011年9月を持って4年間の深夜放送にピリオドを打っていますが、それ以降もインターネットでの配信番組に以降しただけで番組自体は終わっておらず、現在もたまに地上波でも放送がされています。

「あらびき団」はカメラワークが悪意の塊で、頭頂部がはげている芸人が出たらそのウィークポイントしか映さないでネタを完全無視したり、ブサイクな芸人が出たらスロー再生にしてみたりと編集が他の番組よりも自由度が高い点が魅力でした。

基本的に「あらびき団」が視聴できるビデオオンデマンドは「U-NEXT」しかありません。

ジャンルを問わずに120,000本以上が取り扱われている国内でもシェア率3位のビデオオンデマンド「U-NEXT」は、課金が必要な作品と月額料金内で視聴できる2種の作品があります。

「あらびき団」はエピソード64~83話まで配信されていますが、一部は課金が必要になっています。

また、月額1,990円と少し高めな点も月額933円で完全見放題のHulu等と比べると少し見劣りしてしまいますが、毎月1日になると1,000ポイント付与され、そのポイント内であれば追加料金無しで無限とも言える作品を楽しむことができますし、一人が契約すれば子アカウントを4つまで作れるという点も「U-NEXT」でしかみられない特徴です。

現在は1ヶ月間の無料トライアルも実施されているので、無料期間内だけでも利用してみてもいいかもしれませんね。

U-NEXTであらびき団を無料視聴する

MC:ライト東野とレフト藤井

ナマイキ!あらびき団のMC
司会を担当しているMCはライト東野とレフト藤井の二人。

その名前の通り右側に東野幸治、左側に藤井隆が座り、二人ともいじっている時の顔が楽しそうで言うことは適当かつ残忍でやりたい放題。

例えばある芸人さんが出てきた時に二人ともこれ以上ないほど大絶賛するのですが、その次に出てきた芸人のパフォーマンスを観たらすぐに“こっちのほうがずっといいね”と一刀両断してしまいます。笑

二人とも深夜枠だからなのかルールというものが最低限しか用意されていないようで、全く売れていないアイドルが出てきた時にはただひたすらリプレイ映像を流す鬼のような所業が普通に放送されています。

ちなみに2017年の年末SPの収録後に二人が記者会見を開いた際、“今回のあら-1敗者復活戦には不正があった!”と東野が発言し藤井も“あらびき団は汚れている”と発言。

更に“もしこの不正が流されなかったら俺は今後10年間口を閉ざします、どうなるかは是非オンエアで確認してください”と語っています。

これがただの宣伝なのか、それとも本当に不正がありそこから確執が生まれてしまったのか気になる方は是非視聴してみてくださいね。

10人中10人がただの宣伝だと思っていると思いますが、そうでも無いかも知れませんよ。笑

U-NEXTであらびき団を無料視聴する

あらびき団で反響の大きかった出演者をご紹介!

あらびき団といえば他の番組と違い“まだ売れていない芸人を中心に取り上げる”という特徴があります。

番組の制作費の節約になるためなのかも知れませんが、実際にそのおかげでこの番組からブレイクを果たし知名度を上げた芸人が沢山います。

そこで下記ではそんなあらびき団のおかげでブレイクを果たした芸人達の中でも特に印象深い6人をご紹介していきます。

あらびき団でブレイクした芸人

椿鬼奴
椿鬼奴
今や「世界の果てまでイッテQ!」の温泉同好会メンバーとしても活躍している、ガラガラ声が特徴の椿鬼奴が売れ始めたのは「きゅーとん」というグループであらびき団に出演したのがきっかけでした。

「きゅーとん」なんて初耳だよ!と言われるのもごもっとも。

あらすじ団を観たことが無いという方はまず99.9%知らないと思います。笑

「きゅーとん」とは椿鬼奴/増谷キートン/くまだまさし/元アホマイルド高橋/シンジの吉本ピン芸人が集まって結成されたユニットですが、きっかけは結果がでなくてくすぶっていた6人に吉本の社員が“お前ら一人じゃ何もできないんだから束になって闘え!”と怒鳴ったのがきっかけだったのだとか。
きゅーとん
実際にこの言葉が功を奏して結成されたパフォーマンスユニット「きゅーとん」はあらびき団でその特徴の強すぎる見た目とシリアスな笑いが功を奏しブレイク。

LIVEのチケットはいつも完売するほどの人気ぶりだったそうです。

ただ“人数が多いから地方の営業には行けない”と椿鬼奴が嘆いていて、それが「きゅーとん」の認知度が全国であまり上がらない原因にもなっているのだとか。

真偽は不明ですがね。笑

「きゅーとん」がはじめて登場した時にちょうど私もリアルタイムで視聴していたのですがとにかくインパクトがすごかったです!!

街中にいたら絶対職質される人間が6人集結しているだけに目が釘付けになりました。

椿鬼奴をセンターに配置し左右に二人、真後ろに一人置いて名曲ともいえるJ-POPをBGMに合わせてパフォーマンスをしていくのですが、それがなぜかちょっとした戦隊ヒーローの劇を観ているような感覚になりながらも、そのカオスな見た目とのギャップに観る度ニヤニヤするような面白さがこみ上げてくる感じでした。笑

U-NEXTできゅーとんの動画を無料視聴する

世界の果てまでイッテQ
日曜日の夜8時から放送されている「世界の果てまでイッテQ!」は2018年現在で11周年を迎えますが、未だその勢いは衰えず常に高視聴率をキ...

モンスターエンジン
モンスターエンジン
2008年4月にあらびき団で披露したショートコント「神様」が反響を呼び一気にブレイク。

その後は若手芸人で構成されたピカルの定理を筆頭に人気バラエティ番組に多数出演していましたが、最近は全国区の番組ではほとんど見かけなくなってしまいましたね。

あらびき団に出演している際に向かって左側にいるのが西森洋一(ボケとネタ作成)、右側にいるのが大林健二(ツッコミ)で、大林健二は相当な人気で2013年に結婚が発表されると多くの女性ファンが涙を流したのだとか。

また、これは余談ですがケンコバが別番組で“西森はあの顔でBARに居るときだけ二枚目になる”と暴露されていました。笑

そんなネタ作成担当の西森は“神様シリーズはどんどんネタが出てくるのに、本業の漫才のほうが一切出てこない”と悩みを番組内で打ち明けており東野に“それはお前がふざけているからや!”と突っ込まれていたのも印象的です。

神様コントは主に西森が“神様お願い○○を〇〇して!!”と言うと上半身ハダカで下が黒スパッツの大林演じる神が登場し“私が神だ 全ての神よ、全ての生命よ、この若者に力を与えよ”と唱えて西森の夢を叶えようとするも・・・?

という序盤はのび太とドラえもんの関係性に似ているような構成になっていて、結局最後は“暇を持て余した神々の遊びぃ”で締めくくられますが無駄に引き締まった身体と、落ち着いたトーンがネタをより面白く感じさせてくれます。

またモンスターエンジンの落ち着いたトーンは2008年のM-1に結成2年目で決勝進出したにも関わらず、全く表情が変わっていないということでも話題になっていましたね。

最近はお笑いライブや大阪テレビを中心に活動されているみたいですが、またあらびき団の特番で観られる日が楽しみです。

U-NEXTで神様コントの動画を無料視聴する

ハリウッドザコシショウ
ハリウッドザコシショウ
2016年のR-1グランプリで優勝したことで一気に知名度を上げたハリウッドザコシショウですが、実はその2年前にあら-1グランプリで栄えある優勝を飾った芸人でもあります。

あらびき団に出てくる芸人の中で誰が1番面白いか競い合うトーナメント「あら-1グランプリ」。

その審査基準は「また観たいと思えるかどうか」のみというこれ以上ないシンプルなルールになっています。

すでに放送が終了した2017年も特番として12/29日の夜11:50~から「朝まであらびき団スペシャル」としてあら-1を決定するトーナメントが行なわれていました。

なぜかこの回にもハリウッドザコシショウ出ていたので、優勝していても出られる仕組みになっているみたいですね。笑

そんな2014年あら-1グランプリ優勝者のハリウッドザコシショウは、東野に“これぞ芸人”と大絶賛されており、“自分の信じる道を突き進めるのが芸人だと思っているけど普通はそれができない でもこいつはやってしまうしそこに憧れを抱く”とまで言わせています。

個人的には初見の時“何このネタくだらなすぎる!!”が正直な気持ちでしたね。笑

だって“TVということでビッシっと決めるためにスーツを着てきました”って言ってガンダムのモビルスーツを着て出てくるようなネタばかりですよ?

もう素人の私には学園祭のそれに近い笑いにしか感じられませんでした。笑

個人的には笑い所がよくわからないネタも何度か観てきましたが、やはり出てこないとなるとそれはそれで寂しくなってしまう不思議な芸人です。

U-NEXTであら-1グランプリを無料視聴する

どぶろっく
どぶろっく
坊主頭にハットが特徴的な江口直人と、ギターとコーラス担当の森新太郎の二人のコンビで “もしかしてだけど~♪”や“おんなおんなおんなおんな~♪”等歌に合わせて下ネタを披露するコントでブレイクした芸人「どぶろっく」。

歌ネタ王決定戦でも持ち前の歌唱力で会場を賑わせていましたが、最近はテレビ番組ではあまり見かけなくなりLIVEや営業で色々なところに飛び回っているそうです。

個人的にはエンタの神様に出ているどぶろっくはあまり好きではなかったですが、あらびき団でやるネタは本当に面白くて大好きでした。

本人達には悪いと思いますがゴールデン番組は下ネタのコンプライアンスが邪魔をして、その良さを生かしきれずにいた気がします。

深夜番組でしか輝けない(個人的意見です)どぶろっくは、あらびき団の時は下ネタ全開で好き勝手に歌っていて非常に輝いてみえます。

その中でも個人的にすごく好きだった歌が“She called Raymond”という青春時代の切ない片思いを歌う回です。

“あなたを想って眠れない夜がある~♪”とラブバラードのような音色が流れ始めると早めに下ネタ顔を出し始めてしまいます。笑
本当にこの回はゲスく、“She called Raymond”というタイトルすらただの下ネタにしか聞こえなくなっていきます。

まだ聞いたことのない方は是非一度観ていただきたいネタになっています。

ちなみにこの回はAKB48の指原朋美がゲストとして登場しており、歌っている最中もワイプで引き抜かれて表情が全て視聴できるので、是非その点にも注目してみてくださいね。笑

U-NEXTでどぶろっく出演回を無料視聴する

世界のナベアツ
世界のナベアツ
“3の数が付くときだけアホになります”で一斉を風靡したこの世界のナベアツですが、初めて披露した番組があらびき団です。

1991年から山下しげのりと二人で「ジャリズム」を結成していたものの、全く日の目を当たることなく1998年に解散。

しかしなぜかまた2人はその6年後の2004年に再結成し、そこから注目を集めていくという下積みのあるお笑い芸人です。

しかし現在は芸人をやめて落語家に転身しており、桂三度(かつらさんど)という名前で「6代目 桂文枝」の弟子入りをして2012年には落語家としてのデビューも飾っています。

落語が好きな友人がいますが、“舞台なれしている分テンポも良いし聞きやすく内容も面白い”と大絶賛されていました。

放送作家としても活躍していた彼が話の構成が下手なわけもありませんしね。

世界のナベアツは「めちゃめちゃイケてるッ!」 「笑っていいとも!」 「笑う犬」 「アメトーーク」 「27時間テレビ」等本当に多岐に渡って活躍していて相当稼いでいたのだとか。

そのためブレイクした頃は放送作家としての活動ができなくなって、逆に収入がダウンしたと本人も語っています。

ちなみに当時のビジュアルとは全く違い、現在はロン毛になっていて雑貨屋の店員さんみたいな見た目になっています。笑

U-NEXTで世界のナベアツの出演回を無料視聴する

鳥居みゆき
鳥居みゆき
現在もお笑い芸人としてはもちろん、女優やモデル映画監督としても活躍している鳥居みゆきですが彼女もあらびき団がきっかけでブレイクした芸人の一人です。

彼女は2018年現在で37歳ですがあらびき団当時からかなりの厚化粧だったこともあり、現在もその見た目変わらぬ美しさを保っています。

そんな鳥居みゆきは自分が座長として活動している劇団を持っており、1ヶ月の内のほとんどがその舞台公演に埋まっているのだとか。

当初はインターネット内ですでに騒がれ始めていましたが、やはりあらびき団に出ることの効果は偉大ですね。

一気にその強烈な個性とキレイな落ちのあるコントで、一気に知名度を上げて人気を集めた芸人です。

UNIQLOで購入した白いパジャマ上下セットにクマの縫いぐるみ(名前:多毛症)を持ってネタを披露している彼女を初めて観た時は、素直にヤバいやつが出てきたと思いましたよ。そのままの意味で。笑

まるで何かに取り憑かれているような狂気めいた怪演をしている彼女のネタは、初見の方は特に釘付けになった方が多いと思います。

さらに彼女はフリートークも出来るため、ネタ番組以外のバラエティにも多数出演していますね。

フリートークでは基本下ネタが多く、高校時代に歯科助手としてアルバイトしていた経験から歯垢を取りながら男性を勃たせることができると自慢していたのは、当時まだ小学生だった私からすれば苦い記憶でした。笑

U-NEXTで鳥居みゆきの出演回を無料視聴する

ふーみん
ふーみん
ウイング本田(本田翼)をゲストに呼んだことで話題になった2017年「朝まであらびき団スペシャル」。

「ハリウッドザコシショウ」はもちろん「にゃんこスター」「キュートン」「かまいたち」「友近」など実績のある芸人達を押しのけて見事2017年あら-1グランプリに輝いたお笑い芸人が「ふーみん」です。

あらびき団でふーみんが行ったネタは“世直し”と称して“世の中をなめている奴らをケツの穴に指突っ込んでガタガタ言わせ節”という内容でした。

また、肩にかけているのはケツの穴から手を突っ込んで歯をガタガタ言わせることができるクォリティーの低い人形です。笑

その人形を使ってケツの穴に指を突っ込む動作を何度もしますが、途中からはGReeeeNの代表曲キセキの替え歌にして突っ込んだり、急にスタジオから飛び出したと思えば子役を待機させていて同じ様にケツの穴につっこませたりと中々シュールな笑いを提供していました。

これ子供達の目にはあまり触れる機会ないと思いますが、観たらきっと皆真似するんだろうなーと思ってしまいます。笑

本田翼の苦笑いが個人的にはすごく面白かったです。

ふーみんの事務所を調べてみるとなんと米倉涼子さんと同じオスカープロモーション!!

既に芸歴12年目と結構長いふーみんですが、ピン芸人歴は2ヶ月とまだまだ出だしという時期にあら-1優勝をしています。

このネタを観ている東野も常に大爆笑していましたし、SNSでも相当好評価を受けていましたね。

個人的には“クフ王”の方が好きなのですが、あらびき団に適しているのは“奥歯ガタガタ節”だと判断してそちらを選択したのかなあと勝手に妄想しています。笑

“クフ王”というネタもお笑いライブで好評を集めていて、ピンになった今はじめてのブレイクに指先がかかっている芸人です。

今後の活躍に期待ですね!!

U-NEXTであら-1グランプリを無料視聴する

U-NEXT公式

関連記事

漫道コバヤシ

漫道コバヤシの動画が無料で見られるFODと他の動画配信サービスと比較してみた

有吉の壁

『有吉の壁』の動画の視聴はHuluで!見どころとオススメ回をご紹介

おもしろ言葉ゲームOMOJAN

おもしろ言葉ゲームOMOJAN(おもじゃん)傑作ネタバレ動画オススメの回をご紹介...

探偵ナイトスクープ

探偵!ナイトスクープの神回と過去動画を観るならAmazonプライム!視聴方法!

オードリーさん、ぜひ会って欲しい人がいるんです!の動画はHuluで!神回をご紹介...

THE MANZAI

THE MANZAI(ざ まんざい)見逃しネタバレ配信・無料動画はFOD!歴代優...